Tag Archives: ジェイク・アリエッタ

Weekly Report: Week-3

21776963742_9c32228431_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-3のキーワードは「出場停止処分」「ジマーマン」「アリエッタ」だ。

 

  •  出場停止処分

国13日、アトランタ・ブレーブスの外野手、ヘクトール・オリベラが遠征先のワシントンDC近くのホテル室内で女性に暴行したと報道された。その中で地元警察に逮捕されていたことが判明。これを受けてMLBは、前年に選手会と取り決めていた「選手が暴行/性犯罪/児童虐待のいずれかを犯した場合は即座に1週間の出場停止とする」処分をオリベラに下し、それと同時に調査を進めると発表した。

そして19日に、オリベラが起訴されることが決定すると、MLBは調査期間を延長するためにもう1週間の出場停止処分を下し、選手会もこれに同意した。

オリベラは2015年にキューバから亡命しロサンゼルス・ドジャースと契約。同年の7月に行われた三角トレードでブレーブスに移籍。今シーズンはレフトのレギュラーとして試合に出場していた。

 

 

オリベラは、前年にMLBと選手会が選手の暴行等の犯罪に対しての方針を新しく取り決めてから4人目の調査対象となった。これまでに調査対象となった選手は、ニューヨーク・ヤンキースのアロルディス・チャップマン、ドジャースのヤシエル・プイグ、そしてコロラド・ロッキーズのホセ・レイエスだ。

チャップマンは暴行した相手方の女性の証言があやふやで狂言だった可能性も考えられるため、開幕から30試合の出場停止処分に留まり、プイグはマイアミのバーでの自分の姉妹とのちょっとしたけんかを実際以上に大きく取り上げらていただけで、第三者からの証言もなく本人達も否定したため、お咎めなしとなっていた。

レイエスのケースは暴行の程度がひどく、暴行を受けたレイエス夫人が証言を拒否し訴訟が取り下げられることとなったが、出場停止処分は現在進行形で続いており、MLBは未だに明確な処分について発表していない。

オリベラも起訴までもちこまれており、女性への暴行も明確であるため、レイエスと同様に出場停止処分が長引くのではないかと見られている。また、レイエスのケースでは暴行を加えた相手が身内だったためレイエスに有利となるように証言を拒否したが、オリベラの暴行相手は見ず知らずの女性であるため、オリベラの有利となることはなく、レイエスよりも重い処分が下る可能性がある。

このような暴行事件では、もちろん迅速さも重要だが、それと同時に正確性も非常に重要である。そのためには1週間ではなく、1ヶ月の調査期間を始めにとってもいいのではないかという声もある。これら4つのケースを吟味してこれから暴行等の犯罪を犯した選手にどう対処するかもう一度考える必要がありそうだ。

 

2016 Team Preview:シカゴ・カブス

7713719982_0015ac2e55_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:リグレー・フィールド

 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml13/

 

広さ
レフト 108.2M
センター 121.9M
ライト 107.6M
フェンス高さ 3.5~4.6M
パークファクター平均*100
安打 93.4
ツーベース 79.4
スリーベース 109.4
HR 127.6
得点 95
  • 予想オーダー

1.デクスター・ファウラー:CF
昨シーズン152試合に出場したCHCの切り込み隊長。オフにFAとなるも、結局1年13Mで再契約。昨年は打率こそ.250と低調だったものの、2009年以来となる20盗塁をマークし、キャリアハイとなる17HRを記録した。キャリア8年間で1イニングRFを守った以外全てCFとして出場しているが、昨シーズンもDRS-12と守備は上手くない。スイッチヒッターだが基本的に右打席の方が成績が良い。

2. ジェイソン・ヘイワード:RF
同地区のライバル、STLから8年184Mで加入。26歳にしてゴールドグラブ3度の球界屈指のRFであるが、シュワーバー、ソレアに加えファウラーが残留したこともありCFを務める機会が増える可能性ある。どこを守るにしても他の外野手は守備に不安を残す選手ばかりで、DRS+22、UZR+20.2をマークしたヘイワードの存在は非常に大きいだろう。本拠地となるリグレーフィールドではキャリア通算25試合で.311/.376/.522、4HRと相性が良く、打撃成績の向上にも期待がかかる。

3.アンソニー・リゾ:1B
昨シーズンは.278/.387/.512&31HR&101RBIの成績で主軸の役割を果たした。加えてDRS+10、17SBと走攻守揃った若き主砲としてチームを引っ張り、NLのMVP投票4位にランクイン。MLB史上2人目となる30HR&30死球という珍記録も達成した。死球が多い中で160試合に出場する強靭さを見せたが、怪我にだけは気をつけたい。

4.クリス・ブライアント:3B
満を持してメジャーデビューを果たした昨シーズンは周囲からのプレッシャーをはねのけ、.274/.368/.485&26HR&99RBIで新人王を獲得。一方でリーグワーストの199三振を喫したようにまだまだ粗さも残る点が課題だ。野球の実力に加えてイケメンということもありシカゴでの人気は絶大。2015年のMLB全体の公式レプリカユニフォーム売り上げランキングでルーキーでは初となる1位に輝き、その人気はもはやシカゴだけに留まらない。

5.カイル・シュワーバー:LF
ブライアントと同じく昨シーズンメジャーデビュー。打撃では69試合で.246/.355/.487&16HR。ポストシーズンでは9試合でOPS1.308、PNCパークでの場外弾含む5HRと大暴れし、新人離れしたパワーを見せつけた。一方で守備には多く課題を残す。Cとしてはメジャーのレベルに達しておらずLFにコンバートされるも、LFに打球が飛ぶたびにカブスファンはハラハラしなければならない。対左投手への対応なども含め、まだまだ課題は多い。

6.ベン・ゾブリスト:2B
KCから4年56Mで加入した球界屈指の便利屋。昨シーズンはOPS.809&8年連続2桁本塁打となる13HRをマーク。TBでのデビュー以来9年間ジョー・マドン監督の下でプレーしており、2球団を経て今シーズン再びマドン監督の下でプレーすることを選んだ。2B/SS/LF/RFの4ポジションでの出場が多いが、本人は2Bでのプレーを希望し、チームとしても2Bを任せる模様。

7.ミゲル・モンテロ:C
移籍初年度だった昨年は248/.345/.409&15HRと打撃では最低限の成績を残したものの、DRS-2、かつて2年連続で40%以上を記録した盗塁阻止率はキャリアワーストとなる20%と精彩を欠いた。32歳とまだまだ老け込む歳ではないが、盗塁阻止率は2012年をピークに下降。若い選手の多いチームの中で経験豊富な捕手として攻守に存在感を発揮したい。

8.アディソン・ラッセル:SS
昨シーズンはルーキーながらSSでも2Bでも好守を披露。打撃でも142試合で.242/.307/.389&13HRとルーキーのSSとしては合格点だろう。149三振を喫した粗さが改善点。同じポジションだったスターリン・カストロがNYYにトレードされ、SSのレギュラーとして開幕から活躍が期待される。ヘイワード加入に伴い、今季から背番号22→27。

9.投手

 

National League Award Forecast 2016 ~読者版~

9373329038_b96c65f725_z

 

 

 

 

 

 

 

先日、FED部員が選ぶア・リーグのアワード予想の記事を公開した後Twitter上でも読者向けにアンケートを取った。今回はその結果をまとめて見てみよう。

 

 

 MVP予想で最も票を集めたのはFED部員の場合と同様にブライス・ハーパーとなった。過半数以上の票を集めたのは、昨シーズンのMVPであることや実力はもちろん、その圧倒的なスター性に惹かれる人も多かったのだろう。最早、ワシントン・ナショナルズだけではなくMLBの顔として定着しつつある。

次に票を集めたのはポール・ゴールドシュミットだ。今オフにザック・グレインキーをはじめとする様々な補強を行い、勝負モードに入ったアリゾナ・ダイヤモンドバックスの打線の中心であるゴールドシュミットが今シーズン、さらなる躍進を遂げることに期待する声は大きい。1Bというポジションなだけに打撃成績がカギを握ることになるだろう。

FED部員には2番人気だったクリス・ブライアントだが、今回はゴールドシュミットの後塵を拝することとなった。2年目のジンクスや、三振の多い打撃に不安を持つ人が多いということだろう。

上記の3名以外ではダイヤモンドバックスのA.J.ポロックを推す声があった。

 

 

ポロックは昨シーズンにブレイクした小柄な外野手。2014年まで2桁に届かなかった本塁打を20本と倍以上に増やし、そのうえで走塁への意識も忘れず39盗塁を決めるなど大車輪の活躍。守備でも貢献度は高く、fwarはゴールドシュミットに次ぐチーム2位をマークした。トレードの噂もあったが、無事2年契約を結び今シーズンに臨む。

 

National League Award Forecast 2016 ~MVP・CY・ROYは誰の手に?~

19889059629_a758972d1a_z

 

 

 

 

 

 

 

ストーブリーグも終盤を迎え、スプリングトレーニングが迫ってきた。2016シーズンのチーム構成もある程度見えてきただろう。この企画は、来季のアワードについてFED部員からアンケートを取って集計した結果をまとめ、講評したものである。今回はナ・リーグにスポットを当て、MVP、サイヤング賞、新人王の三冠を予想しよう。

 

MVP

ブライス・ハーパー(WSH)

投票率37.5%

 

 

 

ナリーグのMVP予想は、昨シーズンのMVP、ハーパーが2年連続のMVPを受賞するという予想が最も多かった。昨シーズンは.330/.460/.649で42HR。「野球界の選ばれし者」とまで評された実力を発揮し、スーパースターの仲間入りを果たした。理由としては、怪我さえなければ去年同様の活躍が期待できること、更にはそれ以上の成績を残す可能性も十分にあることが挙げられた。

次点で票を集めたのが、ハーパーと同じ92年生まれのシカゴ・カブスのクリス・ブライアント(3B)だ。カブスファンのみならず全米が注目する逸材として満を持してデビューした昨シーズンは周囲からの期待に見事に応え新人王を獲得した。2年目となる今シーズンは2年目のジンクスに陥る可能性は否定できないが、2008年のダスティン・ペドロイア(BOS)のように新人王の翌年にMVPを獲得することもあるのでは、という期待の声もあった。また、カブスがワールドチャンピオン候補の本命として挙げられるほど戦力が揃っているので、ブライアントが成績を残せば、MVP選出の際にチーム成績の面でプラスに働きそうだ。

他には西地区の2チーム、躍進に期待がかかるアリゾナ・ダイヤモンドバックスからポール・ゴールドシュミット(1B)、2010年から偶数年にワールドチャンピオンに輝き続けているサンフランシスコ・ジャイアンツからバスター・ポージー(C)が挙げられた。また、マイアミ・マーリンズのジャンカルロ・スタントン(OF)の名前もあった。

候補に挙げられた選手たちを見てみると、比較的若い選手が多く選ばれていること、個人成績だけでなくチーム成績も考慮されていることが伺える。

 

2015 NLCS Review:NYM vs CHC

21769860303_96f9f5ccef_z

 

 

 

 

 

 

 

2015 NLCS Review:NYM vs CHC

NLCA:NYM 4-0 CHC

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。 

Game1: NYM 4-2 CHC
勝:ハービー(1-0) 負:レスター(0-1) SV:ファミリア(1)

Game2: NYM 4-1 CHC
勝:シンダーガード(1-0) 負:アリエッタ(0-1) SV:ファミリア(2)

Game3: NYM 5-2 CHC
勝:デグローム(1-0) 負:ケーヒル(0-1) SV:ファミリア(3)

Game4: NYM 8-3 CHC
勝:コローン(1-0) 負:ハメル(0-1)

ューヨーク・メッツが圧巻の4連勝で2000年以来15年ぶり5回目のワールドシリーズ進出を決めた。全4戦で一度もシカゴ・カブスにリードを奪わせない素晴らしい試合運びを見せてくれた。対するカブスは、Back To The Future 2の予言で注目された2015年、惜しくもその予言は外れることとなった。

ヤギの呪い。そんなものが本当に実在するのだろうか。そう思ってしまうほどの活躍だった。1945年、カブスの本拠地リグリー・フィールドで行われたワールドシリーズ第4戦。いつもヤギを連れてきていた男性がその日初めてヤギの入場を拒否されてしまう。それに怒った男性は「二度とここでワールドシリーズがプレーされることはないだろう」と言い放ち帰ってしまった。

カブスはその年のワールドチャンピオンを逃し、以降ワールドシリーズに進出できていない。これがヤギの呪いである。そして、そのヤギの名前を「マーフィー」と言った。この「マーフィー」に今回カブスは屈したのである。

ダニエル・マーフィー。偶然にもこのヤギと同じ名前の選手こそ、このシリーズのキーマンであった。