Tag Archives: イチロー

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

3767401301_12d92f1fab_c

 

 

 

 

 

 

 

不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京を拠点にMLBの最前線を記者として長年取材されているフリーランスのライターである水次祥子さんにお話を伺いました。

 

※インタビューは11月にEメールを通して行いました。

 

インタビューでは、記者としてのキャリアの築き方はもちろんスポーツメディアの未来等についても語って頂きました。将来記者を目指す方はもちろん野球好きの方全員にとって必見の内容となっています。それではインタビューをお楽しみください。

 

Part1 記者を志望した動機や学生時代について

—まず簡単な自己紹介と水次様の経歴を教えて頂けますか?

 

 フリーランスのライターで、今は日刊スポーツやベースボール・マガジン社で仕事をしています。専門はMLBですが、たまに米国の社会、文化に関する記事を書くこともあります。伊良部さんや吉井さんがニューヨークでプレーしていた頃にニューヨークを拠点にMLBの取材をするようになりました。現在は日本に拠点を移してMLBの記事を書き続けています。

 

—記者になりたいと思ったきっかけや時期を教えて頂けますか?

 

 記者になりたいという意識を特別持っていたわけではなかったですが、編集の方とのご縁があり、誘って頂いて出版社で記者として働くようになりました。駆け出しの頃はスポーツとはまったく違う分野のことを書いていて、スポーツ観戦が好きだったのでその頃からスポーツの記事を書いてみたいと思っていました。毎週、ナンバーを買っていて、読むたびにいつかスポーツを書きたいと思っていました。

 

—水次様は1993年から95年までニューヨーク大学に在学されていましたが、ニューヨーク大学を選ばれた理由はあるのでしょうか?

 

 住むならニューヨークがいい(車の運転をしなくても生活できますし、外国人にとって大都会なら不自由がないので)と思っていたので、ニューヨークの大学を選びました。ニューヨーク大学にしたのは、コロンビア大に入るのは難しかったので第2希望にした感じですね。ニューヨーク大学はマスコミや映画、芸能、芸術関係に強い大学で、ここの出身の著名人、ジャーナリストも多いです。

 

—初めてアメリカで生活された時に、驚いた事や日米の違いを感じる場面は何かありましたか?

 

 いいことも悪いことも、違いはたくさんあります。文化、慣習が全然違いますからね。何もかも違うので、いちいち驚かないで自然に受け入れることが大事かなと思います。

 

—普段のTwitterでの情報発信等を拝見していると、MLBや野球の取材が多いのかなと思いますが、様々なテーマがある中で野球を自身の取材のテーマにされた理由は何ですか?

 

 MLBを専門にする前は様々なスポーツを取材していました。米国に住んでアメリカのスポーツを取材したかったのと、正直な話、安定的に仕事がもらえるのはMLBしかなかったですからね。日本人選手がMLBにしかいませんので。日本語で日本のメディアに記事を書くわけなので、日本人選手のいるリーグでないと需要がないですから。今はNBAの仕事もできるでしょうけれど。

 

Weekly Report : Week-1,2

642253042_cf69e838de_z

 

 

 

 

 

 

FED2019年注目選手

FED2019年タイトル・アワード予想

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-1,2のキーワードは「開幕」「チャップマンフィルター」「アルバート・プホルス」だ。

 

・開幕

 2019年シーズンが始まり、早くも3週間が経過した。現地開幕戦(3月28日)からも約2週間が経過している。今年は、2012年以来となる日本でのメジャーリーグ公式戦が行われ、イチローが開幕ロスター入りを果たしたこともあり、多くのファンが球場に足を運んだことだろう。

 

 昨年、ボストン・レッドソックスがロサンゼルス・ドジャースを下し、2013年以来となるWS制覇を果たした。アメリカン・リーグ東地区の2枚看板であるニューヨーク・ヤンキースは、2009年を最後にWS制覇及びリーグ優勝を果たしておらず、地区4連覇を目指すレッドソックスとは大きく水をあけられている。それから、ドジャースは2年連続でWS進出を果たしたが、またもWS制覇に後一歩及ばなかった。

 では、今年の注目の開幕戦を振り返りたい。

  •  ニューヨーク・メッツ 対 ワシントン・ナショナルズ メッツ勝利

 現役最強投手であるジェイコブ・デグロムとマックス・シャーザーの組み合わせ。この2人の対決は2017年4月27日(メッツが7対5で制している)以来、2度目だった。

 シャーザーは初回、1、2番打者をアウトにするも、メッツにトレードで加入したロビンソン・カノに被弾して失点をするスタート。8回にもカノにタイムリーヒットを献上。全体的に見れば、7.2回2被安打12奪三振3与四球2失点というエースらしい投球内容だった。また、速球も平均95マイルと上々の出来だったが、打線の援護を受けられずデグロムに軍配が上がった。

 一方、デグロムは6回5被安打10奪三振1与四球無失点と投球内容ではシャーザーに劣るものの、要所要所をきちんと締めるピッチング。球速も速球96マイル、スライダー91マイル、チェンジアップ89マイルと素晴らしい出来だった。カノは1-1から反対方向にHRを放ち、新天地で幸先の良いスタートを切ることに成功。

 

  •  ヒューストン・アストロズ 対 タンパベイ・レイズ アストロズ勝利

 ジャスティン・バーランダーとブレイク・スネルによる新旧サイヤング賞対決となった。両者は16年、17年、18と3年連続で対戦機会があり、今年の開幕戦で4年連続となった。尚、過去の勝敗は2勝1敗でバーランダーの勝ち。(2勝共デトロイト・タイガース時代)

 初回、トレードでレイズに加入したオースティン・メドウズに先制弾。しかし、3回にジョージ・スプリンガーが3ランHRを放ち、3対1と形勢逆転。バーランダーは打線の援護を受け、7回3被安打9奪三振1与四球1失点で開幕戦勝利を挙げた。通算11度目の開幕投手は、13年、17年に次ぐ3度目の開幕戦勝利となった。尚、速球の平均球速は94マイルを計測。2013年以降球速が低下し限界説が囁かれた男は、アストロズ移籍に伴って復活。今季も安定したピッチングを披露してくれるだろう。

 一方、自身初の開幕のマウンドを託されたスネルは、3回に3失点で勢いを止められると、最終的に5点をアストロズに献上。6回6被安打3奪三振2与四球5失点という成績に終わった。速球は平均球速94マイルだったが、投球割合が3割を超えたカーブが痛打を浴びるシーンが目立った。2戦ではカーブの投球割合を減らし、スライダーとチェンジアップを増やして対応したが、3戦では再びカーブを増やした。幸い、3戦目ではカーブが効いて6回11奪三振無四球の好投に繋がった。修正力の高さは流石エースである。

 

Weekly Report :Week3

2311215077_77dea8a486_z

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-3のキーワードは「ライバル対決」「ジョー・マウアー」「バートロ・コロン」だ。

 

・ライバル対決

シーズンも因縁のライバル同士の直接対決が開幕した。その内容は乱闘あり、乱打戦ありとライバル対決には相応しいものであった。本稿ではニューヨーク・ヤンキース対ボストン・レッドソックスの3連戦を振り返っていくことにする。

 

Game1 NYY 1 @ BOS 14

勝:クリス・セール(1-0)負:ルイス・セベリーノ(2-1)

ヤンキース対レッドソックスの開幕カードはいきなりエース同士の対決となったが、その内容は対照的だった。レッドソックスのエース、セールは6回を投げ、8安打を許すも要所を完璧に締め、アーロン・ジャッジのソロホームラン1本のみの失点に抑えた。一方で、ヤンキースのエース、セベリーノはレッドソックス打線に捕まり、5回8安打5失点と乱調気味であった。この試合で光っていたのはムーキー・ベッツ、アンドリュー・ベニンテンディ、ハンリー・ラミレスの上位打線トリオだった。ベッツはグランドスラムを含む4安打、4打点、5得点、ベニンテンディは2安打、2打点、ラミレスは2安打、3打点の活躍。3人合計で8安打、10打点と持ち前の破壊力を存分に発揮した形となった。ヤンキース打線は10安打を放つも残塁21と決定打に欠け、屈辱的な大敗を喫した。

 

Game2 NYY 10 @ BOS 7

勝:田中将大(2-1)負:デイビッド・プライス(1-1)

この日はヤンキースが初回に猛攻を仕掛けた。ジャンカルロ・スタントンの三塁打で先制すると、不調のゲーリー・サンチェスのツーランで続き、いきなり4点を先制。その後も得点を重ね、8-1と試合の主導権を握った。一方でレッドソックスはJ.D.マルティネスのグランドスラムで一時は2点差まで詰め寄るも、追い上げは及ばず。最後はアロルディス・チャップマンが1点を奪われるもヤンキースが逃げ切った。この試合では乱闘が起こった。事の発端は3回、タイラー・オースティンがショートのブロック・ホルトに危険なスライディング。これにホルト自身が反応し、ベンチ総出の騒ぎとなった。そして7回、リリーフのジョー・ケリーが報復としてオースティンに対し故意死球。オースティンは激怒し殴り合いの大乱闘へと発展した。一連の乱闘騒ぎでオースティンは5試合、ケリーは6試合の出場停止処分がそれぞれ課せられた。

 

Game3 NYY 3 @ BOS 6

勝:リック・ポーセロ(3-0)負:ソニー・グレイ(1-1)

S:クレイグ・キンブレル(4)

3連戦の最終日は悪天候で一時中断するというアクシデントがあったが、元サイヤング賞右腕のポーセロの快投が光った。7回を投げ、強力ヤンキース打線を2安打、無四球、無失点と完璧に封じ込めた。一方でグレイは3回6失点でKO。9回はヤンキースが3点を取り追い上げを見せるも、キンブレルがしっかりと締めこれ以上の追撃は許さなかった。

 ここまで、ライバル対決3連戦を振り返ってきた。結果はレッドソックスが2勝1敗と勝ち越し、内容もレッドソックスが圧倒、持ち前の破壊力まざまざと見せつける形となった。レッドソックス打線は3試合で27得点とヤンキース投手陣を完璧に攻略。今後のペナント争いに嫌なイメージを与えたのは確かだ。ヤンキースは開幕から投手陣が不調気味の状態が続いており、復調が急がれる。開幕カードから荒れ模様となった因縁のライバル対決は今後もファンを楽しませてくれるに違いない。

2017MLBオールスター予想 FED部員が決める現在のMLBで熱い選手は誰なのか?

9784166122_8f64553489_z

 

 

 

 

  

現地時間7月11日に第88回「メジャーリーグ・オールスターゲーム」が開催される。年に1回の真夏の祭典の今回の舞台はアメリカ国内でも有数の華やかな都市マイアミである。きらびやかな雰囲気に包まれるであろう今回のオールスター。そこで今年も我らがFar East Division内でオールスター投票を実施し、誰がオールスターにふさわしいかを決定した。9人のライター達から厚く支持されたのは誰か見ていこう。

 

 

 

・ナショナル・リーグ

まずは今回のオールスターゲームをホームとして戦うナショナル・リーグを見ていこう。

C  バスター・ポージー(SF)

1B ライアン・ジマーマン(WAS)

2B ダニエル・マーフィー(WAS)

3B ジェイク・ラム(ARI)

SS ザック・コザート(CIN)

OF ブライス・ハーパー(WAS)

OF チャーリー・ブラックモン(COL)

OF マーセル・オスーナ(MIA)

 

今回の投票でナ・リーグ唯一の満票選出となったのがナショナルズのブライス・ハーパー。2015年にMVPを受賞したが、昨年はまさかの不振に喘いだ怪童。しかし、今シーズンは見事に復活。外野手の常連組が不振や故障で苦しむ中、ナ・リーグ外野手の中で最高のOPSを記録し、誰もが納得の選出となった。

外野手の残り2枠は復活したマット・ケンプ(ATL)や好守のエンダー・インシアーテ(ATL)、チーム状況が悪いなかでブレイクしたマイケル・コンフォルト(NYM)も票を集めた。しかし、最終的には選手として一皮剥けた感の強いマーセル・オスーナ(MIA)と好調なチームを1番打者として引っ張るチャーリー・ブラックモン(COL)が選出された。

キャッチャーとセカンドはここ数年安定した活躍を続けているバスター・ポージー(SF)とダニエル・マーフィー(WAS)が順当に選出され、ショートは今シーズン打ちまくっているザック・コザート(CIN)が昨年の新人王コーリー・シーガー(LAD)を僅差で振り切った。

今回の投票で両リーグ合わせて最大の激戦区となったのが、ナ・リーグの1Bである。ポール・ゴールドシュミット(ARI)、アンソニー・リゾー(CHC)、ジョーイ・ボットー(CIN)、エリック・テームズ(MIL)を含めた5人に票が分散した。混戦を制したのは昨年極度の不振に喘ぎもう終わった選手と見なされながら今シーズン劇的な復活を遂げたライアン・ジマーマン(WAS)だった。今シーズン猛打を奮う彼がマイアミで暴れ回るのが今から待ちきれない。

最後に今回のアンケートで最大のサプライズとなったのは、ナ・リーグの3Bである。なんと昨年MVPのクリス・ブライアント(CHC)が1票しか獲得できず、WBCでの活躍も記憶に新しいノーラン・アレナド(COL)も敗れ去ったのだ。強力なライバルの2人に勝利したのは、昨年惜しくも最後の1人に届かなかったジェイク・ラム(ARI)である。昨シーズンのブレイクを今シーズンも継続して打点ランキングでは昨年の打点王アレナドを上回っている。文句なしの選出と言えよう。昨年惜しくも選ばれなかった舞台でどんな活躍を見せてくれるか楽しみである。

Weekly Report:Week-3

3417958226_8bc2c882e6_z

 

 

 

 

 

 

 

 

つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-3のキーワードは「アフリカ人メジャーリーガー」 「アルバート・プホルス」 「ナショナルズ打線」だ。

 

 

・アフリカ人メジャーリーガー

ジャーリーグ界に新たな歴史が刻まれた。現地時間の26日、ピッツバーグ・パイレーツのギフト・ンゴペがアフリカ生まれの選手として初めてメジャーデビューを果たしたのである。ンゴペは試合途中からセカンドのポジションに入ると4回に初打席ではカブスのエースであるレスターのボールをセンターにはじき返し初打席で初ヒットを記録した。その後も打ち続け、30日の試合終了時点で打率.500を記録するなど素晴らしいスタートを切っている。

しかし彼の野球人生は決して順調なものではなかった。ンゴペは南アフリカ出身で彼の母がグラウンドキーパーとして働いていた野球チームの近くで生まれた事も影響し野球を始める。2008年、彼の才能にパイレーツが目を付け、彼のアメリカでの野球人生が始まった。持ち前の身体能力から守備や走塁でアピールしたが、荒削りな部分が多くなかなか結果が残せず苦しんでいた。2015年に初めてAAAに昇格しメジャーデビューの期待が高まったがなかなか声が掛からず、今回の昇格まで契約した2008年からは実に9年もの年月が経過していた。このような苦労もあったからだろう、初ヒットを放った際には塁上でホッとしたしたような表情をしていたように感じる。

試合後のインタビューでは「今日の出来事は自分だけでなくアフリカ全体にとって特別なこと、16億人(アフリカ大陸の総人口)の中で初めての人になったことは驚くべき事だ。」と語った。WBCの開催などもあり、メジャーリーグでは近年急速に国際化が進んでいる。ドラフト指名を今までの3カ国に絞らず、世界中に広げるインターナショナルドラフトなども噂される現在、今回のンゴペのデビューは今後のメジャーリーグにとっても大きな出来事になるかもしれない。