Tag Archives: カーター・キーブーム

ナショナルリーグ東部地区の現在地

43421876652_cbdfd3250d_z

 

 

 

 

 

 

ナショナルリーグ東部地区の現在地

Written by Eiji Kato

Photo link https://flic.kr/p/29a3t8J

 2018~2019年のシーズンオフにナショナルリーグ東部地区は大いに盛り上がった。マーリンズを除く4チームがそれぞれ補強を敢行した。まずその補強を振り返りたい。

 ・フィリーズ

 オフの勝ち組とも評されたフィリーズは史上最高額の13年3億3000万ドルでブライス・ハーパー(OF)と契約。(後にトラウトに抜かれる)他にもトレードでJTリアルミュート(C)やジーン・セグーラ(SS)。FAとなっていたダニエル・ロバートソン(RHP)、アンドリュー・マカッチェン(OF)を迎えた。この一連の補強により戦力が大幅にUPし地区優勝の1番手に躍り出た。

 ・メッツ

 フィリーズ同様にメッツも積極的に動いた。バンワゲネン新GMはマリナーズからロビンソン・カノー(2B)とエドウィン・ディアス(RHP)を獲得。さらにブルペンを強力にすべくジャスティン・ウィルソン(LHP)やジュウリス・ファミリア(RHP)も獲得。また同地区のライバルフィリーズからウィルソン・ラモス(C)も獲得した。

 ・ブレーブス

 昨年地区を制覇したブレーブスはベテランのブライアン・マッキャン(C)やジョシュ・ドナルドソン(3B)を獲得。戦力UPと同時に若手の指南役としても期待される。

 ・ナショナルズ

 ハーパーが去ったことによりインパクトは薄れたが地区優勝への道が無くなったわけではない。パトリック・コービン(LHP)、ブライアン・ドージャー(2B)、カート・スズキ(C)、トニー・シップ(LHP)、カイル・ベアクロウ(LHP)、TJ手術明けのトレバー・ローゼンタール(RHP)など投手を中心に補強を行った。

 

 4強1弱の構図で迎えた2019シーズン。日本時間5月10日時点で首位フィリーズ、2位は4ゲーム差でブレーブス、3位は4.5ゲーム差でメッツ、4位は6.5ゲーム差でナショナルズとなっている。

 ここまではフィリーズの独走まではいかないが、やや差がついている印象がある。それぞれのチームにスポットを当てると4位のナショナルズはフアン・ソト(OF)、トレイ・ターナー((SS))、ライアン・ジマーマン(IF)、アンソニー・レンドーン(3B)と野手にケガ人が続出。カーター・キーブーム(2B)やビクター・ロブレス(OF)と若手も才能をフルに発揮しているとは言い難い。投手陣はチーム防御率がリーグ14位とまさに踏んだり蹴ったり。

 一方でメッツは若手の野手が元気でルーキーのピート・アロンソ(1B)は既にホームラン11本と爆発、昨年デビューのジェフ・マクニール(2B)はMLB全体で打率2位。ブレーブスも打線が元気でチーム打率はリーグ3位、チーム出塁率もリーグ4位となっている。

 シーズンはまだ序盤で今後どうなるかは分からない。1弱とされているマーリンズもただ黒星を増やすようなことは許されない。リアルミュートの交換で加入したシクスト・サンチェス(RHP)やホルヘ・アルファロ(C)など素質の高い選手がいるだけに彼らが将来主力となれるよう育成、経験を積ませることが重要になるであろう。

 今後もナショナルリーグ東部地区から目が離せない。

Weekly Report : Week-5

47716328772_eb399c61c1_z

 

 

 

 

 

 

Photo link https://flic.kr/p/2fGwE8E

 

好評発売中のプロスペクトハンドブック2019ですが、5月7日から書籍版を35%オフの1300円(送料別)で販売致します。Kindle版も約35%オフの1100円で販売しております。詳細は記事の最後に記載しています。

 

 

前年より盤石なタンパベイ・レイズ投手陣

Written by Tsubasa Komiyama

 レイズは、現地時間5月3日現在、21勝11敗でアメリカン・リーグ東地区の首位に着けている。チーム打点は、ヤンキース、レッドソックスに次ぐ地区3位であるが、チーム失点は、122失点で2位のブルージェイズを突き放す100失点で1位である。

 本拠地のPFや対戦相手にもよるものの、基盤の安定した投手力が地区首位を堅守していると捉えて問題ないだろう。

 ところで、興味深いスタッツがある。チームの先発イニング数の合計だ。2018年レイズの先発イニング数合計は624回(1試合平均3.2回)でメジャー全体30位である。29位は805.1回(1試合平均4.2回)のエンゼルス、1位は993.2回(1試合平均6.1回)のインディアンスだ。2019年レイズの先発イニング数合計は145.1回(1試合平均4.1回)でメジャー全体29位である。30位は141.2回(1試合平均4.1回)のエンゼルスだ。順位としては30位から29位であるが、約アウト2つ分増えたと考えると大きな変化である。

年度 先発イニング数 試合平均
2018年 624回 3.2回
2019年 145.1回 4.1回

 

 

 理由は、昨年クリス・アーチャー(RHP)の見返りの1人として獲得したタイラー・グラスノー(RHP)と、昨年オフにFA補強したチャーリー・モートン(RHP)がオープナーを用いない先発として起用されているからであろう。

 昨年、レイズで20先発以上したのはブレイク・スネル(LHP)とライン・スタネック(RHP)の2人だが、スタネックはオープナー起用であるため、実質フルシーズン稼働した先発はスネルのみであった。

 しかし、2019年はスネル、グラスノー、モートンの3人が20先発を超える見込みである。つまり、ブルペンの負担が軽減されることにより、オープナーの柔軟性や7回以降の粘り強さが得られるのではないだろうかと推測した。

 

 さて、昨年、レイズがシーズン後半戦において目覚ましい戦績を挙げ、WC争いが白熱したことは記憶に新しい。

 下の表は2018年タンパベイ・レイズの月間投手成績と、2018年メジャー平均の月間投手成績である。

 

 メジャー平均は、シーズン終盤にK/9とBB/9が共に上昇している。K/BBは下がっているため、K/9の上昇よりBB/9の上昇の方が多いことが伺える。一方、レイズはもう少し早い段階、6月から7月にかけてK/9を上昇させ始め、7月から8月にかけてBB/9を下降させることにより、K/BBを上昇させている。

 要因はオープナーの採用であると考えられる。オープナーの利点は大まかに2点である。

  •  初回防御率の悪い先発投手の代わりに、リリーバーが先発することで初回防御率を改善出来る。
  • 後続の本来の先発投手とオープナーであるリリーバーの利き手やピッチングスタイルを変えることで、後続の先発投手のポテンシャルを最大限発揮出来るようアシスト出来る。

 

 今回は、具体的にオープナーに向いているピッチングスタイルには触れないが、昨年、レイズがオープナーを(現状において)最大限活かす術を見つけたと言える。それは夏場のメジャー平均とレイズの月間投手成績の差から考えられるだろう。

 

2017 Top 20 Prospects:ワシントン・ナショナルズ

29156348700_fe3e93fdb6_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. エリック・フェッディ:RHP
今シーズンはトミー・ジョン手術から復帰してフルシーズン1年目となったが、実力通りの成績を残すことができた。90マイル前半の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーションでイニングと同じ数ほどの三振を奪うピッチングスタイル。デリバリーもスムーズでコントロールもいい。既に完成度は高く、来シーズン中のメジャー昇格も有り得るだろう。

2. ビクター・ロブレス:OF
弱冠19歳ながらも既にトッププロスペクトとして名を轟かせる5ツールプレイヤー候補。無駄のないスイングでヒットを量産し、年齢に見合わぬ成熟したアプローチのおかげで高出塁率も期待できる。パワーは平均以下だが、アップサイドはあり、将来15HR程度ならマークできるかもしれない。スピードも平均を大きく上回り、それを生かしたCF守備も上手く、肩も強いため将来のGG賞候補。メークアップのよさも高評価の理由。

3. ドリュー・ワード:3B
将来メジャーで20~25HRをマークすることも可能なパワーが魅力。慎重なアプローチのため、四球が多く高出塁率をマークすることができる。その分三振が多くなっているが、長打の代償と考えれば許容範囲だろう。苦手だった守備も以前よりは大幅に改善されてきており、自身も守備の上達について実感している。スピードは皆無。

4. オースティン・ヴォス:RHP
カッターのようなアクションを見せる90マイル前半の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。驚くようなボールは投げないが、デセプションに優れたデリバリーとコントロールのよさで勝負する。既にAAAでも好成績を残しており、来シーズン中にはメジャー昇格を果たすだろう。

5. A.J.コール:RHP
90マイル前半の速球にスライダー、カーブ、チェンジアップを交えコントロールよく投げ分ける。デリバリーもシンプルで、崩れることが少ない。実力は申し分ないが、メジャーでは球威不足が祟って被本塁打が多くなりがちに。現在のローテーションの谷間を埋める役目が精いっぱいか。

6. ヘスス・ルザルド:LHP
16年ドラフト3巡目指名。ドラフト前にトミー・ジョン手術を受けることとなり指名順位が下がったが本来ならば全体10位以内に指名されていてもおかしくないタレント。手術前、速球は最速97マイルをマークし、9歳から投げていたというチェンジアップは今年のドラフトクラスの高校生の中では最高のボールだった。コントロールも悪くなく、エース級の成績を残すことができるポテンシャルがある。手術の経過は良好で、すぐに同世代の選手に追いつけるだろう。

7. タイラー・ワトソン:LHP
15年ドラフト34位指名とかなり低い指名順位だったが、プロ入り後2年間で好成績を収めている。速球の球速は90マイル前半だが、大柄な体格を考えると今後さらに伸びる余地は大いにあるだろう。カーブのクオリティは高いが、チェンジアップは改善の余地あり。まだ19歳だがコントロールは非常によく、ストライクゾーンにボールを集めることができている。

8. フアン・ソト:OF
18歳にしてアベレージを残しつつ、長打が打てるヒッティングプロスペクト。パワーは現時点でも平均以上だが、まだアップサイドがあり将来20HRをマークすることもできるだろう。コンタクトスキルも高く三振数は非常に少ない。プロ意識が高く、周囲の環境への適応能力が高い点も評価に値する。スピードがないためLFしか守れないところが欠点。

9. カーター・キーブーム:3B
16年ドラフト全体28位指名。父親、兄がプロ選手だが2人以上にヒッティングスキルが高い。無駄の少ないスイングで打球を広角に飛ばすことができる。速球への対応が上手く、ライリー・ピント(COL)の98マイルの速球をヒットにしたことで注目の的となった。現在SSを守っているが、スピードが平均以下でレンジが限られているため将来は3Bに回るだろう。肩は3Bを守るには十分な強さ。

10. ニック・バンクス:OF
16年ドラフト4巡目指名。全てにおいて平均程度の実力を持っているバランスの取れたタレント。 大柄な体格でパワーポテンシャルは平均以上だが、フライを打ち上げるよりもラインドライブの打球を打つことを意識したスイングのためHRはそれほど多く打てないだろう。スピードもまずまずでOF3ポジションをこなすことができる。将来像はブレット・ガードナー(OF)。

11. シェルダン・ノイズ:3B
16年ドラフト2巡目指名。課題だった四球の少なさを改善し評価を上げた。小さく足を上げるスタンスで上手くタイミングを図ることができており、しっかりとボールを打ち返すことができる。パワーは平均程度。大学時代はSSだったが、プロでは3Bに回っている。肩は投手としてマウンドに上がっていたため非常に強く、OF転向を勧める声もある。

12. アンドリュー・スティーブンソン:OF
WSHのマイナーの中で最も守備が上手い選手。平均以上のスピードを生かし広いレンジをカバーできる。ルート取りやジャンプのタイミングなども完璧。肩が非常に弱いが、それでも優秀なCFであることには間違いない。懸念されていた打撃も現時点では最低限の成績を残しているが、クラスが上がるにつれパワーレスさがネックとなってくるだろう。

13. ペドロ・セベリーノ:C
ブロッキング、フレーミング、盗塁阻止といったCに必要なスキルを全て兼ね備えている守備型C。既にメジャーデビュー済みでダスティ・ベイカー監督からの信頼も得ている。打撃は平均以下でOPS.705がマイナーでのベストの数字。打撃は物足りないがそれでも総合的な実力はメジャーのレギュラークラスだろう。 

14. ヤシエル・アンテュナ:SS
今年の夏にインターナショナルFAで加入。 大きなフォロースルーのスイングでラインドライブの打球を飛ばす。まだ、HRを多く打つようなパワーはないが、今後パワーをつけていけば2桁HRをマークすることも可能だろう。17歳という年齢の割には成熟したアプローチも高評価。スピード、守備の評価も高く、SSに長く留まることができるだろう。

15. コーダ・グラバー:RHP
昨年のドラフトから1年と少しでメジャー昇格を果たしたリリーフプロスペクト。6-5/225たる体格から90マイル中盤の威力ある速球を投げる。これに80マイル前半のスライダーを混ぜ合わせ三振の山を築く。コントロールも悪くなく、ストライクゾーンに集めることはできる。セットアッパー/クローザーレベルの投手になれるだろう。

16. ダニエル・ジョンソン:OF
16年ドラフト5巡目指名。今シーズン大学でHRと盗塁の数を伸ばし評価を上げた。非常に小柄な体格のため、プロでも打撃が通用するかは微妙なとことだが、超人的なスピードとOFから101マイルの送球ができる肩の強さは本物。打撃が通用しなくとも代走、守備固め要員としてメジャー昇格を果たすことができるだろう。 

17. ホアン・バエズ:RHP
現在の速球の球速は90マイル中盤程度だが、まだ筋肉をつける余地があり今後さらに球速が上がる可能性があるだろう。この速球とカーブのコンビネーションで三振を多く奪うピッチングスタイル。デリバリーが不安定なため、四球が多く、速球の球速が安定しない要因となっている。

18. ホセ・マーモレホス:1B 
パワーポテンシャルの高さが光るスラッガー。今シーズンは昨シーズンまで少なかった四球数を増やすことに成功し、出塁率が上昇。若干三振も増えたが、許容範囲内だろう。昨シーズンからハイアベレージを残すため広角に打ち分けるように意識している。

19. レット・ワイズマン:OF
何か特別優れたツールを持っているわけではないが、常に全力でプレーし、周りを驚かせるような ことをしてみせるハッスルプレイヤー。打撃では平均以上のパワーが魅力だが、長打を意識した遠回りするようなスイングのためコンスタントにヒットを打つことができていない。RFの守備は無難にこなしている。

20. ブライアン・グッドウィン:OF
今シーズンは過去2年のスランプからようやく脱し、元1巡目指名選手らしい成績を残した。 コンパクトなスイングでコンスタントにヒットを放つミドルヒッター。アプローチも悪くなく、しっかりと四球を選ぶこともできる。スピードも平均以上でほとんどのシーズンで15盗塁以上をマークしている。来シーズンからは第4のOFとしてメジャーのベンチに座る機会が増えるだろう。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/LqrUFf

2016 Draft Review:ナショナル・リーグ東地区

27497859661_b4274c01ac_z

 

 

 

 

 

 

 

アトランタ・ブレーブス 2016ドラフトまとめ
マイアミ・マーリンズ 2016ドラフトまとめ
ニューヨーク・メッツ 2016ドラフトまとめ
フィラデルフィア・フィリーズ 2016ドラフトまとめ
ワシントン・ナショナルズ 2016ドラフトまとめ

 *順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重

  • アトランタ・ブレーブス

3:イアン・アンダーソン:シェネンデホワ高校:RHP:190cm/77kg

ハイシーリングな右腕。現在最速95マイルを誇るストレートは、やがてフィジカル面の成長に伴い90マイル中盤をコンスタントに出せるようになるとみられる。80マイル前半のスライダーはスラーブのようなアクションを見せ、多くの空振りを奪える。チェンジアップの評価も平均以上。コマンドも安定しており、非常に洗練されたタレントである。

40:ジョーイ・ウェンツ:シャウニー・ミッション東高校:LHP:195cm/95kg

投打に高い才能を示す高校生。打者としては昨年シンシナティで行われたジュニアホームランダービーで543フィート弾を放つなど素晴らしいパワーポテンシャルを秘める。投手としては、最速95マイルのストレートにプラスのカーブとチェンジアップを組み合わせる。アームアクションも綺麗で、デリバリーの再現性も高く、コントロールも安定している。将来はローテーション上位クラスになれる素材。

44:カイル・マラー:シーサイット・ダラス高校:LHP:195cm/104kg

その体格からも大きなアップサイドが期待される左腕。昨夏時点での球速はせいぜい86,7マイルどまりだったが、オフシーズンにビルドアップを果たすと終始90マイル前半をマークし、最速は95マイルにも達するようになった。カーブはソリッドなセカンドピッチになりうるが、現時点ではレベルアップが必要な球種であり、チェンジアップも要改善。デリバリーの再現性は高く、制球は悪くない。

 

2016 Draft Quick Look

6845276678_b03440a3da_z

 

 

 

 

 

 

 

 

メジャーリーグでは現地9日より2016年ドラフトがスタートし、同日には計77人が指名を受けた。以下にはその結果をリスト形式で整理する。選手横の#数字は当サイトのモック順位を表す。

2016ドラフト:1~77位指名
順位 チーム 選手名   ポジション 出身校
1 PHI ミッキー・モニアック #11   OF ラコスタキャニオン高
2 CIN ニック・センゼル #6   3B/2B テネシー大
3 ATL イアン・アンダーソン #20   RHP シェネンデホワ高
4 COL ライリー・パイント #7   RHP セント・トマス・アキナス高
5 MIL コリー・レイ #3   OF ルイスビル大
6 OAK A.J.パク #4   LHP マイアミ大
7 MIA ブラクストン・ギャレット #24   LHP フローレンス高
8 SD カル・クオントリル #21   RHP スタンフォード大
9 DET マット・マニング #27   RHP シェルダン高
10 CHW ザック・コリンズ #13   C フロリダ大
11 SEA カイル・ルイス #8   OF マーサー大
12 BOS ジェイソン・グルーム #1   LHP バーニガット高
13 TB ジョシュ・ロウ #14   3B/RHP ポープ高
14 CLE ウィル・ベンソン    OF ウェストミンスター高
15 MIN アレックス・キリロフ #19   OF プラム高
16 LAA マット・サイス #40   C バージニア大
17 HOU フォレスト・ウィットリー #17   RHP アラモ・ハイツ高
18 NYY ブレイク・ラザフォード #5   OF チャミナンデ大付属高
19 NYM ジャスティン・ダン    RHP ボストン大
20 LAD ギャビン・ラックス   SS インディアン・トレイルアカデミー
21 TOR T.J.ズーク #30   RHP ピッツバーグ大
22 PIT ウィル・クレイグ #23   RHP ウェークフォレスト大
23 STL デルビン・ペレス #2   SS インターナショナルベースボールアカデミー
24 SD ハドソン・サンチェス    3B キャロル高
25 SD エリック・ラウアー #18   LHP ケント大
26 CHW ザック・バーディ #35   RHP ルイスビル大
27 BAL コディ・セドロック #33   RHP イリノイ大
28 WSH カーター・キーブーム    3B/2B ウォルトン高
29 WSH デーン・ダニング   RHP フロリダ大
30 TEX コール・レーゲンズ   LHP ノース・フロリダ・クリスチャン高
31 NYM アンソニー・ケイ   LHP コネチカット大
32 LAD ウィル・スミス   C ルイスビル大
33 STL ディラン・カールソン   OF エルクグローブ高
34 STL ダコタ・ハドソン #9   RHP ミシシッピ州立大
35 CIN テイラー・トラメル   OF マウント・パラン・クリスチャン高
36 LAD ジョーダン・シェフィールド   RHP バンダービルト大
37 OAK ドルトン・ジェフェリーズ #16   RHP カリフォルニア大
38 COL ロバート・タイラー    RHP ジョージア大
39 ARI アンファニー・グリアー    OF アーバーン大
40 ATL ジョーイ・ウェンツ #12   LHP ショウニー・ミッション・イースト高
41 PIT ニック・ラドロ   LHP ダミアン高
42 PHI ケビン・ゴウディ    RHP サンタバーバラ高
43 CIN クリス・オーキー #26   C クレムゾン大
44 ATL カイル・マラー #34   LHP シーサイット・ダラス高
45 COL ベン・ボウデン    LHP バンダービルト大
46 MIL ルーカス・アーシズ   3B メンロ大
47 OAK ローガン・ショア #15   RHP フロリダ大
48 SD バディー・リード #22   OF フロリダ大
49 CHW アレク・ハンセン   RHP オクラホマ大
50 SEA ジョー・リゾー    3B オークトン高
51 BOS CJ.キャッサム   SS フロリダ・アトランティック大
52 ARI アンディ・ヤージー   C ヨーク・ミルズ大付属高
53 TB ライアン・ボルト   OF ネブラスカ大
54 BAL キーガン・エイケン   LHP ウェストミシガン大
55 CLE ノーラン・ジョーンズ #32   3B/SS ホーリー・ゴースト高
56 MIN ベン・ローベット   C ベローナエリア高
57 TOR J.B.ウッドマン   OF ミシシッピ大
58 WSH シェルダン・ノイズ   SS オクラホマ大
59 SF ブライアン・レイノルズ #25   OF バンダービルト大
60 LAA ブレンダン・マーシュ   OF バフォード高
61 HOU  ロニー・ドーソン    OF  オハイオ州立大
62 NYY  ニック・ソラク    2B  ルイスビル大
63 TEX  アレックス・スピース #31    RHP  マッキーチャン高
64 NYM  ピート・アロンゾ    1B  フロリダ大
65 LAD  ホワイト・ミッチェル    RHP  サンタクララ大
66 TOR  ボー・ビシェッテ    2B/3B  レイクウッド高
67 KC  AJ.パケット    RHP  ペッパーダイン大
68 PIT  トラビス・マクレガー    RHP  イーストレイク高
69 BAL  マシアス・ディーツ    RHP  ジョン.A.ローガン大
70 STL  コナー・ジョーンズ    RHP  バージニア大
71 SD  レジー・ローソン    RHP  ビクター・バレー・シニア高
72 CLE  ローガン・アイス    C  オレゴン州立大
73 MIN  ホセ・ミランダ    SS  リーダーシップ・クリスチャン・アカデミー
74 MIN  アキ・バドゥー    OF  セイラム高
75 MIL  マリオ・フェリシアーノ    C  カルロス・ベルトラン・ベースボールアカデミー
76 ATL  ブレット・カンバーランド    C  カリフォルニア大
77 TB  ジェイク・フレリー    OF  ルイジアナ州立大

 次ページでドラフト1日目の総評を行う。