Tag Archives: オーランド・アルシア

2018 NLCS Review : LAD vs MIL

41834752070_f09df4c0f9_z

 

 

 

 

 

 

 サンゼルス・ドジャースとミルウォーキー・ブリュワーズによるNLCSは、第7戦までもつれる好カードとなった。

 初戦、2番手として登板したブランドン・ウッドルフ(RHP)が投打で活躍。また、ジョシュ・ヘイダー(LHP)が3回無失点の好投をし、ブリュワーズが勝利。クレイトン・カーショウ(LHP)は先発としてゲームを作ることが出来なかった。
 第2戦、ジャスティン・ターナー(3B)が8回に逆転ツーランホームランを放ち、ドジャースが勝利。第3戦、ジョーリス・チャシーン(RHP)の好投でブリュワーズが2勝目をあげた。
 前半3試合はブリュワーズ優位の展開だったように思える。第2戦こそドジャースがサヨナラ勝利をしたものの、ブリュワーズが連勝していてもおかしくなかっただろう。

 第4戦、第5戦はドジャースが連勝。2度目の先発となったカーショウは第5戦で勝利投手になった。第4戦は延長13回まで続く激戦となり、結果から言えば、ここでリリーフ投手が疲弊したことがその後の勝敗に繋がったのではないだろうか。記事の公開順が前後したが、WSにおいて延長18回の激闘がボストン・レッドソックスとロサンゼルス・ドジャースの明暗を分けたと言えるが、NLCSにおいては第四戦がターニング・ポイントと言えるだろう。
 第6戦は追い込まれたブリュワーズが7ー2と意地を見せたが、第7戦でドジャースが勝利した。
 後半4試合はドジャース優位の展開だった。前半3試合では9得点だった打線は、後半4試合で14得点をマークした。ブリュワーズは前半3試合で13得点、後半4試合で11得点と、得点以上に失点が多くWS出場を逃した。

 ドジャースのキープレイヤーはマニー・マチャド(SS)だ。オフのFA市場において彼の価値を損なうであろうプレーがあったものの、NLCSで1本塁打3打点をマークし、オフの目玉としての貫禄を保った形だ。
 ブリュワーズのキープレイヤーはヘスス・アギラル(1B)だ。偶然にも、マチャドの問題のプレーに関わったのがこのアギラルだ。NLCSで1本塁打4打点をマークし、思わぬ伏兵であるオーランド・アルシア(SS)と共に奮闘した。

 

Text by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/26JN3hN

2016 Midseason TOP 50 Prospects

8643386907_b770836e1f_z (1)

 

 

 

 

 

 

 

*レポートはチーム別リストを参照。

2016 Midseason TOP 50 Prospects
ランク 名前 チーム ポジション
1 ヨアン・モンカダ BOS 2B
2 アレックス・ブレグマン HOU SS
3 アレックス・レイエス STL RHP
4 アンドリュー・ベニンテンディ BOS OF
5 フリオ・ウリアス LAD LHP
6 ルーカス・ジオリト WSH RHP
7 タイラー・グラスノー PIT RHP
8 クリント・フレーザー CLE OF
9 デビッド・ダール COL OF
10 J.P.クロフォード PHI SS
11 オースティン・メドウズ PIT OF
12 ビクター・ロブレス WSH OF
13 ブレンダン・ロジャース COL SS
14 オーランド・アルシア MIL SS
15 トレイ・ターナー WSH SS/2B
16 アンダーソン・エスピノーザ BOS RHP
17 アメド・ロザリオ NYM SS
18 ホゼ・べリオス MIN RHP
19 ウィリー・アダムス TB SS
20 ジョシュ・ヘイダー MIL LHP
21 フランクリン・バレット OAK SS
22 グレイバー・トーレス CHC SS
23 オジー・アルビース ATL SS
24 マニュエル・マーゴ SD OF
25 コディ・べリンジャー LAD 1B
26 ブレント・ホニーウェル TB RHP
27 アミーア・ギャレット CIN LHP
28 フランシス・マルテス HOU RHP
29 ジョー・マスグローブ HOU RHP
30 イアン・ハップ CHC 2B/OF
31 ダンズビー・スワンソン ATL SS
32 アーロン・ジャッジ NYY OF
33 エロイ・ヒメネス CHC OF
34 ハンター・レンフロー SD OF
35 ラウル・モンデシー KC SS
36 フィル・ビックフォード SF RHP
37 カイル・タッカー HOU OF
38 ブラッドリー・ジマー CLE OF
39 ホゼ・デレオン LAD RHP
40 ジェフ・ホフマン COL RHP
41 ゲリー・サンチェス NYY C
42 ニック・ウィリアムズ PHI OF
43 ヤディアー・アルバレス LAD RHP
44 アレックス・バードゥーゴ LAD OF
45 ジョーイ・ギャロ TEX 3B/OF
46 ショーン・リードフォーリー TOR RHP
47 ホルヘ・マテオ NYY SS
48 トレイ・マンシーニ BAL 1B
49 レイナルド・ロペス WSH RHP
50 クリス・パダック SD RHP

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/eaMBNc

2016 Top 100 Prospects

21188701512_94e1e1582b_z

 

 

 

 

 

 

 

*レポートはチーム別リストを参照。

 

2016 Top 100 Prospects
ランク 名前 チーム ポジション
1 コリー・シーガー LAD SS
2 ルーカス・ジオリト WSH RHP
3 フリオ・ユリアス LAD LHP
4 バイロン・バクストン MIN OF
5 J.P.クロフォード PHI SS
6 オーランド・アルシア MIL SS
7 ヨアン・モンカダ BOS 2B
8 A.J. リード HOU 1B
9 トレイ・ターナー WSH SS
10 アンドリュー・べニンテンディ  BOS OF
11 スティーブン・マッツ NYM LHP
12 ホゼ・べリオス MIN RHP
13 ブレーク・スネル TB LHP
14 アレックス・レイエス STL RHP
15 タイラー・グラスノー PIT RHP
16 フランクリン・バレット OAK SS/OF
17 ノマー・マザーラ TEX OF
18 アンダーソン・エスピノーザ BOS RHP
19 フランシス・マルテス HOU RHP
20 オースティン・メドウズ PIT OF
21 ラファエル・ディバース BOS 3B
22 ホゼ・デレオン LAD RHP
23 ラウル・モンデシー KC SS
24 ジョーイ・ギャロ TEX 3B/OF
25 ルイス・ブリンソン TEX OF
26 ゲリー・サンチェス NYY C
27 ブラッドリー・ジマー CLE OF
28 ニック・ウィリアムズ PHI OF
29 ダンスビー・スワンソン ATL SS
30 ジョン・グレー COL RHP
31 ロバート・スティーブンソン CIN RHP
32 アーロン・ジャッジ NYY OF
33 クリント・フレイザー

CLE

OF

34 ショーン・ニューカム

ATL

LHP
35 グレイバー・トーレス CHC SS
36 ホルヘ・マテオ NYY SS
37 マックス・ケプラー MIN OF/1B
38 アンソニー・アルフォード TOR OF
39 コディ・リード CIN LHP
40 ビクター・ロブレス WSH OF
41 ブレンダン・ロジャース  COL SS
42 マニュエル・マーゴ  SD OF
43 ブレント・ハニーウェル TB RHP
44 イアン・ハップ CHC OF/2B
45 ウィリー・アダムス TB SS
46 アレックス・ブレグマン HOU SS/2B
47 ジェシー・ウィンカー  CIN OF
48 ホルヘ・ロペス   MIL RHP
49 ショーン・マナエア OAK LHP
50 ホセ・ペラザ CIN 2B/3B
51 ジョシュ・ベル PIT 1B/OF
52 ティム・アンダーソン CWS SS
53 デビッド・ダール COL OF
54 カーソン・フルマー  CWS RHP
55 ブレット・フィリップス MIL OF
56 ジェーク・トンプソン PHI RHP
57 ハビアー・ゲラ SD SS
58 ウィルソン・コントレラス CHC C
59 ジェフ・ホフマン COL RHP
60 オズハイノ・アルビース ATL SS
61 ライアン・マクマホン COL 3B
62 マイケル・フルマー DET RHP
63 ドミニック・スミス NYM 1B
64 アレックス・バードューゴ LAD OF
65 トレント・クラーク MIL OF
66 ジョー・マスグローブ HOU RHP
67 フランクリン・キロメ PHI RHP
68 コディ・べリンジャー LAD 1B
69 カイル・ジマー KC RHP
70 ハンター・レンフロー SD OF
71 ニック・ゴードン MIN SS
72 デュエン・アンダーウッド CHC RHP
73 ジャック・フラハティ MIN LHP
74 ビリー・マッキニー CHC OF
75 タイラー・ジェイ STL RHP
76 アメド・ロザリオ NYM SS
77 マイケル・コペック BOS RHP
78 アミーア・ギャレット CIN LHP
79 ダズ・キャメロン  HOU OF
80 アーロン・ブレアー   ATL RHP
81 アレックス・ブランディーノ CIN SS/2B
82 カイル・タッカー HOU OF
83 フランセリス・モンタス  CWS RHP
84 クリスチャン・アローヨ SF SS/3B
85 ジョシュ・ヘイダー  MIL LHP
86 ディロン・テイト TEX RHP
87 アレン・ハンソン PIT 2B/SS
87 ティム・クーニー  STL LHP
89 アレックス・ジャクソン SEA OF
90 ロブ・カミンスキー CLE LHP
91 ディラン・バンディ BAL RHP
92 スペンサー・アダムス CWS RHP
93 エドウィン・ディアズ  SEA RHP
94 フォレスト・ウォール COL 2B
95 ハイマー・キャンデレリオ CHC 3B
96 トム・マーフィー COL C
97 ジェーコブ・ノッティンガム MIL C/1B
98 デビッド・ポリーノ HOU RHP
99 レイナルド・ロペス WSH RHP
100 ジョシュ・ネイラー MIA 1B

 

To Watch Prospects For Next Top 100 
ランク 名前                チーム ポジション
1 ヨマー・レイエス BAL 3B
2 ウィルカーマン・ガルシア NYY SS
3 ドム・ヌネス COL C
4 ルシウス・フォックス SF SS
5 ルイズ・ゴハラ SEA LHP
6 タイラー・オニール SEA OF
7 アントニオ・センザテラ COL RHP
8 デビン・ウィリアムズ MIL RHP
9 ルイス・アレクサンダー・バサベ BOS OF
10 スティーブン・ゴンサルべス MIN LHP

 

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/yhnCKS

2016 Top 10 Prospects by Position

7776160634_4df8995a6e_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*ポジションはC・1B・2B・3B・SS・OF・RHP・LHP
*レポートはチーム別トップ20リストを参照

 

 

  • C
ランク 選手名 チーム
1 ゲリー・サンチェス NYY
2 ウィルソン・コントレラス CHC
3 トム・マーフィー COL
4 ジェーコブ・ノッティンガム MIL
5 リース・マグワイア PIT
6 ドム・ヌネス COL
7 ホルヘ・アルファロ PHI
8 チャンス・シスコ BAL
9 エリアス・ディアズ PIT
10 カイル・ファーマー LAD

 

  • 1B/DH
ランク 選手名 チーム
1 A.J.リード HOU
2 ジョシュ・ベル PIT
3 ドミニック・スミス NYM
4 コディ・べリンジャー LAD
5 ジョシュ・ネイラー MIA
6 ボビー・ブラッドリー CLE
7 ジェーク・バウアーズ TB
8 マット・オルソン OAK
9 ライアン・オハーン KC
10 バルビーノ・フエンマヨール KC

 

  • 2B
ランク 選手名 チーム
1 ヨアン・モンカダ BOS
2 アレックス・ブレグマン HOU
3 ホセ・ペラザ CIN
4 アレックス・ブランディーノ CIN
5 アレン・ハンソン PIT
6 フォレスト・ウォール COL
7 ロブ・レフスナイダー NYY
8 マイカ・ジョンソン CWS
9 ウィルマー・ディフォー WSH
10 トニー・ケンプ HOU

 

  • 3B
ランク 選手名 チーム
1 ラファエル・ディバース BOS
2 ジョーイ・ギャロ TEX
3 ライアン・マクマホン COL
4 ハイマー・キャンデレリオ CHC
5 ブランドン・ドルーリー ARI
6 コリン・モラン HOU
7 エクトル・オリベラ ATL
8 ケブライアン・ヘイズ PIT
9 エリック・ジャギエロ CIN
10 オースティン・ライリー ATL

 

  • SS
ランク 選手名 チーム
1 コリー・シーガー LAD
2 J.P.クロフォード PHI
3 オーランド・アルシア MIL
4 トレイ・ターナー WSH
5 フランクリン・バレット OAK
6 ラウル・モンデシー KC
7 ダンスビー・スワンソン ATL
8 グレイバー・トーレス CHC
9 ホルヘ・マテオ NYY
10 ウィリー・アダムス TB

 

  • OF
ランク 選手名 チーム
1 バイロン・バクストン MIN
2 アンドリュー・ベニンテンディ BOS
3 ノマー・マザーラ TEX
4 オースティン・メドウズ PIT
5 ルイス・ブリンソン TEX
6 ブラッドリー・ジマー CLE
7 ニック・ウィリアムズ PHI
8 アーロン・ジャッジ NYY
9 クリント・フレーザー CLE
10 マックス・ケプラー MIN

 

  • RHP
ランク 選手名 チーム
1 ルーカス・ジオリト WSH
2 ホゼ・べリオス MIN
3 アレックス・レイエス STL
4 タイラー・グラスノー PIT
5 アンダーソン・エスピノーザ BOS
6 ホゼ・デレオン LAD
7 ジョン・グレー COL
8 フランシス・マルテス HOU
9 ロバート・スティーブンソン CIN
10 ブレント・ハニーウェル TB
  • LHP 
ランク 選手名 チーム
1 フリオ・ユリアス LAD
2 スティーブン・マッツ NYM
3 ブレーク・スネル TB
4 ショーン・ニューカム ATL
5 コディ・リード CIN
6 ショーン・マナエア OAK
7 タイラー・ジェイ MIN
8 アミーア・ギャレット CIN
9 ジョシュ・ヘイダー MIL
10 ティム・クーニー STL

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/cR9RD5

2016 Top 20 Prospects:ミルウォーキー・ブリュワーズ

15284301812_958f9dc1f3_z (1)

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. オーランド・アルシア:SS
オズワルド・アルシア(MIN)の弟。20歳たる年齢に比して洗練されたハイレベルなディフェンスが光り、アルシデス・エスコバー(KC)と比較される。打撃ではハードにコンタクトを生み出し2Aで打率.307、本塁打8、OPS.800、盗塁25。四球率5.4%と淡泊なアプローチを改善する必要がある。 

2. ホルヘ・ロペス:RHP
プエルトリコ出身。90-96マイルのツーシームはよく沈み、多くのゴロを打たせることができる。カーブはアウトピッチになり得るボールで、チェンジアップも向上を辿る。 細身な体格から、体重の増加を経てよりパワフルさを増す可能性を秘める。2Aでは24先発して防御率2.26、K/9=8.6。

3. ブレット・フィリップス:OF
カルロス・ゴメスとのトレードでHOU→MIL。フットボールでも鳴らしたアスリートで、傑出したスピード&強肩を備える。ツールは素晴らしいも、動きに固いところがありCFよりもRF向きとされる。打撃ではA+&2AでOPS.901&17ホーマーも、120K/44BBとアプローチが雑。 

4. トレント・クラーク:OF
15年ドラフト全体15位指名。19たる年齢に比して洗練されている。傑出したスイングスピードからハードなコンタクトを生み出し、忍耐強いアプローチ&平均以上のスピードと併せてリードオフ向き。RではOPS.854、盗塁25、44K/39BB。守備はプロでもCFに残れるレベル。 

5. ジョシュ・ヘイダー:LHP
クロスファイヤーから90マイル後半の力強いストレートを投げ込み、クリス・セール(CWS)と比較される。カーブ&チェンジアップを磨いていきたい。6-3/160と細身な体格から球速はさらなる上積みが期待できる。2Aで防御率3.03&K/9=10.3。クローザーとして推す声も。 

6. ジェーコブ・ノッティンガム:C/1B
クリス・デービスとのトレードでOAK→MIL。ハイポテンシャルな20歳がブレーク。ベストツールのパワーを武器に1A&A+で打率.316、本塁打17、OPS.877。守備ではまだまだ磨くべき点も多いが、ここ2年で盗塁阻止率39%と肩は平均以上。

7. デビン・ウィリアムス:RHP
アスレチック。6-3/165と細身の体格からアップサイドへの評価も高い。90マイル前半のストレートはパワフルになると目されており、チェンジアップ&スライダーもポテンシャルを秘めている。クリーンなメカニックに定評を得ており、制球もプロ入り後に向上を辿る。1Aでは防御率3.44&K/9=9.0。 

8. ライマー・リリアーノ:OF
20ホーマー&20盗塁級のインパクトを秘める大器。平均以上のスイングスピードを示し、広角にホームランを量産できるパワーヒッター。3Aでは打率.292、本塁打14、OPS.843と高いレベルでも結果を出した。守備ではスピード&強肩を備えており、CF含む外野3ポジションをこなすことができる。

9. エイドリアン・ハウザー:RHP
6-4/230たる恵まれた体格の持ち主。90マイル中盤の動く速球でゾーンを攻める。カーブも平均以上のボールで、チェンジアップも年々向上している。A+&2Aでは120回/110K/41BB/防御率4.43。特にMIL移籍後は7先発、防御率2.92、K/BB=5.33と好調だった。

10. デミ・オリモロイ:OF
「20ホーマー&20盗塁」 級のポテンシャルを秘める。U-18世界大会ではカナダ代表としてもプレー。6-4/225たる恵まれた体格に飛び抜けたパワー&スピード&肩を備える。攻守に粗削りでリスキーな素材。Rでは33試合出場して打率.292、本塁打6、OPS.838、盗塁19。

11. コディ・ポンス:RHP
6-6/240たる大柄な体格から92-95マイルのストレート&カッターのコンビネーションでパワフルに攻める。カーブ&チェンジアップのクオリティが平凡で、緩急を生み出せないのがネック。R&1Aでは51回/40K/9BB/防御率2.29。試合終盤に球威が落ちる傾向があり、スタミナの向上が課題。  

12. モンテ・ハリソン:OF
14年ドラフトクラスで最高のアスリートと称される。外野からのスローイングは97マイルを計時し、プラス評価のスピードツールと合わせてハイレベルなCFになりうる。スイングスピードも傑出しており、「第2のアンドリュー・マッカチェン(PIT)」と評価する声も。1A&Rでは74試合で打率.205&三振100。

13. ザック・デービース:RHP
ヘラルド・パーラとのトレードでBAL→MIL。マイナー屈指のチェンジアップの使い手とされ、バック・ショーウォルター監督からも絶賛されていた。優れたコマンド&投球術を武器にメジャーでも6先発して3勝、防御率3.71、GB%=57.6%をマーク。チェンジアップは被打率.229&空振り率26.8%。 

14. イサン・ディアズ:2B
Rでは打率.360、本塁打13、OPS1.076、盗塁12と素晴らしいパフォーマンスを披露し、リーグのMVPを受賞。バットスピード&コンタクトに秀でており、高い打撃スキルを持ち併せている。守備ではスピード&守備範囲の物足りなさからSSよりも2B向きと見られている。

15.  タイロン・テイラー:OF
フットボールもプレーしたアスリート。小柄な体格も5ツールを示し、攻守でインパクトを生み出せる。パワー面はまだ成熟していないが、コンタクトは安定。2Aでは128試合出場して打率.260、本塁打3、OPS.649、盗塁10、55K、31BB。守備のスキルはCFとして十分。

16. ギルバート・ララ:SS
14年インターナショナルFAのトップ選手で、$3Mで契約。攻守に高いポテンシャルを潜めており、特にパワーでの評価が高い。年上揃いのRで63試合プレーし打率.240&OPS.606と結果を出せなかったが、まだ18歳だ。SSとしては未発達でポジションを移ることになるかもしれない。

17. コディ・メディロス:LHP
ハワイ出身。最速95マイルのストレート&規格外の軌道を描くスライダー&ゴロを打たせるのに有効なチェンジアップのコンビネーション。1Aでは93.1回/94K/40BB/防御率4.44。変則的なメカニクス&小柄な体格&不安定なコマンドから評価が分かれる。 

18. クリント・コーター:C/OF
パワフルなバッティングが持ち味で14年にはOPS.930&22ホーマーとブレーク。今季は打率.246、本塁打13、OPS.725とA+でパフォーマンスを落としてしまった。守備ではC→RFにコンバートされたが、118試合で11失策を喫するなど適応に苦しんでいる。

19. ネイサン・カービー:LHP
15年ドラフト全体40位。トミージョン手術&スライダーの投げ過ぎにより94マイルを出していた速球は90マイル前後にまで劣化。健康時のコンディションを取り戻せればローテーション上位クラス。スライダー&チェンジアップはいずれも上質。

20. マイケル・リード:OF
父は元アメリカンフットボール選手。整った体格&アスリート性の評価が高い。コンタクト&スピードに長けたリードオフタイプで、2Aでは出塁率.371&26盗塁をマーク。守備では外野3ポジションをこなす器用さを披露。  パン・アメリカ世界大会ではアメリカ代表としてもプレー。

Plus One Prospect
ビクター・ローチ:OF
モンスター級と評されるパワーを武器に18ホーマー&ISO.186をマークも、三振率30.8%とコンタクトの粗さは相変わらず。打率は低いが、相応の四球数を稼ぐことができることからジョニー・ゴームス(元KC)と比べられる。守備は平凡でLF向き。

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/phC3r3