Tag Archives: ジョシュ・ドナルドソン

MLB 10-19 PLAYER RANKING 50-41

5490915852_e65c626de9_c

 

 

 

 

 

 

 

2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤーの活躍をランキング形式で振り返ることにする。ランキングはFar East Divisionメンバーによる投票で選定を行った物で、10年代の活躍のみを考慮して選定を行った。

 

50位 スターリン・カストロ (10-15 CHC、16-17 NYY、18-19 MIA)

10年代で1617安打を放ったMLB屈指のヒットメーカー。10年に20歳の若さでいきなり打率3割を残すと、翌年は207安打を放ちメジャーの歴史上最年少での最多安打となった。それ以降目立った活躍は出来ていないが、大きな怪我も無く、毎年コンスタントにヒットを積み重ねている。まだ29歳(3/24で30歳)と全盛期で通算安打数をどこまで伸ばすことが出来るのか、注目が集まる。

 

49位 アンドリュー・ミラー (10 FLA、11-13 BOS、14 BOS,BAL、15-16 NYY、16-18 CLE、19- STL)

2mを越える長身から投げられる速球と切れ味鋭いスライダーを武器に支配的な活躍を見せた左腕。キャリアの序盤は先発として起用されていたが、芽が出ず、12年のリリーフ転向を機に大ブレイクした。特に16年のポストシーズンでは数々のピンチで登板、ALCSでは7.2イニングを投げて無失点の活躍でMVPに輝いた。また、そのイニングを問わない起用法は注目を集め、その後のポストシーズンでの戦い方を変えた。

 

48位 トロイ・トゥロウィツキー (10-15 COL、15-17 TOR、19 NYY)

抜群の野球センスを誇り、10年代前半に活躍した大型ショート。打撃ではコンスタントに3割を残せる打撃技術に加え、30本塁打を放つパワーもあり、コロラド・ロッキーズの中軸を担った。守備でも抜群のフィールディングと強肩を武器に、ゴールドグラブ賞を2度受賞、数々のハイライトプレーを残した。実力で言えば10年代有数の選手だが、度重なる怪我で短いキャリアに終わってしまったのは残念でならない。

 

47位 フランシスコ・リンドーア (15- CLE)

走攻守三拍子揃ったクリーブランド・インディアンズの顔。15年にデビューし、新人王投票2位に入ると、2年目からは4年連続でオールスター、2度のゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞を受賞した。チームもリンドーアの台頭と共に躍進し、16年から3年連続で地区優勝を達成した。既にMLBを代表する選手の1人だが、まだ26歳と非常に若く、20年代は更なる躍進にも期待が高まる。

 

46位 ジョシュ・ドナルドソン (10-14 OAK、15-18 TOR、18 CLE、19 ATL)

豪快な打撃と派手な三塁守備を武器に高い人気を誇る選手。13年に遅咲きながらブレイクすると、15年にはトロント・ブルージェイズを22年ぶりの地区優勝に導き、MVPに輝いた。18年には怪我もあり、52試合の出場にとどまったが、昨年は37本塁打、OPS=.900と見事復活を果たし、カムバック賞を受賞、オフにはミネソタ・ツインズとの4年92Mの大型契約を手にした。

 

ナショナルリーグ東部地区の現在地

43421876652_cbdfd3250d_z

 

 

 

 

 

 

ナショナルリーグ東部地区の現在地

Written by Eiji Kato

Photo link https://flic.kr/p/29a3t8J

 2018~2019年のシーズンオフにナショナルリーグ東部地区は大いに盛り上がった。マーリンズを除く4チームがそれぞれ補強を敢行した。まずその補強を振り返りたい。

 ・フィリーズ

 オフの勝ち組とも評されたフィリーズは史上最高額の13年3億3000万ドルでブライス・ハーパー(OF)と契約。(後にトラウトに抜かれる)他にもトレードでJTリアルミュート(C)やジーン・セグーラ(SS)。FAとなっていたダニエル・ロバートソン(RHP)、アンドリュー・マカッチェン(OF)を迎えた。この一連の補強により戦力が大幅にUPし地区優勝の1番手に躍り出た。

 ・メッツ

 フィリーズ同様にメッツも積極的に動いた。バンワゲネン新GMはマリナーズからロビンソン・カノー(2B)とエドウィン・ディアス(RHP)を獲得。さらにブルペンを強力にすべくジャスティン・ウィルソン(LHP)やジュウリス・ファミリア(RHP)も獲得。また同地区のライバルフィリーズからウィルソン・ラモス(C)も獲得した。

 ・ブレーブス

 昨年地区を制覇したブレーブスはベテランのブライアン・マッキャン(C)やジョシュ・ドナルドソン(3B)を獲得。戦力UPと同時に若手の指南役としても期待される。

 ・ナショナルズ

 ハーパーが去ったことによりインパクトは薄れたが地区優勝への道が無くなったわけではない。パトリック・コービン(LHP)、ブライアン・ドージャー(2B)、カート・スズキ(C)、トニー・シップ(LHP)、カイル・ベアクロウ(LHP)、TJ手術明けのトレバー・ローゼンタール(RHP)など投手を中心に補強を行った。

 

 4強1弱の構図で迎えた2019シーズン。日本時間5月10日時点で首位フィリーズ、2位は4ゲーム差でブレーブス、3位は4.5ゲーム差でメッツ、4位は6.5ゲーム差でナショナルズとなっている。

 ここまではフィリーズの独走まではいかないが、やや差がついている印象がある。それぞれのチームにスポットを当てると4位のナショナルズはフアン・ソト(OF)、トレイ・ターナー((SS))、ライアン・ジマーマン(IF)、アンソニー・レンドーン(3B)と野手にケガ人が続出。カーター・キーブーム(2B)やビクター・ロブレス(OF)と若手も才能をフルに発揮しているとは言い難い。投手陣はチーム防御率がリーグ14位とまさに踏んだり蹴ったり。

 一方でメッツは若手の野手が元気でルーキーのピート・アロンソ(1B)は既にホームラン11本と爆発、昨年デビューのジェフ・マクニール(2B)はMLB全体で打率2位。ブレーブスも打線が元気でチーム打率はリーグ3位、チーム出塁率もリーグ4位となっている。

 シーズンはまだ序盤で今後どうなるかは分からない。1弱とされているマーリンズもただ黒星を増やすようなことは許されない。リアルミュートの交換で加入したシクスト・サンチェス(RHP)やホルヘ・アルファロ(C)など素質の高い選手がいるだけに彼らが将来主力となれるよう育成、経験を積ませることが重要になるであろう。

 今後もナショナルリーグ東部地区から目が離せない。

8月のトレード補強を振り返る

44315099881_46679af398_z

 

 

 

 

 

 

 7月31日は、「トレードデッドライン」である。だが、MLBではウェイバーを通過する、もしくはクレームされることで8月31日までトレードを行うことが出来る。基本的に強豪チームが目当ての選手を獲得することは難しいが、シカゴ・カブスがダニエル・マーフィー(2B)を獲得したように、タイミングさえ良ければPO直前に大きな補強を行うことが出来る。さて、8月はメジャー全体で39件のトレードが行われた。そこでカブスのように、PO直前に補強に成功したチームを振り返りたい。

 

 ニューヨーク・ヤンキース
 7月、投手を重点的に補強していたヤンキースは、アデイニー・エチャバリア(SS)とアンドリュー・マッカッチェン(RF)を獲得。ディディ・グレゴリウス(SS)が復帰間近とは言えDL入りしており、SSの強化に成功した。また、エチャバリアは守備に定評があるため、グレゴリウス復帰後は控えとしてチームに貢献することが出来るだろう。外野手はアーロン・ジャッジ(RF)がDL入りしており、手薄となっていた。ジャッジ復帰後はアーロン・ヒックス(CF)やブレット・ガードナー(LF)と併用すると見られている。クリント・フレイジャー(LF)もリハビリ中であるため、第四の外野手をアップグレードすることが出来たのはPOでは大きな強みである。尚、マッカッチェンは2012年から始まった長期契約の最終年でありオフにFAとなる。おそらく来季はピンストライプではないユニフォームに袖を通していると思われるが、ヤンキースでの活躍に期待したい。

 

 クリーブランド・インディアンス
 ジョシュ・ドナルドソン(3B)を獲得。今季は故障によりシーズンの大半をDLで過ごしているものの、インディアンスの地区優勝は安泰であるため、急いで復帰する必要はなさそうだ。エースのトレバー・バウアー(RHP)等がDL入りしているものの、投手陣には手を付けなかった。7月はブラッド・ハンド(LHP)とアダム・シンバー(RHP)を獲得している。

 

 オークランド・アスレチックス
 ショーン・ケリー(RHP)やフェルナンド・ロドニー(RHP)、コーリー・ギアリン(RHP)、そしてマイク・ファイヤーズ(RHP)を獲得。1人1人はスター級ではないものの、確実にブルペンをアップグレードし、PO進出有力候補になることが出来た。
※アスレチックスのリリーバーの成績()内はAL内の順位
防御率3.29(3位)
勝利数35(2位)
投球回506.1(3位)
(9/2時点)
 ブルペンはALトップクラスであり、今季のアスレチックスの好調を支える鍵と言えるだろう。ファイヤーズは移籍後もスターターとして起用されている。5先発し、27.2回3与四球30奪三振で3勝をマーク。ヒューストン・アストロズと地区優勝争いをしているチームに大きな貢献をしており、トレードは大成功と言えるだろう。尚、ファイヤーズは来季以降も保有することが出来る。地味な補強ながら後半戦も好調をキープしているアスレチックスから目が離せない。尚、、7月は僅か1度しかトレードを行なっておらず、そのトレードではジュウリス・ファミリア(RHP)を獲得している。

Weekly Report: Week13

41043770701_e121d2526e_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトでメジャーリーグの1週間を辿る。Weekly-13のキーワードは

「フランクリン・バレット」「シアトルマリナーズ」「ケルビン・ヘレーラ」だ。

 

・フランクリン・バレット

 

ョシュ・ドナルドソンを1対4のトレードでブルージェイズに放出してから4シーズン目を迎えるオークランド・アスレティックス。このトレードにより再建期に突入し、ここ3年間は地区最下位に沈んできた。トレードで獲得した選手たちはというと、目玉であったブレット・ロウリーは、素行の悪さもあって1年でチームを去り、今季の開幕投手ケンドール・グレイブマンも、再建期のローテこそ支えてくれたが、現在は不振でマイナー調整中。プロスペクト左腕だったショーン・ノリンは、わずか6試合に登板しただけでDFAされた。このままでは失敗トレードと言われても仕方ないが、OAKファンにとって最後の希望が、トレード当時18歳だったバレットである。

マット・チャップマンのDL入りに伴いジェド・ラウリーが3Bに回ったことで、現在バレットは2Bで出場機会を得ている。22日の敵地ギャランティードレイトフィールドでのホワイトソックス戦では、2本の3ランHRを放つ活躍を見せた。思えば昨年の6月24日、この球場でメジャーデビューを果たしたバレットは、ジェームズ・シールズから初HRを放っている。その試合では、オルソン、ブラグマンもメジャー初HRを放っており、史上初めて同じ球団の3選手が同じ日に初HRを打ったとして話題になった。閑話休題、22日の試合に話を戻すと、この日の1本目のHRはまたしてもシールズから放っている。対戦回数は少ないものの、相性の良さがうかがえる。

 今季AAAでは、.236/.335/441,7HRという微妙な成績で、向上しているのはBB%くらいだ(MLBでは31打席で1四球しか選べていない)。MLB昇格後も10打席あまりヒットが出ず、三振も多い。期待が大きいだけに伸び悩んでいるようにも感じられるが、焦らず経験を積んでほしい。ここ2シーズンは、正二塁手のラウリーが思いのほか(?)健康を維持しているため出場機会が限られているが、そのラウリーも今季までの契約となっているため、来季以降はバレットがメインで起用されていくだろう。今季のMLB では、バレットよりもさらに若いヤンキースのグレイバー・トーレスやブレーブスのオジー・アルビーズが二塁手として大活躍を見せている。彼らに少し遅れを取った形にはなってしまったが、今後バレットがどのような選手に育っていくのかを楽しみにしたい。

(成績は6月23日時点)

2018 Team Preview:トロント・ブルージェイズ

tor

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

  • 本拠地:ロジャース・センター

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml19/

 

広さ
レフト 100.0m
センター 121.9m
ライト 100.0m
フェンス高さ 3.0m
パークファクター平均*100
安打 97.4
ツーベース 107.5
スリーベース 93.7
HR 92.3
得点 94.6

 

  • 予想オーダー

1.デボン・トラビス:2B

デビューイヤーから2年連続打率.300を記録するも、17年はキャリアワーストの185打数、打率.259。2B通算DRS=6、UZR=5.4と守備は良いが、GMはそもそも守備指標に懐疑的。18年も離脱が長ければ、新加入のヤンガービス・ソラーテに2Bの座を奪われるかもしれない。

2.ジョシュ・ドナルドソン:3B

4年連続となるAS選出は逃したものの、3年連続30本塁打、OPS+=140を記録した。通算BB/K=0.63とアプローチに定評があり、3B通算DRS=52、UZR=43.2と守備も良い。ただし17年はUZR=-0.9を記録。年俸23MでFA間近のドナルドソンの去就は気になるところだ。

3.ジャスティン・スモーク:1B

17年は打率.270/OPS.883/38(対左7本)本塁打のキャリアハイでAS初出場を果たした。左投手を苦手としていたが、17年は左投手からも打つことが出来た。プルヒッターでありフライボールヒッター。積極的アプローチだが、通算打率.232/.出塁率.317と四球は平均以上に選べている。スティーブ・ピアースと1Bの座を争う。

4.カーティス・グランダーソン:LF

予想オーダー唯一の左打者。37歳とピークは過ぎているものの、17年はメッツで19本、ドジャースで7本の本塁打を放ち、4年連続20本塁打を継続させると共に、通算300本塁打を達成した。極端に慎重なアプローチでハードコンタクトの多いバッター。左打者が不足していることもあって、一定の出場機会が得られるため5年連続20本塁打に期待したい。

5.ケンドリス・モラレス:DH

スモークと同じくスイッチヒッターで、左投手を苦手としていない。17年はOPS+=94だった一方で28本塁打を記録。しかし、エドウィン・エンカーナシオンの穴を埋めたとは言えず、再び30本塁打の大台に乗せたい。BB%が低下する一方でK%が増加しているのは気がかり。

6.トロイ・トゥロウィツキ:SS

故障が多いSSで、18年は既に4月末まで離脱することが決まっている。17年はSS守備でDRS=0、UZR/150=-2.4と、移籍後振るわない打撃成績だけでなく、守備成績でも陰りが見えた。故障さえしなければ好成績を収められる選手だっただけに、復帰後は好成績を収めたい。契約は最短でも35歳となる20年(20→20→14→15*)まで続くことになっている。

7.ランダル・グリチック:RF

17年のオフにカージナルスからトレードで加入した。パワーはメジャー平均を上回るものの、アプローチに難があり、通算BB/K=0.20。プルヒッターであり打球の約半数が左方向(右打者)。パワーポテンシャルを活かしきれていないだけに、新天地でグレードアップを狙いたい。OFでは3ポジション共にDRSとUZRは+を記録している。

8.ラッセル・マーティン:C

通算BB/K=0.66のアプローチと強肩、フレーミングに定評のあるキャッチャー。近年は盗塁阻止率やフレーミングが低下して評価を落としている。13年には、当時まだメジャーリーグで脚光を浴びていなかったフレーミング技術をパイレーツに高く評価された。

9.ケビン・ピラー:CF

球界を代表するディフェンダーの1人であり、15年にはウィルソン Def PlayerのCFに選出。通算DRS=52、UZR=41.8を記録。一方で通算BB/K=0.28、OPS+=85とバッティングは下位打線向きの成績。通算55盗塁19盗塁死とスピードは攻守で活かされている。18年はヤンキース戦にて二盗、三盗、本盗を連続で決めてみせた。