Tag Archives: クリス・マーティン

後半戦展望:テキサス・レンジャーズ

レンジャーズ 現地観戦記_190928_0005

 

 

 

 

 

 

 シーズン開幕前は昨シーズンの最下位から大きな補強もなく、今シーズンも苦戦が予想されていた。しかしながら、ここまでオールスター前は48勝42敗、勝率.533と健闘し、首位を独走していたアストロズに一時3.5ゲーム差に迫るなどした。現在はオールスター後の8連敗などが響きワイルドカード争いから脱落した形となり、勝率5割前後を推移している状態である。

 トレードデッドライン前の陣容は野手陣こそジョーイ・ギャロ(OF)ら若手の成長とマイナー契約や格安契約で加入したハンター・ペンス(DH)やダニー・サンタナ(2B)の活躍で高い得点力を誇っているものの、投手陣は先発のマイク・マイナー(LHP)とランス・リン(RHP)が非常に良い成績を残しているものの他の先発はリリーフから途中で転向したジェシー・チャベス(RHP)とまだまだ安定感のない若手のエイドリアン・サンプソン(RHP)とアリエル・フラード(RHP)といった状況である。ブルペンもクローザーとして期待されたホセ・レクラーク(RHP)が開幕直後絶不調でクローザーを新加入のショーン・ケリー(RHP)に譲った。現在はこのレクラークとケリーと日本球界でも活躍したクリス・マーティン(RHP)の三人は安定しているが、他はルーキーやメジャーに定着できていない若手といった状況であり、投手陣に非常に大きな課題があった。

 このような状況でトレードデッドラインを迎えたため、売り手に回るのか買い手に回るのか様々な憶測が出ていた。そして迎えたトレードデッドラインでの動きは簡単に言うと、近い将来すなわち新球場が開場する来年へ向けての補強を行ったと言える。獲得した選手は既に3Aに昇格し結果を残している若手と来季以降も契約の残る選手であった。

 

 売り手としてのトレードは一件のみだった。

TEX獲得

コルビー・アラード(LHP)

ATL獲得

クリス・マーティン(RHP)

 このトレードはプレーオフ進出を目指すブレーブスに今季終了後にFAとなるマーティンを放出し、プロスペクトのアラードを獲得したトレードデッドラインの一般的な形のトレードであった。

 マーティンは日本球界から昨季復帰し、レンジャーズで主にセットアッパーとして投げ、今季は38試合に投げ防御率3.08、12ホールド、4セーブ、K/9=10.18と一時はクローザーも任されながら非常に安定した投球を続けていた。今季のブレーブスのブルペンは若手が多くクローザーも5月からルーク・ジャクソン(RHP)が務めている状態で、ブルペン全体として安定感にやや欠ける状態であった。

 そのため、マーティンの他にもジャイアンツからマーク・メランソン(RHP)やタイガースからシェーン・グリーン(RHP)を獲得しており、マーティンはブレーブスでも7回や8回を投げると思われる。

 アラードは2015年ドラフト1巡目(全体14位)でブレーブスに指名され入団した21歳で、順調にマイナーを駆け上がりプロ4年目の昨季は3Aで19試合に先発し112.1回を投げて、防御率2.72、K/9=7.13を記録し6月31日にメジャーデビューを果たした。

 しかしながら、メジャーでは3試合(1先発)で防御率12.38と散々だったが、今季移籍後再びメジャーに昇格し8月は5試合に先発し27.0回を投げ防御率4.33、K/9=9.00、被打率.250とイニング数は5回前後であるものの内容は良くなっており、このままローテーション定着が期待される。

 

2018 Team Preview :テキサス・レンジャース

471782819_1241ec127d_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本拠地:グローブライフパークインアーリントン

 

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml01/

 

広さ
レフト 101.2m
センター 121.9m
ライト 99.1m
フェンス高さ

2.4~4.3m

パークファクター *平均100
安打 110.0
ツーベース 105.2
スリーベース 181.3
HR 104.9
得点 115.6

 

1, デライノ・デシールズ(CF)

高い走力を武器に昨シーズンも29盗塁を記録。16年は打率.209、OPS=.588と大不振に苦しんだが、昨シーズンは打率.269、OPS=.714と復活を果たした。俊足を活かしたセンター守備でも高い評価を得ており、打撃で更に成長し、1番に定着したい。

2, エルビス・アンドルス(SS)

昨シーズン長打力が大幅開花し、デビューから8年間で35本塁打しか放っていなかったが、昨シーズンだけで20本塁打を放った。打点、OPSなどでも自己ベストを更新し、キャリア最高のシーズンとなった。9年連続で20盗塁をクリアしている俊足も相変わらずで今シーズンも主軸として期待。

3, ノマー・マザーラ(RF)

メジャーデビューから2年連続で20本塁打、昨シーズンは100打点もクリアするなど成長を続けている22歳。スピードが皆無で守備の評価が低いことや左投手を大の苦手としているなど課題ははっきりしているが、まだまだ若く改善に期待したい。

4, エイドリアン・ベルトレ(3B)

4月で39歳を迎える大ベテラン。しかし衰えはまだまだ見えず、故障こそあったが昨シーズンも打率3割をクリア、OPSも.915と一流であり続けている。3000本安打も達成するなど将来の殿堂入りの可能性は非常に高い。

5, ジョーイ・ギャロ(1B)

遂にベールを脱いだパワーモンスター。三振の多さも評判通りで、昨シーズンの196三振はアーロン・ジャッジ(NYY)の208三振に次いでメジャー2位の多さ。今後も昨シーズンのような成績を残し続け、アダム・ダンのようなキャリアを送っていくだろう。

6, 秋信守(DH)

故障に苦しんだ16年から復活し、149試合に出場。22本塁打に、13年以来となる二桁盗塁を記録するなどまだまだやれることを証明した。35歳を迎えたベテランだが、選球眼の良さパンチ力などに衰えは見えず、今シーズンも一定の成績は期待できる。一方で守備は心配な点だらけで主にDHとしての起用となるだろう。

7, ルーグネット・オドーア(2B)

今シーズンでメジャー5年目を迎えるがまだ24歳と非常に若い。昨シーズンは2年連続となる30本塁打越えを果たしたが、低打率&選球眼の無さから出塁率はわずか.252と苦しみ、OPSも.649とレギュラー失格クラス。今シーズンはその粗っぽい打撃を少しでも改善させたい。

8, ロビンソン・チリーノス(C)

年々打撃成績を伸ばしている捕手。昨シーズンはわずか88試合の出場ながら17本塁打、打率.255に対し、出塁率.360と選球眼の良さも見せた。盗塁阻止率は25%と高くはないが14年には40%を記録しており、今シーズンは数字の向上に期待したい。

9, ライアン・ルア(LF)

ブレイクした16年から一転、昨シーズンは打撃成績を大きく落とし、レギュラー獲得には至らなかった。今シーズンも主にバックアップとしての起用が予想されるが少ないチャンスを活かしてレギュラー獲得に近づきたい。マイナーでは30本塁打越えを記録した事があるなどパンチ力はある。