Tag Archives: ウォーカー・ビューラー

2018 WS : BOS vs LAD

17089916180_1e087ae0e2_z

 

 

 

 

 

 

WS:4-1

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 BOS 8-4 LAD

勝:マット・バーンズ(1-0) 負:クレイトン・カーショウ(0-1)

Game2 BOS 4-2 LAD

勝:デビット・プライス(1-0) 負:柳賢振(0-1) S:グレイブ・キンブレル(1)

Game3 BOS 2-3 LAD

勝:アレックス・ウッド(1-0) 負:ネイサン・イオバルディ(0-1)

Game4 BOS 9-6 LAD

勝:ジョー・ケリー(1-0) 負:ディラン・フローロ(0-1)

Game5 BOS 5-1 LAD

勝:デビット・プライス(2-0) 負:クレイトン・カーショウ(0-2)

WSMVP:スティーブ・ピアース

 

 ーズンの勢いそのままに、ここまでのプレーオフ7勝2敗と圧倒してきたボストン・レッドソックスと昨年に引き続き2年連続の出場となったロサンゼルス・ドジャースのマッチアップとなった今年のWSは、レッドソックスが4勝1敗でWSを5年ぶりに制した。

 

以下、両チームの注目点を挙げ、試合を振り返る。

 

注目点1→投手陣の安定度

 

投手陣の安定度に差が見られた。後述するがドジャース投手陣はALCSの疲れからか、やや精彩を欠いていた。一方でレッドソックスはWS5戦すべてに登板し一度の失点も許さなかったケリー、第3選でロングリリーフながらも6回2失点に抑えたイオバルディ、カーショウとは対照的に2勝をあげたプライスなどが好投した。

 

注目点2→LCS疲れと第3戦

 

レッドソックスはALCSを4勝1敗と5試合で勝ち進み、WSまで中5日であったのに対し、ドジャースはNLCSを4勝3敗と7試合戦い、WSまで中3日しかなかった。これが結果的に投手陣の安定度に差が生まれ、第3戦の延長18回にわたる死闘が勝負の分かれ目になったようだ。ドジャース先発のウォーカー・ビューラーが7回を完璧に抑え有利に立っていたものの、イオバルディの思いがけない好投がドジャースのリリーフ陣の疲労に拍車をかけ、結果的に第4戦の逆転負けを引き起こしたように思える。

2018 NLDS Review : LAD vs ATL

14514519521_3e420673b4_z (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

NLDS : LAD 3-1 ATL

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 LAD 6-0 ATL

勝;柳賢振(1-0) 負;マイク・フォルティネビッチ(0-1)

Game2 LAD 3-0 ATL

勝;クレイトン・カーショー(1-0) 負;アニバル・サンチェス(0-1) S;ケンリー・ジャンセン(1)

Game3 ATL 6-5 LAD

勝;トゥキ・トゥサント(1-0) 負;アレックス・ウッド(0-1) S;アロルディス・ビスカイーノ(1)

Game4 ATL 2-6 LAD

勝;ライアン・マドソン(1-0) 負;ジョニー・ベンタース(0-1)

 

163試合目までもつれた混戦の西部地区を制し、地区6連覇を果たしたロサンゼルス・ドジャースと、若い戦力の活躍もあり、シーズン前の予想を大きく上回る90勝をあげ、13年以来となるポストシーズン進出を果たしたアトランタ・ブレーブスの組み合わせとなったNLDS。このシリーズは昨年のナ・リーグの王者であるドジャースが3勝1敗でブレーブスを退け、NLCS進出を決めた。

 

ここからはこのシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点1→選手層の差

このシリーズではドジャースの野手陣の層の厚さが目立った。1番から8番まで一発があり、ボールをよく見る事の出来る打者が並ぶドジャース打線。そしてベンチからはオールスター選手であるマット・ケンプやプレーオフ男のデビッド・フリースが出てくるその層の厚さはブレーブスを終始苦しめた。特にリーグトップの235本の本塁打を放った長打力はこのシリーズでも発揮され、4試合で実に8本の本塁打、シリーズで奪った20得点の内14得点は本塁打から生まれたものだった。

一方のブレーブス打線には先発選手に替わる選手はおらず、終始不振だった打線の復調を願うことしか出来なかった。特に中軸に座るニック・マーケイキスとヨハン・カマーゴが大不振で二人で1本しかヒットが出なかったのはブレーブスとしては大きな誤算だった。短期決戦では不調の選手が調子を取り戻すことは簡単でなく、ドジャースのように変わりとなる選手がいる層の厚さは大きな強みと言えるだろう。

 

注目点2→先発投手

投手に関しては特に先発投手の活躍で大きな差がでた。ブレーブスはGame1と4ではエースのフォルティネヴィッチ、Game2はベテランのサンチェス、Game3ではショーン・ニューカムがそれぞれ先発したが、いづれも5イニング未満でマウンドを降りるなど、試合を有利に進める事は出来ず、ダン・ウィンクラーやシェーン・カールといったレギュラーシーズンを支えたリリーバーがロスターを漏れたブレーブスにとっては苦しい状況が続いた。一方のドジャースは4試合のうち3試合で先発投手が5イングを投げきるなど先発防御率リーグトップの実力に違わぬ活躍。リリーバーの重要度が年々高まっているポストシーズンにおいて、先発が長いイニングを投げることで、リリーバーを温存できたことは今後のシリーズを考えても大きいだろう。

Weekly Report: Week6

15008290618_0abb6b3204_z

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-6のキーワードは「ノーヒットノーラン」「アルバート・プホルス」「ルイス・セベリーノ」だ。

・ノーヒットノーラン

地4日、ロサンゼルス・ドジャースはサンディエゴ・パドレスとのメキシコシリーズ第1戦で継投によるノーヒットノーランを達成した。継投によるノーヒットノーランは球団史上初、ドジャースとしては2014年のクレイトン・カーショー以来23回目のものとなった。MLB全体としては、継投によるノーヒットノーランは2014年のフィリーズ以来の記録となっている。(コール・ハメルズ、ジェイク・ディークマン、ケン・ジャイルズ、ジョナサン・パペルボンの4人による継投)

 この日先発したのはドジャースのトッププロスペクトであるウォーカー・ビューラー。トミージョン手術を受け、コンディションが心配されていたが見事に復活。90マイル中盤~後半の力強いフォーシームとツーシームを軸にスライダー、カーブを織り交ぜる投球スタイルで相手を捻じ伏せる。この日は6イニングを投げ、四球3、奪三振8とパドレス打線を寄せ付けなかった。ウォーカーは今シーズン3先発で2勝、投げたイニングこそ少ないが、防御率1.13、K/9=10.69と申し分ない成績を残している。

 ビューラーの後にマウンドに上がったのはトニー・シングラーニ。昨シーズン途中、シンシナティ・レッズから移籍してきた左腕である。この日は1イニングを投げ、四球を2つ出したが後続をしっかりと抑えた。

 8回に3人目としてマウンドに上がったのはイーミ・ガルシア。ドジャース生え抜きの右腕で2015年には59試合に登板している。2016年シーズンからはトミージョン手術や膝の手術などで長期離脱を経験した。彼にとっては復活を期すシーズンとなっている。この日は1イニング打者3人を完璧に抑え、役割を果たした。

 最終回にマウンドに上がったのはアダム・リベラローテ。2014年にレイズからトレードで移籍してきた左腕。度重なる故障でメジャーを行ったり来たりするシーズンが続いている。リベラローテも1イニングを投げ、2奪三振と危なげないピッチングで退けた。

 

 以上、ドジャースは4人の継投で5つの四球を記録したが、13個の三振を奪い、ノーヒットノーランを達成した。しかし、コーリー・シーガーはトミージョン手術で今季絶望、エース、クレイトン・カーショーもDL入りと開幕早々苦しい局面を迎えている。絶好調アリゾナ・ダイヤモンドバックスを筆頭に実力のあるチームがひしめく中で、ドジャースの奮起に期待したいところだ。

2017 Top 100 Prospects

30199602215_0cc0241fbc_z

 

 

 

 

 

 

 

*レポートはチーム別リストを参照。

 

2017 Top 100 Prospects
ランク 選手名 チーム名 ポジション
1 ジェイソン・グルーム BOS LHP
2 アンドリュー・ベニンテンディ BOS OF
3 ブレンダン・ロジャース COL SS
4 ヨアン・モンカダ CHW 2B
5 ルーカス・ジオリト CHW RHP
6 ブレント・ハニーウェル TB RHP
7 イアン・ハップ  CHC OF
8 コディ・ベリンジャー LAD 1B
9 ジョシュ・ヘイダー MIL LHP
10 エロイ・ヒメネス  CHC OF
11 フランクリン・バレット OAK SS
12 ニック・センゼル CIN  3B
13 フランシス・マーテス HOU RHP
14 ラファエル・ディバース BOS 3B
15  アレックス・レイエス STL  RHP

16

ダンズビー・スワンソン ATL SS
17 ルイス・ブリンソン MIL  OF
18 ホセ・デレオン TB RHP
19 クリント・フレイジャー NYY OF
20 エリック・フェッディ WSH RHP
21 コルビー・アラード ATL LHP
22 ビクター・ロブレス WSH OF
23 ウィリー・アダムス TB SS
24 ハンター・レンフロー SD OF
25 アレックス・バードューゴ LAD  OF
26 オースティン・メドウズ PIT OF
27 タイラー・グラスノー PIT RHP
28 ハンター・ドージャー KC 3B
29 ジョシュ・ベル PIT 1B
30 レイナルド・ロペス CHW RHP
31 カイル・ルイス SEA OF
32 ジェフ・ホフマン COL RHP
33 マット・チャップマン OAK 3B
34 ドミニク・スミス NYM 1B
35 アーロン・ジャッジ NYY OF
36 ブラッドリー・ジマー  CLE OF
37 ヤディアー・アルバレス LAD RHP
38 ショーン・リードフォーリー TOR RHP
39 フランシスコ・メヒア CLE C
40 デビッド・ポリーノ HOU RHP
41 タイラー・オニール SEA OF
42 A.J.パク OAK LHP 
43 ブレイク・ラザフォード NYY OF
44 ウォーカー・ビューラー LAD RHP
45 ザック・コリンズ CHW C/1B
46 ヨハンダー・メンデス TEX LHP
47 スティーブン・ゴンザルベス MIN LHP
48 カイル・タッカー HOU OF 
49 ホルヘ・アルファロ PHI C
50 ヘルマン・マーキス COL RHP
51 アンダーソン・エスピノーザ SD RHP
52 アミーア・ギャレット CIN LHP 
53  アリスティーディス・アキーノ CIN OF
54 デズモンド・リンジー NYM OF
55  ショーン・ニューカム ATL LHP
56  オースティン・ライリー ATL 3B
57 カル・クオントリル SD RHP
58 ライリー・パイント COL RHP
59 アメド・ロサリオ NYM SS
60 グレイバー・トーレス NYY SS
61 シクスト・サンチェス PHI RHP
62 イーサン・ディアズ MIL SS
63 コリー・レイ MIL OF
64

ロバート・スティーブンソン

CIN RHP
65 ウィリー・カルフーン LAD 2B
66 リース・ホスキンズ PHI 1B
67 ハリソン・ベイダー STL OF
68 オジー・アルビース ATL 2B 
69 ラウディ・テレズ TOR 1B
70 トレバー・クリフトン CHC RHP
71 ルーク・ウィーバー STL RHP
72 ボビー・ブラッドリー CLE 1B 
73 マイク・ソローカ ATL RHP
74 トリスタン・マッケンジー CLE RHP
75  レイメル・タピア COL OF
76 フランクリン・キロメ PHI RHP
77 カーソン・フルマー CHW RHP
78 アルバート・アルモラ CHC OF
79 ジャレル・コットン OAK RHP
80 マニュエル・マーゴット SD OF
81 ケビン・マイタン ATL SS
82 ブライアン・レイノルズ SF OF
83 フォレスト・ウィットリー HOU RHP
84 T.J.ゾイク TOR RHP
85 ディラン・カズンズ PHI OF
86 ジェシー・ウィンカー CIN OF
87 タイラー・ビーディ SF RHP 
88 シェド・ロング CIN 2B
89 ドミンゴ・アセベド NYY RHP
90 トラビス・デメリ ATL 2B
91 ダニエル・ゴセット OAK RHP
92 ディラン・シーズ CHC RHP
93 ジョン・ハリス TOR RHP
94 クリスチャン・スチュワート DET OF
95 ブラディミール・ゲレーロJr TOR 3B
96 J.P.クロフォード PHI SS
97 コディ・セドロック BAL RHP
98 ジェイマー・キャンデラリオ CHC 3B
99 マイケル・コペック CHW RHP 
100 フランクリン・ペレス HOU  RHP

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/N1CRAP

2017 Top 20 Prospects:ロサンゼルス・ドジャース

29484113695_7204e6473f_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

1. コディ・ベリンジャー:1B
昨シーズンは課題だった三振の数を減らすことに成功。それでいて自慢のパワーを十分に発揮できたのは賞賛に値する。変化球、速球関係なく打ち返すことができる能力の高さも見せるが、全て引っ張りにかかる傾向があるため打率はあまり上がらない。アプローチも優秀でコンスタントに四球を選ぶこともできる。守備ではOFに入ることもあるが、メインは1B。1B守備は非常に上手く将来のGG賞候補。 

2. アレックス・バードューゴ:OF
強烈なアッパースイングが特徴のスラッガー。パワーポテンシャルは非常に高く、シーズン25HRをマークすることも可能。どのコースのボールでもヒットにすることができるバッティングセンスの高さも兼ね備える。高校時代は投手だったため肩は非常に強くRFとしてなら十分に守れるだろう。 

3. ヤディアー・アルバレス:RHP
最速100マイルをマークする速球が最大の武器。デリバリーは力感がなく、速球は常時90マイル後半をマークし、回が進んでも球速が落ちることはない。変化球はまだ未熟でスライダーが平均レベルにある程度だが、カーブ、チェンジアップも改善されてきている。将来はメジャーを代表する投手になるだろう。

4. ウォーカー・ビューラー:RHP
昨シーズン、トミー・ジョン手術からパワーアップして戻ってきた。大学時代は最速でも95マイルだった速球は、肘の痛みが消え、リハビリによって鍛えられたこともあり最速で99マイルをマーク。スライダーとも評されるカッターは平均以上のクオリティ。70マイル後半のカーブでタイミングを外すこともできる。再び故障さえしなければ早期昇格が望めるだろう。

5. ウィリー・カルフーン:2B
小柄ながらも筋肉質な体つきでスイングもしっかりと振りぬいているためパワーは平均以上。早打ちのため四球も三振も少ない。スピードは平均を大きく下回っており、2Bに留まることができるかは微妙なライン。DHのないナショナル・リーグで適性ポジションが見つかることができるかが今後の課題。

6. ブロック・スチュワート:RHP
90マイル中盤の速球とチェンジアップ、スライダーのコンビネーション。速球はフォーシームとツーシームの2種類があり、ノビのあるフォーシームを主体としているが、メジャーではこのフォーシームをHRにされることが多かった。チェンジアップは速球と同じアームスピードで投げられており、打者の左右を問わず有効。カッターのようなスライダーで左打者の内角を攻めることもできる

7. ジョーダン・シェフィールド:RHP
16年ドラフト全体36位指名。速球は最速99マイルをマークする剛腕。スライダー、チェンジアップともに評価は高く、三振を大量に奪うことができる。昨シーズン、大学ではコントロールの悪さを克服したかのように思われたが、プロ入り後は再びコントロールを乱すようになった。サイズも先発としては小さく、リリーフ転向も有り得る。 

8. ヨハン・ミーシズ:OF
パワーポテンシャルの高さだけならベリンジャーに負けるとも劣らないが、コンタクトスキルに大きなハンデを抱えている。大きすぎるスイングが原因となって空振りが多い。アプローチも三振数の割りに四球が少なく、まずここを改善する必要があるだろう。現在、守備では主にCFを守っているが RF転向が現実的。

9. ミッチ・ホワイト:RHP
16年ドラフト2巡目指名。90マイル前半の速球とカッターのコンビネーション。カッターの評価は非常に高く、スライダーと見間違うほどの変化量を見せる。タイミングを外すために投げるカーブも平均程度のクオリティはある。大学最終年から投げ始めたチェンジアップも向上の一途を辿っている。デリバリーはシンプルで力感がなく、大柄な体格のため先発向き。

10. ミッチ・ハンセン:OF
大きなアップサイドを秘めたハイシーリングなタレント。大柄な体格でバットスピードも速く、パワーポテンシャルは平均以上。ヒッティングの評価が低く、不安定な部分を解消していく必要があるだろう。肩が弱いため守備位置はLF。「マネーボール」を読んだうえで大学の奨学金を断りプロ入りした。 

11. イマニ・アブデュラ:RHP
ゆったりとしたデリバリーから90マイル前半の動く速球を投げこむ。速球の最速は94マイルだが、まだ速くなる可能性を秘めている。カーブ、チェンジアップはともに平均以下の評価だが、今後クオリティを上げていく時間はたっぷりとある。コントロールは素晴らしく四球で自滅するといったことはない。大柄な体格は先発向き。

12. DJ ピーターズ:OF
16年ドラフト4巡目指名。パワー&スピードが魅力のアスリート。打球速度はずば抜けており、打球がスタンドの向こうへと消えていく速さには呆気に取られてしまう。スピードも素晴らしく、肩も強いが、守備ではルート取りなどの細かい部分でミスが多い。ジョク・ピーダーソン(LAD)のようになれる可能性を秘めている。

13. エドウィン・リオス:3B/1B
400フィート先のバックスクリーンまで打球を飛ばすことができるスラッガー。パワーポテンシャルは非常に高い。スイングは大振りで空振りが多く、三振が多い。早打ちで四球が少ない点も致命的な弱点となりかねないだろう。スピードもなく、守備も上手いとは言えない。 

14. ユスニエル・ディアズ:OF
打撃練習では打球を遠くに飛ばすことができるが、試合になると反対方向への意識からかパワーが鳴りを潜めてしまう。体格もそれほど大きくなく、パワーツールは平均以下との見立てが多い。コンタクトスキルは悪くない。早打ちのため四球も三振も少ない。スピードがあり、肩の強さも十分なため今後もCFに留まることができるだろう。 

15. アンドリュー・トールズ:OF
昨シーズン、彗星の如く現れ、ファンに衝撃をもたらした。 打席ではコンタクトスキルの高さを惜しげもなく見せつけ、OF守備ではスピードを生かし度々好プレーを披露した。昨シーズンはできすぎなところもあったため、今後成績は落ちるかもしれないが、それでもラジャイ・デービス(OAK)のような選手になれるだろう。

16. ジョシュ・スボーツ:RHP
90マイル前半の動く速球と縦に落ちるスライダー、カーブのコンビネーション。速球はカッター気味に動かすことができ評価の高いボール。スライダーもアウトピッチとしては優秀。カーブは打者の目線を変えるには悪くないボールだろう。コントロールも悪くない。大学時代クローザーだったためリリーフとして使う手もあるが、LADは先発として育成する様子。

17. ギャビン・ラックス:SS
16年ドラフト全体20位指名。若くして類稀なるSS守備のスキル、センスを持っている タレント。デルビン・ペレス(STL)がいなければ昨年のドラフトクラスで最も守備が上手いSSだっただろう。守備ではレンジ、フットワーク、肩の強さ全てで平均以上である。問題は打撃でパワーツールに乏しく、どれほどコンタクトスキルを磨いたとしても平均以下の打力になるだろう。

18. オースティン・バーンズ:C
コンタクトスキルの高さがウリのタレント。ボールの見極めも悪くなく、四球を選びつつ三振数を抑えることができている。Cの守備は平均程度には守れるが、昨シーズンはチーム事情もあってCの他に2B/3B/RF/LFを守っていた。今シーズンはCとしてのプレーが多くなる可能性があるので、今後メジャーでどのポジションを主に守ることになるかが決まるだろう。

19. アンドリュー・ソプコ:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップ、スライダーのコンビネーション。速球はフォーシームのみだったが、ツーシームの習得にも励んでいる。どの球種も平均かそれ以下のクオリティだが、コントロールのよさでカバーしている。将来像は先発5番手か。 

20. イバンデル・イザベル:1B
パワーポテンシャルの高さがウリのハイシーリングなタレント。ハードコンタクトをコンスタントに生み出すことができる。スピードがなく、1Bしか守ることができない。守備ではミスの少なさが光る。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/LVpMMR