Tag Archives: エディンソン・ボルケス

Weekly Report :Week4,5

4495170728_889bc4cbb1_z

 

 

 

 

 

 

 

4つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-4,5のキーワードは「ショーン・マネイア」「プエルトリコ」「ダイアオンド・バックス」「ロナルド・アクーニャ」だ。

 

 ・ショーン・マネイア

現地時間4月21日にOAKの左腕ショーン・マナエアがBOS戦で今季MLB初となるノーヒットノーランを達成した。ノーヒットノーランは昨年のMIAエディンソン・ボルケス以来、ア・リーグに限定すると2015年の当時HOUに在籍していたマイク・ファイヤーズ以来となる偉業であった。

 

試合は初回、先頭のムーキー・ベッツを歩かせるも2者連続三振を含め3人で抑えると5回2死まで1人のランナーも許さない快投を披露する。5回2死からエラーと暴投でこの試合初めて得点圏にランナーを進めるもジャッキー・ブラッドリーJr.をチェンジアップで三振に切って取り危なげなく抑える。打線もメジャーを代表する左腕クリス・セールから2本のタイムリーツーベースと5回にエラーをしたマーカス・セミエンのソロホームランで小刻みに援護をする。9回には2死からこの日2つ目のフォアボールを与えるもハンリー・ラミレスをショートゴロに打ち取り自身初の完投、完封をノーヒットノーランのおまけつきでやってのけた。

 

この日、マナエアが対峙したBOS打線は打率メジャー全体1位、得点は同2位、OPSも同3位であり、規定打席到達者7人のうち6人がOPS.750超え(.800以上は4人)というBOSの開幕ダッシュ(この試合開始前時点で17勝2敗)の大きな要因の1つであるメジャー屈指の強力打線だった。

 

マナエアはメジャー3年目で昨年はキャリアハイの158.2イニング、12勝を挙げたがWHIP1.40やERA4.37、QS%=48.3%が示すように安定感に欠けていたが、今季は5試合で3勝2敗ながらERA1.23、QS%=80.0%と運に恵まれている側面はあるもののブレイクアウトする気配を漂わせており、開幕してからこれまでのピッチングが決してフロックではないということを今後のピッチングで見せてくれることを期待したい。

Weekly Report:Week-12

26996924376_1ccba14731_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-12のキーワードは「ソロホームラン」「ジョージ・スプリンガー」「クリーブランド・インディアンズ」だ。

 

  • ソロホームラン

くの観客を魅了するホームラン―
そのホームランを1試合で8本も見ることができたなら観客、特に勝利チームのファンは大満足だろう。

現地620日、マーリンズ・パークでのコロラド・ロッキーズ対マイアミ・マーリンズの1戦ではなんと8本のホームランが飛び交った。しかも、メジャー史上初の両チームの得点すべてがソロアーチというおまけつきだ。また、両軍合計8本のソロホームランが出るというのはナ・リーグ記録である。(メジャー記録は10) 

では試合を振り返ってみよう。
まずは1回裏。ロッキーズ先発のホルヘ・デラロサは2アウトを取り3番のマーセル・オズーナを迎える。1ボール2ストライクと追い込んでからの4球目。スプリットが真ん中に入ったのをオズーナが捉えて先制ホームランを放つ。すると今季不調の4番ジャンカルロ・スタントンも低めの速球を逃さず2者連続ホームラン。マーリンズは2点を先制する。

続く2回表。この回先頭のロッキーズの期待のルーキーであるトレバー・ストーリーがルーキーの中でトップとなる18号ホームランをレフトスタンドに叩き込み、1点差に迫ると、さらに1アウトを取ったあとマーク・レイノルズとニック・ハンドリーの2者連続アーチが飛び出し、一気に逆転に成功する。

マーリンズ打線に元気がなくなってきたと思った矢先の4回裏。1点を追うマーリンズはこの回先頭の3番オズーナの2打席連続ホームランで同点に追いつく。
すると6回表マーリンズ2番手ブライアン・エリントンが簡単に2アウトとし、迎えるバッターはこの日すでにホームランを放っているレイノルズ。1ボール1ストライクからの3球目のカーブをスタンドに放り込み勝ち越しに成功。

さらに9回表にもチャーリー・ブラックモンがアーチを描きロッキーズが点差を2点とするとその裏、ロッキーズのクローザーであるカルロス・エステベスが締め試合終了となった。

 

ピッチャーズパークのマーリンズ・パークでのこの珍記録と5本のホームランを放ったロッキーズ打線の破壊力には驚きを禁じ得ない。この試合を生で見ていた観客にとっては印象に残る試合となったに違いない。