Tag Archives: ジョナサン・ルクロイ

2017 Trade Deadline ~躍進チームそれぞれの判断

26932516421_3d211e4925_z

 

 

 

 

 

 

 

 今年のMLBは例年にも増してサプライズチームが多い印象を受ける。ナショナルリーグ中地区のブルワーズは、前半戦を終えた時点で昨年のワールドチャンピオンカブスよりも上の順位だった。また、西地区のダイヤモンドバックスとロッキーズはナ・リーグワイルドカード争いを大きくリードしておりこのまま行けばプレーオフ進出を果たしそうだ。今回の記事ではこれらのチームのトレードデッドラインについて見ていきたい。同じ躍進チームながら、この3チームが行ったトレードの方針は大きく異なるものであった。それではまず、ダイヤモンドバックスから見ていこう。

 

 ①ダイヤモンドバックスの場合

 ダイヤモンドバックス(以下Dバックス)は最終日以前に JDマルティネスをタイガースから獲得した。そして最終日にエンゼルスからリリーフ投手のデビッド・ヘルナンデス(RHP)とアスレチックスからアダム・ロザレス(SS)を獲得しロスターに加えた。いずれもチームの弱点を底上げする素晴らしい補強になりそうだが、特に注目したいのがJDマルティネス(OF)の獲得である。マルティネスは元々アストロズで育ったがタイガースに移籍した後に成績を伸ばした選手だ。今シーズンは故障で出遅れたが、復帰後はタイガースで OPS1.018を記録するなど例年以上に素晴らしいシーズンを送っていた。Dバックスが彼に一番期待しているのは対左投手の攻略だろう。昨年までは投手の左右に大きく成績が影響される選手ではなかったが今シーズンの彼の対左投手に対するOPSは驚異の1.436となっており非常に得意にしている。確かにLD%が対右投手より20%も高くなっていて運にも味方されている感じは否めない。しかし、Dバックス移籍後も対左投手の打率が4割を超えており、その実力は信用できるだろう。チームの主力打者のジェイク・ラム(3B)とデビッド・ペラルタ(OF)がそれぞれ対左投手OPS.605と.712と苦戦しているDバックスにとって大いに期待できる新戦力と言えそうだ。一方でタイガースが獲得したプロスペクトのうちルーゴはMLB公式チーム内14位、アルカンタラは23位の選手だ。ルーゴは元々ブルージェイズが獲得した選手で三振も四球も少ないタイプである。守備面では2016年に3Bに転向しており特に5ツールの中でも肩を評価されている選手だ。アルカンタラは昨年冬のウィンターリーグで素晴らしい成績を残した選手でルーゴとは違い、MLBでもショートとしてやっていけると評価されている。ただし、2人とも打撃が弱点でありその課題を克服できるかがMLBで活躍できるかの鍵になるだろう。

 

2017 Team Preview:テキサス・レンジャーズ

29536389123_68f383e79f_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  • 本拠地球場:グローブライフ・パーク・イン・アーリントン

 

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml01/

 

広さ
レフト 101.2m
センター 121.9m
ライト 99.1m
フェンス高さ

2.4~4.3m 

パークファクター *平均100
安打 110.0
ツーベース 105.2
スリーベース 181.3
HR 104.9
得点 115.6

 

 

      • 予想オーダー

 1.カルロス・ゴメス:CF
オフにFAとなったが、1年$11.5Mで再契約。昨シーズンはHOUで開幕を迎えるも不調を極め、シーズン中にトレードでTEXへ。TEXでは憑き物が落ちたかのように打ちまくり、地区優勝の立役者となった。気性が荒く、扱いにくい性格と見られているTEXを気に入ったようでチームメイトやスタッフを家族と呼んでいる。

2.秋信守:DH
昨シーズンは何度もDL入りし5年ぶりに出場試合数が100を下回ってしまった。 試合に出ればまずまずの数字を残すことができているため健康でいることが最大の目標になる。体への負担を減らすため今シーズンは主にDHとしての出場が予想されている。対左投手の弱さが指摘されていたが、昨シーズンは少ないサンプルながら対右投手よりも成績がよかった。小学校3年生の時に李大浩(現KBO)を誘って野球を始めた。

3.エイドリアン・ベルトレイ:3B
今シーズンでメジャー20年目を迎える大ベテラン。近年はパワー低下が心配されていたが、昨シーズンからボールがよく飛ぶようになったこともあって3年ぶりとなる3oHR以上をマーク。その他の打撃成績や守備も安定しており衰えを見せていない。メジャー通算3000本安打まであと58本となっており、今シーズン中の達成が見込まれている。バスケットボールが得意で、特にシューティングが上手い。

4.ルーネッド・オドーア:2B
年々成績を上げてきている色んな意味でパンチ力のある小兵。昨シーズンは15年からHRを倍以上に増やすことに成功。一方で振れば結果が残ったからか、徐々に増えていた四球数は減少した。左打者だが、それほど左投手を苦にしていない。守備ではマズい動きが多々見られ、3年連続でDRSはマイナス。WBCではベネズエラ代表として出場。その際イタリア戦でHRを確信し、バットフリップを行い余裕綽々で歩いていたら打球がフェンスを越えず、単打になる場面があった。

5.マイケ・ナポリ:1B
1年$8.5M+1年のオプション付きで1年ぶりにTEXに復帰したスラッガー。 昨シーズンはキャリアハイとなる150試合に出場し、こちらもキャリアハイとなる34HRをマーク。OPSを13年以来となる.800以上に乗せることができた。伸ばしている髭はなるべくキレイにしているとのこと。

6.ノマー・マザラ:RF
昨シーズン、メジャーデビュー。デビュー直後の試合で初ヒット、初HRをマークするなど序盤は素晴らしい打撃を見せたが、シーズンが進むにつれ尻すぼみになってしまった。左投手に圧倒的に弱く、昨シーズン左投手から打った長打は2本のみ。このままではプラトーン専用の選手になってしまうだろう。目標とする選手はエイドリアン・ベルトレイ。

7.ジョナサン・ルクロイ:C
昨シーズン途中にトレードで加入。打撃では移籍前から好調だったが、移籍後さらに調子がよくなりキャリアハイとなる24HRをマーク。守備ではフレーミングやブロッキングなどあらゆる面でいい働きをしていた。 

8.ジュリクソン・プロファー:LF
故障から復帰し3年ぶりにメジャーでプレーした昨シーズンはユーティリティとして活躍。本職のSSだけでなく、1B/2B/3B/LFをまんべんなく守りどのポジションでもまずまずの動きを見せた。打撃はかつてトッププロスペクトと言われていたことを考えると物足りないが、WBCでの好調が本物ならシーズンでもいい成績を残せるだろう。WBCの準決勝でプエルトリコに負けた後、チームに戻り自分のロッカーに向かうと「オランダよ安らかに眠れ ドミニカより」と書かれた葬式用の花が置いてあった。犯人はベルトレイ。

9.エルビス・アンドラス:SS 
近年は打撃、守備ともに低迷していたが昨シーズンは打撃だけ調子を取り戻し打率、出塁率、長打率、HR、打点全ての項目でキャリアハイの成績を残した。一方で守備は3年連続となるDRSマイナスをマーク。つまらないミスが多いが、全く役に立たないというほどでもない。13年に$3.7Mで購入したダラスにあるマンションを今年$4.5Mで売りに出している。

2016 Trade Deadline~大物2選手を獲得したTEX~

28580260611_64be16ba78_z

 

 

 

 

 

 

 

様々な思惑が飛び交った今年のトレードデッドライン。今回は今年のデッドラインの目玉だった2選手を獲得したTEXについて振り返っていく。

 

7/26 TEX⇔ATL
ATL→TEX ルーカス・ハレル+ダリオ・アルバレス
TEX→ATL トラビス・デメリ

先発ローテーションに不安を抱えていたTEXが補強として選んだのはハレルだった。このトレードが決まる前から先発投手獲得について様々な噂が飛び交っていたが、先日のBOSの記事でも指摘したようにフリオ・テヘランやリッチ・ヒルなどの実力のある先発投手はチームが出さないと決めたか、故障持ちかのどちらかであり、市場には先発4/5番手クラスの成績の先発投手しか出回らなかった。

TEXの先発ローテーションのうち開幕から投げ続けていたのはコール・ハメルズとマーティン・ペレスだけで、コルビー・ルイスとデレク・ホランドは故障が長引き、グリフィンも一時故障離脱という有様。チチ・ゴンザレスやニック・マルチネスをマイナーから昇格させて先発させたり、カイル・ローシュをマイナー契約で獲得したりと様々な試みがなされるがいずれも不発。ダルビッシュ有がトミー・ジョン手術から復帰していなければ目も当てられない状況になっていただろう。

ハレル獲得も様々な試みの1つと言っていいだろう。ハレルはATLで5試合に先発し防御率3.38とまずまずの成績を残していたが、K/BB=21/12と投球内容はイマイチ。ハレルは元々コントロールが悪すぎてメジャーで貰い手がなかったためKBOにまでプレー機会を求めて旅立った経験のある投手。好投していたとはいえ5試合だけで、ハレルの能力を考えるとTEXでも好投を続けるとは考えにくい。

しかし、それでもTEXは構わなかったのだろう。ダメで元々、成功すればそれでよし、失敗だったとしても元がマイナー契約であるためサラリーは格安。低リスクで先発ローテーションの穴埋めを試みることができるのだ。結果は2試合に先発した後に故障し15日間DL入りとなった。TEXとしては最低でも5試合に先発させて結論を出したかったところだが、故障者を埋めるために獲得した投手がすぐさま故障することは予想できなかっただろう。

もう1人のアルバレスは27歳のLHP。リリーフとしてATLに16試合に登板し防御率3.00をマークしていた。高い奪三振能力が魅力でリリーフにはうってつけのタイプだ。アルバレスの魅力は貴重な左の中継ぎということもあるが保有期間の長さだろう。TEXは今シーズン終了後5年間アルバレスを保有することができる。なかなかメジャーでの登板機会に恵まれないアルバレスだがマイナーでの成績は悪くなく使ってみる価値はありそうだ。

ハレルとアルバレスの両投手に対して見返りとして放出したのはデメリ1人だけだ。両投手ともそれほど実績がなく実力もまずまずなので、デメリ1人ですんだのだろう。デメリはA+でプレーする21歳のIF。打撃は非常に粗く、K%も30%を優に超えるがその分パワーは本物でトレード前の時点で25本塁打をマークしている。TEXとしては打撃の粗いIFはジョーイ・ギャロ1人で十分なのでタイプの被るデメリを大事に取っておく必要はなかったのだろう。

ATLとしては現状非力な野手プロスペクトが多く、パワーの評価が高いデメリをタダ同然で獲得した2人と交換できるのなら悪くないだろう。