Tag Archives: ケビン・キアマイアー

2019 ALDS Review:HOU vs TB

48987923773_655bc7c127_c

 

 

 

 

 

 

 

 ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。

 Game1

TB 2-6 HOU

勝: ジャスティン・バーランダー(1-0)

負: テイラー・グラスノー(0-1)

  アストロズの先発はジャスティン・バーランダー(RHP) 先頭バッターを四球で塁に出すも続く2番バッターを5-4-3の併殺打、3番バッターを見逃し三振と三者凡退の好スタート。4回までレイズ打線をノーヒットに抑える。5回表に5番ブランドン・ロウ(2B)に初ヒットを許すも後続3人を打ち取りこの回も無失点。結果7回まで投げて1安打8奪三振無失点の好投で試合を作った。

 レイズの先発はテイラー・グラスノー(RHP) こちらも初回は三者凡退、2回は2アウト1.2塁、3回は2アウト満塁と得点圏にランナーを置くもあと一本を許さなかった。4回は三者凡退に抑えた。5回裏ランナー1塁で2番ホセ・アルトゥーベ(2B)にレフトへの先制ツーランホームランを打たれたところで降板となった。4回1/3  (77球) 奪三振5 失点2であった。

 アストロズはこの回相手のエラーでもう2点を追加した。

 七回裏には4番手オリバー・ドレイク(RHP)から5番ヨーダン・アルバレス(OF)、6番ユリ・グリエル(1B)の連続タイムリーツーベースでさらに2点追加して6点のリードとした。

  レイズ打線の反撃は8回表この回から登板の2番手ライアン・プレスリー(RHP)から代打エリック・ソガード(2B)、1番オースティン・メドウズ(OF)の連続タイムリーツーベースで2点を返し4点差とする。

 しかし後続は打ち取られ追加点が取れず。2-6でアストロズが初戦を勝利した。

 

 Game2

TB 1-3 HOU

勝: ゲリット・コール(1-0)

負: ブレイク・スネル(0-1)

  レイズは初戦4番DH起用だったヤンディ・ディアス(3B)が1番サード、出場が無かったアビサイル・ガルシア(OF)を5番ライトに起用するなどスタメンを変更。アストロズもカイル・タッカー(OF)がライト、マーティン・マルドナード(C)がキャッチャーにスタメン変更。

  初回いきなりカルロス・コレア(SS)の好プレーで試合がスタート。

  アストロズの先発はゲリット・コール(RHP) 初回は2三振、2回には三者連続三振と5回までに10個の三振を奪うなどレイズ打線を封じ込める。好投はこの後も続き8回表、6.7番を連続三振に抑えた。しかし後続バッターに二塁打、四球を出したところで交代。8回2/315奪三振無失点の好投で試合を作った。

 レイズの先発はブレイク・スネル(LHP) 初回は三者凡退、2.3回はヒットなどでピンチを作るも後続を打ち取り無失点で抑え、前日同様投手戦となる。4回裏4番のアレックス・ブレグマン(3B)がレフトへのソロホームランで昨日同様アストロズがホームランで先制した。この後スネルは一人を打ち取ったところで交代となった。3回1/3奪三振5失点1であった。

 7回はマーティン・マルドナード(C)のタイムリー、8回にはコレアのタイムリーで追加点を取り3-0とする。

 レイズは9回表に前の回から投げているクローザーのロベルト・オスーナ(RHP)から満塁のチャンスを作り、5番アビサイル・ガルシア(OF)の内野ゴロの間に1点を返す。再び満塁としたが、代わったウィル・ハリス(RHP)を攻めきれず。3-1でアストロズが勝利し、

 ALCSへ王手とした。

 

 Game3

HOU 3-10 TB

勝: チャーリー・モートン(1-0)

負: ザック・グレインキー(0-1)

  2連敗で後がないレイズはALWCで好投したチャーリー・モートン(RHP)が先発。初回2番ホセ・アルトゥーベ(2B)にセンターへのソロホームを打たれ先制される。

  しかし後続は打ち取り失点はこの1点のみ。その後はランナーを出すもアストロズ打線に追加点を与えず。5回まで投げて1失点9奪三振の好投で流れを作った。

  アストロズはトレードで加入したザック・グレインキー(RHP)が先発。初回は三者凡退、しかし2回裏1.2塁からケビン・キアマイアー(OF)に逆転スリーランを打たれる。

 3回ジーマン・チョイ(1B)に4回にはブランドン・ロウ(2B)にホームランを打たるなど3回2/3で被本塁打3 失点6でマウンドを降りた。

 レイズはこの後2つのタイムリーでさらに3点を追加して8-1とアストロズを大きくリードする。

 アストロズも6回表にユリ・グリエル(1B)の2点タイムリーで8-3と5点差に縮まる。

 しかしアストロズはこの後追加点を奪えず、レイズはさらに2点を追加して10-3で勝利した。

 

 Game4

HOU 1-4 TB

勝: ライアン・ヤーブロ(1-0)

負: ジャスティン・バーランダー(1-1)

  レイズはオープナーでディエゴ・カスティーヨ(RHP)が先発。1番スプリンガーにヒットを打たれるも後続を三者三振に抑える。2回2アウトを取ったところで交代。1回2/3無失点の好投でマウンドを降りた。

アストロズは中3日で1戦目に投げたジャスティン・バーランダー(RHP)が先発した。初回トミー・ファム(OF)にレフトへの先制ソロホームを打たれる。これまでアストロズに先制されていたが、Game4でついにレイズが先制点を取った。さらにトラビス・ダーノウ(C)とジョーイ・ウェンデル(2B)のタイムリーで2点を追加し3-0とする。

 4回表ランナー1塁でヨーダン・アルバレス(OF)がフェンス直撃の打球を放ちその間に1塁ランナーがホームを狙うもケビン・キアマイアー(OF)→ウィリー・アダメス(SS)の中継プレーでホームタッチアウト。この回アストロズは無得点に終わる。

 レイズ2番手ライアン・ヤーブロー(LHP)と3番手ニック・アンダーソン(RHP)が6回までアストロズ打線を無失点に抑えます。アストロズもホセ・ウルキディ(RHP)などのリリーフ陣の好投でこちらも無失点。

 8回表アストロズは前の回から投げている4番手コリン・ポシェ(RHP)からロビンソン・チリーノス(C)が右中間へのソロホームランを放ち3点差につめ寄る。

 9回表には5番手エミリオ・パガン(RHP)から1アウト1.3塁のチャンスを作る。ここでキャッシュ監督が投手交代を告げた。パガンに代わって2戦目に先発したブレイク・スネル(LHP)が登板。後続2人を抑え4-1で逃げ切り2勝2敗のタイでついに最終戦へ。

 

 Game5

TB 1-6 HOU

勝: ゲリット・コール(2-0)

負: テイラー・グラスノー(0-2)

  アストロズは2戦目に好投したゲリット・コール(RHP)が先発した。

 2回表エリック・ソガード(2B)にライトへのソロホームを打たれ今シリーズ初失点。その後はランナーを出しても得点を許さなかった。そして三者凡退を5回とレイズ打線を封じ込める。8回まで投げ10奪三振1失点。2試合で15回2/3で25奪三振1失点と圧倒的な成績を残した。

 レイズは1戦目に投げたタイラー・グラスノー(RHP)が先発した。

 初回ノーアウト1.3塁のピンチを作り、3番ホセ・アルトゥーベ(2B)が先制タイムリーを打たれる。続く4番アレックス・ブレグマン(3B)の2点タイムリー、6番ユリ・グリエル(1B)のタイムリーで初回から4失点。

 アストロズはグラスノーのセットポジション時に球種によってグローブの位置が違う癖を見抜いていました。グラスノーは2回2/3を投げて5被安打4失点でマウンドを降りました。

 アストロズは8回裏にマイケル・ブラントリー(OF)とホセ・アルトゥーベの2者連続ホームランで更に2点を追加し6-1とリードを広げる。

 9回表はクローザーのロベルト・オスーナ(RHP)が登板。三者凡退に抑えアストロズが6-1で勝利し3年連続のALCS出場を決めた。

 

 考察

 レイズは5試合中4試合でアストロズにいずれもホームランで先制点を取られ追う展開に。さらに点差を縮めても追加点を取られてしまう苦しい展開。敵地2連敗からホームでトミー・ファムやケビン・キアマイアーなど野手陣がグレインキー、バーランダーを攻略して2連勝でタイに持ち込んだ。しかし2.5戦目先発のコールからチャンスを作れず。ALCSへの出場は叶わなかった。それでもアストロズの強力な投手陣と野手陣を相手に最後の5戦目まで勝負を持ち越し、アストロズを苦しめる戦いを見せた。

 アストロズは1番のスプリンガーが3戦目までノーヒット。2番のブラントリーは不調で一方で、アルトゥーベとブレグマンの先制ホームラン。アルバレスとグリエルなどの他のバッターが好調でカバーができた。投手はゲリット・コールが圧巻のピッチングで試合を作り上げた。ウィル・ハリス、ホセ・ウルキディなどのリリーフ陣の好投も光った。一方でスプリンガー、ブラントリーの復調やバーランダー、コール、グレインキーの負担軽減にもう1人先発が必要などALCS、WSまで向けて解決するべき課題も残っている。

 

Written by Yu Okura

Photo link https://flic.kr/p/2hCTV2p

2018 Team Preview:タンパベイ・レイズ

tb

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

  • 本拠地:トロピカーナ・フィールド

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml02/

 

広さ
レフト 96.0m
センター 123.1m
ライト 98.1m
フェンス高さ 2.9~3.4m
パークファクター平均*100
安打 93.7
ツーベース 83.7
スリーベース 113.0
HR 88.8
得点 90.2

 

  • 予想オーダー

1.マット・ダフィー:3B

17年は故障で全休。STでは03/18時点でOPS.491と苦戦を強いられている。15年にジャイアンツでOPS.762/12本塁打/12盗塁を記録。クリスチャン・アローヨやウィリー・アダメズと言ったIFのプロスペクトが控えているため、18年は正念場となるだろう。

2.ケビン・キアマイアー:CF

CFに定着以降、3年連続でDRS+20以上を記録している球界屈指のディフェンダー。17年は98試合の出場ながらキャリアハイとなる15本塁打、OPS.788を記録した。またOPS+=114は14年に次ぐ高水準。長期契約を結んだもののチームは再建に舵を切ってしまった。

3.カルロス・ゴメス:RF

3月にFAで加入。STの成績は振るわないものの、34歳で守備の衰えが著しいデナード・スパンよりOFのスタメンに近い。17年はレンジャーズでOPS+=106、17本塁打、13盗塁を記録。近年はやや下降気味だが、OFとしてのUZRは17年の-0.6を除けば+を記録している。

4.C.J.クロン:DH

大谷翔平が二刀流として入団したため、2月にエンゼルスからトレードで加入した。4年連続二桁本塁打を記録する等パワーはあるものの、通算.262/.307/.449のスラッシュラインは1BやDHとしては物足りない。19年まで契約が続くスパンにDHの座を脅かされることだろう。

5.ウィルソン・ラモス:C

17年は6月下旬に故障から復帰したため64試合の出場に留まったものの、11本塁打を放った。積極的で四球が少なく、通算Z-Swing%=73.7、F-Strike%=64.0と積極的にヒットを狙う。通算FB%=27.2であり、フライボールヒッターやプルヒッターではない。

6.ブラッド・ミラー:1B

17年は2Bとして789.2イニングに出場してUZR=-5.7。一応P、C以外は守れる。キャリアハイとなる30本塁打、OPS+=113を記録した16年から一転、17年はOPS+=84を記録。18年は編成上の都合で、複数の守備位置を守ることになるかもしれない

7.アディニー・エチャバリア:SS

17年の6月にマーリンズからトレードで加入した。15年から3年連続でSSのUZR+を記録している。通算OPS+=76であり、打撃は秀でていない。ダフィー同様、プロスペクトの台頭は出場機会に関わる問題であり、18年も守備で貢献する必要があるだろう。

8.マレックス・スミス:LF

14年にはマイナーリーグ最多となる88盗塁を記録した24歳。メジャーでは2年連続16盗塁を記録し、対左打率=.080→.268と打撃において改善が見られた。通算DRS=12、UZR=3.0とOF守備は悪くないだけに、18年は盗塁数を更に伸ばしたい。スパンがSTで好調な成績を収めた他、DHや1Bは埋まっているため、出場機会は限られたものになるかもしれない。

9.ダニエル・ロバートソン:2B

現在23歳。17年にメジャーデビューを果たし、218打数で.206/.308/.326という成績。2Bとして319.1イニングに出場してUZR/150=4.4。STでは03/18時点でOPS.871と健闘している。スミスとは逆に、スパンがDHに入ることが増えれば、クロンやミラーの守備位置が変わってロバートソンの出場機会が奪われるかもしれない。

 

2017 Team Preview:タンパベイ・レイズ

15068961035_b50cb2c9c6_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

 

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

 本拠地:トロピカーナ・フィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml02/

  

広さ
レフト 96.0m
センター 123.1m
ライト 98.1m
フェンス高さ 2.9~3.4m
パークファクター平均*100
安打 90.1
ツーベース 86.1
スリーベース 95.2
HR 87.7

得点

88.9

 

 ・予想オーダー

1.コーリー・ディッカーソン:DH

自己最多タイの24HRを放ったが、打率.245や出塁率.293は自己最低でやや確実性に欠けた。24HR中22HRが右投手から放ったもので、対右投手OPS.807に比べ、左投手に対してはOPS.589と左投手が苦手。

2.ケビン・キアマイアー:CF

球界が誇る外野守備の名手。15年に残したDRS+42、UZR+30.0という圧倒的な数字からわかるように強肩で守備範囲も広い。16年は105試合の出場にとどまったがDRS+25、UZR+12.3と相変わらずの鉄壁っぷりだった。OPS.741&12HRだった打撃を向上させたい。

3.エバン・ロンゴリア:3B

06年のドラフト以来TB一筋、オールスター3度のスター選手で、名実ともにチームの顔。昨季はOPS.840に自己最多の36HRと長打力を発揮した。36HRのうち34HRが右投手から放ったもので偏りが大きかった。今季もチームを引っ張る活躍を。

4.ブラッド・ミラー:2B

SEAでイマイチ活躍できなかったSSが、TBに移籍した昨季、突如パワーが開花し30HRを放つ1Bへと生まれ変わった。13年から15年までの3年間で合計29HRだったのが、1年でそれを越える30本塁打を放つことになった。昨季はSSから1Bに転向したが、今季は2Bに挑戦。バットは素手で握る。

5.スティーブン・スーザJr:RF

パワーが魅力の27歳。14年にはWSHの傘下3AでMVPを獲得し期待された。15年にTBに来てからはパワーこそ発揮しているものの、期待が高かっただけに物足りなさも感じる。課題は三振の多さで、昨季は120試合出場で159三振。怪我なくプレーし、最低でも20HRは越えたいところ。

6.ローガン・モリソン:2B

オフにFAになるも結局1年250万ドルで再契約。毎年.250を超えない程度の打率と2桁本塁打といった具合の成績で、もう一段階上の成績を残したいところ。12年まではLFをメインとしていたが、13年からは1Bがメイン。1Bとしてはやはり打撃力が物足りない。

7.ティム・ベッカム:SS

08年の全体1位指名選手。主に二遊間を守り昨季は64試合に出場。27歳となり、そろそろ結果を残しレギュラーを奪いたいところ。同じSSのライバル、マット・ダフィーが故障で出遅れアピールのチャンスではあるが、同じくSSの23歳若手有望株ダニエル・ロバートソンも開幕ロスター入りする模様で、うかうかしていられない。

8.デレク・ノリス:C

正捕手候補として獲得したウィルソン・ラモスが故障し開幕に間に合わないため3月に急遽獲得。SDの正捕手だったが、昨季は打率.186と大不振。打撃の復活と守備面での貢献に期待がかかる。

9.マレックス・スミス:LF

スピードが売りの期待の23歳。昨季はATLで72試合に出場し16盗塁をマーク。1月にATLからSEAを経てTBへとトレードされてきた。14年には1Aと1A+で合わせて88盗塁を記録した。打撃、特に昨季50打数4安打、打率.080に終わった左投手への打撃の改善が急務。

 

2016 Team Preview:タンパベイ・レイズ

2892403295_609c346830_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:トロピカーナ・フィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml02/

 

広さ
レフト 96M
センター 123.1M
ライト 98.1M
フェンス高さ 2.9~3.4M
パークファクター*平均100
安打 93.9
ツーベース 83.2
スリーベース 70.4
HR 96.2
得点

94.0

 

  • 予想オーダー

1.コリー・ディッカーソン:LF
 今オフにトレードでCOLからレイズに加入した。昨シーズンは何度も故障に見舞われ65試合に出場に留まった。しかし、それでも打率.300、2桁本塁打をクリアしており、自慢の打撃は健在。ただ、ロッキーズ打者の例に漏れず打者有利なクアーズ・フィールドの恩恵を受けていたため、ホームでのOPS1.085に対しアウェイではOPS.695。打撃成績がどれほど落ちるか心配だが、本人は新天地でのプレーを楽しみにしている様子。

2.スティーブン・スーザ:RF
チームの得点力アップの鍵を握るスラッガー。 WSHから移籍して1年目だった昨シーズンは新人王の有力候補だったが、度重なるケガで110試合の出場に留まり、16本塁打を放つものの打率.225と確実性に欠けた。かねてから指摘されていた三振の多さを改善する必要があるだろう。身体能力は高いため健康に過ごせば20-20も可能な逸材。

3.エバン・ロンゴリア:3B
 チーム生え抜きのスター選手だが、数年前に比べるとバットが湿りがちになっている。昨シーズンは健康に過ごし160試合に出場。21本塁打をマークしたがOPS.764は主軸の打者としては物足りない。徐々に恐れられなくなっているのか四球も少なくなり、かつては10%台だったBB%が7.6%にまで落ちた。打撃成績がイマイチだったのは、昨シーズンこれまでチームを支えていたジョー・マッドン監督や、ベン・ゾブリストなどのベテラン選手が抜けたことで1人でリーダーシップを取らなければならないというプレッシャーがあったから。今シーズンは多少軽減されるはずなので2009年のような打撃が見れるかもしれない。

4.ローガン・モリソン:DH
 昨オフに続き今オフもトレードされ移籍してきた。昨シーズンは打者不利なセーフコ・フィールドを本拠地にしながら17本塁打をマークし、平均以上の長打力を持っていることを証明したが、打率.225となかなかヒットが出ずOPS.685、fwarはマイナスの数字となった。守備はどこを守っても平均を大きく下回るレベルなのでなんとか打撃でチームに貢献したい。小さいころから父親にメジャーリーガーになると伝えており、それを実現させた。

5.ローガン・フォーサイス:2B
昨シーズン打撃面でブレイクしたユーティリティプレイヤー。昨シーズンにマークした17本塁打はそれまでのキャリア通算本塁打数よりも多い数字。その他の打撃成績も上々でBWAAの記者によって選出されるチーム内のMVPにも選ばれた。本職は2Bだがその他内野3ポジションとLF/RFも平均程度になら守ることができる。オフには2年契約を結んだ。

6.ジェームズ・ローニー:1B
チームのお荷物になりつつあるベテラン。打率は毎シーズン平均以上の数字を残すがそれ以外の成績は年々悪化。本塁打数も減少し、怖がられなくなったことで四球もそれと共に減少。かつては名手だった1B守備も年々衰え2年連続でDRS、UZR共にマイナスとなった。チームはなんとかトレードでの放出をもくろんでいるが、実現には至っていない。今シーズン限りで契約が切れるのでそれを待つしかなさそうである。

7.ケビン・キアマイアー:CF
驚異的な守備範囲を誇る、現在メジャーで最も守備が上手い外野手。前後左右どの打球にも諦めず食らいつき、マークしたDRSは+42。この数字はメジャートップで、2位のエンダー・インシアーテが+29だった。もちろんゴールドグラブを受賞。打撃では2桁の本塁打と三塁打をマーク。足も速いのでリードオフに据えたいが、早打ちで出塁率が低いため下位でランナーを返す方が効率的。昨シーズンの最も素晴らしかったホームランスチールの場面を絵画にしたものを、チームメイトからプレゼントされた。

8.ブラッド・ミラー:SS
 なかなかメジャーで才能を発揮できない身体能力の高い選手。トレードで今オフにTBに移籍した。SSとしては平均以上の打力を持っており2年連続で2桁本塁打をマークしている。SS守備は平均以下。そのため、昨シーズンは同じポジションに守備の上手いプロスペクトが昇格したことでOFに回ったが、SSよりも遥かに下手でコンバートは大失敗に終わった。幸いTBのOFは埋まっているためOF守備につく可能性は低い。素手でバットを持つ。

9.ハンク・コンガー:C
 今オフにHOUから移籍してきた。打撃では低打率ながらも平均以上のパワーを持ち、昨シーズンはキャリアハイとなる11本塁打をマークした。守備ではフレーミングに優れ、投手を助けるが、盗塁を滅多に刺せず、盗塁阻止率は2.3%と壊滅的だった。今シーズンはレネ・リベラやカート・カサリらとレギュラーの座をかけて争う。ホームランを打ったチームメイトを「ゾンビロボットダンス」で出迎える。