Tag Archives: ギャビン・ラックス

2019 NLDS Review : WSH VS LAD

33746773632_465af7c30a_c

 

 

 

 

 

 

ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。

 

Game 1 WSH 0- 6 LAD

 先発はドジャースがウォーカー・ビューラー(RHP)、ナショナルズはパトリック・コービン(LHP)。

1回裏 ナショナルズ先発コービンは制球に苦しみ4つの四球を与え、ドジャースに先制を許す。

4回表 今度はドジャース先発ビューラーが3つの四球を出して満塁になるがアズドルバル・カブレラ(IF)を打ち取りピンチを乗り切る。

5回裏 簡単に2アウトとなったドジャースだがコディ・ベリンジャー(OF)の四球、クリス・テイラー(IF)の内野安打の後マックス・マンシー(1B)の打った打球をナショナルズのファースト、ハウィ・ケンドリックがまさかのトンネル。ドジャース2点リードとなる。

7回裏 マンシーのタイムリヒットでドジャースが2点を追加。

8回裏 メジャーデビューしてまだ1ヶ月少ししか経ってないルーキーのギャビン・ラックス(IF)と途中出場のジョク・ピーダーソン(OF)のホームランでさらにリードを広げる。

9回表 ドジャース4人目のジョー・ケリー(RHP)がヒット1本許すも無失点で締め試合終了。

 

所見

 終始ドジャースペースで試合が進む、さすがドジャース!という試合運びだった。初回制球が定まらないコービンに対して1点で終わったのは不発気味だったがコービンから代わった投手を攻略し着実に点を奪った。投手の方はビューラーが被安打1と完璧に封じ込め、リリーフ陣もアダム・コラレック(LHP)→前田健太(RHP)→ケリー、とつけ入る隙を与えない投球で見事に大事な初戦を勝利した。

 

Game 2 WSH 4- 2 LAD

先発はドジャースがクレイトン・カーショー(LHP)、ナショナルズが今シーズンのナショナルリーグ最多勝投手スティーブン・ストラスバーグ(RHP)。

1回表 ケンドリックが前日の失敗を取り返すべくタイムリーヒットで先制。

2回表 ナショナルズはアダム・イートン(OF)のタイムリーヒットとアンソニー・レンドン(3B)のタイムリー2ベースでこの回3点を追加する。

6回裏 ドジャースはトレイ・ターナー(SS)の犠牲フライで1点を返す。

7回裏 マンシーのソロホームランで1点差に迫る。

8回表 ナショナルズはカブレラのタイムリーヒットで再び引き離す。

9回裏 ドジャースはランナーを2人出し、ホームランでサヨナラの場面を迎えたがコーリー・シーガー(SS)が三振に倒れ試合終了。

 

所見

 両先発投手の好投で引き締まった試合だった。カーショーは先に3点は取られたが、すぐに立ち直った。ストラスバーグは無四球、三振10と非の打ち所がない投球だった。しかし一方でナショナルズのブルペン陣の不安がモロに露呈した試合とも言えるだろう。ショーン・ドゥーリトル(LHP)が一発を浴び、クローザーのダニエル・ハドソン(RHP)も結果的には無失点だったが四死球2つと安定感に欠けた。

 

Game 3 LAD10- 4WSH

先発はナショナルズがアニバル・サンチェス(RHP)、ドジャースはリュ・ヒョンジン(LHP)

1回裏 ホアン・ソト(OF)の2ランホームランでナショナルズ先制。

5回表 マンシーのホームランでドジャースが1点を返す。

6回表 ラッセル・マーティン(C)とエンリケ・ヘルナンデス(IF)のタイムリーツーベースとジャスティン・ターナー(IF)のホームランでこの回一気に7点を入れる

9回表 マーティンの2ランホームランが出て勝利を手繰り寄せる。

 

所見

 35歳サンチェスの予想外の好投に驚かされた。数年前には終わった存在のように思われたサンチェスがここ2年復活しポストシーズンでも活躍してる姿はなんとも頼もしい。

この試合のターニングポイントは6回裏であろう。ナショナルズは無死満塁の場面でカブレラが犠牲フライを放ったのだが、その後2塁ランナーのケンドリックが走塁ミスでアウトとなり事実上のダブルプレーとなり追い上げムードに水をさした。

またナショナルズの懸案事項とも言えるブルペンも初戦に先発したコービンを送ったりと策を練ったが、ドジャース打線の勢いを止められずサンチェス降板後だけで9点も取られた。

 

Game 4 LAD 1- 6WSH

先発はドジャースがリッチ・ヒル(LHP)、ナショナルズがマックス・シャーザー(RHP)

1回表 ジャスティン・ターナーのソロホームランでドジャース先制。

3回裏 ナショナルズのレンドンの犠牲フライで同点。

5回裏 レンドンのタイムリーヒットとライアン・ジマーマン(1B)の3ランホームランで計4点追加する。

6回裏 再びレンドンの犠牲フライで1点を追加。

9回表 ナショナルズはハドソンが無失点に打ち取り勝利をものにする。

 

所見

 この試合はシャーザーにつきると思う。試合後の会見では疲労を口にしていたが、実際の試合では疲労を感じさせない投球だった。とりわけ7回表の1死満塁の場面でテイラーにはフルカウントまで粘られながらも三振に取り、続くビーダーソンもゴロで打ち取った時は本当に感服した。

一方負けたドジャースもナショナルズ同様ブルペンに不安を抱え込むような敗戦であった。日本人の我々からすると前田健太の力投ぶりが輝いて見えるかもしれないが、問題はその後でフリオ・ウリアス(LHP)は2/3回を投げ被安打3、べドロ・バイエスは1/3回を被安打2うちホームラン1本という内容だった。

 

Game 5 WSH  7- 3 LAD

先発はナショナルズがストラスバーグ、ドジャースはビューラー。

1回裏 マンシーの2ランホームランでドジャースが先制。

2回裏 ヘルナンデスのソロホームランでドジャースのリードは3点。

6回表 ソトのタイムリーヒットでナショナルズが1点を返す。

8回表 レンドン、ソトの2者連続ホームランで同点に追いつく。

10回表 無死満塁でケンドリックが満塁ホームランを放ちナショナルズ4点リードとなる。

10回裏 ドゥーリトルが三者凡退に打ち取り試合終了。

 

所見

 両先発投手が好投した。ストラスバーグは3点先行せれたが、すぐに立ち直り3回以降は被安打1無四球という内容だった。ビューラーは自慢の剛速球ではなく変化球主体のピッチングで好投した。ちなみに奪った7つの三振のうち5つは変化球によるもだった。

 

総括

 ドジャース優勢とみられた  NLDSはナショナルズの3勝で幕を閉じた。ナショナルズは本拠地をワシントンに移して以来初の地区シリーズ突破となった。

このシリーズを通してブルペンの整備、起用法の難しさが浮き彫りになった。ドジャースに関してはブルペンの防御率は6.75である。要因として考えられのは守護神ケンリー・ジャンセン(RHP)の不調であろう。今回のシリーズこそ点は取られなかったが、レギュラーシーズンの不調により満を持してクローザーに固定出来なくった。これによりクローザーから逆算して継投することが難しくなりブルペン全体が瓦解したと考えられる。

ナショナルズもドジャースほど悪くないがハンター・ストリックランド(RHP)、先発とリリーフを兼任したコービンに関してはNLCS以降も不安ではある。また元々ブルペンにかなりの不安を抱えていて、それがストラスバーグとシャーザーの酷使に繋がった。今後チームどんな形で影響を与えるか注視していきたい。

 

また両チームともベテランの活躍が光った対戦でもあった。ケンドリックは満塁弾まで3つのエラーと致命的な走塁ミスと足枷のようだったが最後に意地を見せてくれた。ドジャースはターナーはシャーザーから本塁打とこちらもベテランの存在感を見せつけた。ポストシーズンでのベテランの活躍はマストであることを認識させられたシリーズでもあった。

 

Written Eiji Kato

Photo by https://flic.kr/p/Tq635G

2017 Top 20 Prospects:ロサンゼルス・ドジャース

29484113695_7204e6473f_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

1. コディ・ベリンジャー:1B
昨シーズンは課題だった三振の数を減らすことに成功。それでいて自慢のパワーを十分に発揮できたのは賞賛に値する。変化球、速球関係なく打ち返すことができる能力の高さも見せるが、全て引っ張りにかかる傾向があるため打率はあまり上がらない。アプローチも優秀でコンスタントに四球を選ぶこともできる。守備ではOFに入ることもあるが、メインは1B。1B守備は非常に上手く将来のGG賞候補。 

2. アレックス・バードューゴ:OF
強烈なアッパースイングが特徴のスラッガー。パワーポテンシャルは非常に高く、シーズン25HRをマークすることも可能。どのコースのボールでもヒットにすることができるバッティングセンスの高さも兼ね備える。高校時代は投手だったため肩は非常に強くRFとしてなら十分に守れるだろう。 

3. ヤディアー・アルバレス:RHP
最速100マイルをマークする速球が最大の武器。デリバリーは力感がなく、速球は常時90マイル後半をマークし、回が進んでも球速が落ちることはない。変化球はまだ未熟でスライダーが平均レベルにある程度だが、カーブ、チェンジアップも改善されてきている。将来はメジャーを代表する投手になるだろう。

4. ウォーカー・ビューラー:RHP
昨シーズン、トミー・ジョン手術からパワーアップして戻ってきた。大学時代は最速でも95マイルだった速球は、肘の痛みが消え、リハビリによって鍛えられたこともあり最速で99マイルをマーク。スライダーとも評されるカッターは平均以上のクオリティ。70マイル後半のカーブでタイミングを外すこともできる。再び故障さえしなければ早期昇格が望めるだろう。

5. ウィリー・カルフーン:2B
小柄ながらも筋肉質な体つきでスイングもしっかりと振りぬいているためパワーは平均以上。早打ちのため四球も三振も少ない。スピードは平均を大きく下回っており、2Bに留まることができるかは微妙なライン。DHのないナショナル・リーグで適性ポジションが見つかることができるかが今後の課題。

6. ブロック・スチュワート:RHP
90マイル中盤の速球とチェンジアップ、スライダーのコンビネーション。速球はフォーシームとツーシームの2種類があり、ノビのあるフォーシームを主体としているが、メジャーではこのフォーシームをHRにされることが多かった。チェンジアップは速球と同じアームスピードで投げられており、打者の左右を問わず有効。カッターのようなスライダーで左打者の内角を攻めることもできる

7. ジョーダン・シェフィールド:RHP
16年ドラフト全体36位指名。速球は最速99マイルをマークする剛腕。スライダー、チェンジアップともに評価は高く、三振を大量に奪うことができる。昨シーズン、大学ではコントロールの悪さを克服したかのように思われたが、プロ入り後は再びコントロールを乱すようになった。サイズも先発としては小さく、リリーフ転向も有り得る。 

8. ヨハン・ミーシズ:OF
パワーポテンシャルの高さだけならベリンジャーに負けるとも劣らないが、コンタクトスキルに大きなハンデを抱えている。大きすぎるスイングが原因となって空振りが多い。アプローチも三振数の割りに四球が少なく、まずここを改善する必要があるだろう。現在、守備では主にCFを守っているが RF転向が現実的。

9. ミッチ・ホワイト:RHP
16年ドラフト2巡目指名。90マイル前半の速球とカッターのコンビネーション。カッターの評価は非常に高く、スライダーと見間違うほどの変化量を見せる。タイミングを外すために投げるカーブも平均程度のクオリティはある。大学最終年から投げ始めたチェンジアップも向上の一途を辿っている。デリバリーはシンプルで力感がなく、大柄な体格のため先発向き。

10. ミッチ・ハンセン:OF
大きなアップサイドを秘めたハイシーリングなタレント。大柄な体格でバットスピードも速く、パワーポテンシャルは平均以上。ヒッティングの評価が低く、不安定な部分を解消していく必要があるだろう。肩が弱いため守備位置はLF。「マネーボール」を読んだうえで大学の奨学金を断りプロ入りした。 

11. イマニ・アブデュラ:RHP
ゆったりとしたデリバリーから90マイル前半の動く速球を投げこむ。速球の最速は94マイルだが、まだ速くなる可能性を秘めている。カーブ、チェンジアップはともに平均以下の評価だが、今後クオリティを上げていく時間はたっぷりとある。コントロールは素晴らしく四球で自滅するといったことはない。大柄な体格は先発向き。

12. DJ ピーターズ:OF
16年ドラフト4巡目指名。パワー&スピードが魅力のアスリート。打球速度はずば抜けており、打球がスタンドの向こうへと消えていく速さには呆気に取られてしまう。スピードも素晴らしく、肩も強いが、守備ではルート取りなどの細かい部分でミスが多い。ジョク・ピーダーソン(LAD)のようになれる可能性を秘めている。

13. エドウィン・リオス:3B/1B
400フィート先のバックスクリーンまで打球を飛ばすことができるスラッガー。パワーポテンシャルは非常に高い。スイングは大振りで空振りが多く、三振が多い。早打ちで四球が少ない点も致命的な弱点となりかねないだろう。スピードもなく、守備も上手いとは言えない。 

14. ユスニエル・ディアズ:OF
打撃練習では打球を遠くに飛ばすことができるが、試合になると反対方向への意識からかパワーが鳴りを潜めてしまう。体格もそれほど大きくなく、パワーツールは平均以下との見立てが多い。コンタクトスキルは悪くない。早打ちのため四球も三振も少ない。スピードがあり、肩の強さも十分なため今後もCFに留まることができるだろう。 

15. アンドリュー・トールズ:OF
昨シーズン、彗星の如く現れ、ファンに衝撃をもたらした。 打席ではコンタクトスキルの高さを惜しげもなく見せつけ、OF守備ではスピードを生かし度々好プレーを披露した。昨シーズンはできすぎなところもあったため、今後成績は落ちるかもしれないが、それでもラジャイ・デービス(OAK)のような選手になれるだろう。

16. ジョシュ・スボーツ:RHP
90マイル前半の動く速球と縦に落ちるスライダー、カーブのコンビネーション。速球はカッター気味に動かすことができ評価の高いボール。スライダーもアウトピッチとしては優秀。カーブは打者の目線を変えるには悪くないボールだろう。コントロールも悪くない。大学時代クローザーだったためリリーフとして使う手もあるが、LADは先発として育成する様子。

17. ギャビン・ラックス:SS
16年ドラフト全体20位指名。若くして類稀なるSS守備のスキル、センスを持っている タレント。デルビン・ペレス(STL)がいなければ昨年のドラフトクラスで最も守備が上手いSSだっただろう。守備ではレンジ、フットワーク、肩の強さ全てで平均以上である。問題は打撃でパワーツールに乏しく、どれほどコンタクトスキルを磨いたとしても平均以下の打力になるだろう。

18. オースティン・バーンズ:C
コンタクトスキルの高さがウリのタレント。ボールの見極めも悪くなく、四球を選びつつ三振数を抑えることができている。Cの守備は平均程度には守れるが、昨シーズンはチーム事情もあってCの他に2B/3B/RF/LFを守っていた。今シーズンはCとしてのプレーが多くなる可能性があるので、今後メジャーでどのポジションを主に守ることになるかが決まるだろう。

19. アンドリュー・ソプコ:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップ、スライダーのコンビネーション。速球はフォーシームのみだったが、ツーシームの習得にも励んでいる。どの球種も平均かそれ以下のクオリティだが、コントロールのよさでカバーしている。将来像は先発5番手か。 

20. イバンデル・イザベル:1B
パワーポテンシャルの高さがウリのハイシーリングなタレント。ハードコンタクトをコンスタントに生み出すことができる。スピードがなく、1Bしか守ることができない。守備ではミスの少なさが光る。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/LVpMMR

2016 Draft Review:ナショナル・リーグ西地区

27756242352_8593793f8e_z

 

 

 

 

 

 

 

アリゾナ・ダイヤモンドバックス 2016ドラフトまとめ
コロラド・ロッキーズ 2016ドラフトまとめ 
ロサンゼルス・ドジャース 2016ドラフトまとめ
サンディエゴ・パドレス 2016ドラフトまとめ
サンフランシスコ・ジャイアンツ 2016ドラフトまとめ

 

*順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重

  • アリゾナ・ダイヤモンドバックス

39:アンファニー・グリアー:アーバーン大学:OF:185cm/81kg

20~80スケールで60の評価を受けるスピードがウリの外野手。盗塁成功率も年を経るにつれ上がってきており、今シーズンは24回走って19回成功した。守備はおもにセンターを守り、その俊足を生かした広い守備範囲も魅力だが、いかんせん肩が弱い。ただ、送球は正確である。打撃面では、一昨年、昨年と1本だったホームランが今年は12本と大幅に増加。パワーポテンシャルがあることを示した。しかし、そのスイングは大振りであり、速球・変化球双方へのアプローチに悪影響を及ぼしている。プロレベルではスイングの改善が必要になってくるだろう。

52:アンディ・ヤージー:ヨーク・ミルズ大付属高:C :190cm/97kg

パワーに定評のあるトロント出身の捕手。昨夏シンシナティで行われたHigh School Select home run derbyでは決勝に進出するなど、そのパワーをスカウトたちに見せつけた。ただ、ヒッティングツールは平均以下で、ハイアベレージを残せるタイプの選手ではない。守備面では、アームは平均レベルだが、フットワークは向上させる必要がある。捕球面などは問題なく、いずれは捕手としては十分な守備力を持つ選手になりうるだろう。

89:ジョン・デュプランテイアー:ライス大学:RHP:193cm/102kg

昨年肩の故障で全休し、今年復帰。肩の手術は行わなかったものの回復している。今シーズンは17試合の登板し、K/9=12.00、BB/9=3.81の成績を残した。ストレートは90マイル前半から中盤で、試合終盤でも球速が落ちない。沈むようなアクションを見せる点も魅力。カーブも平均以上で、チェンジアップも平均レベルの評価を受ける。平均以上のスターターになりうる素材であるが、肩の耐久性が唯一の懸念材料。

 

2016 Draft Quick Look

6845276678_b03440a3da_z

 

 

 

 

 

 

 

 

メジャーリーグでは現地9日より2016年ドラフトがスタートし、同日には計77人が指名を受けた。以下にはその結果をリスト形式で整理する。選手横の#数字は当サイトのモック順位を表す。

2016ドラフト:1~77位指名
順位 チーム 選手名   ポジション 出身校
1 PHI ミッキー・モニアック #11   OF ラコスタキャニオン高
2 CIN ニック・センゼル #6   3B/2B テネシー大
3 ATL イアン・アンダーソン #20   RHP シェネンデホワ高
4 COL ライリー・パイント #7   RHP セント・トマス・アキナス高
5 MIL コリー・レイ #3   OF ルイスビル大
6 OAK A.J.パク #4   LHP マイアミ大
7 MIA ブラクストン・ギャレット #24   LHP フローレンス高
8 SD カル・クオントリル #21   RHP スタンフォード大
9 DET マット・マニング #27   RHP シェルダン高
10 CHW ザック・コリンズ #13   C フロリダ大
11 SEA カイル・ルイス #8   OF マーサー大
12 BOS ジェイソン・グルーム #1   LHP バーニガット高
13 TB ジョシュ・ロウ #14   3B/RHP ポープ高
14 CLE ウィル・ベンソン    OF ウェストミンスター高
15 MIN アレックス・キリロフ #19   OF プラム高
16 LAA マット・サイス #40   C バージニア大
17 HOU フォレスト・ウィットリー #17   RHP アラモ・ハイツ高
18 NYY ブレイク・ラザフォード #5   OF チャミナンデ大付属高
19 NYM ジャスティン・ダン    RHP ボストン大
20 LAD ギャビン・ラックス   SS インディアン・トレイルアカデミー
21 TOR T.J.ズーク #30   RHP ピッツバーグ大
22 PIT ウィル・クレイグ #23   RHP ウェークフォレスト大
23 STL デルビン・ペレス #2   SS インターナショナルベースボールアカデミー
24 SD ハドソン・サンチェス    3B キャロル高
25 SD エリック・ラウアー #18   LHP ケント大
26 CHW ザック・バーディ #35   RHP ルイスビル大
27 BAL コディ・セドロック #33   RHP イリノイ大
28 WSH カーター・キーブーム    3B/2B ウォルトン高
29 WSH デーン・ダニング   RHP フロリダ大
30 TEX コール・レーゲンズ   LHP ノース・フロリダ・クリスチャン高
31 NYM アンソニー・ケイ   LHP コネチカット大
32 LAD ウィル・スミス   C ルイスビル大
33 STL ディラン・カールソン   OF エルクグローブ高
34 STL ダコタ・ハドソン #9   RHP ミシシッピ州立大
35 CIN テイラー・トラメル   OF マウント・パラン・クリスチャン高
36 LAD ジョーダン・シェフィールド   RHP バンダービルト大
37 OAK ドルトン・ジェフェリーズ #16   RHP カリフォルニア大
38 COL ロバート・タイラー    RHP ジョージア大
39 ARI アンファニー・グリアー    OF アーバーン大
40 ATL ジョーイ・ウェンツ #12   LHP ショウニー・ミッション・イースト高
41 PIT ニック・ラドロ   LHP ダミアン高
42 PHI ケビン・ゴウディ    RHP サンタバーバラ高
43 CIN クリス・オーキー #26   C クレムゾン大
44 ATL カイル・マラー #34   LHP シーサイット・ダラス高
45 COL ベン・ボウデン    LHP バンダービルト大
46 MIL ルーカス・アーシズ   3B メンロ大
47 OAK ローガン・ショア #15   RHP フロリダ大
48 SD バディー・リード #22   OF フロリダ大
49 CHW アレク・ハンセン   RHP オクラホマ大
50 SEA ジョー・リゾー    3B オークトン高
51 BOS CJ.キャッサム   SS フロリダ・アトランティック大
52 ARI アンディ・ヤージー   C ヨーク・ミルズ大付属高
53 TB ライアン・ボルト   OF ネブラスカ大
54 BAL キーガン・エイケン   LHP ウェストミシガン大
55 CLE ノーラン・ジョーンズ #32   3B/SS ホーリー・ゴースト高
56 MIN ベン・ローベット   C ベローナエリア高
57 TOR J.B.ウッドマン   OF ミシシッピ大
58 WSH シェルダン・ノイズ   SS オクラホマ大
59 SF ブライアン・レイノルズ #25   OF バンダービルト大
60 LAA ブレンダン・マーシュ   OF バフォード高
61 HOU  ロニー・ドーソン    OF  オハイオ州立大
62 NYY  ニック・ソラク    2B  ルイスビル大
63 TEX  アレックス・スピース #31    RHP  マッキーチャン高
64 NYM  ピート・アロンゾ    1B  フロリダ大
65 LAD  ホワイト・ミッチェル    RHP  サンタクララ大
66 TOR  ボー・ビシェッテ    2B/3B  レイクウッド高
67 KC  AJ.パケット    RHP  ペッパーダイン大
68 PIT  トラビス・マクレガー    RHP  イーストレイク高
69 BAL  マシアス・ディーツ    RHP  ジョン.A.ローガン大
70 STL  コナー・ジョーンズ    RHP  バージニア大
71 SD  レジー・ローソン    RHP  ビクター・バレー・シニア高
72 CLE  ローガン・アイス    C  オレゴン州立大
73 MIN  ホセ・ミランダ    SS  リーダーシップ・クリスチャン・アカデミー
74 MIN  アキ・バドゥー    OF  セイラム高
75 MIL  マリオ・フェリシアーノ    C  カルロス・ベルトラン・ベースボールアカデミー
76 ATL  ブレット・カンバーランド    C  カリフォルニア大
77 TB  ジェイク・フレリー    OF  ルイジアナ州立大

 次ページでドラフト1日目の総評を行う。