Tag Archives: ジェシー・チャベス

後半戦展望: シカゴ・カブス

40622662490_7d8baaa8e2_z

 

 

 

 

 

 

 

 今年のナショナル・リーグは、現地時間08/05全試合終了時点で3地区共に首位と2位のゲーム差が1.5を切っている接戦の年である。(前年は08/05全試合終了時点で中部地区を除き10ゲーム以上の差が開いていた。)さて、今回は中部地区の首位であるシカゴ・カブスのトレードを振り返りたい。

 

 NL3位の防御率3.76を誇る投手陣の補強を行った。ブランドン・モロー(RHP)を筆頭として4人のリリーバーを故障で欠いている。また、ダルビッシュ有(RHP)もDL入りをしておりローテーションのグレードアップも課題であった。結果から言えば、トレードの目玉であったクリス・アーチャー(TB→PIT)は同地区に移籍したが課題を解決するトレードであった。
 テキサス・レンジャーズからジェシー・チャベス(RHP)とコール・ハメルズ(LHP)を獲得。ハメルズは2008年にWSに出場しMVPを獲得している。近年は与四球率がキャリア平均を上回る等選手としてのピークは過ぎているものの、今季のトレード市場における上質なスターターの1人であることは間違いない。
 カブスは既に、5人のスターターと2018年以降の契約を結んでいる。ハメルズは6Mのバイアウト付きのオプションとなっており、オフシーズンの動向は不鮮明だ。
 ワシントン・ナショナルズからはブランドン・キンツラー(RHP)を獲得。クローザーを任せることも出来る強力なリリーバーである。92-94マイルのシンカーが投球の大半を占めるシンカーボーラーであり、奪三振は少ないが与四球も少ない投球が特徴的。
 投打共に高いレベルにあるため、更に救援陣を補強したのは同地区の球団にプレッシャーを与えることになるだろう。

 NL1位の551得点をマークしている野手陣には手を付けなかった。クリス・ブライアント(3B)がDL入りしているものの、今季のホームランダービー準優勝のカイル・シュワーバー(OF)を始めとする野手陣の活躍に期待していると言える。

 

Text by Tsubasa Komiyama

Photo link is https://flic.kr/p/24TFLhA

2017 Team Preview:ロサンゼルス・エンゼルス

7159306510_cde09ff788_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地球場:エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml26/

 

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ

2.4~5.5m 

パークファクター *平均100
安打 93.6
ツーベース 82.8
スリーベース 60.0
HR 105.6
得点 91.0

 

      • 予想オーダー

1. キャメロン・メイビン:LF
オフにトレードで加入。長らく元トッププロスペクトらしからぬ成績が続いていたが昨シーズンようやく、打撃で本領を発揮することができた。自慢のスピードもまだ衰えておらず15盗塁をマーク。一方で守備はDET時代の2年間はDRSがマイナス2桁となるなどマズい動きを見せており、LAAでは主にLFを守ることになるだろう。子供の頃地元のマイナーのチームのバットボーイをしていた。

2. ユネル・エスコバー:3B
昨シーズンは2年連続となる打率.300以上をクリアしたが、一方で長打の数は減少傾向。それでも持前の選球眼のよさで出塁することができており、全体としての打撃成績は悪くない。15年からSSとして動きが悪いため3Bに移されたが、3Bでもマズい動きを見せている。キューバ出身だが、先日アメリカの市民権を獲得した。 

3. マイク・トラウト:CF
言わずと知れたスーパースター。昨シーズンはHR数こそ減少したものの、その他の打撃成績は15年と変わらず13年以来の30盗塁もマークした。MVPも獲得し、デビューから6年連続でMVP投票は2位以上となっている。守備ではデビュー当初ほどではないが、要所で素晴らしいプレーを見せている。クリス・クリスティ州知事の「フィラデルフィアのファンは怒りっぽくて辛辣だ」という発言に対してニュージャージー生まれでNFL、フィラデルフィア・イーグルスのファンであるトラウトは「情熱を持っているだけ」と反論。

4. アルバート・プホルス:DH
昨シーズンは31HRをマークした以外は軒並み低迷。打率、出塁率共に上がらず、4年連続でOPSは.800を下回ることとなった。昨シーズン中悩まされていた足の故障は順調に回復している様子。交通事故を起こした従兄から打訴えられたり、その従兄が死なせてしまった子供の母親からも訴えられたりと従兄関連で2件の訴訟も抱えている。

5. コール・カルフーン:RF
昨シーズンはアプローチが改善され四球が増え、三振が減った。一方でHRが減少し、二塁打が増加。全体としては見れば優秀な打者であることには間違いないだろう。守備でも強肩が活き、2年連続でDRSがプラスをマークしている。オフには3年$26M+1年のオプション付きで契約延長に合意した。子供の頃キャッチボールの相手をしてくれていた姉に容赦なく強いボールを投げて手を痛めさせていた。

6. ルイス・バルブエナ:1B
オフに2年$15M+1年のオプション付きで契約。昨シーズンは故障もあり、90試合の出場に留まったが持前のパワーと出塁能力の高さは健在。故障さえなければキャリアハイの成績を残せていたかもしれない。本職は3Bだが、エスコバーが3Bにおり、プホルスの足の状態も考慮して1Bに入ることが多くなるだろう。 母子家庭で育っており父親に初めて会ったのは17歳の時。

7. ダニー・エスピノーザ:2B
オフにトレードで加入。バットに当たる確率は低いが、当たれば長打という一か八かの打撃スタイル。せめて四球を選べればいいのだが、BB%は平均レベル。その分守備ではSS/2Bどちらを守らせても素晴らしい動きを見せる。ニックネームの「Dirtbag」の本来の意味は人間の屑。 

8. アンドレルトン・シモンズ:SS
守備の上手さは相変わらずでDRSはデビューした12年から5年連続で10以上をマーク。一方でイマイチな打撃は打率が少し上がった以外は例年と変わらず。13年には17HRをマークしたが以降はGB%が高くなり、打球を打ち上げることに苦労している。WBCに出場することでシーズンへ悪影響が出るのではという声に対して「WBCに出た方がいいスタートが切れる」と一蹴。実際17HRをマークした13年もWBCに出場していた。 

9. マーティン・マルドナード:C
オフにトレードで加入。打撃はさっぱりだが、盗塁阻止やブロッキング、フレーミングなどに優れた守備型C。完全にレギュラーとして迎い入れられたというわけではなく、恐らくカルロス・ペレスと出場機会を分け合うことになるだろう。

 

2016 Team Preview:トロント・ブルージェイズ

21418845692_bd3eef0f60_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:ロジャース・センター

他の野球場と比較する→http://yakyujo.com/ml19/

 

広さ
レフト 100M
センター 121.9M
ライト 100M
フェンス高さ 3M
パークファクター*平均100
安打 92.6 
ツーベース 107.6
スリーベース 95.8
HR 100.5
得点 90.6

 

  • 予想オーダー

1.マイケル・ソーンダース:LF
昨シーズン、トレードで地元カナダのチームに移籍し外野の一角として期待されたが、開幕前にスプリンクラーを踏んで膝を故障するアクシデントに見舞われシーズンのほとんどを棒に振った。健康ならパワーとスピードを兼ね備えた優秀な選手。四球をよく選ぶので出塁率も高くリードオフ向き。オフには三角トレードで放出がほぼ決まったかのように思われたが成立せずに終わった。今シーズンはケビン・ピラーとのリードオフマンの座を争う。

2.ジョシュ・ドナルドソン:3B
現在メジャーで最も価値のある選手の1人。移籍1年目となった昨シーズンは球場が打者有利になったことに加え、マークが自分1人に集中しなくなったこともあり打撃成績が軒並み上昇。出塁率を除く全ての打撃成績でキャリアハイをマークした。 守備でもDRS、UZRでともにプラスの成績を残し、MVPに輝いた。クラブハウス内ではチームリーダーとしてまとめ役となっている。5ツールと同程度に大事なツールの1つとして毎日試合に出ることをあげている。最もタフな対戦相手はウェイド・デービス(KC)とのこと。

3.ホゼ・バティスタ:RF
4年ぶりに40本塁打をマークした主砲。 昨シーズンはコンスタントにホームランを打ち続け、月間本塁打が5本を下回ったのは5月の1回だけだった。打率は.250とイマイチだったが、K%=15.9%とそれほど高くなく、BABIP.237と低かったため今シーズンは平均以上の打率を残せる可能性が高い。オフには契約延長の金額については交渉の余地はないと発言し、5年150M以上の契約を求めているとの報道もあった。スプリングトレーニングでは打撃練習中に左打席に入り柵越えの打球を放っている。

4.エドウィン・エンカーナシオン:DH
ドナルドソン、バティスタと共にチームのメジャー最多得点に貢献にしたスラッガー。生粋のプルヒッターで打球の半分は引っ張り方向。39本塁打中逆方向への本塁打は3本だけだった。守備につく機会が年々減っているがどこを守らせても平均以下なので仕方がない。今シーズン終了後にFAとなり、本人はブルージェイズでキャリアを終えたいと語っている。しかし、ペイロールに余裕がないブルージェイズが今年で34歳になる自分と契約する可能性は低いと悟ったようなコメントもしている。

5.トロイ・トゥロウィツキ:SS
昨シーズンのトレードデッドラインで移籍してきたスター選手。故障が多い選手として知られているが昨シーズンはなんとかDL入りせずシーズンを終えることができた。SSとしてはパワーに優れており、100試合近く出場できれば18~20本塁打は計算できる。ブルージェイズ移籍後は不振に陥ったが、長年在籍したコロラド・ロッキーズから放出されたことによるショックが影響していた可能性もあり、その影響がなくなった今シーズンは以前のような打撃が見れるかもしれない。トレードされたことについてまだ恨みを持っており、二度とCOLのフロントとは口を利かないと堂々と発言している。

6.クリス・コラベロ:1B
 昨シーズン32歳にしてブレイクを果たした長距離砲。ウェーバーでTORに拾われ1Bデプスの最後方に位置していたが、AAAでの好調が認められ昇格。昇格後も好調を維持し、101試合の出場で.321/.367/.520、15本塁打をマーク。それまで1Bのレギュラーだったジャスティン・スモークをベンチへと追いやった。アプローチが雑でBB%=6.1%に対しK%=26.7%。高打率だったのは.411だったBABIPによるところも多く今シーズンは打率が下がることが予測される。守備は驚くほど下手で、特に外野を守らせると普通のフライでも捕れるかハラハラさせられる。

7.ラッセル・マーティン:C
 5年82Mの契約1年目の昨シーズンはレギュラー捕手としてチームをプレーオフに導き、期待に応えることができた。守備ではア・リーグワーストのパスボールを出したが、ナックルボーラーのR.A.ディッキーと組むことが多かったのでしかたないことだろう。盗塁阻止率では44.4%をマークし、こちらはア・リーグベストの数字。打撃では低打率ながらもキャリアハイとなる23本塁打をマーク。地元カナダで素晴らしいシーズンを過ごした。投手とのコミュニケーションを何よりも大事にしており、今オフに新加入した投手に多くの時間を割いている。

8.ライアン・ゴインズ:2B
昨シーズン、レギュラーに定着したディフェンシブな選手。デボン・トラビスが故障で離脱する前はSS、離脱後トゥロウィツキが加入すると2Bに回ったがどちらでも平均以上の守備を見せた。打撃では5本塁打と4三塁打をマークするなど決して非力ではなく、BB%=9%と四球も選べるが打率が上がらず、全体としては平均以下。スプリングトレーニングでは打撃改善に取り組み、7箇所ほどスイングのメカニクスを変えたとコメントし自分は.250の打率で終わる打者ではないと意気込みは十分。トラビス復帰後の処遇は打撃次第となる。

9.ケビン・ピラー:CF 
メジャー定着となった昨シーズンは走攻守で大活躍だった。特に守備では、ロジャース・センターの高いレフトの壁をよじ登ってのホームランスティールをはじめとするスーパープレーを連発しDRSでは+22をマーク。ゴールドグラブを受賞できなかったのが不思議なほどだった。打撃でもOPS.713、12本塁打をマーク。走塁では25盗塁を決め失敗は4個のみだった。長打力もあり、コンタクトに優れ、盗塁も上手いためリードオフ向きに見えるが出塁率が悪いためソーンダースがいる限りは下位に置くのが無難か。ただ、ソーンダースは故障が多いため夏場にはリードオフマンの役割を与えられる可能性が高い。