Tag Archives: クリス・アーチャー

後半戦展望: シカゴ・カブス

40622662490_7d8baaa8e2_z

 

 

 

 

 

 

 

 今年のナショナル・リーグは、現地時間08/05全試合終了時点で3地区共に首位と2位のゲーム差が1.5を切っている接戦の年である。(前年は08/05全試合終了時点で中部地区を除き10ゲーム以上の差が開いていた。)さて、今回は中部地区の首位であるシカゴ・カブスのトレードを振り返りたい。

 

 NL3位の防御率3.76を誇る投手陣の補強を行った。ブランドン・モロー(RHP)を筆頭として4人のリリーバーを故障で欠いている。また、ダルビッシュ有(RHP)もDL入りをしておりローテーションのグレードアップも課題であった。結果から言えば、トレードの目玉であったクリス・アーチャー(TB→PIT)は同地区に移籍したが課題を解決するトレードであった。
 テキサス・レンジャーズからジェシー・チャベス(RHP)とコール・ハメルズ(LHP)を獲得。ハメルズは2008年にWSに出場しMVPを獲得している。近年は与四球率がキャリア平均を上回る等選手としてのピークは過ぎているものの、今季のトレード市場における上質なスターターの1人であることは間違いない。
 カブスは既に、5人のスターターと2018年以降の契約を結んでいる。ハメルズは6Mのバイアウト付きのオプションとなっており、オフシーズンの動向は不鮮明だ。
 ワシントン・ナショナルズからはブランドン・キンツラー(RHP)を獲得。クローザーを任せることも出来る強力なリリーバーである。92-94マイルのシンカーが投球の大半を占めるシンカーボーラーであり、奪三振は少ないが与四球も少ない投球が特徴的。
 投打共に高いレベルにあるため、更に救援陣を補強したのは同地区の球団にプレッシャーを与えることになるだろう。

 NL1位の551得点をマークしている野手陣には手を付けなかった。クリス・ブライアント(3B)がDL入りしているものの、今季のホームランダービー準優勝のカイル・シュワーバー(OF)を始めとする野手陣の活躍に期待していると言える。

 

Text by Tsubasa Komiyama

Photo link is https://flic.kr/p/24TFLhA

2018 Team Preview:タンパベイ・レイズ

tb

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

  • 本拠地:トロピカーナ・フィールド

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml02/

 

広さ
レフト 96.0m
センター 123.1m
ライト 98.1m
フェンス高さ 2.9~3.4m
パークファクター平均*100
安打 93.7
ツーベース 83.7
スリーベース 113.0
HR 88.8
得点 90.2

 

  • 予想オーダー

1.マット・ダフィー:3B

17年は故障で全休。STでは03/18時点でOPS.491と苦戦を強いられている。15年にジャイアンツでOPS.762/12本塁打/12盗塁を記録。クリスチャン・アローヨやウィリー・アダメズと言ったIFのプロスペクトが控えているため、18年は正念場となるだろう。

2.ケビン・キアマイアー:CF

CFに定着以降、3年連続でDRS+20以上を記録している球界屈指のディフェンダー。17年は98試合の出場ながらキャリアハイとなる15本塁打、OPS.788を記録した。またOPS+=114は14年に次ぐ高水準。長期契約を結んだもののチームは再建に舵を切ってしまった。

3.カルロス・ゴメス:RF

3月にFAで加入。STの成績は振るわないものの、34歳で守備の衰えが著しいデナード・スパンよりOFのスタメンに近い。17年はレンジャーズでOPS+=106、17本塁打、13盗塁を記録。近年はやや下降気味だが、OFとしてのUZRは17年の-0.6を除けば+を記録している。

4.C.J.クロン:DH

大谷翔平が二刀流として入団したため、2月にエンゼルスからトレードで加入した。4年連続二桁本塁打を記録する等パワーはあるものの、通算.262/.307/.449のスラッシュラインは1BやDHとしては物足りない。19年まで契約が続くスパンにDHの座を脅かされることだろう。

5.ウィルソン・ラモス:C

17年は6月下旬に故障から復帰したため64試合の出場に留まったものの、11本塁打を放った。積極的で四球が少なく、通算Z-Swing%=73.7、F-Strike%=64.0と積極的にヒットを狙う。通算FB%=27.2であり、フライボールヒッターやプルヒッターではない。

6.ブラッド・ミラー:1B

17年は2Bとして789.2イニングに出場してUZR=-5.7。一応P、C以外は守れる。キャリアハイとなる30本塁打、OPS+=113を記録した16年から一転、17年はOPS+=84を記録。18年は編成上の都合で、複数の守備位置を守ることになるかもしれない

7.アディニー・エチャバリア:SS

17年の6月にマーリンズからトレードで加入した。15年から3年連続でSSのUZR+を記録している。通算OPS+=76であり、打撃は秀でていない。ダフィー同様、プロスペクトの台頭は出場機会に関わる問題であり、18年も守備で貢献する必要があるだろう。

8.マレックス・スミス:LF

14年にはマイナーリーグ最多となる88盗塁を記録した24歳。メジャーでは2年連続16盗塁を記録し、対左打率=.080→.268と打撃において改善が見られた。通算DRS=12、UZR=3.0とOF守備は悪くないだけに、18年は盗塁数を更に伸ばしたい。スパンがSTで好調な成績を収めた他、DHや1Bは埋まっているため、出場機会は限られたものになるかもしれない。

9.ダニエル・ロバートソン:2B

現在23歳。17年にメジャーデビューを果たし、218打数で.206/.308/.326という成績。2Bとして319.1イニングに出場してUZR/150=4.4。STでは03/18時点でOPS.871と健闘している。スミスとは逆に、スパンがDHに入ることが増えれば、クロンやミラーの守備位置が変わってロバートソンの出場機会が奪われるかもしれない。

 

ニューヨーク・ヤンキースの中間報告 /2017 Team Interim Report

14195353002_ebdd3bd1e8_z

 

 

 

 

 

 

 

MLBが開幕してから早くも3か月が経とうとしている。シーズンも折り返しが見えてきた中での今回の企画は、FEDライター達による注目球団の中間報告だ。今回はニューヨーク・ヤンキース。昨年から若手の躍進が光るヤンキースの現状を見ていこう。

 

  • 2016年の種蒔き、2017年の収穫

2016年シーズンを84勝78敗で終了と同地区のレッドソックス、オリオールズ、ブルージェイズの高い壁に阻まれてしまったシーズンであった。しかし、シーズン途中にアロルディス・チャップマン、アンドリュー・ミラーをトレードで放出しプロスペクトの獲得に成功、8月にはホームランを量産し数多くのニューヨーカーを虜にしたゲイリー・サンチェスが登場した。また、アーロン・ジャッジ、タイラー・オースティン、そしてサンチェスの“Baby Bombers”が揃ってメジャーデビューを果たすなど来シーズン以降に大きな希望を残した年であった。

 そのような中で迎えた2017年シーズン、オフにはカージナルスからマット・ホリデーを1年1300万ドル、ブリュワーズからホームラン王を獲得したクリス・カーターを1年350万ドル、カブスからFA市場最大級の目玉であったチャップマンを5年8600万ドルで獲得した。最優先課題としていたチャップマンの呼び戻しに成功し、同オフに退団したブライアン・マキャン、マーク・テシェイラらの穴を埋めるような動きはヤンキースにとって実りのあるオフであったように思われる。

スプリングトレーニングは24勝9敗という成績でメジャー最高勝率を記録した。チーム全体として打率はリーグ11位の.273、リーグ4位の49本のホームランを放ち、高い攻撃力を見せつけた。一方投手陣はリーグ2位の防御率3.48、被打率はリーグ1位の.221とこちらも素晴らしい内容であった。中でもグレッグ・バード、田中将大の活躍は特筆すべきものであった。バードは期間中打率.451、8HR、15打点、OPS1.654と持ち前のパワーをいかんなく発揮した。田中将大は期間中23.2イニングを投げ3勝1敗、防御率0.38、WHIP0.59とマウンドを支配した。しかしながら、スターター陣の駒不足感は否めず、オースティンや正遊撃手のディディ・グレゴリウスを故障で欠くなど多少の不安要素を残しながらの開幕となった。