Tag Archives: ショーン・ドゥーリトル

2019 NLDS Review : WSH VS LAD

33746773632_465af7c30a_c

 

 

 

 

 

 

ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。

 

Game 1 WSH 0- 6 LAD

 先発はドジャースがウォーカー・ビューラー(RHP)、ナショナルズはパトリック・コービン(LHP)。

1回裏 ナショナルズ先発コービンは制球に苦しみ4つの四球を与え、ドジャースに先制を許す。

4回表 今度はドジャース先発ビューラーが3つの四球を出して満塁になるがアズドルバル・カブレラ(IF)を打ち取りピンチを乗り切る。

5回裏 簡単に2アウトとなったドジャースだがコディ・ベリンジャー(OF)の四球、クリス・テイラー(IF)の内野安打の後マックス・マンシー(1B)の打った打球をナショナルズのファースト、ハウィ・ケンドリックがまさかのトンネル。ドジャース2点リードとなる。

7回裏 マンシーのタイムリヒットでドジャースが2点を追加。

8回裏 メジャーデビューしてまだ1ヶ月少ししか経ってないルーキーのギャビン・ラックス(IF)と途中出場のジョク・ピーダーソン(OF)のホームランでさらにリードを広げる。

9回表 ドジャース4人目のジョー・ケリー(RHP)がヒット1本許すも無失点で締め試合終了。

 

所見

 終始ドジャースペースで試合が進む、さすがドジャース!という試合運びだった。初回制球が定まらないコービンに対して1点で終わったのは不発気味だったがコービンから代わった投手を攻略し着実に点を奪った。投手の方はビューラーが被安打1と完璧に封じ込め、リリーフ陣もアダム・コラレック(LHP)→前田健太(RHP)→ケリー、とつけ入る隙を与えない投球で見事に大事な初戦を勝利した。

 

Game 2 WSH 4- 2 LAD

先発はドジャースがクレイトン・カーショー(LHP)、ナショナルズが今シーズンのナショナルリーグ最多勝投手スティーブン・ストラスバーグ(RHP)。

1回表 ケンドリックが前日の失敗を取り返すべくタイムリーヒットで先制。

2回表 ナショナルズはアダム・イートン(OF)のタイムリーヒットとアンソニー・レンドン(3B)のタイムリー2ベースでこの回3点を追加する。

6回裏 ドジャースはトレイ・ターナー(SS)の犠牲フライで1点を返す。

7回裏 マンシーのソロホームランで1点差に迫る。

8回表 ナショナルズはカブレラのタイムリーヒットで再び引き離す。

9回裏 ドジャースはランナーを2人出し、ホームランでサヨナラの場面を迎えたがコーリー・シーガー(SS)が三振に倒れ試合終了。

 

所見

 両先発投手の好投で引き締まった試合だった。カーショーは先に3点は取られたが、すぐに立ち直った。ストラスバーグは無四球、三振10と非の打ち所がない投球だった。しかし一方でナショナルズのブルペン陣の不安がモロに露呈した試合とも言えるだろう。ショーン・ドゥーリトル(LHP)が一発を浴び、クローザーのダニエル・ハドソン(RHP)も結果的には無失点だったが四死球2つと安定感に欠けた。

 

Game 3 LAD10- 4WSH

先発はナショナルズがアニバル・サンチェス(RHP)、ドジャースはリュ・ヒョンジン(LHP)

1回裏 ホアン・ソト(OF)の2ランホームランでナショナルズ先制。

5回表 マンシーのホームランでドジャースが1点を返す。

6回表 ラッセル・マーティン(C)とエンリケ・ヘルナンデス(IF)のタイムリーツーベースとジャスティン・ターナー(IF)のホームランでこの回一気に7点を入れる

9回表 マーティンの2ランホームランが出て勝利を手繰り寄せる。

 

所見

 35歳サンチェスの予想外の好投に驚かされた。数年前には終わった存在のように思われたサンチェスがここ2年復活しポストシーズンでも活躍してる姿はなんとも頼もしい。

この試合のターニングポイントは6回裏であろう。ナショナルズは無死満塁の場面でカブレラが犠牲フライを放ったのだが、その後2塁ランナーのケンドリックが走塁ミスでアウトとなり事実上のダブルプレーとなり追い上げムードに水をさした。

またナショナルズの懸案事項とも言えるブルペンも初戦に先発したコービンを送ったりと策を練ったが、ドジャース打線の勢いを止められずサンチェス降板後だけで9点も取られた。

 

Game 4 LAD 1- 6WSH

先発はドジャースがリッチ・ヒル(LHP)、ナショナルズがマックス・シャーザー(RHP)

1回表 ジャスティン・ターナーのソロホームランでドジャース先制。

3回裏 ナショナルズのレンドンの犠牲フライで同点。

5回裏 レンドンのタイムリーヒットとライアン・ジマーマン(1B)の3ランホームランで計4点追加する。

6回裏 再びレンドンの犠牲フライで1点を追加。

9回表 ナショナルズはハドソンが無失点に打ち取り勝利をものにする。

 

所見

 この試合はシャーザーにつきると思う。試合後の会見では疲労を口にしていたが、実際の試合では疲労を感じさせない投球だった。とりわけ7回表の1死満塁の場面でテイラーにはフルカウントまで粘られながらも三振に取り、続くビーダーソンもゴロで打ち取った時は本当に感服した。

一方負けたドジャースもナショナルズ同様ブルペンに不安を抱え込むような敗戦であった。日本人の我々からすると前田健太の力投ぶりが輝いて見えるかもしれないが、問題はその後でフリオ・ウリアス(LHP)は2/3回を投げ被安打3、べドロ・バイエスは1/3回を被安打2うちホームラン1本という内容だった。

 

Game 5 WSH  7- 3 LAD

先発はナショナルズがストラスバーグ、ドジャースはビューラー。

1回裏 マンシーの2ランホームランでドジャースが先制。

2回裏 ヘルナンデスのソロホームランでドジャースのリードは3点。

6回表 ソトのタイムリーヒットでナショナルズが1点を返す。

8回表 レンドン、ソトの2者連続ホームランで同点に追いつく。

10回表 無死満塁でケンドリックが満塁ホームランを放ちナショナルズ4点リードとなる。

10回裏 ドゥーリトルが三者凡退に打ち取り試合終了。

 

所見

 両先発投手が好投した。ストラスバーグは3点先行せれたが、すぐに立ち直り3回以降は被安打1無四球という内容だった。ビューラーは自慢の剛速球ではなく変化球主体のピッチングで好投した。ちなみに奪った7つの三振のうち5つは変化球によるもだった。

 

総括

 ドジャース優勢とみられた  NLDSはナショナルズの3勝で幕を閉じた。ナショナルズは本拠地をワシントンに移して以来初の地区シリーズ突破となった。

このシリーズを通してブルペンの整備、起用法の難しさが浮き彫りになった。ドジャースに関してはブルペンの防御率は6.75である。要因として考えられのは守護神ケンリー・ジャンセン(RHP)の不調であろう。今回のシリーズこそ点は取られなかったが、レギュラーシーズンの不調により満を持してクローザーに固定出来なくった。これによりクローザーから逆算して継投することが難しくなりブルペン全体が瓦解したと考えられる。

ナショナルズもドジャースほど悪くないがハンター・ストリックランド(RHP)、先発とリリーフを兼任したコービンに関してはNLCS以降も不安ではある。また元々ブルペンにかなりの不安を抱えていて、それがストラスバーグとシャーザーの酷使に繋がった。今後チームどんな形で影響を与えるか注視していきたい。

 

また両チームともベテランの活躍が光った対戦でもあった。ケンドリックは満塁弾まで3つのエラーと致命的な走塁ミスと足枷のようだったが最後に意地を見せてくれた。ドジャースはターナーはシャーザーから本塁打とこちらもベテランの存在感を見せつけた。ポストシーズンでのベテランの活躍はマストであることを認識させられたシリーズでもあった。

 

Written Eiji Kato

Photo by https://flic.kr/p/Tq635G

後半戦展望:ワシントン・ナショナルズ

40580306895_b3c84745b3_z

 

 

 

 

 

 

 ブライス・ハーパー(RF)の流出から開幕したナショナルズ の2019年シーズン。序盤戦は低空飛行で一時期借金は二桁まで膨らんだ。しかしオールスター前後での大型連勝などもあり何とか優勝争い、ワイルドカード争いに踏みとどまっている。

 個々人ではFAで加入のブライアン・ドージャー(2B)の不振は痛いが、アンソニー・レンドン(3B)や2年目のホアン・ソト(LF)の活躍は光る。また怪我に見舞われたトレイ・ターナ(SS)も復帰後はまずまずの活躍を見せ、期待のビクター・ロブレス(CF)も出塁率の低さなど課題もあるがフルシーズン1年目としては及第点レベルであろう。

 問題は投手陣でここ数年来の悩みとしてブルペン整備が挙げられる。クローザーのショーン・ドゥーリトル(LHP)まで繋ぐ投手に不安が募る。もちろんフロントも分かっていてシーズン前に手術明けのトレバー・ローゼンタル(RHP)やトニー・シップ(LHP)などの経験豊富なリリーフ投手を獲得し、手は打った。しかし両投手とも本来の姿からは程遠いピッチング内容でシーズン途中でリリースとなった。

 そこでトレードでマリナーズからロエニス・ウリアス(LHP)、同じくマリナーズからハンター・ストリックランド(RHP)、ブルージェイズからダニエル・ハドソン(RHP)、またアスレティクスをリリースされていたベテランのフェルナンド・ロドニー(RHP)も獲得した。シェーン・グリーン(RHP)やケン・ジャイルズ(RHP)といった今回のトレード期間中の目玉選手は獲得できなかったが、マイナーの充実度を考慮すればそれなりに評価できるトレード戦術ではなかろうか。

 だがこれ以外にもナショナルズ には不安が付きまとう。先発投手陣だ。なかでも球界のエースと呼び声が高いマックス・シャーザー(RHP)が背中の張りで今季既にIL入り2度を数える。支配的な投球を長く続けてきた皺寄せかもしれない。幸いにもシャーザーの怪我は長期離脱をしなければならないレベルでは無いこと。もとより先発投手陣は質と量どちらもレベルは高いので怪我以外はそこまで心配はいらないと思う。

 優勝争いやワイルドーカード争いが激化する8月にきてナショナルズ の打線が火を噴き始めた。現地12日のレッズ戦からの13試合の内7点以上あげた試合は10試合に及ぶ。地区優勝はギリギリであるがまだ望みはあり、ワイルドーカード争いでもトップである。

 9月はマーリンズとの3連戦があるが、それ以外の対戦は全て勝率5割以上のチームが相手である。厳しい戦いではあるが首位ブレーブスとは7試合を残しており、逆転のチャンスは十分にある。8月中のブルワーズやカブスとのカードで勝ち越しており、その勢いで9月の試合に望みたい。

 ハーパーが在籍中は球団もファンもハーパーがいる間にワールドチャンピオンとの思いは強かった。だがその夢を実現する前にハーパーが抜け今年のオフにはレンドンがFAとなる。もし彼がチームを去ることになるとナショナルズ は向こう数年はしばらくポストシーズン進出が遠のく可能性がある。そのようなことを考えると悪くともリーグ優勝決定シリーズまでは進出したいところだ。

 

※9月3日に執筆された記事です。

 

Text by Eiji Kato

Photo link https://flic.kr/p/24PWFrH

2017 Team Preview:オークランド・アスレチックス

20585443736_9ea5358d3b_z

 

 

 

 

 

 

 *40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  •  本拠地球場:O.coコロシアム

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml16/

 

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ

2.4~4.6m 

パークファクター *平均100
安打 92.1
ツーベース 95.4
スリーベース 104.3
HR 72.7
得点 82.9

 

      • 予想オーダー

1. ラジャイ・デービス:CF
オフに1年$6Mで契約し7年ぶりにOAKに復帰となったベテラン。35歳で迎えた昨シーズンは43盗塁をマークし、自身初の盗塁王のタイトルを獲得し。さらに、キャリアハイとなる12HRもマークした。盗塁の技術はゲイリー・レダス(元PIT他)や、ココ・クリスプ(元OAK他)から教わり、投手の癖についてはサンディ・アロマー(元CLE他)から教わった。

2 ジェド・ラウリー:2B
ここ2年間故障でシーズンの半分以上を休養に回している。健康ならば優秀なミドルヒッターとして機能するが、如何せん故障が多い上に長引くため能力を発揮できずにいる。2Bの他に3B/SSを守るが、SSを守らせると壊滅的な数字を残すので滅多に守ることはないだろう。オフに故障の原因となっていた左足の嚢胞や腱膜瘤を取り除いただけでなく、9年間悩まされていた鼻中隔弯曲も矯正しぐっすりと眠れるようになった。

3 ライオン・ヒーリー:DH
昨シーズン、チームメイトのマット・オルソンの打撃フォームを参考にし上手くボールにパワーを伝えられるようになりブレークを果たした。早打ちのため四球が少ない点が打撃では数少ない欠点となっている。本来は3Bを守るが、トレバー・プルーフの加入に伴いDHとしての出場が多くなるだろう。スプリングトレーニング中に昨シーズン優勝したAAのチームのチャンピオンリングを受け取った。

4 クリス・デービス:LF
打者有利なミラーパークから打者不利なO.coコロシアムに本拠地が移ったにも関わらずキャリアハイの42HRをマーク。一方で15年に増えた四球数が昨シーズンは減少。取り柄がパワーだけとなってしまった。守備では動きは悪くないが乙女肩が仇となってDRSが毎年マイナス。大学時代、練習では大飛球を飛ばしていたものの、試合では全く打てなかったためチームメイトから練習時間にちなんで「午後5時だけはスラッガー」と言われていた。

5 マット・ジョイス:RF
オフに2年$11Mで契約。キャリアワーストの成績に終わった15年から一転。昨シーズンは右投手をカモにして好成績を残した。元々じっくりとボールを見て四球を多く選ぶタイプだったが、昨シーズンはさらに四球を選ぶようになり打率が.242だったにも関わらず出塁率は.400を越えていた。幼稚園の時に書いたOAKの選手になるという夢を叶えた。

6 トレバー・プルーフ:3B
オフにMINからノンテンダーされ、1年$5.25Mで契約。昨シーズンは2度のDL入りもあって84試合の出場に留まってしまった。それでも持前のパワーは健在で少ない出場機会ながらも12HRをマークした。3B守備は上手いと言えない。ライアン・ブラウン(MIL)とは出身地が同じで仲がよく、自主トレを一緒に行っていた。

7 マーカス・セミエン:SS
昨シーズンはHRが増えキャリアハイの27HRをマーク。その分、打率は下がったもののBB%が微増し、K%をキープできたのはいい傾向だろう。スプリングトレーニングでも四球数を増やすことを意識しているとコメントした。課題だった守備はエラーの数を35→21に減らすことに成功したが、DRSはマイナスをマーク。8歳の時に1人でトリプルプレーを成立させたことがある。

8 ヨンダー・アロンゾ:1B
トレードで加入した昨シーズンはキャリアワーストに近い成績を残してしまった。1Bしか守れないが、パワーレスでシーズン2桁HRをマークしたことがない。昨シーズンは打率、出塁率共に低下しいいところが全くなかった。今シーズンはスイングをアッパー気味にし、フライを打ち上げることを意識している。ノンテンダー候補だったにも関わらず残留したのクラブハウス内の中心的存在だったため。クラブハウス内でかかっている音楽は全てアロンゾのスマホから発信されている。

9 スティーブン・ボート:C
15年から打撃成績は軒並み落ち込んだものの、cを本職としていることを考えるとまずまずといったところ。心配なのはBB%の低下で、高い打率を残せるタイプではないために四球での出塁がないと魅力が半減する。ジョシュ・フェグリーが故障から復帰し、ブルース・マックスウェルが台頭してきたこともあり、いつ放出されてもおかしくはない。それでも、昨シーズンはマックスウェルの出場機会が増えることに好意的だった。

 

2016 Team Preview:オークランド・アスレチックス

20680822551_6595ecdb0f_z
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す
 
  • 本拠地:オー・ドットコー・コロシアム
 
 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml16/

 

広さ
レフト 100.6m
ライト 121.9m
センター 100.6m
フェンス高さ 2.4〜4.6m

 

パークファクター*平均100
安打 96.4
ツーベース 96.7
スリーベース 118.5
HR 77.7
得点 94.4

 

  • 予想オーダー

1. ビリー・バーンズ:CF
2013年にジェリー・ブレビンスとのトレードでワシントン・ナショナルズから加入。俊足巧打のリードオフタイプ。昨季5月にレギュラーに定着すると、AVG.294&26SBと好成績を収めた。一方でマイナー時代には良かった選球眼がメジャーではBB%4.7%と陰を潜め、マイナー通算407試合で2HRのみだったのが投手有利本拠地でありながら125試合で5HRも放つなど、マイナー時代とは違うイメージも残した。

2. ジェド・ラウリー:2B
リリーフプロスペクト、ブレンダン・マカリーとのトレードで加入。ここ最近の所属球団はHOU→OAK→HOU→OAK。怪我が非常に多い選手で、100試合以上に出場したのは8年のキャリアで2回のみ。MIFとしては優秀なパワーが武器。3年$23Mの契約の2年目で、2018年には$6Mのチームオプションか$1Mのバイアウト。

3. ビリー・バトラー:DH
3年$30Mで加入。ペイロールの小さいアスレチックスとしてはかなり奮発しての獲得だったが、1B以外を守れないほぼDH専任でありながら15HR&OPS.713。fWAR&rWARともにマイナスを記録するなどチームに全く貢献できなかった。 8月にサヨナラヒットを放った際には、チームメイトにユニフォームを引っ張られ、たるんだ腹部が露わになった。

4. ジョシュ・レディック:RF
怪我に悩まされつつも毎年結果を残し続けており、149試合に出場した昨季は20HR&AVG.272をマーク。またOPS.781は32HRを放った2012年の.768を超えて100試合以上に出場したシーズンでは自己ベスト。チームは今オフFAとなるレディックとの契約延長を望んでいるが、レディックは「シーズン中には交渉したくない」と明言しており、タイムリミットは近い。

5. クリス・デービス:LF
バビー・ダービー、ジェイコブ・ノッティンガムとのトレードでMILから加入。打者有利本拠地から投手有利本拠地へと移り、野手の入り乱れるアスレチックスにおいて出場機会をどれほど確保できるかは不透明だが、30HR以上を記録しても不思議はないパワーポテンシャルを持つ。昨季は121試合に出場して27HR&OPS.828を記録した。BB%を初のフルシーズンとなった2014年から ほぼ倍増させたが、K%も22.2%→27.7%と悪化。

6. ダニー・バレンシア:3B
トロント・ブルージェイズからDFAされていたバレンシアをアスレチックスがクレームして加入。2チームで計105試合に出場して18HR&OPS.864を記録する自己ベストのシーズンを送った。昨季は左右を問わず良く打ったが、キャリアでは対左投手ではOPS.864、対右投手では.664と大きな差がある。

7. スティーブン・ボート:C
最初の2ヶ月で11HRを放ちASにも選出され、ブレイクイヤーを予感させたが、後半戦で大失速。それでも18HR&OPS.783と守備力を備えたCとしては及第点以上の成績を残した。昨季は33試合にDHか1Bとして出場したが、すでにDHまで埋まっていること、また左投手相手には1HR&AVG.239と手が出なかったことから出場機会が減ることも考えられる。

8. ヨンダー・アロンゾ:1B
ドリュー・ポメランツなどを放出した見返りとしてマーク・ゼプチンスキーと共にSDから加入。ある程度のAVG、ある程度のOBP、プラスのディフェンスを期待できるが、肝心のパワーがCIFとしては平凡。元々はプロスペクトランキングでトップ50入りするようなトッププロスペクトだった。同じく左打ちで昨オフルール5ドラフトで獲得したマーク・カナらとポジションを争う。

9. マーカス・セミエン:SS
昨季が初のフルシーズンだったが、1年間レギュラーの座をしっかりと守った。MIFとしては優秀なパワーの持ち主で、昨季は155試合で15HRを記録。メジャーワースト1位の35エラーを犯すなど守備に粗さが出たが、DRSはプラスだった。2014年オフのジェフ・サマージャのトレードでOAKに移籍。