Tag Archives: エンダー・インシアーテ

2017MLBオールスター予想 FED部員が決める現在のMLBで熱い選手は誰なのか?

9784166122_8f64553489_z

 

 

 

 

  

現地時間7月11日に第88回「メジャーリーグ・オールスターゲーム」が開催される。年に1回の真夏の祭典の今回の舞台はアメリカ国内でも有数の華やかな都市マイアミである。きらびやかな雰囲気に包まれるであろう今回のオールスター。そこで今年も我らがFar East Division内でオールスター投票を実施し、誰がオールスターにふさわしいかを決定した。9人のライター達から厚く支持されたのは誰か見ていこう。

 

 

 

・ナショナル・リーグ

まずは今回のオールスターゲームをホームとして戦うナショナル・リーグを見ていこう。

C  バスター・ポージー(SF)

1B ライアン・ジマーマン(WAS)

2B ダニエル・マーフィー(WAS)

3B ジェイク・ラム(ARI)

SS ザック・コザート(CIN)

OF ブライス・ハーパー(WAS)

OF チャーリー・ブラックモン(COL)

OF マーセル・オスーナ(MIA)

 

今回の投票でナ・リーグ唯一の満票選出となったのがナショナルズのブライス・ハーパー。2015年にMVPを受賞したが、昨年はまさかの不振に喘いだ怪童。しかし、今シーズンは見事に復活。外野手の常連組が不振や故障で苦しむ中、ナ・リーグ外野手の中で最高のOPSを記録し、誰もが納得の選出となった。

外野手の残り2枠は復活したマット・ケンプ(ATL)や好守のエンダー・インシアーテ(ATL)、チーム状況が悪いなかでブレイクしたマイケル・コンフォルト(NYM)も票を集めた。しかし、最終的には選手として一皮剥けた感の強いマーセル・オスーナ(MIA)と好調なチームを1番打者として引っ張るチャーリー・ブラックモン(COL)が選出された。

キャッチャーとセカンドはここ数年安定した活躍を続けているバスター・ポージー(SF)とダニエル・マーフィー(WAS)が順当に選出され、ショートは今シーズン打ちまくっているザック・コザート(CIN)が昨年の新人王コーリー・シーガー(LAD)を僅差で振り切った。

今回の投票で両リーグ合わせて最大の激戦区となったのが、ナ・リーグの1Bである。ポール・ゴールドシュミット(ARI)、アンソニー・リゾー(CHC)、ジョーイ・ボットー(CIN)、エリック・テームズ(MIL)を含めた5人に票が分散した。混戦を制したのは昨年極度の不振に喘ぎもう終わった選手と見なされながら今シーズン劇的な復活を遂げたライアン・ジマーマン(WAS)だった。今シーズン猛打を奮う彼がマイアミで暴れ回るのが今から待ちきれない。

最後に今回のアンケートで最大のサプライズとなったのは、ナ・リーグの3Bである。なんと昨年MVPのクリス・ブライアント(CHC)が1票しか獲得できず、WBCでの活躍も記憶に新しいノーラン・アレナド(COL)も敗れ去ったのだ。強力なライバルの2人に勝利したのは、昨年惜しくも最後の1人に届かなかったジェイク・ラム(ARI)である。昨シーズンのブレイクを今シーズンも継続して打点ランキングでは昨年の打点王アレナドを上回っている。文句なしの選出と言えよう。昨年惜しくも選ばれなかった舞台でどんな活躍を見せてくれるか楽しみである。

2017 Team Preview:アトランタ・ブレーブス

27167903754_776a4abdf0_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  •  本拠地:サントラスト・パーク
※サントラスト・パークは新球場につきデータなし
他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml28/

 

予想オーダー

1. エンダー・インシアーテ:CF
美技連発の外野守備が魅力で、ここ3シーズンで残したDRS+64は、外野手の中ではケビン・キアマイアー(TB)、ジェーソン・ヘイワード(CHC)に次ぐメジャー第3位。打撃面でもキャリアハイとなる出塁率.351&四球率7.8%をマークし、リードオフマンとしての役割を十分に果たした。オフには5年+オプション1年の契約延長を結んだ。

2. ブランドン・フィリップス:2B
 今オフに11シーズン在籍したレッズからトレードで加入。オールスター選出3度&ゴールドグラブ受賞4度の輝かしい実績を誇るベテラン。昨季はここ4シーズンでベストとなるOPS.736をマークしたが、DRSはキャリアワーストタイとなる-7に落ち込むなど自慢の二塁守備には陰りが見えている。有望株のダンズビー・スワンソン&オジー・アルビースの教育係としても期待されている。

3. フレディ・フリーマン:1B
ブレーブスの看板選手。昨季は両リーグ5位となるOPS.968、キャリアハイとなる34本塁打&四球率12.8%をマークするなど自己最高のシーズンを送った。また、球界屈指のクラッチヒッターとしても知られており、通算で得点圏に走者を置いた場面では、打率.308&OPS.941を誇る。今年3月に行われたWBCではカナダ代表の一員としてプレーした。

4. マット・ケンプ:LF
11年にはMVP得票で2位に食い込んだこともあるドジャースの元看板選手。度重なる故障により過去にゴールドグラブ2度&シーズン30盗塁以上3度の守備走塁は大幅に劣化したが、昨季は35本塁打&108打点をマークするなど打撃力は健在。また、リーグ最多の12犠飛を放つなど勝負強さも備える。スーツをこよなく愛すナイスガイ。

5. ニック・マーケイキス:RF
ほぼ毎年安定して「打率.280~.295前後&10~15本塁打」をクリアしているソリッド・パフォーマー。キャリア11シーズンで155試合以上出場したシーズンが9度あるなど故障にも強い。外野守備ではゴールドグラブを2度受賞しており、強肩を武器に現役選手3位タイの102補殺をマークしている。ここ数年は守備指標が落ち込んでいたが、昨季のDRS+10はここ8シーズンではベスト。

6. ダンズビー・スワンソン:SS
「次代のデレク・ジーター(元NYY)」の異名を持つスター候補。15年のドラフトでダイアモンドバックスから全体1位指名を受けたが、その半年後にシェルビー・ミラーをメインパッケージとしたトレードでブレーブスへ放出された。昨季はメジャーデビューも果たし、38試合で打率.302&3本塁打&OPS.803をマークし、今季は新人王候補の1人に挙げられている。「ダンズビー」は母親の旧姓。

7. アドニス・ガルシア:3B
メジャー通算で四球率3.8%と極端なフリースインガーだが、2年連続で「打率.270&二桁本塁打」をクリアするなど打撃のポテンシャルは高い。特に、昨季はオールスター以降に打率.249→.293、OPS.636→.789と成績を上げており、今季は開幕から打ちまくってほしいところ。弟のアドリスは昨季読売ジャイアンツでプレーした後、今年2月に契約金250万ドルでカージナルスと契約を結んだ。

8. タイラー・フラワーズ:C
昨季はドラフト指名を受けたアトランタに復帰。三振の多さは相変わらずだが、自己最高となる打率.270&OPS.777をマークするなどプチブレーク。しかし、守備面では盗塁阻止率4.8%&DRS-12と動きの鈍さを露呈してしまった。今季はベテランのカート・スズキと正捕手争いを演じることになる。 

9. 投

2016 Team Preview:アトランタ・ブレーブス

20049611776_6a33ffaec5_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  •  本拠地:ターナー・フィールド
他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml28/

 

 広さ
レフト   102.1m
センター 121.9m
 ライト  100.6m
 フェンス高さ  2.4m
パークファクター*平均100
安打 91.5
ツーベース 97.1
スリーベース 75.9
HR 72.0
得点 93.7
  • 予想オーダー

1. エンダー・インシアーテ:CF
トレードでARIから加入。美技連発の外野守備が最大の魅力で、外野手としてリーグトップのDRS+29をマークした。また、巧みなコンタクトが取り柄の打撃でも打率.303、本塁打6、盗塁21と充実の内容。3安打以上の試合が14もあり、固め打ちが多いのが特徴。対左投手には打率.229&OPS.534と苦手にしている。

2. エリック・アイバー:SS
アンドレルトン・シモンズらとのトレードでLAAから移籍。レギュラーSSとしては可もなく不可もなくといったベテラン選手。09年以降は7年連続で137試合以上出場しており、うち6年で打率.270以上をマークしている。過去には30盗塁をしたこともあるが、近年は15盗塁程度に落ち着いている。コンタクトが上手く三振が少ないことが特徴。 今シーズン限りで契約が切れ、トッププロスペクトのダンズビー・スワンソンまでの繋ぎ役となるだろう。

3. ニック・マーケイキス:RF
FA移籍1年目は打率.296&出塁率.370&リーグ4位の181安打とリードオフとしての役割を果たしたが、 キャリアワーストとなる3ホーマー&ISO.080に終わるなど長打数が激減。故障に強くキャリア10年中155試合以上出場したシーズンが8度。外野守備ではゴールドグラブを2度受賞しており、強肩を武器に現役選手3位の97補殺をマークしている。

4. フレディ・フリーマン:1B
ブレーブスの看板選手。スムーズなスイングで広角にライナーを打ち分け、四球率11.6%と選球眼も素晴らしい。昨シーズンは故障もあり118試合の出場にとどまったが、ISO.195は過去3年間でベストの数字。12-15年にかけてリーグ1位の得点圏打率をマークするなど勝負所にめっぽう強い。代名詞のスクープキャッチの秘訣は「たくさんストレッチをすること」。

5. アドニス・ガルシア:3B
30歳のオールドルーキーがレギュラー定着。昨シーズン58試合で打率.277、本塁打10と自慢のパワーを武器に印象的なパフォーマンス。DRS-3と三塁守備はけっして上手い部類ではないが、エクトル・オリベラとの競合を避けるために三塁に残ることになるだろう。 弟アドリスは読売ジャイアンツが獲得交渉中と報じられた。

6. エクトル・オリベラ:LF
昨シーズン途中にLADからトレードで移籍してきたキューバのスター選手。メジャー24試合でOPS.715とまずまずの成績を残しており、順当であればLFのレギュラーとして起用されるだろう。本職は内野手だが、ピーターソン&ガルシアとの競合をさけるため外野コンバート。 安定したアプローチとリストの強いパワフルな打撃がウリ。

7. A.J. ピアジンスキー:C
38歳のベテランが予想外の活躍。元々プロスペクトのクリスチャン・ベタンコート(現SD)の指導役として獲得されたが、そのベタンコートからレギュラーを奪うとついにはトレードで追い出す形に。オフには1年$3Mで残留契約を結んだ。 昨季は09年以来となる打率.300をクリア。全盛期と比べるとパワーは落ちたが、三振率8.5%と高いコンタクト能力を維持している。

8. ジェイス・ピーターソン:2B
ゴンザレス監督に「私が今まで見てきた二塁手の中で1番守備が上手い」と言わしめた堅実な守備を武器にレギュラー定着。152試合に出場して打率.239、本塁打6とバットの方は平均以下だが、四球率は9.4%と高水準。性格もまじめで、チームへの貢献が高い選手。12盗塁/10盗塁死と走塁技術は未熟な部分が多い。

9. 投