Tag Archives: ジャスタス・シェフィールド

2019 TOP10 Prospects シアトル・マリナーズ

34211662604_1e12fa8b31_z

 

 

 

 

 

 

 

 書籍販売に先駆けて、シカゴ・ホワイトソックス、シアトル・マリナーズ、サンディエゴ・パドレスの3球団のTOP10 Prospectsのスカウティング・レポートを公開する。(書籍では先行公開分にくわえ11位から20位まで掲載)

 第1回は日本で開幕戦を行うことになっているシアトル・マリナーズだ。尚、各選手名をクリックするとBaseball Referenceで各種成績を確認することが出来る。

2017 Top 20 Prospects:ニューヨーク・ヤンキース

29522330106_00e9cea8b7_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. クリント・フレイジャー:OF
アンドリュー・ミラー(LHP)とのトレードで加入。スピード&パワーの評価が高いハイシーリングなタレント。バットスピードの速さは20-80のスケールで80の評価を受けるほど。スピードも平均以上だがそれほど盗塁は上手くなく、守備でも主にRFを守っている。引っ張りにいくことが多く、打率が上がらない原因となっている。 

2. アーロン・ジャッジ:OF
今シーズン、満を持してメジャーデビューを果たした大砲候補。ジャンカルロ・スタントン級と言われるパワーツールをメジャーでも発揮し、27試合で4本塁打を放った。 その一方でブレーキングボールに対応できず、42三振を喫してしまった。オフにマイナーのコーチと改善に取り組んでいるが、本人はそれほど気にしていない様子。肩は強いが、スピードや守備は平凡なためRF/LFしか守れない。

3. ブレイク・ラザフォード:OF
16年ドラフト全体18位指名。 ラインドライブの打球を放つ滑らかなスイングでヒットを量産する。パワーも平均以上で将来は15~20本塁打をマークすることができるだろう。スピードもあり、特に走塁センスの高さは19歳という年齢に見合わないほど成熟している。ポジションは肩の強さやこれから体重をつけていくことを考えるとCFからRF/LFに移ることになるだろう。

4. グレイバー・トーレス:SS
アロルディス・チャプマン(LHP)とのトレードで加入。19歳ながら既にA+でプレーし、それなりの成績を残している。下半身を上手く使ったスイングでラインドライブの打球を量産する。流し打ちで長打を打つことができるパワーも有している。スピードもあり、積極的に盗塁をしかけるが成功率は61.7%と低水準。守備では肩の強さが光るがハンドリングがあまりにも拙く、3B/OF転向も視野に入れるべきだろう。 

5. ドミンゴ・アセベド:RHP
最速103マイルの速球が武器。チェンジアップ、スライダーのブレーキングボールも向上の一途を辿っており、速球だけが頼りの投手ではなくってきている。6-7/190たる体を目いっぱい使ったダイナミックなデリバリーは先発として投げるには無駄が多すぎるため、リリーフ転向を勧める声もある。リリーフに専念すれば優秀なクローザーとなれるだろう。コントロールはよく四球で自滅するといったことはない。

6. ジェイムズ・キャプリエリアン:RHP
右肘の故障もあって3試合の登板に留まったが、少ない試合数ながらも高い実力を見せた。90マイル前半の沈む速球と、いずれもクオリティの高いカーブ、スライダー、チェンジアップをコントロールよく投げ分ける。コマンドもよく、狙ったところに投げることができる。4月以降登板がなかったが、AFLで復帰している。

7. ジャスタス・シェフィールド:LHP
アンドリュー・ミラー(CLE)のトレードで加入。5-10と小柄ながらも最速96マイルの速球を投げる。カーブを主にアウトピッチとして使っていたが、今シーズンはスライダーも追い込んでから投げるようになっている。どちらも空振りが奪えるクオリティの高いボール。コントロールが悪く、四球を多く出すと点と、たまに速球の軌道がフラットになる点は改善の余地あり。

8. ディロン・テイト:RHP
カルロス・ベルトラン(現FA)のトレードで加入。15年ドラフト全体4位指名だったが、故障もあり思うような成績が残せていない。本調子ならば90マイル後半の速球と鋭く曲がるスライダーのコンビネーションで大量に三振を奪うピッチングを見せる。NYY移籍後はリリーフとして投げ、防御率はよくなったが投球内容からするとまだ本調子ではないだろう。

9. チャンス・アダムス:RHP
今シーズンから先発に転向し、ブレイクを果たした。 90マイル中盤の速球とコンスタントに空振りを奪えるスライダー、チェンジアップのコンビネーションで三振の山を築く。ボールの出所が見づらいメカニクスのおかげもあってか今シーズンの被打率はマイナー全体で最低だった。細かいコマンドはないが、ストライクゾーンに集めるコントロールは有している。

10. ダスティン・ファウラー:OF
13年ドラフト全体554位という下位指名ながらも着実に成績を残し、今シーズンにブレークを果たした。 無駄の少ないスイングでヒットを量産する。課題だったパワーも今シーズン12HR、13三塁打をマークし、パワーレスというイメージを覆した。早打ちのため三振は少ないがマイナー通算4.3%のBB%は要改善。スピードを生かしたCF守備は平均以上だが、盗塁は上手くない。

11. ジョーダン・モンゴメリー:LHP
90マイル前半の沈む速球と、カーブ、カッター、チェンジアップをコントロールよく投げ分ける。オーバーハンドのきれいなデリバリーは試合終盤でも崩れることはなく、コマンドのよさにも繋がっている。今シーズン球速が3マイルほど上がっている。既にAAAでも好投しているため、来シーズンにはメジャーデビューを果たすだろう。

12. アルベルト・アブレイユ:RHP
ブライアン・マッキャン(HOU)のトレードで加入。最速98マイルの速球に70マイル後半のカーブを組み合わせる。現在はこのカーブに頼りすぎているところもあるが、スライダーとチェンジアップが徐々によくなりつつあるので時間が経つにつれカーブ偏重の組み立ても改善されるだろう。コントロールの悪さから、ブルペン転向を勧める声もある。下半身がしっかりしているため体格は先発向き。

13. ミゲル・アンデュハル:3B
豪快なスイングが魅力のヒッティングプロスペクト。スイングは大きいが、持前のコンタクトスキルと積極的に打ちにいくアプローチのため三振は少ないが、打率はそれほど高くない。平均以上のパワーツールは将来20HRを打つことも可能。肩は投手として投げさせてみたいと思うほど強いが、グラブ捌きは上手くなく、3年連続20エラー以上。

14. ホルヘ・マテオ:2B/SS
20-80のスケールで80の評価を得るスピードが一番の持ち味だが、 昨シーズンから盗塁数が82→36、成功率も82%→70%と大幅に下がった。打撃成績もHR数以外は低調に終わった。また、チームポリシーに反する行動をとったとして2週間の出場停止処分も科され散々な年となった。守備ではSSから2Bに移ったことでエラーが急減。バリューは若干下がるがこれからも2Bでプレーする方が無難だろう。

15. チャド・グリーン:RHP
力感のないスムーズなデリバリーの持ち主。90マイル中盤の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーションで三振を奪う。 三振の多くを速球で奪っており、高めにノビのあるフォーシームを投げて空振りを誘ったり、外角いっぱいに投げて見逃し三振に打ち取ったりと投球の幅は広い。速球がフラットな軌道になりHRを打たれやくなる点は改善の余地あり。今シーズンメジャーデビューを果たした。 

16. ドリュー・フィンリー:RHP
LADのスカウティング部長のデビッドを父に持ち英才教育を受けてきた。ジェームズ・アンドリュー医師の教えにより12~16歳の間は投球をしていなかったにも関わらず、能力は非常に高い。速球の球速は90マイル前半程度だが、ムービングとボールの出所が見づらいメカニクスで球速の遅さをカバーしている。落差の大きいキレのあるカーブはアウトピッチとしては十分なボール。シーズン中に肘を痛めたが、既に投げられるようになっている。

17. ディートリッシュ・インス:LHP
速球は90マイル前半程度だがクオリティの高いチェンジアップとスライダー、カーブを合わせて打者を惑わす。ゆったりとした動きから、速いアームスピードで投げこむため打者はタイミングをとりづらくなっている。コントロールはそれほど悪くないが、コーナーを狙いすぎて四球を出すことが多い。

18. イアン・クラーキン:LHP
肩の故障でシーズンアウトとなった昨シーズンからの復活が期待されたが、今シーズンも膝の故障でシーズン途中でシーズンアウトとなった。それでもプロ入り後最多となる98イニングを投げており、成績も悪くはなかった。健康ならば90マイル前半の沈む速球とチェンジアップ、カーブ、スライダーをコントロールよく投げ分け、ゴロを打たせて取るピッチングができる。

19. ベン・ヘラー:RHP
低いアングルから最速100マイルの速球を投げるリリーバー。この速球によく曲がるスライダーを組み合わせ大量に三振を奪うピッチングスタイル。プロ入り直後はコントロールの悪さが目立っていたが、徐々に洗練されていき今ではストライクを取ることに苦労しなくなった。マイナーではクローザーを務めており、メジャーでもセットアッパー/クローザー級の投手になれるだろう。

20. ニック・ソラク:2B
コンパクトなスイングでラインドライブの打球を飛ばすヒットメーカー。2桁本塁打を打つパワーはないが、アプローチのよさでカバーする。守備では目立つようなプレーはしないが、しっかりとルーティンプレーをこなすため長く2Bに留まることができるだろう。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/LYMEcu

2016 Trade Deadline~インディアンスの独壇場だったアメリカン・リーグ中地区~

9711534089_4246526b0c_z

 

 

 

 

 

 

 

様々な思惑が飛び交った今年のトレードデッドライン。今回はアメリカン・リーグ中地区で唯一コンテンダーとしてトレードを仕掛けにいったCLEについて振り返っていく。

7/31 CLE⇔NYY
NYY→CLE アンドリュー・ミラー
CLE→NYY クリント・フレーザー+ジャスタス・シェフィールド+ベン・ヘラー+J.P.フェイレイセン

現在メジャーでトップクラスのリリーバーであるミラーを獲得することができたのはCLEにとって間違いなくプラスである。過去2年間で133試合に登板し防御率2.03、K/9=14.7、BB/9=2.7。この2年間でミラーに負けず劣らずの成績を残しているのはデリン・ベタンセス、アロルディス・チャップマン、ウェイド・デービスの3人くらいである。

CLEのブルペンはダン・オテロ、コディ・アレン以外のリリーバーがイマイチ信用に欠け、そのうえ故障者も多いという状況だったのでミラーの加入は願ってもなかっただろう。2018年まで毎年$9Mを支払う必要があるが、ミラーの能力を考えると妥当な金額。CLEはスモールマーケットな球団ではあるが、主力選手の多くと複数年契約をそれほど高くない金額で結んでおり、ミラーのサラリーで首が回らなくなるというわけではない。

一方のNYYはこのトレードの時点で既にアロルディス・チャップマンを放出しており、選手を売る立場であった。勝率は5割を超えているものの、ワイルドカード争いからは少し遠ざかっていたため下手に勝負に出てプロスペクトを放出するよりも、現状ある程度戦える戦力を維持しつつ来シーズン以降に備えるという選択をしていた。今回のトレードもその一環だったのだろう。

NYYはチャップマン、ミラーが抜けた措置として来シーズンも保有可能なタイラー・クリッパードをトレードで獲得しており、一応最低限の戦力は整えてある。クリッパードではミラーの代わりは務まらないが、他の防御率が軒並み5点台のリリーバーに比べれば幾分か信頼できるだろう。

NYYが見返りとして受け取った4人のプロスペクトは安定感抜群だったセットアッパーを放出するのにふさわしいと言えるだろう。この4人の中での最大の目玉はフレーザーだ。パワー&スピードに長けるOFで、先月行われたフューチャーズゲームにも選出されていた。どの媒体でも上位にランクインしているトッププロスペクトである。

フレイザーに次いで評価が高いのがシェフィールドだ。常に剛速球を投げるわけではないが、90マイル前半の沈む速球とカーブのコンビネーションに高い評価を得ているLHPだ。若干コントロールに難があるが、今シーズンは先発としてA+で好成績を残している。フレーザーとシェフィールドは2013年と2014年のドラフト1巡目指名選手ということもあって持っている実力はそれ相応に高く、さらにその実力を遺憾なく発揮することができている。

この2人のトッププロスペクトに加えヘラーとフェイレイセンの両リリーフプロスペクトも獲得している。ヘラーはAAAで、フェイレイセンはAAで好投しており、ヘラーは今シーズン中の昇格もありうるだろう。現在弱体化しているNYYブルペンの救世主となるかもしれない。

NYYとしてはチャップマンのトレードと同様に4人のプロスペクトを獲得することに成功。しかも、そのうち2人はトップ100にもランクインしているトッププロスペクトと言うことなしだろう。また、フレイザー、ヘラーは現在AAAでプレーしているため、近いうちにメジャー昇格も望めるのは現在それほど悪くない戦力を有するNYYにとっては朗報である。先日昇格したアーロン・ジャッジや打撃好調のゲイリー・サンチェスらとフレーザーがクリーンアップを打つ日もそう遠くはないかもしれない。

CLEはリリーバー1人に対し4人を放出したが今シーズンはワールドチャンピオンを目指すまたとないチャンスであり、潤沢なマイナー組織を生かすなら今しかないということだろう。フレーザー、シェフィールドの将来主力になりそうな2人の放出は痛いが、同じポジションにはブラッドリー・ジマーやブレイディ・エイケンなど両名に負けないほどの実力を持ったプロスペクトがいる。少々の大盤振る舞いをしたとはいえマイナーがスカスカな状態になることはない。

 

2016 Top 20 Prospects:クリーブランド・インディアンス

9343029768_3e54d22281_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。 

 

1. ブラッドリー・ジマー:OF
顔が瓜二つの兄カイルはロイヤルズのトッププロスペクト。 傑出したツールのパッケージとして知られ、コンタクト&パワーに優れるバッティングでは、ストライクゾーンへの理解も十分だ。A+&2AでOPS.814&本塁打16&盗塁44。 守備ではCFとして必要な肩&スピード&打球判断を併せ持つ。

2. クリント・フレーザー:OF
2013年ドラフト全体5位指名。ファイブツールポテンシャルの持ち主で、特にパワー&スピードに優れる。バッティングフォームの改造に取り組み、シーズン後半戦は 66試合でOPS.961。三振率25%→18%、四球率9.4%→14.4%とアプローチも改善された。

3. ロブ・カミンスキー:LHP
ハイレベルに磨かれた左のエース候補。最速95マイルのストレート&落差の大きいカーブ&チェンジアップ&コマンドいずれも上質。特にカーブはマイナー最高のボールと言われるほどだ。5-11/190と体格は小柄だが、巧みな投球術でカバーする。 

4. ブレイディ・エイケン:LHP
14年ドラフト全体1位も、アストロズと契約がまとまらず進学。その後名誉挽回を狙うもトミージョン手術により評価を上げることはできなかった。 万全であれば97マイルのストレート&カーブ&チェンジアップ&コマンド全てエース級。

5. ジャスタス・シェフィールド:LHP
高校時代にはU-18代表としてもプレーした実力派。5-11/196と小柄な体格ながらストレート&カーブ&チェンジアップのコンビネーションはパワフル。 メカニックもスムーズでコマンドも安定している。1Aでは26試合先発して防御率3.31、K/9=9.7、BB/9=2.7、K/BB=3.7。

6. タイラー・ネークイン:OF
走攻守三拍子揃ったオールラウンダーも、故障の多さがネック。出場試合数は昨年が76試合、今年が84試合と十分ではないがそれでも2年連続で打率3割を達成。特に今年は2A&3Aでキャリア最高のOPS.828をマーク。CF守備ではプラスプラスの肩を披露する。

7. マイク・クレベンジャー:RHP
ジェーコブ・ディグローム(NYM)とそっくりな風貌でも話題に。過去にはトミージョン手術も経験し、今季は3Aで27登板(26先発)して防御率2.73、K/BB=3.63とブレーク。最速97マイルのストレートを軸にスライダー&カーブ&チェンジアップも織り交ぜる。 

8. ボビー・ブラッドリー:1B
19歳たる年齢に比して磨かれたバッターで、特にベストツールであるパワーは平均以上の評価を得る。 1A&A+で27ホーマー&OPS.875&ISOp.254とパワフルな内容。 150Kを喫した粗さを取り除く必要がある。スピード&ディフェンスは平凡で1Bがふさわしい。

9. トリストン・マッケンジー:RHP
6-5/160たるスキニーな体格から高いアップサイド評を得る。90マイル前半のストレートは将来的にさらに向上するだろう。また、カーブ&チェンジアップはストレートと同じフォームから繰り出され、洗練度の高さがうかがえる。A-では12回/17K/2BB。 

10. ルイージ・ロドリゲス:OF
5-11/160と小柄ながら傘下随一のファイブツールポテンシャルを秘める。フリースインガーながらA+で112ホーマー&OPS.827をマーク。さらに自慢のスピードを生かして盗塁も24個決めた。守備では外野3ポジションをこなし、元二塁手ということもあり送球動作までが早い。 

11. フアン・ヒルマン:LHP
ブラッド・ミラー(TB)は高校の先輩。完成度の高いソリッドなHS左腕。 90マイル前半のストレート&鋭いカーブ&打者から見づらいチェンジアップを有効に織り交ぜ、投球センスにも優れる。メカニックも綺麗で制球も安定している。

12. エリック・ゴンザレス:SS
軽快なSS守備で高い評価を受ける。三遊間、二遊間いずれの打球に対しても機敏に反応し、スローイングも力強い。打撃面ではフリースインガーながら自己最多タイの9ホーマーをマーク。足も平均以上で、技術が磨かれればコンスタントに20盗塁をマークできるだろう。

13. アダム・プラットコ:RHP
 支配的な球威の持ち主ではないが、優れたコマンド&野球IQに支えられたクレバーなピッチングが光る。 A+&2Aでは166回/137K/28BB/防御率2.39、BB/9=1.5たるハイフロアー評に見合った活躍。90マイル前後のストレート&チェンジアップのコンビネーション。

14. フランシスコ・メヒア:C
攻守で高いアップサイドを秘めるアスリート。プラスのバットスピードを示しており、パワーポテンシャルを秘めている。スイッチヒッターであり、両打席でヒッティングセンスを持ち合わせている。守備ではプラスの肩を持つが、スローイングを含め課題は多い。 

15. ライアン・メリット:LHP
 素晴らしいコマンドの持ち主で、チームの育成部門のナンバー2であるロス・アトキンズはジョシュ・トムリンと比較し「彼がメジャーリーガーになることにほとんど疑いはない」 と評価した。2A&3Aで12勝、BB/9=1.2、K/BB=4.77と安定した投球内容。

16. マイク・パピ:1B/OF
2014年ドラフト全体38位。ドラフトクラス最高の選球眼の持ち主とされた。現段階ではラインドライブヒッターたる評価に止まるが、プラスのバットスピードからパワーツールは向上の余地を残す。守備は平凡でコーナー向き。 

17. マーク・メジアス:2B
故障の影響もあり3巡目までスリップもA-でOPS.790と健康体をアピール。粘り強いバッティングが武器で、出塁率.382&36K/35BBと高い出塁能力を発揮した。 スピード&守備範囲は平均以下でユーティリティー向きとする見方も多い。

18. ルイス・ルーゴ:LHP
 6-5/200たる大型左腕。真上から投げ下ろすメカニクスから80マイル後半のストレート&カーブ&チェンジアップ。チェンジアップはプラス評価を得るボールで、落差が魅力のカーブも向上を辿る。A+で防御率4.15、被打率.266と支配力に欠ける。プレミア12ではイタリア代表としてもプレー。

19. ショーン・モリマンド:LHP
チェンジアップを武器にソリッドなスターターになり得る。ストレートは90マイル前後と威力に欠けるが、平均レベルのスライダーと組み合わせ、打者のタイミングを崩す。キャリア5年で防御率3.43と安定した成績を残しているが、K/BB=1.97は平凡の域を出ない。

20. グレッグ・アレン:OF
ベン・リビア(WSH)とも比較されるスピードに優れるリードオフタイプ。バッティングではパワーレスだが、26K/27BBたる成熟したアプローチを示した。 守備ではプラスのスピード&平凡な肩からCF/LF向きとされる。バッティングを磨いていければメジャーでも通用する。 

Plus One Prospect
ルーク・ワカマツ:SS
元マリナーズ監督ドン・ワカマツの息子。20巡目指名も、オーバースロットで合意。6-3/185たる恵まれた体格に加えて、高い野球センスを示している。バッティングでは平均以上のバットスピードを示し、守備もSSに残れるレベル。RではOPS.739とまずまずのスタート。
 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/feBtf9