Tag Archives: エデュアルド・ロドリゲス

2018 WS : BOS vs LAD

17089916180_1e087ae0e2_z

 

 

 

 

 

 

WS:4-1

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 BOS 8-4 LAD

勝:マット・バーンズ(1-0) 負:クレイトン・カーショウ(0-1)

Game2 BOS 4-2 LAD

勝:デビット・プライス(1-0) 負:柳賢振(0-1) S:グレイブ・キンブレル(1)

Game3 BOS 2-3 LAD

勝:アレックス・ウッド(1-0) 負:ネイサン・イオバルディ(0-1)

Game4 BOS 9-6 LAD

勝:ジョー・ケリー(1-0) 負:ディラン・フローロ(0-1)

Game5 BOS 5-1 LAD

勝:デビット・プライス(2-0) 負:クレイトン・カーショウ(0-2)

WSMVP:スティーブ・ピアース

 

 ーズンの勢いそのままに、ここまでのプレーオフ7勝2敗と圧倒してきたボストン・レッドソックスと昨年に引き続き2年連続の出場となったロサンゼルス・ドジャースのマッチアップとなった今年のWSは、レッドソックスが4勝1敗でWSを5年ぶりに制した。

 

以下、両チームの注目点を挙げ、試合を振り返る。

 

注目点1→投手陣の安定度

 

投手陣の安定度に差が見られた。後述するがドジャース投手陣はALCSの疲れからか、やや精彩を欠いていた。一方でレッドソックスはWS5戦すべてに登板し一度の失点も許さなかったケリー、第3選でロングリリーフながらも6回2失点に抑えたイオバルディ、カーショウとは対照的に2勝をあげたプライスなどが好投した。

 

注目点2→LCS疲れと第3戦

 

レッドソックスはALCSを4勝1敗と5試合で勝ち進み、WSまで中5日であったのに対し、ドジャースはNLCSを4勝3敗と7試合戦い、WSまで中3日しかなかった。これが結果的に投手陣の安定度に差が生まれ、第3戦の延長18回にわたる死闘が勝負の分かれ目になったようだ。ドジャース先発のウォーカー・ビューラーが7回を完璧に抑え有利に立っていたものの、イオバルディの思いがけない好投がドジャースのリリーフ陣の疲労に拍車をかけ、結果的に第4戦の逆転負けを引き起こしたように思える。

2017 Team Preview:ボストン・レッドソックス

15107409838_97f9cba5d5_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す。

*RP横*マークは中継ぎ候補の意を示す。

 

・本拠地:フェンウェイ・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml15/

 

広さ
レフト 94.5m
センター 118.8m
ライト 92.0m
フェンス高さ 0.9~11.3m
パークファクター平均*100
安打 116.1
ツーベース 142.4
スリーベース 166.7
HR 106.5
得点 119.9

 

◦予想オーダー

1.ダスティン・ペドロイア 2B
オルティスが引退した今季は、チームリーダーとしても期待されている二塁手。昨季は近年の故障渦を乗り越え3年ぶりに150試合出場を果たした。打撃ではMVPを受賞した2008年以来の高水準となる打率.318201安打を記録、5年ぶりにOPS.800台に達した。守備でもDRS+12を記録するなど攻守でチームの地区制覇に貢献した。

2.アンドリュー・ベニンテンディ LF
今季の新人王の最有力候補にも推される新進気鋭の若手外野手。15年のドラフト1巡目でレッドソックスに入団すると、そこからほぼ1年でメジャー昇格を果たす。マイナー通算でOPS.932を記録した打棒はメジャーでも衰えず、わずか34試合105打席の出場ながら11二塁打、OPS.835たる成績だった。ミートと選球眼に定評があるので、今後パワーが伸びてくるとリーグ屈指の外野手になるだろう。

3.ムーキー・ベッツ RF
昨季は、惜しくもマイク・トラウト(LAA)に敗れMVP受賞を逃した外野手。デビュー当時は、セカンドやセンターの守備にも就いていたが、昨季はライトに専念した。そのライト守備ではDRS+32と驚異的な数値をたたき出し、ゴールドグラブ賞を受賞。打撃も軒並みキャリアハイの成績を残し、シルバースラッガー賞を受賞した。

4.ハンリー・ラミレス DH
今季からオルティスの引退とモアランドの加入により指名打者メインで出場することが見込まれる大砲。打撃では、8年ぶりに30HRを放つと、キャリアハイの111打点を挙げた。守備では、一塁に専念したが、DRSは-5と芳しくなかった。それでも、今季は4060試合程度、一塁守備に就く予定だ。

5.ザンダー・ボガーツ SS
昨季、初めてオールスターに出場した遊撃手。シーズン前半は、26試合連続安打を放つなど絶好調だった。特に5月は打率.395OPS1.017と大暴れした。8月、9月は失速したものの、2年連続でシルバースラッガー賞を受賞した。特に目を見張るのはパワー面での成長で、レギュラー定着後、2年で19HRだったが昨年は1年で21HR放った。今年はWBCにオランダ代表として出場した。

6.ミッチ・モアランド 1B
レンジャーズから15.5Mで加入した。堅守のファーストで、昨季はDRS+7を記録し、自身初となるゴールドグラブ賞を受賞。基本的にフリースインガーの傾向がみられ、通算出塁率は.315で昨年は.298.300を切った。しかし、一発を放つ力はあり、2年連続で22HR以上を放っている。左打者ではあるが、対右には打率.221OPS.700であるのに対して対左は打率.277OPS.799と左投手を得意にしている。

7.パブロ・サンドバル 3B
5年90M の大型契約でレッドソックスに入団してからいいところがない三塁手。昨季は、トラビス・ショウ(MIL)に三塁のレギュラーを奪われると、3試合に出場したところで、肩の手術を受けシーズン終了となってしまった。今季はさすがに活躍しなければいけない年ということもあってか、スプリングトレーニングは、好調をキープしている。今季は活躍して、再び大舞台で輝けるか見物である。

8.ジャッキー・ブラッドリーJr. CF
昨季は、424日のアストロズ戦から29試合連続安打をやってのけたり、自己最高の26HR87打点、OPS.835を記録するなど、いい意味でファンの期待を裏切った。図抜けた身体能力に裏打ちされた強肩と守備範囲でDRS+11を記録するなど守備も相変わらず高水準を維持していた。

9.サンディ・レオン C
去年、突如として打撃が覚醒した捕手。打率.3107HROPS.845と好調だった打撃成績は今季は多少なりとも低下しまうのは仕方のないことだろう。守備は、DRS+3、盗塁阻止率41.1%と期待できる。ただ、レギュラーの座は安泰ではなく、不調ならばクリスチャン・バスケスやブレイク・スワイハートが代役となる。

2016 Playoff Preview:ボストン・レッドソックス

28418527073_c3019da7ae_z

 

 

 

 

 

 

 

レギュラーシーズンは終わりを迎え、熱いポストシーズンが始まろうとしている。今回はアメリカン・リーグ東地区の覇者、ボストン・レッドソックスの注目すべき点をピックアップしよう。

 

  • 最後のビッグ・パピ

レッドソックスに取って2016年といえば、何と言っても”ビッグ・パピ”ことデビッド・オルティズのラストイヤーである。長らくチームを支え、ボストンから愛されたオルティズの最後の年に、レッドソックスは何としてもワールドチャンピオンで有終の美を飾りたいと考えているだろう。

オルティズの凄さは、引退する年に圧倒的な成績を残していることだ。今シーズンの成績は.315/.401/.620、OPSは1.021と1.000を超え、38HRで127打点を記録した。127打点はアメリカン・リーグの最多タイで打点王を獲得。今シーズンで引退する40歳の成績とはとても思えないほどの活躍だった。

ポストシーズンではキャリア通算でOPS.962、17HR、60打点を残している。本塁打数は史上7位タイ、打点数は史上5位だ。最後のポストシーズンでこの記録がどこまで伸ばせるかにも注目したい。

レッドドックスがオルティズの最後の花道を飾ることができるか、注目だ。

 

  • MLB1の打撃陣

今シーズンのレッドソックスといえばもちろん強烈な打撃陣が浮かぶ人が多いだろう。チーム打率.282、OPS.810、打点数836、その他にも得点数、出塁率、長打率、安打数、二塁打数、この全てで全30球団トップの数字をマークしたことを考えれば、メジャートップの打撃陣と評しても間違いはないだろう。

この打撃陣を注目すると、若手、中堅、ベテラン全てが結果を残す非常にバランスの良い野手陣であることに気付く。若手で印象的だったのは、急成長を見せ3割30本100打点をクリアした23歳のムーキー・ベッツを中心に、24歳の大型SSザンダー・ボガーツ、好不調の波はあったものの打撃で成長を見せた26歳のジャッキー・ブラッドリーjrなどがあげられる。試合数が少ないもののルーキーの22歳アンドリュー・ベニンテンディも楽しみだ。

中堅では200安打を超えた33歳ダスティン・ペドロイア、2008年以来の30本塁打にキャリアハイの111打点をマークした32歳のハンリー・ラミレスなどが名を連ねる。ベテランはもちろん、存在感抜群のオルティズだ。このように若手の勢い、中堅の安定感、ベテランの経験が混ざり強力打線を形成しているのである。ポストシーズンでもこの打線の勢いを止めるのは至難の技と言えるだろう。

 

  • 不安なクローザー

好調な打撃陣とは対照的に、投手陣には多少の不安が残る。先発陣はポストシーズンでは4人で回せるため、ある程度の計算は立つ。22勝を挙げたリック・ポーセロとデビット・プライスを中心に、9月に3勝と復調を遂げたクレイ・バックホルツ、4人目にはエデュアルド・ロドリゲスが起用される見込みだ。

一方で不安なのはクローザーだ。その不安が顕著に現れたのは、9月28日の優勝を決めたニューヨーク・ヤンキース戦だ。3点リードの完封ペースから一転、クローザーのクレイグ・キンブレルが3与四球と大荒れし1アウトも取れずに降板すると、後を継いだジョー・ケリーが2アウトにこぎつけながらもマーク・テシェイラにまさかのサヨナラ逆転満塁ホームランを被弾し、3対5で敗れた。この日2位のトロント・ブルージェイズが敗れたため、この試合で地区優勝が決まるという後味の悪い試合になってしまった。

主に勝ちパターンとして起用される36歳のブラッド・ジーグラーは9月、12試合に登板して無失点、40歳の上原浩治は11試合で無失点と好調だっただけに、最後がしっかりすればポストシーズンも安心できそうだ。

 

Text by Shirai Kazuki
写真:https://flic.kr/p/Kifo1H