Tag Archives: コディ・アレン

2018 ALDS Review : HOU vs CLE

5223825_12292230c4_z

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はプレーオフレビューとして、アメリカンリーグの地区シリーズインディアンスvsアストロズを分析する。

 

2年前のアンドリュー・ミラーの柔軟な起用法を提案したインディアンスと昨年絶対的なクローザー抜きでワールドシリーズを制覇したアストロズの対決となった。両者共にリリーフ投手の起用法で、新しい指針を示したチームであり今回はどんな戦略が飛び出すかに注目していた。

 

結論から見ると、昨年本来は先発投手のチャーリー・モートンが優勝の瞬間マウンドに立っていたアストロズは1年前に比べて新顔を増やして先発投手が長イニングを投げて強力なリリーフ陣がそれを支えるクラシックな投手起用を見せた。一方でインディアンスは2年前の闘いぶりを大きく変えることなく臨んだという感じだった。ただし2年前ほどの力がミラーやコディ・アレンに無かったのが大きな違いとなってしまった印象を受ける。

 

初戦はジャスティン・バーランダーとコリー・クルーバーのサイ・ヤング賞受賞経験者同士の対戦となった。3回まではスコアが動かなかったが、アストロズ打線が2巡目に入った4回にアストロズがアレックス・ブレグマンのHRで先制に成功する。5回にも2点を追加したアストロズはクルーバーを5回途中でノックアウトした。バーランダーも6回を投げきれなかったが、7三振を奪いエースの貫禄を見せつけた。

 

この試合で1番印象的だったのは、両チームの先発投手の速球の平均球速だった。バーランダーがシーズン平均95.0マイルだった速球を96.2マイルまで上げてきた一方で、クルーバーのシンカーはシーズン平均が91.9マイルだったのに91.6マイルに低下していた。8月末まで平均92マイルを超えていたクルーバーのシンカーは9月に入ってから明確に遅くなっており疲れは明らかだった。

 

第2戦はインディアンスがフランシスコ・リンドーアのHRで先制。しかしアストロズが先発ゲリット・コールの12三振を奪う力投で流れを手繰り寄せ、6回にマーウィン・ゴンザレスのツーベースで逆転に成功。7回にはブレグマンの2試合連続HRで追加点を挙げたアストロズが連勝を飾った。シーズン中は凡庸な成績に終わったゴンザレスは、昨年9月25日以来の1試合4安打を記録した。インディアンスの切り札ミラーは先発カルロス・カラスコの後を受け継いだが、1アウトも取れなかった。

 

コールが見せた、プレーオフで四球を与えずに、12三振以上を奪ったのは実に45年前のメッツのトム・シーバー以来となる歴史的な好投だった。

 

第3戦はクリーブランドに舞台を移して行われた。先発投手はインディアンスがマイク・クレビンジャーで、アストロズがダラス・カイケル。5回裏にリンドーアのHRが飛び出した時はインディアンスに流れが傾いたが、試合は7回にインディアンスのエラーも重なりアストロズが3点を奪い態勢を決めた。

8回には後半戦のOPSが.517と絶不調に陥っていたカルロス・コレアにもHRが飛び出して、アストロズは文句無しの状態でALCSに駒を進めた。

 

アストロズのジョージ・スプリンガーは、2HRを放ち昨年のWSから合計10試合で8HRとPOではHRを量産している。

またアストロズにとってはチーム史上初のプレーオフでのシリーズスウィープ達成となった。

 

Weekly Report :Week4,5

4495170728_889bc4cbb1_z

 

 

 

 

 

 

 

4つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-4,5のキーワードは「ショーン・マネイア」「プエルトリコ」「ダイアオンド・バックス」「ロナルド・アクーニャ」だ。

 

 ・ショーン・マネイア

現地時間4月21日にOAKの左腕ショーン・マナエアがBOS戦で今季MLB初となるノーヒットノーランを達成した。ノーヒットノーランは昨年のMIAエディンソン・ボルケス以来、ア・リーグに限定すると2015年の当時HOUに在籍していたマイク・ファイヤーズ以来となる偉業であった。

 

試合は初回、先頭のムーキー・ベッツを歩かせるも2者連続三振を含め3人で抑えると5回2死まで1人のランナーも許さない快投を披露する。5回2死からエラーと暴投でこの試合初めて得点圏にランナーを進めるもジャッキー・ブラッドリーJr.をチェンジアップで三振に切って取り危なげなく抑える。打線もメジャーを代表する左腕クリス・セールから2本のタイムリーツーベースと5回にエラーをしたマーカス・セミエンのソロホームランで小刻みに援護をする。9回には2死からこの日2つ目のフォアボールを与えるもハンリー・ラミレスをショートゴロに打ち取り自身初の完投、完封をノーヒットノーランのおまけつきでやってのけた。

 

この日、マナエアが対峙したBOS打線は打率メジャー全体1位、得点は同2位、OPSも同3位であり、規定打席到達者7人のうち6人がOPS.750超え(.800以上は4人)というBOSの開幕ダッシュ(この試合開始前時点で17勝2敗)の大きな要因の1つであるメジャー屈指の強力打線だった。

 

マナエアはメジャー3年目で昨年はキャリアハイの158.2イニング、12勝を挙げたがWHIP1.40やERA4.37、QS%=48.3%が示すように安定感に欠けていたが、今季は5試合で3勝2敗ながらERA1.23、QS%=80.0%と運に恵まれている側面はあるもののブレイクアウトする気配を漂わせており、開幕してからこれまでのピッチングが決してフロックではないということを今後のピッチングで見せてくれることを期待したい。

2017 ALDS Review:NYY vs CLE

1490190367_f5c5cb6e96_z

 

 

 

 

 

 

ALDS:NYY 3-2 CLE

 

 

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 NYY 0 @ CLE 4

勝:トレバー・バウアー (1-0) 負:ソニー・グレイ (0-1)

S:コーディ・アレン (1)

 

Game2 NYY 8 @ CLE 9 Final/13

勝:ジョシュ・トムリン (1-0) 負:デリン・ベタンセス (0-1)

 

Game3 CLE 0 @ NYY 1

勝:田中将大 (1-0) 負:アンドリュー・ミラー (0-1)

S:アロルディス・チャップマン (1)

 

Game4 CLE 3 @ NYY 7

勝:ルイス・セベリーノ (1-0) 負:トレバー・バウアー (1-1)

S:トミー・ケインリー (1)

 

Game5 NYY 5 @ CLE 2

勝:デービッド・ロバートソン (1-0) 負:コーリー・クルーバー (0-1)

S:アロルディス・チャップマン (2)

 

レギュラーシーズンでア・リーグトップの102勝をあげ、圧倒的な強さを見せつけて2年連続でア・リーグ中部地区を制覇したクリーブランド・インディアンズとアーロン・ジャッジ、ディディ・グレゴリウスら若い戦力が台頭し、ワイルドカードでALDSに進出してきたニューヨーク・ヤンキースとの対戦になった。鉄壁の投手陣、タレント豊富な打撃陣を擁し、シーズン中には22連勝を記録するなど歴史的なシーズンを送ったインディアンズが圧倒的に有利と見られていたが、ヤンキースが0勝2敗と王手をかけられた場面から怒涛の3連勝を見せ、ALCSに進出するという大波乱の展開となった。インディアンズにとっては、エースのクルーバーが2戦連続で打ち込まれたこと、ホセ・ラミレス、フランシスコ・リンドアらを中心に上位打線が全く機能しなかったことが大誤算だった。

 

このシリーズの注目点とシリーズで活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点1 ヤンキースの粘り強さ

第1戦はインディアンズ投手陣がヤンキース打線を完璧に封じ込め、第2戦はインディアンズが壮絶な逆転劇を演じ、勝利を収めた。流れは完全にインディアンズにあり、シリーズはほぼ決着したかに思われた。しかし、第3戦の田中、第4戦のセベリーノが素晴らしいピッチングを披露、第5戦にはクルーバーから2本のホームランを放ったグレゴリウス、ブレット・ガードナーの決死のタイムリーなど日替わりヒーロー達の活躍で歴史的なカムバックを果たした。ジャッジやゲイリー・サンチェスら主軸が完璧に抑えられていた中、ブルペン陣を筆頭に様々な選手が活躍できたのは非常に大きい。

 

2017 Team Preview:クリーブランド・インディアンズ

18572877923_c1d216f571_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:プログレッシブ・フィールド
 
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml21/ 

 

広さ
レフト 99.1M
センター 121.9M
ライト 99.1M
フェンス高さ 2.4~5.8M
パークファクター平均*100
安打 111.5
ツーベース 129.9
スリーベース 50.7
HR 116.8

得点

120.7

 

予想オーダー
1.カルロス・サンタナ:1B
昨シーズン記録した 34 本塁打 87 打点はキャリアハイ。その高い出塁能力から足はないが、 1 番に入る機会が増えた。守備では今シーズンはマイク・ナポリ(現レンジャース)の移籍、エンカーナシオン加入に伴い、昨年までの DH から1B へ。オフに開かれたWBC にはドミニカ代表として出場。
 
2.フランシスコ・リンドーア:SS
昨シーズンは 2 年目ながら不動の 3 番として 2 年連続の 3 割越え、得意の守備ではDRS+17 を記録しゴールドグラブ受賞と攻守でチームを支え、チームのワールドシリーズ進出に貢献した。オフの WBC でも母国プエルトリコの 2 大会連続の準優勝に貢献した。
 
3.マイケル・ブラントリー:LF
昨年は右肩の故障でシーズンのほとんどを DL で過ごしたが、今シーズンは開幕戦からの出場が見込まれている。15 年までは2年連続の 3 割、14 年には 200 本安打を放ち、シルバースラッガー賞を受賞しており、彼の復帰はインディアンズにとって非常に大きいだろう。
 
4.エドウィン・エンカーナシオン:DH
今オフ FA の目玉として加入した右の大砲。過去 5 年で 193 本の本塁打を放っており、これはクリス・デービス(現オリオールズ)に次いでメジャー全体で 2 位。昨年は初の打点王にも輝いた。彼の加入により昨年 4 番を努めたナポリの離脱も心配いらないだろう。
 
5.ホセ・ラミレス:2B
昨シーズン突然頭角を現した 24 歳。昨年記録した打率.312 はチームトップで 46 二塁打はメジャー全体でも 3 位だった。小柄な体格ではあるが昨年 8 月以降で 6 本塁打を放っており今シーズンは更なる増加も期待できる。本来は 3B を守っているがジェイソン・キプニスの怪我の影響により開幕は 2B での出場が濃厚。
 
6.ブランドン・ガイヤー:RF
昨シーズン途中にトレードによりレイズから加入した。昨シーズン左投手に対し打率.336、昨年放った 9 本の本塁打の内、6 本を左投手から記録し、対右のロニー・チゼンホールと共にプラトーンとして起用された。今シーズンはチゼンホールの開幕離脱が決定的でありスタメン奪取に向けアピールしたいところ。
 
7.タイラー・ネイクイン:CF
新人王投票で 3 位に入ったインディアンズ期待の若手の 1 人。昨年は規定打席には到達しなかったが、チームトップの OPS.886 を記録し下位から打線を支えた。昨年の 14本塁打はすべて右投手からであり対左は苦手か。センターの守備はミスが目立つことがあり不安が残る。
 
8.ロベルト・ペレス:C
ヤン・ゴームズの故障により出場機会を得ると、盗塁阻止率 50%、ポストシーズンでは 3 本塁打を放つなど一気にブレークした。WBC にはプエルトリコ代表として出場したがヤディアー・モリーナ(現カージナルス)がいたためほとんど出場機会はなかった。
 
9.ヤンディ・ディアス:3B
キプニスの怪我に伴い開幕スタメンが予想されるキューバ出身の 25 歳。昨シーズンAA、AAA 級合計で 121 試合に出場し打率.318 を記録した。また選球眼に優れ、BB%13.5%を記録した。キプニスが復帰するとラミレスが3B に戻ることが予想されるがそれまでにどれだけアピールできるかが鍵となりそうだ。
 

World Series Review:Game-5

29872632973_e1e8520017_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可

Game5: CLE 2-3 CHC

 勝:ジョン・レスター(1-0) 負:トレバー・バウアー(0-2) SV:アロルディス・チャップマン(1) 

地シカゴでインディアンズが王手をかけ、31敗で迎えた第5戦。ヤギの呪いを解き放ち1945年以来71年ぶりにワールドシリーズ進出を果たしたカブスだが、本拠地リグレーフィールドで1勝もできないままインディアンズの世界一を許してしまうのだろうか。この非常に楽しみな一戦にインディアンズは第2戦において3.2回で降板してしまうなどポストシーズン3先発で未だに5回を投げ切れていないバウアーを、カブスは第1戦で負け投手になっているレスターを先発に立てた。

レスターが初回から3者連続三振を奪うと、バウアーも負けじと2三振を奪うなどこちらも上々の立ち上がりを見せる。しかし、レスターは2回にホセ・ラミレスにレフトへホームランを打たれ先制を許してしまう。

 

それでも、今日のカブスは随所に好守備を見せ相手に流れを渡さない。先制を許した2回にもアンソニー・リゾーがデビッド・ロスのファウルフライの落球をカバー、クリス・ブライアントのファインプレーをお膳立てするなどレスターを十分に盛り立てた。続く3回もシカゴに吹き荒れる風によりボールが流されるも、ジェイソン・ヘイワードがフェンス際のフライをジャンピングキャッチするファインプレーを見せる。

 

レスターもバウアーも3回をヒット1本に抑え、投手戦の様相を呈してきたと思われた4回。試合の流れを変えたのは不振に喘ぐシカゴの若きスターだった。ここまで打率1割を切る2番ブライアントが左中間に特大の一発を放ち同点に追いつくと、3番リゾーも初球を叩きライトフェンス直撃のツーベースを放ちチャンスメイクをする。こうなるとカブスに傾いた流れは止まらない。

4番ベン・ゾブリストが3ボールからの4球目をライト前ヒットにすると5番アディソン・ラッセルの内野安打で勝ち越し。さらにこちらも不振の7番ハビアー・バイエズがインディアンズの機動力野球のお株を奪うようなセーフティーバントを決めて満塁とすると続くロスが犠牲フライを放ち、この回3得点を挙げる。