Tag Archives: エウヘニオ・スアレス

シンシナティ・レッズは、$15Mを誰かに投じるのか

34514857386_e8ea58a0dc_z

 

 

 

 

 

 

 オフシーズンの目玉である、ブライス・ハーパーとマニー・マチャドの所属球団が決まらない中ではあるが、シンシナティ・レッズの2019年のアクティブロスターについてのコラムを書いた。

 タイトルは、2019年のレッズのペイロールは$150Mを超えると目されており、現在$130Mに達していることから付けたものである。

 追記1月22日:ソニー・グレイと契約延長したため、一部加筆修正を行った。

 

 まず、昨年10月19日にMike Petriello氏(@mike_petriello)がmlb.comに投稿した記事、『Trade bait? These players could be』を紹介する。

 概要は、2018年にLCSに進出した4チーム(BOS,HOU,MIL,LAD)のWARの内、トレードによって加入した選手のWARが占める割合が最も多かったというものだ。

 MLB全体の平均は、

  • ドラフト29%(MILは6%)
  • トレード38%(MILは59%)
  • フリーエージェント16%
  • アマチュアFA10%
  • その他8%

 

 さて、2018年のシンシナティ・レッズは、67勝95敗で中地区最下位だった。そして今オフ、レッズは先発補強と外野手補強に力を入れ、ダラス・カイケルやコーリー・クルーバーを獲得する噂まで浮上させた。今回は、カイケルやクルーバーを獲得することはない。つまり、先発補強は終了したという前提に基づき、アクティブロスターの選手を一部紹介していく。

2018年MLBオールスター予想 FED部員が決める現在のMLBで熱い選手は誰なのか?

42211101074_49af0d6118_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間7月17日に第89回「MLBオールスターゲーム」が開催される。開催地は、ワシントン・ナショナルズの本拠地であるナショナルズ・パーク。2008年に開場された同球場での開催は初であり、1962年以来となるワシントンD. C. での開催である。今年もFarEastDivision内でオールスター投票を実施し、FED部員によるオールスターを選出した。

 

•ナショナル・リーグ

それでは、ホームであるナショナル・リーグの選手から紹介をする。

C:J. T. リアルミュート(MIA)

1B:フレディ・フリーマン(ATL)

2B:スクーター・ジェネット(CIN)

SS:ブランドン・クロフォード(SF)

3B:ノーラン・アレナド(COL)

OF:マット・ケンプ(LAD)

OF:オドゥベル・ヘレーラ(PHI)

OF:ニック・マーケイキス(ATL)

 

キャッチャー、ファースト、セカンドは、ほぼ満票でそれぞれリアルミュート(MIA)とフリーマン(ATL)、ジェネット(CIN)に決定。サードはエウヘニオ・スアレス(CIN)に若干票が流れたもののアレナド(COL)に決定。ショートはトレバー・ストーリー(COL)と票が割れ、僅差でクロフォード(SF)に決定。

アウトフィルダーは、最多の8票を集めたケンプ(LAD)、ヘレーラ(PHI)、マーケイキス(ATL)に決定。昨年、FED部員による投票で唯一の満票選出となったブライス・ハーパー(WSH)は、今年は僅か2票に終わった。他、クリスチャン・イエリッチ(MIL)が3票を集めた。

余談だが、昨年FED部員が選出した選手の中で、今年も連続選出された選手は1人もいなかった。

 

キャッチャーは、実際のオールスターゲームではウィルソン・コントレラス(CHC)が先発出場することになっている。尚、身長・体重はリアルミュート(MIA)と同じである。

セカンドは、実際のオールスターゲームではハビアー・バイエズ(CHC)が先発出場することになっている。今季20-20を視野に入れているバイエズだが、FED部員はほぼ票を入れなかった。ただ、データで見ればジェネットが優れているというわけではなく、バイエズの方がfWARは高い。

アウトフィルダーは、実際のオールスターゲームでは、ヘレーラに代わりハーパーが先発出場することになっている。fWARは、ハーパーとヘレーラで大差ないものの、今季のハーパーは低打率に苦しんでおり、FED部員による投票では、長打力が伸びたヘレーラに軍配が上がった。

 

FED部員によるナショナル・リーグのオールスター選出では、ハーパーに票があまり入らなかった。今季のハーパーの成績は正直見栄えが悪い。しかしながら、長打力があることは事実であり実際のオールスターでは先発メンバーに名を連ねている。にも関わらず、ハーパー(2票)よりもイェリッチ(3票)やヘレーラ(7票)が票を集めることが出来たのは、よりインパクトのある選手―ヘレーラは今季、キャリアハイを大幅に塗り替える勢いで本塁打を量産している―に投票をしたからではないかと思われる。

 

2017 Team Preview:シンシナティ・レッズ

Cincinnati Reds first baseman Joey Votto (19)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
 *SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:グレート・アメリカン・ボールパーク
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml23/

 

広さ
レフト 100M
センター 123.1M
ライト 99.1M
フェンス高さ 2.4~3.6M
パークファクター平均*100
安打 97.0
ツーベース 94.9
スリーベース 64.5
HR 117.5
得点 99.0
  • 予想オーダー

1.ビリー・ハミルトン:CF

球界屈指の韋駄天外野手。去年は119試合の出場にとどまったが、リーグ2位の58盗塁を記録するなど、改めて脚の速さを見せつけた。また、脚の速さを生かした守備も魅力の一つである。しかし、打撃面では課題が残り、とくに昨年は対左投手に対しては打率.221と苦しんだ。もし打撃面を克服できれば、メジャー指折りの外野手になるだろう。

2.ザック・ゴザート:SS

右ひざの靭帯の怪我で15年シーズンは53試合の出場にとどまったものも、昨年は121試合に出場、100試合以上出場したシーズンのなかでは、HR数、OPSともにシーズンベストの記録をたたき出した。守備はうまく、RF(レンジファクター)はメジャー2位の4.43をマークした。

3.ジョイ・ボットー:1B

MVP1回、オールスター選出4回など、カナダ屈指の強打者。昨シーズンは5月末まで打率.213と苦しみ、トレードなどの噂もあったが、オールスター後からは爆発的に打ち始め、打率.408、出塁率.490、長打率.668と驚異的な数字を残し、シーズン全体の成績としては打率.326、出塁率.434、長打率.550とまとめあげ、出塁率に関してはリーグ一位の成績であった。

 4.アダム・デュバル:LF

15年シーズンまでは通算55試合出場だった男が、昨年は大ブレーク、150試合に出場、33本塁打、103打点をあげ、オールスターにも選出された。しかし、パワーはある一方、アプローチが粗く、昨年は164三振を喫した。実質メジャー2年目となる今シーズン、昨年のような成績が残せるか注目である。

5.スコット・シェブラー:RF

2015年のトッド・フレイジャーの三角トレードでロサンゼルス・ドジャースから移籍。シーズン途中で成績不振によりマイナー降格になるも、ジェイ・ブルースのトレードにより再び昇格、昇格後はソリッドな成績を残し、打率.265、OPS.762という数字を残した。チームのプロスペクト、ジェシー・ウインカーが昇格するとポジションを奪われてしまうかもしれない。

6.エウヘニオ・スアレス:3B

トッド・フレイジャーがトレードされ、去年からサードのポジションのレギュラーの座をつかんだ。初のフルシーズンながら、21本塁打、OPS.728という数字を残した。課題は守備で、サードの選手の中ではリーグトップの23失策を記録した。守備力の向上に期待したい。

7.デビン・メザラコ:C

2007年のドラフト全体15位指名。2014年シーズンに25本塁打を放ち、ブレークかと思われたが、15.16年シーズンは怪我に悩まされ、昨年は16試合の出場にとどまった。今シーズンはメザラコの不在時に捕手をつとめたバーンハートとのレギュラー争いになりそうである。

8.ホゼ・ペラーザ:2B

今オフシーズンに今までレギュラーであったブランドン・フィリップスがトレードでアトランタ・ブレーブスへ移籍したため、今シーズンからセカンドでの起用が予想される。レフトを守るスコット・シェブラーと同じくドジャースから三角トレードで移籍。スピードが持ち味で、22歳という若さからまだこれからさまざまな面での成長が期待される。メジャーフルシーズンどのように戦っていくか楽しみである。

2016 Team Review:シンシナティ・レッズ

5676626074_0342382cd7_z

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
 *SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:グレート・アメリカン・ボールパーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml23/

 

広さ
レフト 100M
センター 123.1M
ライト 99.1M
フェンス高さ 2.4~3.6M
パークファクター平均*100
安打 107.5
ツーベース 104.3
スリーベース 44.4
HR 113.7
得点 111.5
  • 予想オーダー

1. ザック・コザート:SS
12年からレッズの正遊撃手を務める30歳。昨シーズンは6月に靭帯断裂をしてしまい、そのままシーズンエンド。怪我をする前は非常に好調で、59試合の参考記録ながらも、AVG、OBP、SLGともに14年を上回る数字を残している。怪我明けの開幕で昨シーズンのようなバッティングができるか。

2. ジョーイ・ボットー:1B
メジャー屈指の選球眼を持つ。特に昨シーズンのオールスター後はOBP.535と驚異的な数字を残した。62試合の出場にとどまった14年を除けば、11年から毎年リーグ最多の四球を選んでいる。また、選球眼以外にもパワーが持ち味で過去5年間で320本以上のホームランを打っている。まだ32歳と老け込むには早く、健康体であれば今年もよい成績が期待できるだろう。

3.ブランドン・フィリップス:2B
34歳のベテラン。ゴールドグラブ4回、シルバースラッガー賞1回、オールスター3回選出されている名選手である。昨シーズンは好調で、K%は自己ベストの10.9%、盗塁に関しては12年から14年シーズンの盗塁数を足したものよりも多い23個の盗塁を決めた。2番のボットーとは対照的に、積極的に打っていく選手で、昨年の四球数はなんとボットーの五分の一以下。昨シーズンが少しできすぎのように見えるため盗塁数などは減るかもしれないが、CINの打線の中心選手であることに違いはない。

4.ジェイ・ブルース:RF
1113年まで毎年30本以上ホームランを打っていたが、過去2年間は不調に陥っている。昨シーズンはパワーこそ復調し26本のホームランを打ったが、AVGは全盛期の時からは程遠い.226。昨年からトレードの噂が立っているが、年棒の高さがネックとなりなかなか話が進んでいない。

5. デビン・メゾラコ:C
12年から着々と出場試合数を伸ばし、シーズンはレギュラー獲得かと思われたが、怪我で戦線離脱し23試合の出場にとどまった。14年にはホームラン25本、OPS.893の成績を残してオールスターにも選出されている。しかし、いまだメジャーで110試合以上出場したことがなく、耐久性に疑問符が打たれる。

 6.エウヘニオ・スアレス:3B
14年にDETから移籍。コザートの怪我で試合に出始めると、DET時代にはあまり見られなかったパワーを見せ、DET時代のISO 0.94から昨シーズンは倍近くの.167まで上がった。しかし、コンタクトには依然として問題が残っており、K%=23.6%と決していい数字ではない。また、守備にも問題があり昨シーズンは13失策、DRS-12と悲惨な結果。今後はアプローチと守備に改善が求められるだろう。コザートが返ってくるため、今シーズンは主にサードを守ることになる。

 7.スコット・シェブラー:LF
13、14年シーズンにマイナーで2年続けてホームラン25本以上打ったプロスペクト。21歳のホセ・ペラーザとともにLADから移籍してきた。昨シーズン、セプテンバーコールアップでメジャー昇格を果たし、19試合に出場。.250/.325/.500とメジャーでもまずまずの成績。CINではある程度出場機会が与えられると考えられている。

8.ビリー・ハミルトン:CF
誰もがその名を知っているスピードスター。昨シーズンは故障などで114試合の出場に限られたが、57盗塁と走りに走った。足は速いのだが、打撃スキルに関しては課題が山積み。AVG.226、OBP .274とあまりコンスタントに出塁できていない。問題点の一つとして、アプローチが挙げられ、BB%=6.2%、K%=16.5%の数字には改善が求められる。

9.投手