Tag Archives: ザック・デューク

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

34847823941_082eed814e_z

 

 

 

 

 

 

 

 AL中地区の前半戦は予想を裏切るものであった。クリーブランド・インディアンスが勝率.500を下回り、ミネソタ・ツインズが地区首位に立つこともあった。しかし、気付けばツインズとのゲーム差は11.0に広がっている。
 さて、ツインズのトレードは計6件行われた。したがって、今回は時系列順に振り返りたい。

 7月19日にタンパベイ・レイズから、金銭を見返りにジェレミー・ヘイゼルベイカー(OF)を獲得。現在30歳であり18年はメジャーでプレーしていない。また、ツインズのOFは層が薄いというわけではないため、戦力アップ(PO進出は絶望的であるが)や再建のためのトレードとして評価することは出来ない。

 7月27日にヒューストン・アストロズから、ライアン・プレスリー(RHP)を見返りに2人のプロスペクトを獲得。3年連続55登板を達成した優秀なリリーバーだが、年俸高騰のリスクは小さいとは言え2020年にはFAとなる予定だった。

1. ホルヘ・アルカラ(RHP)
  MLB公式チーム内10位のプロスペクト。コントロールは改善の余地があるが、三振を奪う投球が魅力的な23歳。
2. ギルバート・セレスティーノ(CF)
  MLB公式チーム内15位のプロスペクト。国際大会の経験が豊富であり、守備の評価が特に高い19歳。
 プレスリーを無理に放出する必要はなかったと言えるが、15位以内のプロスペクトを2人獲得出来たのは上出来だろう。

 同日、アリゾナ・ダイヤモンドバックスにエデュアルド・エスコバー(SS/3B)を放出し、見返りに3人の選手を獲得。今季、2年連続となる20本塁打の達成が見込まれるもののオフにはFAとなる予定であった。

1. ガブリエル・マシエル(CF)
  MLB公式チーム内11位のプロスペクト。パワーレスながらスピードとコンタクトスキルは高い。現在19歳であり、Aでプレー。
2. ホアン・デュラン(RHP)
  MLB公式チーム内19位のプロスペクト。速球は94-96マイルながら今の所成績は今一つ。
3. アーニー・デラトリニダード(OF)
  17年に19巡目でダイヤモンドバックスに入団。コンタクト・パワー・アプローチが良く、今季はAでOPS.845。現在22歳。
 SSはロイス・ルイス(MIN1位)を筆頭にプロスペクトがひしめいている為、OFを重点的に補強する方針であることが窺い知れる。先の通りOFの層は薄くないものの、後でトレード要員にすることも出来るため多くて困ることはないだろう。

2016 Team Preview: シカゴ・ホワイトソックス

5674645920_2e0053e755_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:USセルラーフィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml22/

 

広さ
レフト 100.6M
センター 121.9M
ライト 102.1M
フェンス高さ 2.4M
パークファクター平均*100
安打 95.3
ツーベース 87.3
スリーベース 83.3
HR 111.3
得点 90.4
  • 予想オーダー

1.アダム・イートン:CF
パワーをつけた俊足のリードオフマン。デビューした12年から2本→3本→1本だった本塁打が昨シーズン14本と激増。OBP.361と1番打者として優秀だったが、18盗塁だった盗塁数を増やせると更に上のリードオフマンとなるだろう。一方で守備は14年のDRS+11から-14と大幅に悪化、UZRも-10.2と停滞気味。

2.ブレット・ロウリー:2B
OAKからトレードで加入。08年ドラフト全体16位でMILに入団も伸び悩みが続くカナダ出身の26歳。昨シーズンはDLには入らずにシーズンを過ごせたが、28四球/144三振と壊滅敵なアプローチは直らず。16本塁打は自己最多も、OPSは.706と精彩を欠いた。守備でも2B/3Bの2ポジションで合計24失策。攻守でさらなる活躍が求められる。両腕の刺青が特徴的。

3.ホセ・アブレウ:1B
アルバート・プホルス(LAA)以来となるデビューから2年連続30HR&100RBIを達成したキューバの大砲。OPSは昨シーズンの.964→.850とダウン、打撃成績は全体的に前年を下回ったが、他の補強選手が軒並み不調でチームも下位に沈んだ中で、1人期待通りの働きを見せたと言って良いだろう。守備ではDRSが-10から+1へと向上を見せた。

4.トッド・フレイジャー:3B
LADを絡めた三角トレードでCINから移籍してきた長距離砲。昨シーズンはCINで開催されたオールスターのホームランダービーで優勝するほどのパワーの持ち主で、独特なフォームから打球をスタンドへ飛ばす。昨シーズンはOPS.806&自己最多の35HRに加えて13盗塁、DRS+6と走攻守すべてでチームに貢献した。不安は後半戦に調子を落としたことで、オールスター後の72試合で.220/.274/.390&10HRと不調だった。

5.メルキー・カブレラ:DH
ドミニカ出身、両打ちの中距離打者。12年には打率.346を記録したが、その年はPED使用が発覚した。移籍初年度の昨シーズンは.273/.314/.394&12HR、強肩ではあるがUZR-7.4と守備にも不安を残し、3年42Mの契約に見合う活躍だったとは言い難い。

6.アビサイル・ガルシア:RF
高い身体能力を誇る強肩強打の24歳。DET時代には出身が同じで体型が似ていることから「ミニ・ミギー(ミゲル・カブレラの愛称)」と呼ばれていた。身体能力は高いがプレーが粗く、OPS.675&13HR、36四球/141三振。守備も強肩を生かして17補殺を記録したもののDRS-11、UZR-6.2。攻守に安定感が欲しい。

7.タイラー・サラディーノ:SS
昨シーズン、メジャーデビューしたスピードと守備がウリの26歳。OPS.602&4HRと打撃では印象を残せなかったものの、守備では本職ではない3Bを守ってDRS+12と華麗な守備を披露。今季は本職のSSでLADから移籍のベテラン、ジミー・ロリンズとポジションを争う。

8.アレックス・アビラ:C
DETの元正捕手だったが怪我と不振、若手の台頭もあり実の父であるGMから再契約を見送られCWSに移籍。昨シーズンは67試合の出場にとどまり、AVG.191&4HRと自己最低の成績だった。まだ29歳と復活の可能性はある。左投手がさっぱり打てない。

9.オースティン・ジャクソン:LF
昨シーズンSEA/CHCの2球団でプレーした外野手。.267/.311/.385&9HR&17盗塁と平凡な成績で、OPSは2年連続の6割台。守備では、DRSは14年、15年どちらも-1だったが、UZRは-8.6から+7.2へと大幅に向上した。