Tag Archives: イーサン・ハンキンス

19奪三振ノーノーを達成したクマー・ロッカーがカレッジ・ワールドシリーズ最優秀選手に輝いた2019年シーズンについて

4718845539_5715c5f5eb_z

 

 

 

 

 

 

 先日、バンダービルト大学がミシガン大学を8-2で下し、2014年以来となるカレッジ・ワールドシリーズ(CWS)制覇を果たした。そこで最優秀選手に輝いたのは、フレッシュマンのクマー・ロッカー(RHP)である。既に(早ければ)2021年のドラフトの目玉として注目を集めている彼とイーサン・ハンキンス(CLE)との簡単な共通点に触れつつ、同投手の今シーズンを振り返りたい。

 

2018年、高校時代のピッチング。

2019年、大学入学後のピッチング。

 素人意見だが、メカニクスが落ち着いたワインドアップに改善された印象を受ける。以前のメカニクスより安定度を高められたように見え、クイック時の違いが顕著である。速球は94-95マイルのレンジ。変化球は78-81マイルのカーブ(スライダー)、88-91マイルのチェンジアップの2つ。(Prospects Liveより引用)速球は最速98マイルに達する上、大柄な体格と身体能力の高さを両立しており、出力能力は高いと言えるだろう。

 

ショーン・アンダーソンのように

 アンダーソンは2013年の全米ドラフトでワシントン・ナショナルズから40巡目(全体1216位)で指名されるも入団に至らず、NCAAⅠフロリダ大学に進学。2016年に36登板13セーブ防御率0.97と好成績を収め、同年の全米ドラフトでボストン・レッドソックスから3巡目(全体88位指名)で指名されプロ入りを果たした。

 後述するが、ロッカーも昨年、コロラド・ロッキーズから38巡目と下位指名を受けるもNCAAⅠのバンダービルト大学に進学。また、アンダーソンは6-4,235とロッカーと身長体重が近く、コントロールが良い点等も共通しており、ドラフト指名巡やメジャーデビューの参考にならないことはないだろう。尚、アンダーソンは24歳でメジャーデビュー。大学時代はリリーバーであったため、ロッカーの方がデビューは早いかもしれない。

 

イーサン・ハンキンスとの共通点

 2018年の全米ドラフトでクリーブランド・インディアンスから1巡目(全体35位)で指名を受け入団。契約金は$2.2Mであった。2019年はA-に昇格。順調に行けば2023年頃にメジャーデビューを果たすと見られ、ロッカーが2021年にプロ入りした場合、概ね同時期にデビューするはずだ。

 速球は最速98マイルに達し、平均92-96マイル。ロッカーと共に速球の評価が高い。変化球の評価も似通っており、スライダーはセカンドピッチとして良いが、チェンジアップは発展途上と評されたロッカーに対し、伸びしろのあるハードカーブ、スライダーと発展途上のチェンジアップと評されるのがハンキンスだ。一足先にプロ入りしたハンキンスがどんな成績をマイナーで収めるのか、ロッカーが大学でどれくらいバリューを高められるのかに注目したい。

 

2018 Draft Review:クリーブランド・インディアンス

36727427241_e0ae060154_z

 

 

 

 

 

 

いよいよ2019年が始まった。今年は日本での開幕戦や初めてのロンドンでの試合開催等楽しみな出来事がある。また当サイトFar East Divisionでは今年も3月にプロスペクトハンドブックの発売を予定している。

ハンドブックは各球団のトップ選手を紹介しているが、それとは別に昨年2018年のドラフトで上位指名を受けた選手のプロ1年目を終えた現段階での評価を見ていきたい。

 

そこで2018年MLBドラフトから各球団の上位指名選手10名+上位10名以降のうちから1人についてのスカウティングレポートを作成した(一部チームは10名を紹介していない)。プロスペクトハンドブックに掲載されていない選手も多いので、是非チェックしていただきたいと思う。

 

今回はインディアンスのドラフトを振り返る。年齢は2019年4月1日時点で掲載している。また選手の名前の所にBaseball referenceのリンクが貼ってあるので成績確認等の参考にして頂きたい。

2018 Draft TOP1~20 Prospects

460704464_38e958e5e2_z

 

 

 

 

 

 

 

1.ケーシー・マイズ:RHP

アラバマ出身で高校時代はドラフトで指名されなかった。しかしソフモアの年に大きく飛躍して一躍トップクラスのプロスペクトと見なされるようになった。球種は主に4つである。速球は最速96マイル常時92-96マイル。変化球ではカッター、カーブ(スライダー)も投げるが、最も評価されているのはスプリッターだ。またコントロール及びコマンドが素晴らしく、2017年から2年連続でBB/9が1を割っている。昨年は肩の故障で早めにシーズンを切り上げたが、今季は大きな故障には苦しんでいない。速球、スプリッター、スライダーの上質な3球種を持っているので、MLBでもエースとして長く活躍できる可能性を秘めている。

 

2.ブレイディ・シンガー:RHP

2月のシーズン開幕前は全体1位の可能性も噂されたプロスペクト。しかし支配的な投球を続けるケーシー・マイズに立場を逆転されている。投球は速球及びスライダー、チェンジアップの3球種から構成される。速球は最速95-96マイルを記録しているが、この春は球速低下を指摘している媒体もある。スライダーの評価も高いが、チェンジアップは現在向上中だ。また投球のデリバリーが安定していないことを問題視されていることもある。チェンジアップが成長しなければ、リリーバーに収まる可能性も高くそこも評価を難しくさせている。4月末の対戦ではマイズに投げ勝った。

 

3.ニック・マドリガル:2B

今年のドラフトの野手No1候補の選手だ。小柄でスピードと打撃センスに定評があり、ホセ・アルテューべ(現HOU)と比較できる。盗塁数が傑出して多いわけではないが、ベースランニングのセンスがいい。また打撃でもコンタクト能力とアプローチに優れていて2017年シーズンは三振を四球が上回っていた。今季は手首の故障で開幕から数週間欠場したが、復帰後はしっかりと打てていて大きな問題は見つからない。また現在は2Bと目されているが、ショートでもプレイ可能と見られることもあり、実際にショートに転向すればさらに価値が向上するだろう。

 

4.ジャレッド・ケレニック:OF

美しい打撃フォームから強烈な打球を飛ばすヒッター。昨年のU18W杯でも活躍した。現在最も評価されているツールはヒッティングだが、体格がさらに成長すればパワー面も期待できそうである。スピードでもチームに貢献できる選手である。守備に関してはセンターに残ることができるかを疑問視する声もある。ただし肩の強さは高く評価されていて、ライトを十分務めることができるはずだ。打撃フォームの美しさは2015年フィリーズ1巡目のミッキー・モニアクを想起させるが、ケレニックが全体何位で指名されるかは大いに注目である。