Tag Archives: カルロス・ゴメス

2018 Team Preview:タンパベイ・レイズ

tb

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

  • 本拠地:トロピカーナ・フィールド

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml02/

 

広さ
レフト 96.0m
センター 123.1m
ライト 98.1m
フェンス高さ 2.9~3.4m
パークファクター平均*100
安打 93.7
ツーベース 83.7
スリーベース 113.0
HR 88.8
得点 90.2

 

  • 予想オーダー

1.マット・ダフィー:3B

17年は故障で全休。STでは03/18時点でOPS.491と苦戦を強いられている。15年にジャイアンツでOPS.762/12本塁打/12盗塁を記録。クリスチャン・アローヨやウィリー・アダメズと言ったIFのプロスペクトが控えているため、18年は正念場となるだろう。

2.ケビン・キアマイアー:CF

CFに定着以降、3年連続でDRS+20以上を記録している球界屈指のディフェンダー。17年は98試合の出場ながらキャリアハイとなる15本塁打、OPS.788を記録した。またOPS+=114は14年に次ぐ高水準。長期契約を結んだもののチームは再建に舵を切ってしまった。

3.カルロス・ゴメス:RF

3月にFAで加入。STの成績は振るわないものの、34歳で守備の衰えが著しいデナード・スパンよりOFのスタメンに近い。17年はレンジャーズでOPS+=106、17本塁打、13盗塁を記録。近年はやや下降気味だが、OFとしてのUZRは17年の-0.6を除けば+を記録している。

4.C.J.クロン:DH

大谷翔平が二刀流として入団したため、2月にエンゼルスからトレードで加入した。4年連続二桁本塁打を記録する等パワーはあるものの、通算.262/.307/.449のスラッシュラインは1BやDHとしては物足りない。19年まで契約が続くスパンにDHの座を脅かされることだろう。

5.ウィルソン・ラモス:C

17年は6月下旬に故障から復帰したため64試合の出場に留まったものの、11本塁打を放った。積極的で四球が少なく、通算Z-Swing%=73.7、F-Strike%=64.0と積極的にヒットを狙う。通算FB%=27.2であり、フライボールヒッターやプルヒッターではない。

6.ブラッド・ミラー:1B

17年は2Bとして789.2イニングに出場してUZR=-5.7。一応P、C以外は守れる。キャリアハイとなる30本塁打、OPS+=113を記録した16年から一転、17年はOPS+=84を記録。18年は編成上の都合で、複数の守備位置を守ることになるかもしれない

7.アディニー・エチャバリア:SS

17年の6月にマーリンズからトレードで加入した。15年から3年連続でSSのUZR+を記録している。通算OPS+=76であり、打撃は秀でていない。ダフィー同様、プロスペクトの台頭は出場機会に関わる問題であり、18年も守備で貢献する必要があるだろう。

8.マレックス・スミス:LF

14年にはマイナーリーグ最多となる88盗塁を記録した24歳。メジャーでは2年連続16盗塁を記録し、対左打率=.080→.268と打撃において改善が見られた。通算DRS=12、UZR=3.0とOF守備は悪くないだけに、18年は盗塁数を更に伸ばしたい。スパンがSTで好調な成績を収めた他、DHや1Bは埋まっているため、出場機会は限られたものになるかもしれない。

9.ダニエル・ロバートソン:2B

現在23歳。17年にメジャーデビューを果たし、218打数で.206/.308/.326という成績。2Bとして319.1イニングに出場してUZR/150=4.4。STでは03/18時点でOPS.871と健闘している。スミスとは逆に、スパンがDHに入ることが増えれば、クロンやミラーの守備位置が変わってロバートソンの出場機会が奪われるかもしれない。

 

2017 Team Preview:テキサス・レンジャーズ

29536389123_68f383e79f_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  • 本拠地球場:グローブライフ・パーク・イン・アーリントン

 

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml01/

 

広さ
レフト 101.2m
センター 121.9m
ライト 99.1m
フェンス高さ

2.4~4.3m 

パークファクター *平均100
安打 110.0
ツーベース 105.2
スリーベース 181.3
HR 104.9
得点 115.6

 

 

      • 予想オーダー

 1.カルロス・ゴメス:CF
オフにFAとなったが、1年$11.5Mで再契約。昨シーズンはHOUで開幕を迎えるも不調を極め、シーズン中にトレードでTEXへ。TEXでは憑き物が落ちたかのように打ちまくり、地区優勝の立役者となった。気性が荒く、扱いにくい性格と見られているTEXを気に入ったようでチームメイトやスタッフを家族と呼んでいる。

2.秋信守:DH
昨シーズンは何度もDL入りし5年ぶりに出場試合数が100を下回ってしまった。 試合に出ればまずまずの数字を残すことができているため健康でいることが最大の目標になる。体への負担を減らすため今シーズンは主にDHとしての出場が予想されている。対左投手の弱さが指摘されていたが、昨シーズンは少ないサンプルながら対右投手よりも成績がよかった。小学校3年生の時に李大浩(現KBO)を誘って野球を始めた。

3.エイドリアン・ベルトレイ:3B
今シーズンでメジャー20年目を迎える大ベテラン。近年はパワー低下が心配されていたが、昨シーズンからボールがよく飛ぶようになったこともあって3年ぶりとなる3oHR以上をマーク。その他の打撃成績や守備も安定しており衰えを見せていない。メジャー通算3000本安打まであと58本となっており、今シーズン中の達成が見込まれている。バスケットボールが得意で、特にシューティングが上手い。

4.ルーネッド・オドーア:2B
年々成績を上げてきている色んな意味でパンチ力のある小兵。昨シーズンは15年からHRを倍以上に増やすことに成功。一方で振れば結果が残ったからか、徐々に増えていた四球数は減少した。左打者だが、それほど左投手を苦にしていない。守備ではマズい動きが多々見られ、3年連続でDRSはマイナス。WBCではベネズエラ代表として出場。その際イタリア戦でHRを確信し、バットフリップを行い余裕綽々で歩いていたら打球がフェンスを越えず、単打になる場面があった。

5.マイケ・ナポリ:1B
1年$8.5M+1年のオプション付きで1年ぶりにTEXに復帰したスラッガー。 昨シーズンはキャリアハイとなる150試合に出場し、こちらもキャリアハイとなる34HRをマーク。OPSを13年以来となる.800以上に乗せることができた。伸ばしている髭はなるべくキレイにしているとのこと。

6.ノマー・マザラ:RF
昨シーズン、メジャーデビュー。デビュー直後の試合で初ヒット、初HRをマークするなど序盤は素晴らしい打撃を見せたが、シーズンが進むにつれ尻すぼみになってしまった。左投手に圧倒的に弱く、昨シーズン左投手から打った長打は2本のみ。このままではプラトーン専用の選手になってしまうだろう。目標とする選手はエイドリアン・ベルトレイ。

7.ジョナサン・ルクロイ:C
昨シーズン途中にトレードで加入。打撃では移籍前から好調だったが、移籍後さらに調子がよくなりキャリアハイとなる24HRをマーク。守備ではフレーミングやブロッキングなどあらゆる面でいい働きをしていた。 

8.ジュリクソン・プロファー:LF
故障から復帰し3年ぶりにメジャーでプレーした昨シーズンはユーティリティとして活躍。本職のSSだけでなく、1B/2B/3B/LFをまんべんなく守りどのポジションでもまずまずの動きを見せた。打撃はかつてトッププロスペクトと言われていたことを考えると物足りないが、WBCでの好調が本物ならシーズンでもいい成績を残せるだろう。WBCの準決勝でプエルトリコに負けた後、チームに戻り自分のロッカーに向かうと「オランダよ安らかに眠れ ドミニカより」と書かれた葬式用の花が置いてあった。犯人はベルトレイ。

9.エルビス・アンドラス:SS 
近年は打撃、守備ともに低迷していたが昨シーズンは打撃だけ調子を取り戻し打率、出塁率、長打率、HR、打点全ての項目でキャリアハイの成績を残した。一方で守備は3年連続となるDRSマイナスをマーク。つまらないミスが多いが、全く役に立たないというほどでもない。13年に$3.7Mで購入したダラスにあるマンションを今年$4.5Mで売りに出している。

2016 Team Preview:ヒューストン・アストロズ

25306081604_e3d8340fc4_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:ミニッツ・メイド・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml14/

 

広さ
レフト 96.0m
センター 132.6m
ライト 99.4m
フェンス高さ  2.1〜7.6m 
パークファクター * 平均100
安打 100.6
ツーベース 104.8
スリーベース 145.0
HR 117.3
得点 101.2
  • 予想オーダー

1. ホセ・アルトゥーベ:2B
メジャーで最も小さい身長5フィート6(約167.6センチ)の安打製造機。昨シーズンは25歳の若さながら2年連続で最多安打、盗塁王のタイトルを獲得、オールスター選出を果たした。抜群のコンタクト能力でヒットを量産する。ギャップを抜き、スピードを生かして長打を生むタイプだったが、7→15本とHRも倍増させるなど小さな体から多くのホームランを放った。一方の評価の低かった守備でもDRS、UZR共にフルシーズン出場した年では初めてプラスに転じ、ゴールドグラブを初受賞した。

2. ジョージ・スプリンガー:RF
5ツールプレーヤー候補の26歳。14年の20HR/345PA程ではなかったが、昨季も16HR/451PAとパワーを発揮した。また、AVG.231→.276、K/BB=114/39→109/50とよりコンスタントにコンタクトを生み出し、アプローチを改善。5→16SBと塁上でもスピードを生かし始めた。 健康に今シーズン1年を過ごすことができれば、ブレイクイヤーとなる可能性が高いだろう。

3. カルロス・コレア:SS
6月8日に20歳の若さでメジャーデビュー。シーズンが終わるまでレギュラーとして出場し続け、99試合でAVG.279&OPS.857&22HR&14SBをマークしてアストロズの選手では1991年のジェフ・バグウェル以来となる新人王に輝いた。 抜群のパワーポテンシャルとキャノンアームが非常に高い評価を受けている。6フィート4、215ポンドとSSとしては大柄な体格のため、将来的には3Bに移ると見る向きもある。

4. コルビー・ラスマス:LF
15.8MのQOを承諾してチームに残留。昨季は1年8Mで加入するとAVG.238と相変わらず低打率に苦しんだが、自己ベストの25HRを放った。非常に三振の多い選手で、ここ2年は33.0%&31.8%とどちらのシーズンもK%は30%越え。守備ではLF&CF&RFとOF3ポジション全てを守ったが、無難にこなした。

5. カルロス・ゴメス:CF
マイク・ファイアーズと共に、ブレット・フィリップス、ドミンゴ・サンタナ、ジョシュ・ヘーダー、エイドリアン・ハウザーとのトレードで加入。2013-14年はスタープレーヤーだったが、昨シーズンは打撃成績が軒並み悪化。23→12HR、34→17SBとゴメスの武器であるパワー、スピードに衰えが見られた。 一方の守備はかつて程ではないが、DRS&UZR共にプラスを記録した。HOU入りが決まる前に、NYMとのトレードがメディカルチェックで白紙に戻るなど健康面での不安が大きい。

6. ルイス・バルブエナ:3B
ダン・ストレイリーと共にデクスター・ファウラーとのトレードでCHCから加入。選球眼とパワーがセールスポイントの選手で、昨季は自己ベストの25HRを放ち、BB%は4年連続で10%超えとなる10.1%をマークした。直近4年のAVG.229とコンタクトに難を呈している。打球に占めるフライの割合が大きい。

7. プレストン・タッカー:DH
昨季メジャーデビューを果たした25歳。323PAで32本の長打を放って自身の持ち味をアピールした。 対RHP時の先発がほとんどで、13HRは全てRHPから打った。アストロズのOF3ポジションは埋まっており、2月にスポーツヘルニアの手術を受けたエバン・ギャティスが復帰した際にはマイナーに送られる可能性が高い。弟カイルは去年のドラフト全体5位でHOUに入団した。

8. タイラー・ホワイト:1B
スプリングトレーニングでAVG.353&OPS1.031&3HRと活躍し、ジョナサン・シングルトンから1Bレギュラーの座を奪い取った。昨シーズンは2A-3Aで116試合に出場してAVG.325&OPS.939&14HRをマーク。 ヒッティングセンスと選球眼には光るものがある。マイナーでは主に3Bをプレーしていたが、肩が弱く俊敏さも欠けるため1B向き。傘下には今年中の昇格が濃厚なヒッティングプロスペクトのA.J.リードが控えているため、アピールチャンスは限られている。

9. ジェイソン・カストロ:C 
13年にはオールスターにも選出されたが、以降はAVG.276→.222→.211と毎年成績が悪化。それでも球を捉えた際には多くのラインドライブ、フライボールを生み出しており、長打は多い。25歳のCプロスペクト、マックス・スタッシが開花することがあればカストロが押しやられる可能性もある。オフにFA。