Tag Archives: クリスチャン・スチュワート

2017 Top 100 Prospects

30199602215_0cc0241fbc_z

 

 

 

 

 

 

 

*レポートはチーム別リストを参照。

 

2017 Top 100 Prospects
ランク 選手名 チーム名 ポジション
1 ジェイソン・グルーム BOS LHP
2 アンドリュー・ベニンテンディ BOS OF
3 ブレンダン・ロジャース COL SS
4 ヨアン・モンカダ CHW 2B
5 ルーカス・ジオリト CHW RHP
6 ブレント・ハニーウェル TB RHP
7 イアン・ハップ  CHC OF
8 コディ・ベリンジャー LAD 1B
9 ジョシュ・ヘイダー MIL LHP
10 エロイ・ヒメネス  CHC OF
11 フランクリン・バレット OAK SS
12 ニック・センゼル CIN  3B
13 フランシス・マーテス HOU RHP
14 ラファエル・ディバース BOS 3B
15  アレックス・レイエス STL  RHP

16

ダンズビー・スワンソン ATL SS
17 ルイス・ブリンソン MIL  OF
18 ホセ・デレオン TB RHP
19 クリント・フレイジャー NYY OF
20 エリック・フェッディ WSH RHP
21 コルビー・アラード ATL LHP
22 ビクター・ロブレス WSH OF
23 ウィリー・アダムス TB SS
24 ハンター・レンフロー SD OF
25 アレックス・バードューゴ LAD  OF
26 オースティン・メドウズ PIT OF
27 タイラー・グラスノー PIT RHP
28 ハンター・ドージャー KC 3B
29 ジョシュ・ベル PIT 1B
30 レイナルド・ロペス CHW RHP
31 カイル・ルイス SEA OF
32 ジェフ・ホフマン COL RHP
33 マット・チャップマン OAK 3B
34 ドミニク・スミス NYM 1B
35 アーロン・ジャッジ NYY OF
36 ブラッドリー・ジマー  CLE OF
37 ヤディアー・アルバレス LAD RHP
38 ショーン・リードフォーリー TOR RHP
39 フランシスコ・メヒア CLE C
40 デビッド・ポリーノ HOU RHP
41 タイラー・オニール SEA OF
42 A.J.パク OAK LHP 
43 ブレイク・ラザフォード NYY OF
44 ウォーカー・ビューラー LAD RHP
45 ザック・コリンズ CHW C/1B
46 ヨハンダー・メンデス TEX LHP
47 スティーブン・ゴンザルベス MIN LHP
48 カイル・タッカー HOU OF 
49 ホルヘ・アルファロ PHI C
50 ヘルマン・マーキス COL RHP
51 アンダーソン・エスピノーザ SD RHP
52 アミーア・ギャレット CIN LHP 
53  アリスティーディス・アキーノ CIN OF
54 デズモンド・リンジー NYM OF
55  ショーン・ニューカム ATL LHP
56  オースティン・ライリー ATL 3B
57 カル・クオントリル SD RHP
58 ライリー・パイント COL RHP
59 アメド・ロサリオ NYM SS
60 グレイバー・トーレス NYY SS
61 シクスト・サンチェス PHI RHP
62 イーサン・ディアズ MIL SS
63 コリー・レイ MIL OF
64

ロバート・スティーブンソン

CIN RHP
65 ウィリー・カルフーン LAD 2B
66 リース・ホスキンズ PHI 1B
67 ハリソン・ベイダー STL OF
68 オジー・アルビース ATL 2B 
69 ラウディ・テレズ TOR 1B
70 トレバー・クリフトン CHC RHP
71 ルーク・ウィーバー STL RHP
72 ボビー・ブラッドリー CLE 1B 
73 マイク・ソローカ ATL RHP
74 トリスタン・マッケンジー CLE RHP
75  レイメル・タピア COL OF
76 フランクリン・キロメ PHI RHP
77 カーソン・フルマー CHW RHP
78 アルバート・アルモラ CHC OF
79 ジャレル・コットン OAK RHP
80 マニュエル・マーゴット SD OF
81 ケビン・マイタン ATL SS
82 ブライアン・レイノルズ SF OF
83 フォレスト・ウィットリー HOU RHP
84 T.J.ゾイク TOR RHP
85 ディラン・カズンズ PHI OF
86 ジェシー・ウィンカー CIN OF
87 タイラー・ビーディ SF RHP 
88 シェド・ロング CIN 2B
89 ドミンゴ・アセベド NYY RHP
90 トラビス・デメリ ATL 2B
91 ダニエル・ゴセット OAK RHP
92 ディラン・シーズ CHC RHP
93 ジョン・ハリス TOR RHP
94 クリスチャン・スチュワート DET OF
95 ブラディミール・ゲレーロJr TOR 3B
96 J.P.クロフォード PHI SS
97 コディ・セドロック BAL RHP
98 ジェイマー・キャンデラリオ CHC 3B
99 マイケル・コペック CHW RHP 
100 フランクリン・ペレス HOU  RHP

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/N1CRAP

2017 Top 20 Prospects:デトロイト・タイガース

27600077440_f84e3596d9_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. クリスチャン・スチュワート:OF
昨シーズンA+-AAで30HRをマークしたスラッガー。コンタクトスキルに欠け打率は低いが、平凡だった四球数を大幅に増やし出塁率を上げることに成功した。守備はてんでダメで、マイナーの選手の中でもワーストクラス。スピードが全くないためレンジが狭く、肩も弱いためポジションはLFに限られるが、そのLFも満足に守れないと見る向きが多い。将来はDHに収まることになるだろう。

2. マット・マニング:RHP
16年ドラフト全体9位指名。元NBAプレイヤーの父親を持ち、自身も高校時代バスケットボールをプレーしていたアスリート。 長い手足を使ったスリークォーター気味のアングルから投げる最速97マイルの速球が武器。これに縦に割れるスピンの利いたパワーカーブを組み合わせる。デリバリーが1塁方向へと流れることが多く、コントロールを乱す原因となっている。ハイシーリングでエースポテンシャルを有している。

3. マイケル・ガーバー:OF
全てのツールをバランスよく持っているハイフロアーなタレント。打撃ではまずまずの打率を残せるヒッティングスキルとシーズン15HRも可能なパワーを持ち合わせており、アプローチも悪くない。守備ではCFを守ることもあるが、スピードが平凡なためRF向き。肩は強いため平均以上のRFになれるだろう。ブレーキングボールへの対応に課題を残している。 

4. カイル・ファンクハウザー:RHP
16年ドラフト4巡目指名。一昨年のドラフトでLADから全体35位指名を受けるも契約金で折り合いがつかず大学へ戻り、評価を上げるつもりが逆に成績を落とし評価を下げてしまった。最速97マイルの速球と、90マイルをマークするスライダーのコンビネーションで三振の山を築く。リリースポイントを見失うことが多く、コントロールが乱れる原因となっている。真っすぐな軌道だった速球を動かしてみたり、投げていなかったチェンジアップを多く使ってみたりと工夫は見られる。 

5. ボー・バロウズ:RHP
一昨年のドラフトから伸び悩むハイシーリングなタレント。ドラフト時は90マイル後半の速球を投げていたが、昨シーズンは90マイル前半で推移していた。速球のムーブメントは申し分ないが、球離れが早く、打者に容易にコンタクトされるためK/9が大幅に悪化する原因となった。それでもカーブ、チェンジアップといったブレーキングボールの評価は高く問題の速球さえ改善することができればポテンシャルに見合った成績を残せるだろう。 

6. ジャコビー・ジョーンズ:OF
ポテンシャルの高さを随所に見せるが、実戦で発揮できないでいる。筋肉質な体格でパワーポテンシャルは平均以上だが、コンタクトスキルに欠けるためマイナーではシーズン2桁HRをマークしたことはない。スピードと肩の強さは平均以上だが、IFの守備がお粗末なためOFに回されることになった。最低でも第4のOFとしては使えるだろう。

7. タイラー・アレキサンダー:LHP
速球の球速は90マイル前半程度だが、ストライクに投げ続けることができるコントロールのよさに高評価を得ている。ストライクを取るためのスライダー、低めに投げて空振りを奪うためのスライダー、チェンジアップのブレーキングボールはいずれも平均かそれ以上の評価を得ている。コマンドはそれほど突出しているわけではない。ローテーション4/5番手クラス。

8. グレイソン・グライナー:C
故障に苦しみ打率が.200を切った一昨年から一転、ハイアベレージを残すことができた守備型C。故障が癒えた昨シーズンは持前のコンタクトスキルの高さを発揮。長打数も増え、レギュラークラスとしては最低限の打撃を見せることができるだろう。守備ではブロッキングなどでソリッドさを見せる。

9. ジョー・ヒメネス:RHP
マイナーで圧倒的な成績を残し続けるリリーフプロスペクト。サイド気味のアングルから最速100マイルの速球とスライダーのコンビネーションで三振の山を築く。ストライクゾーンにボールを集めるコントロールを有しており、四球で自滅するといったことはない。セットアッパー/クローザーレベルの投手になれるだろう。 

10. サンディ・バエズ:RHP
常時90マイル後半の威力抜群の速球を投げることができるが、ブレーキングボールがイマイチなため三振数が増えない原因となっている。コントロールは悪くなく、細かいコマンドはないが四球を出すことは少ない。現在は先発として投げているが、リリーフに回れば早期昇格も望める。 

11. アーティー・ルヴィキ:RHP
コントロールのよさと闘争心の高さが光るタレント。90マイル前半の速球とカーブ、スライダー、チェンジアップのコンビネーション。スライダー、カーブの評価は高いが、チェンジアップは改善の余地あり。デリバリーは力感が強く、 ブルペン転向の可能性もある。トミー・ジョン手術を経験しており故障も多く、耐久性に問題あり。

12. マイルズ・ジェイ:RHP
90マイル前半の動く速球とスライダーのコンビネーション。カーブ、チェンジアップも投げるが、改善の余地あり。年々BB/9の数字をよくしているが、コントロールはそれほどいいというわけではない。特筆すべきツールはないがソリッドな成績を期待できる。 

13. ケビン・ジオメック:LHP
昨シーズンは胸郭出口症候群の治療の手術のためシーズンの大半を棒に振った。健康ならば90マイル前半の速球とスライダー、チェンジアップをコントロールよく投げ分けることができる。速球の球威不足をデセプションに優れたデリバリーである程度カバーしているが、それでも球威不足は否めないだろう。現在24歳で未だにA+と残されている時間はそう多くない。

14. マット・ホール:LHP
速球は最速でも80マイル後半程度だが、クオリティの高いカーブを多投することによって好成績を収めることができている。ただ、このカーブ以外のブレーキングボールはイマイチで、コントロールも平凡なため、将来はリリーフに回る可能性が高い。

15. ディクソン・マチャド:SS
肩が強く、アクロバティックなプレーを度々見せる守備の名手。深い位置からの送球も正確でエラーも少ないため守備だけならレギュラークラス。打撃では四球を殖やすなどの努力が見られるが、コンタクトスキルは平凡で、パワーも平均以下のためレギュラーに据えるには物足りない。 将来は守備固め要員だろう。

16. スペンサー・ターンブル:RHP
独特のアングルから投げる90マイル中盤のよく沈む速球とカッターのようなアクションを見せるスライダーのコンビネーションは素晴らしいが、それ以外のカーブ、チェンジアップといった球種は平均以下。コントロールに難があり四球を出す場面が多い。昨シーズンは故障でシーズンの半分を休養に回したことで24歳でA+に留まっている。使える球種の少なさ、コントロール、耐久性の面からブルペン転向を勧める声もある。

17. ポール・ボールカー:RHP
90マイル後半の威力抜群の速球が最大の武器のリリーフプロスペクト。 アウトピッチのスライダーは平均レベルのボールだが、緩急をつけるには十分。コントロールもそれほど悪くなく、ストライクゾーンにボールを集めることができる。

18. ドリュー・スミス:RHP
速球の球速は90マイル後半に達するが、軌道がフラットになりがち。昨シーズンAでは好成績を収めたが上のクラスでも通用するかは未知数。落差の大きいカーブはアウトピッチとして空振りを奪うことができる。デリバリーは無駄な動きが多く、コントロールを乱す原因の1つとなっている。

19. オースティン・アスマン:C
16年ドラフト14巡目指名。パワーとコンタクスキルの高さを併せ持った打撃が魅力。バットスピードが速いため、コンスタントにハードコンタクトを生み出すことができる。守備では肩が強く、盗塁阻止の面では信用できるが、ブロッキングなどの技術は未熟。大学時代は故障が多かった点も懸念材料。

20. ブラディミール・ピント:RHP
非常に小柄な体格ながらも、最速100マイルの速球を投げることができるハイシーリングなタレント。デリバリーの力感が強く、身長が伸びなければ将来はブルペン転向も有り得るだろう。 ブレーキングボールは発展途上。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/J3VBs9

2016 Futures Game Preview:アメリカ代表

25185956351_95a6fd9903_z

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカでは現地時間10日にプロスペクトの祭典『フューチャーズゲーム』が開催される。今回はそれに先立ってロースター及び予想オーダーを紹介する。これを読んでおけば『フューチャーズゲーム』がより楽しめるはずだ。さらに観戦時に選手名鑑の代わりに使ってもらえれば幸いだ。

  • 予想オーダー

 

1.クリント・フレーザー(CLE):LF
随所に高いポテンシャルを見せる外野手。 昨シーズンはA+のリーグで最多安打と最多二塁打をマーク。16本塁打も2番目に多い数字だった。素晴らしいバットスピードにより長打を量産することが可能でまだまだパワーは伸びる余地を残している。ストライクゾーンをコントロールする能力が高く、高出塁率を残せるが、ブレーキングボールを空振りする場面が多く三振数は非常に多い。スピードツールも平均以上で年間20盗塁を狙えるレベル。CFを守れる能力を有しているがチームメートのブラッドリー・ジマーにCFを譲っているためRFとしての出場が多い。

2.デビッド・ダール(COL):CF
 将来の5ツールプレイヤー。内角も上手くさばけるヒッティングスキルは卓越しており、広角にラインドライブの打球を打つことができる。パワーもプラス評価を得ておりメジャーで20~25本塁打をマークすることが可能とも。積極的すぎて四球が少なく低出塁率なのがもったいない。スピードも平均以上で広いレンジをカバーすることができ、肩も強く、送球も正確なCF守備はゴールドグラブを狙えるレベル。如何に健康を保つかがカギ。

3.アレックス・ブレグマン(HOU):2B
昨ドラフト全体2位指名の攻撃型内野手。小柄ながらも力強いスイングでスタンドインの打球を量産する姿はダスティン・ペドロイア(BOS)を彷彿とさせる。かといって打撃は荒くなくBB/K=44/33をマークしアプローチにも優れている。 高校時代からアメリカ代表に選ばれ続けていることもあってメークアップの評価も高い。あえて不安を述べるとするなら守備位置をどうするかだけだが、それでも2B/SS/3Bいずれも平均程度に守れる能力を有している。

4.ハンター・レンフロー(SD):RF
不振から立ち直ったスラッガー。AA昇格以降不振が続いていたが左足を上げる動作を小さくすることでボールを最短距離で捉えられるようになり、打率を上げることに成功した。その犠牲としてパワーを全力で発揮することは難しくなったがそれでも平均以上のパワーを有しており今シーズンもここまで84試合で21本塁打をマークしている。昨シーズン16個、今シーズンもここまで13個アシストをマークしている肩にも注目したい。

5.ハンター・ドージャー(KC):3B
どん底から這い上がった2013年全体8位指名選手。2014年のAA昇格後 さっぱりと打てなくなり昨シーズンはAAで.213/.281/.349、12本塁打と周囲をがっかりさせる成績に終わり、かつてのトッププロスペクトもここまでと思われていた。しかし、今シーズン難所だったAAで.305/.400/.642と打ちまくり1ヶ月程度でAAAに昇格。AAAでも打棒は止まらずこれまでにないほどの好調を見せている。

6.ライオン・ヒーリー(OAK):1B
今シーズン絶好調のヒッティングプロスペクト。以前からヒッティングの評価は高かったが、昨シーズンまで長打の少なさと粗いアプローチによる低出塁率がネックとなっていた。しかし、今シーズンは長打が増え相手から怖がられるようになったため、それに伴い四球も微増し出塁率も若干改善された。225ポンド(102kg)の大男であるためスピードツールは皆無だが毎年三塁打を記録している。

7.ディラン・カズンズ(PHI):DH
高校時にアメリカン・フットボールでディフェンシブエンドを務めていたパワーモンスター。今シーズンAAで84試合に出場し23本塁打を放っており今回のアメリカ代表の中でトップのパワーポテンシャルを持っていると言ってもいいだろう。昨シーズンからアプローチを変更し四球が増えたがそれに伴い三振も激増した。235ポンド(106kg)の体格と肩の弱さから守備位置はLFに限られている。

8.チャンス・シスコ(BAL):C
守備での成長が著しい攻撃型捕手。2桁本塁打を打つパワーはないが野手のいない場所へと打球を落とすヒッティングスキルは本物。 選球眼もよく四球を数多く選べるためマイナー通算での出塁率は.400を超える。ドラフト時は評価の低かった守備だが年々改善してきており、送球は平均レベルにこなせるようになっている。平均以上は望めないが捕手を諦めなければいけないほど下手ではない。

9.ダンスビー・スワンソン(ATL):SS
昨年のドラフトで全体1位指名を受けた走攻守そろった将来のオールスター常連選手。パワーは平均以下だが無駄のないスイングと投球に対する理解の深さからヒットを量産する。将来は高打率、高出塁率が望めるだろう。スピードも20盗塁を狙えるレベル。SS守備ではレンジ、ハンドリング共にハイレベルで、肩も強いため長くSSに留まることができる。

P.ジェフ・ホフマン(COL):RHP
ドラフトイヤーにトミー・ジョン手術を受け長くリハビリを行っていたが昨シーズン途中に復帰。手術前に比べると3マイルほど球速が落ちたがそれでも90マイル中盤を出すことができる。バットを粉砕する威力を持つツーシームが最大の武器で、このボールを使ってゴロを打たせるピッチングスタイル。 カーブ、チェンジアップもクオリティが高くタイミングを外し空振りを奪うことができる。細かいコマンドには欠けるがストライクを取ることに苦労はしない。昨シーズン奪三振の少なさが不安視されていたが今シーズンはここまでイニング以上の奪三振数をマークしている。