Tag Archives: エドウィン・エンカーナシオン

Weekly Report : Week-5

47716328772_eb399c61c1_z

 

 

 

 

 

 

Photo link https://flic.kr/p/2fGwE8E

 

好評発売中のプロスペクトハンドブック2019ですが、5月7日から書籍版を35%オフの1300円(送料別)で販売致します。Kindle版も約35%オフの1100円で販売しております。詳細は記事の最後に記載しています。

 

 

前年より盤石なタンパベイ・レイズ投手陣

Written by Tsubasa Komiyama

 レイズは、現地時間5月3日現在、21勝11敗でアメリカン・リーグ東地区の首位に着けている。チーム打点は、ヤンキース、レッドソックスに次ぐ地区3位であるが、チーム失点は、122失点で2位のブルージェイズを突き放す100失点で1位である。

 本拠地のPFや対戦相手にもよるものの、基盤の安定した投手力が地区首位を堅守していると捉えて問題ないだろう。

 ところで、興味深いスタッツがある。チームの先発イニング数の合計だ。2018年レイズの先発イニング数合計は624回(1試合平均3.2回)でメジャー全体30位である。29位は805.1回(1試合平均4.2回)のエンゼルス、1位は993.2回(1試合平均6.1回)のインディアンスだ。2019年レイズの先発イニング数合計は145.1回(1試合平均4.1回)でメジャー全体29位である。30位は141.2回(1試合平均4.1回)のエンゼルスだ。順位としては30位から29位であるが、約アウト2つ分増えたと考えると大きな変化である。

年度 先発イニング数 試合平均
2018年 624回 3.2回
2019年 145.1回 4.1回

 

 

 理由は、昨年クリス・アーチャー(RHP)の見返りの1人として獲得したタイラー・グラスノー(RHP)と、昨年オフにFA補強したチャーリー・モートン(RHP)がオープナーを用いない先発として起用されているからであろう。

 昨年、レイズで20先発以上したのはブレイク・スネル(LHP)とライン・スタネック(RHP)の2人だが、スタネックはオープナー起用であるため、実質フルシーズン稼働した先発はスネルのみであった。

 しかし、2019年はスネル、グラスノー、モートンの3人が20先発を超える見込みである。つまり、ブルペンの負担が軽減されることにより、オープナーの柔軟性や7回以降の粘り強さが得られるのではないだろうかと推測した。

 

 さて、昨年、レイズがシーズン後半戦において目覚ましい戦績を挙げ、WC争いが白熱したことは記憶に新しい。

 下の表は2018年タンパベイ・レイズの月間投手成績と、2018年メジャー平均の月間投手成績である。

 

 メジャー平均は、シーズン終盤にK/9とBB/9が共に上昇している。K/BBは下がっているため、K/9の上昇よりBB/9の上昇の方が多いことが伺える。一方、レイズはもう少し早い段階、6月から7月にかけてK/9を上昇させ始め、7月から8月にかけてBB/9を下降させることにより、K/BBを上昇させている。

 要因はオープナーの採用であると考えられる。オープナーの利点は大まかに2点である。

  •  初回防御率の悪い先発投手の代わりに、リリーバーが先発することで初回防御率を改善出来る。
  • 後続の本来の先発投手とオープナーであるリリーバーの利き手やピッチングスタイルを変えることで、後続の先発投手のポテンシャルを最大限発揮出来るようアシスト出来る。

 

 今回は、具体的にオープナーに向いているピッチングスタイルには触れないが、昨年、レイズがオープナーを(現状において)最大限活かす術を見つけたと言える。それは夏場のメジャー平均とレイズの月間投手成績の差から考えられるだろう。

 

Weekly Report :Week4,5

4495170728_889bc4cbb1_z

 

 

 

 

 

 

 

4つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-4,5のキーワードは「ショーン・マネイア」「プエルトリコ」「ダイアオンド・バックス」「ロナルド・アクーニャ」だ。

 

 ・ショーン・マネイア

現地時間4月21日にOAKの左腕ショーン・マナエアがBOS戦で今季MLB初となるノーヒットノーランを達成した。ノーヒットノーランは昨年のMIAエディンソン・ボルケス以来、ア・リーグに限定すると2015年の当時HOUに在籍していたマイク・ファイヤーズ以来となる偉業であった。

 

試合は初回、先頭のムーキー・ベッツを歩かせるも2者連続三振を含め3人で抑えると5回2死まで1人のランナーも許さない快投を披露する。5回2死からエラーと暴投でこの試合初めて得点圏にランナーを進めるもジャッキー・ブラッドリーJr.をチェンジアップで三振に切って取り危なげなく抑える。打線もメジャーを代表する左腕クリス・セールから2本のタイムリーツーベースと5回にエラーをしたマーカス・セミエンのソロホームランで小刻みに援護をする。9回には2死からこの日2つ目のフォアボールを与えるもハンリー・ラミレスをショートゴロに打ち取り自身初の完投、完封をノーヒットノーランのおまけつきでやってのけた。

 

この日、マナエアが対峙したBOS打線は打率メジャー全体1位、得点は同2位、OPSも同3位であり、規定打席到達者7人のうち6人がOPS.750超え(.800以上は4人)というBOSの開幕ダッシュ(この試合開始前時点で17勝2敗)の大きな要因の1つであるメジャー屈指の強力打線だった。

 

マナエアはメジャー3年目で昨年はキャリアハイの158.2イニング、12勝を挙げたがWHIP1.40やERA4.37、QS%=48.3%が示すように安定感に欠けていたが、今季は5試合で3勝2敗ながらERA1.23、QS%=80.0%と運に恵まれている側面はあるもののブレイクアウトする気配を漂わせており、開幕してからこれまでのピッチングが決してフロックではないということを今後のピッチングで見せてくれることを期待したい。

2017 Team Preview:クリーブランド・インディアンズ

18572877923_c1d216f571_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:プログレッシブ・フィールド
 
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml21/ 

 

広さ
レフト 99.1M
センター 121.9M
ライト 99.1M
フェンス高さ 2.4~5.8M
パークファクター平均*100
安打 111.5
ツーベース 129.9
スリーベース 50.7
HR 116.8

得点

120.7

 

予想オーダー
1.カルロス・サンタナ:1B
昨シーズン記録した 34 本塁打 87 打点はキャリアハイ。その高い出塁能力から足はないが、 1 番に入る機会が増えた。守備では今シーズンはマイク・ナポリ(現レンジャース)の移籍、エンカーナシオン加入に伴い、昨年までの DH から1B へ。オフに開かれたWBC にはドミニカ代表として出場。
 
2.フランシスコ・リンドーア:SS
昨シーズンは 2 年目ながら不動の 3 番として 2 年連続の 3 割越え、得意の守備ではDRS+17 を記録しゴールドグラブ受賞と攻守でチームを支え、チームのワールドシリーズ進出に貢献した。オフの WBC でも母国プエルトリコの 2 大会連続の準優勝に貢献した。
 
3.マイケル・ブラントリー:LF
昨年は右肩の故障でシーズンのほとんどを DL で過ごしたが、今シーズンは開幕戦からの出場が見込まれている。15 年までは2年連続の 3 割、14 年には 200 本安打を放ち、シルバースラッガー賞を受賞しており、彼の復帰はインディアンズにとって非常に大きいだろう。
 
4.エドウィン・エンカーナシオン:DH
今オフ FA の目玉として加入した右の大砲。過去 5 年で 193 本の本塁打を放っており、これはクリス・デービス(現オリオールズ)に次いでメジャー全体で 2 位。昨年は初の打点王にも輝いた。彼の加入により昨年 4 番を努めたナポリの離脱も心配いらないだろう。
 
5.ホセ・ラミレス:2B
昨シーズン突然頭角を現した 24 歳。昨年記録した打率.312 はチームトップで 46 二塁打はメジャー全体でも 3 位だった。小柄な体格ではあるが昨年 8 月以降で 6 本塁打を放っており今シーズンは更なる増加も期待できる。本来は 3B を守っているがジェイソン・キプニスの怪我の影響により開幕は 2B での出場が濃厚。
 
6.ブランドン・ガイヤー:RF
昨シーズン途中にトレードによりレイズから加入した。昨シーズン左投手に対し打率.336、昨年放った 9 本の本塁打の内、6 本を左投手から記録し、対右のロニー・チゼンホールと共にプラトーンとして起用された。今シーズンはチゼンホールの開幕離脱が決定的でありスタメン奪取に向けアピールしたいところ。
 
7.タイラー・ネイクイン:CF
新人王投票で 3 位に入ったインディアンズ期待の若手の 1 人。昨年は規定打席には到達しなかったが、チームトップの OPS.886 を記録し下位から打線を支えた。昨年の 14本塁打はすべて右投手からであり対左は苦手か。センターの守備はミスが目立つことがあり不安が残る。
 
8.ロベルト・ペレス:C
ヤン・ゴームズの故障により出場機会を得ると、盗塁阻止率 50%、ポストシーズンでは 3 本塁打を放つなど一気にブレークした。WBC にはプエルトリコ代表として出場したがヤディアー・モリーナ(現カージナルス)がいたためほとんど出場機会はなかった。
 
9.ヤンディ・ディアス:3B
キプニスの怪我に伴い開幕スタメンが予想されるキューバ出身の 25 歳。昨シーズンAA、AAA 級合計で 121 試合に出場し打率.318 を記録した。また選球眼に優れ、BB%13.5%を記録した。キプニスが復帰するとラミレスが3B に戻ることが予想されるがそれまでにどれだけアピールできるかが鍵となりそうだ。
 

2016 ALDS Review:TEXvsTOR

29536790003_bd96546af4_z

 

 

 

 

 

 

ALSD:TEX0-3TOR

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 TEX1-10TOR
勝:マルコ・エストラーダ(1-0) 負: コール・ハメルズ(0-1)

Game2 TEX3-5TOR
勝:J.A.ハップ(1-0) 負:ダルビッシュ有(0-1) S:ロベルト・オスーナ(1)

Game3 TEX6-7TOR
勝:ロベルト・オスーナ(0-1) 負:マット・ブッシュ(0-1)

い。簡単にこの言葉を使うことははばかれるが思わず口に出してしまいたくなる。そんなシリーズだった。ワイルドカードでボルティモア・オリオールズにサヨナラ勝ちを決めたあの勢いがそのままこのシリーズにも入り込んだようであった。リーグ最高勝率を誇ったテキサス・レンジャーズを見事3連勝で撃破したトロント・ ブルージェイズはこれで2年連続のALCS進出となる。昨シーズン果たせなかった24年ぶりのワールドシリーズ進出も夢ではなくなってきた。

ここからはこのシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手を振り返っていこう。

注目点→中軸

このシーリーズで目についたのはブルージェイズの打撃陣の好調さだろう。まるで昨シーズンのブルージェイズ打線を見ているかのようだった。特にこの3戦固定されていた2~6番がそれぞれ打撃で勝利に貢献していた。一方でレンジャーズもこの3戦は2~6番が固定されていたがブルージェイズ打線とは違い鳴りを潜めていた。

1試合目、ブルージェイズの2~6番までは22打数11安打、二塁打2本、三塁打1本、本塁打1本と大暴れだった。この日のブルージェイズの13安打中11安打が2~6番の5人に集中していたため得点が入りやすかったのだ。さらに長打も多いのでランナーが少ないヒット数でホームに帰ることができた。

これほどヒットが出たのは、この日のレンジャーズの先発が左投手のコール・ハメルズだったからだろう。ハメルズは左投手で、この日は速球のコマンドがよくなく、内へと入って来る甘いボールが多かったのだ。ブルージェイズの中軸はこれを逃さずしっかりと打つことができていた。

一方でレンジャーズの2~6番の中軸は12打数2安打で長打はなし。終始、相手先発のマルコ・エストラーダの緩急をつけたピッチングにタイミングを合わせられずきりきり舞いにさせられていたのではどうしようもなかっただろうか。あわや完封寸前というところで完封を阻止したのも8番のエルビス・アンドラスの三塁打がきっかけ。全く中軸が働けなかった。

2試合目はブルージェイズの2~6番までの中軸はたったの3安打。一方でレンジャーズ打線は中軸が6安打、1番のカルロス・ゴメスも含めると8安打である。一見ブルージェイズの中軸を上回っているかのように見えるが、ブルージェイズの中軸が3得点を生み出したのに対し、レンジャーズの中軸も3得点。

同じ得点数となったのはブルージェイズ打線は本塁打があったからだ。ブルージェイズの中軸の3安打のうちエドウィン・エンカーナシオンとトロイ・トゥロウィツキがそれぞれ1本ずつ本塁打を打っている。レンジャーズは中軸で二塁打2本。いくら単打を集めても得点にはなりづらい。

この試合は中軸でそれほど差がつかなかったが、ブルージェイズが中軸以外からも本塁打が2本出たためレンジャーズの得点を上回ることとなった。1番も含めると中軸が8安打を打ちながらも3得点しか入れられなかったところがレンジャーズにとっては痛手となった。

3試合目も中軸の打撃に差が出た。ブルージェイズの2~6番までが7安打なのに対し、レンジャーズの2~6番は2安打のみ。それでも少ないチャンスを確実にものにし、今シーズン最優秀防御率のタイトルを獲得していたアーロン・サンチェスから6得点を奪いなんとかブルージェイズに食い下がっていた。それでも10回裏には2番のジョシュ・ドナルドソンの二塁打を皮切りにりブルージェイズがサヨナラ勝ちを収めることとなった。

ここで改めてこの3連戦の両チームの中軸の打撃成績を見比べてみよう。ブルージェイズの2~6番の中軸が64打数21安打、二塁打4本、三塁打1本、本塁打5本。レンジャーズの2~6番の中軸は53打数10安打、二塁打3本、本塁打1本と両者の差は明らかだ。

ブルージェイズも3試合とも常に中軸の打者が打っていたわけではない。シリーズ中4番に座っていたホセ・バティスタは1試合目以降ヒットがなく、5番のマーティンも3試合目の1本しかヒットを打っていない。しかし、両者とも1試合目と3試合目の勝利には欠かせないヒット、本塁打を打っており最低限の働きはしていたと言える。

これほどまでに中軸の打撃成績に差がでると得点数でレンジャーズが劣るのも無理はない。1試合目はブルージェイズが圧勝だったためしかたないと割り切れるが2試合目、3試合目は非常に競った展開だった。2試合目は中軸に長打が出なかったため安打数以上に得点が入らず、3試合目は少ない安打数でなんとか6得点をマークしていただけにももう少し中軸が打っていればと思わざるを得ない。

中軸のスター選手が多くのヒット、長打を打ちシリーズ中ずっと盛り上がりを見せていたブルージェイズ打線と、中軸のスター選手に当たりが出ず終わってしまったレンジャーズ打線の差が出たシリーズとなった。

 


 

 

最後にシリーズで活躍した選手について取り上げる。

ブルージェイズ側ではジョシュ・ドナルドソンを挙げたい。2試合目こそ無安打に終わってしまったが、1試合目は5打席全てで出塁し2得点、2打点の活躍。3試合目も5打数3安打、サヨナラを決めることとなった好走塁もあった。シリーズを通して本塁打はなかったが二塁打を4本打っていたことは評価に値する。また、度々守備でも好プレーを見せており、まさしく走攻守でチームのALCS進出に貢献していた。

レンジャーズ側ではマット・ブッシュを挙げたい。3試合目では負け投手になってしまったがそれでもブッシュの力投が色あせることはない。負ければ終わりという試合で、レンジャーズがほとんどのリリーフ投手を使い切ってしまった後に、8回裏のマウンドに登り、99マイルの速球で三者三振に打ち取る。回跨ぎをせざるをえず続投した9回、10回も速球の球速、威力ともに落ちることはなかった。絶望の淵に立たされたレンジャーズファンに希望を抱かせたこの姿は今シリーズのレンジャーズのMVPにふさわしいのではないだろうか。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/M14LC4

2016 ALWC Review

27665439521_3cea5316d5_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間10月4日。とうとうプレーオフが始まった。初戦はトロント・ブルージェイズ対ボルティモア・オリオールズの1ゲームワイルドカードだ。両者ともこのレギュラーシーズン最終試合までプレーオフに進出できるかどうかが分からないという状況で戦っていたためモチベーションは十分。逆に言えば、最後まで本気だったので共に最終試合でエースである投手を先発させてしまい、共に負ければ今シーズン終了となる試合で2番手以降の投手を使わなければならないといった状況にあった。同地区のライバル同士の争いにファンのボルテージも最高潮に達する1戦となった。

試合を振り返る前に、この2チームがどんなシーズンを送ったのかを簡潔にまとめてみよう。

 

  • トロント・ブルージェイズ

昨シーズン実に22年ぶりの地区優勝を果たしプレーオフにも進出したブルージェイズは、課題であった投手陣にテコ入れするためオフにはFAでJ.A.ハップをトレードでドリュー・ストーレンなどを獲得。リーグ1位の得点をマークした打撃陣を擁しシーズンへと向かって行った。

トレードで獲得したストーレンを中心にリリーフ投手が試合を台無しにすることが多かったが、先発陣と打撃陣が奮闘し何とか勝ち越して夏場を迎えると、シーズン中のトレードでは昨シーズンのような派手なトレードはしなかったがホアキン・ベノワやジェイソン・グリリなど要所を抑えた選手獲得に成功。夏場以降一時期は首位に立ったもののボストン・レッドソックスの勢いに追いつくことができず最終戦にまでもつれこんだプレーオフ進出をかけた戦いを制しこの日を迎えた。

今シーズンのブルージェイズは先発投手が予想以上の働きを見せた。最優秀防御率のタイトルを獲得した若きエース、アーロン・サンチェスを筆頭にJ.A.ハップ、マルコ・エストラーダ、マーカス・ストローマンらが奮闘しリーグ1位の防御率をマークすることができた。イニング制限のため何試合か先発をスキップしたサンチェスだったが、最速98マイルのツーシームとキレのあるカーブで相手を圧倒する姿はまさしくエースと呼ぶにふさわしく、自慢のゴロを打たせて取るピッチングも健在だった。

シーズン途中で加入した投手も素晴らしい活躍を見せた。ホワキン・ベノワは7月後半からの加入となったが、移籍後は25試合で防御率0.38とブルペンに不安を抱えるブルージェイズの救世主となった。また、8月1日に加入したフランシスコ・リリアーノも8試合に先発し防御率2.66とピッツバーグ・パイレーツでは防御率5点台だった投手とは思えないピッチングを披露した。

打撃陣は昨シーズンよりも成績を落とす選手が多かったがそれでも20本塁打以上が6人を擁し、リーグ5位の得点をマークするなどなかなかの活躍。主砲のホセ・バティスタが不調や故障で離脱し満足に実力を発揮できない中でエドウィン・エンカーナシオンとジョシュ・ドナルドソンの2人が共に35本塁打以上、OPS.880以上と奮闘した。シーズン当初から弱点となっていた2Bも昨シーズンの故障から復帰となったデボン・トラビスが故障前と変わらない打撃を披露し弱点どころか強みとなった。昨シーズンと比べると若干スケールダウンとなったがそれでもどこからでも本塁打が出る恐るべき打線であることには間違いない。

 

ボルティモア・オリオールズ

オリオールズはブルージェイズを上回る本塁打数をマーク。チームの本塁打数はリーグ1位の253本塁打だった。47本塁打を放ち、本塁打王に輝いたマーク・トランボを始めとする打撃陣は圧巻。ブルージェイズと同じく20本塁打以上をマークした選手が6人した。しかし、本塁打数はリーグ1位だったが得点はそれほど伸びず、得点は同7位。

あまりにも本塁打に頼り過ぎた攻撃とリーグ10位の出塁率が響いた結果となった。早打ちな選手が非常に多くそれでハイアベレージを残せていれば問題ないのだが300打席以上をクリアした選手で打率.280をクリアしたのはキム・ヒョンスとマニー・マチャドだけ。出塁率.350以上になるとキム・ヒョンス1人だけだった。本塁打を多く打てるという特徴をイマイチ生かしきれなかった打撃陣と言うことができる。

投手陣は先発投手が防御率リーグワースト3位と崩壊気味な中でリリーフが健闘。リリーフはリーグ1位の防御率をたたき出し、脆弱な先発ローテーションを支えた。クローザーのザック・ブリットンは47SVをマークし失敗は0、防御率0.54と圧倒的な数字をマークし、今シーズンのアメリカン・リーグのサイヤング賞候補にも挙げられている。ブリットンの陰に隠れて名前が出てこないことが多いがブラッド・ブロックも71試合に登板し回跨ぎなどもこなしつつ防御率2.05とブリットンがいなければクローザーを任されていてもおかしくない成績を残した。その他マイケル・ギブンズやダレン・オデイ、ドニー・ハートらも好成績を収め先行逃げ切りという勝利の方程式を形作っていた。