Tag Archives: ジョナサン・ロドリゲス

2017 Draft Review:アメリカン・リーグ中地区

35632554706_2407f7e9cb_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重

  • シカゴ・ホワイトソックス

 

11:ジェイク・バーガー:ミズーリ州立大学:3B:185cm/99kg

パワーは今ドラフトクラスの中でも1、2を争うスラッガー。強烈なバットスピードでボールを捉え、遠くへ飛ばすことができる。一方で変化球に対応できない脆さも見せており、三振の数が多くなることが予想される。スピードは皆無で、守備も改善されたと言われるが、それでも平均以下。特に、スローイングの不安定さはレギュラー3Bとしては厳しいものがあり将来1Bに転向することになっても誰も不思議には思わないだろう。

49:ギャビン・シーツ:ウェイクフォレスト大学:1B:193cm/104kg

元メジャーリーガーであるラリー・シーツの息子。大きな体格から生み出されるパワーが最大の魅力。今年はアプローチが改善され、三振数をそのままに四球を倍近く増やすことに成功。スイング自体もコンパクトに打者として洗練されつつある。打撃以外のツールは平凡で既に守れるポジションが1Bのみと1巡目指名のバーガーとは打席の左右が異なる以外、ほとんど同じタイプである。

87:ルイス・ゴンザレス:ニューメキシコ大学:185cm/86kg

打撃ではコンタクトスキルに長けており、三振が少ない。一方でしっかりとボールを見極めることもでき、高出塁率を期待できる。パワーは平均かそれ以下だが、ギャップを抜いた二塁打を打つことが上手く、長打が全くないわけではない。スピードも平均以上で、大学ではここ2年間盗塁失敗なしと盗塁も上手い。守備ではスピードを活かした広いレンジと強肩を持ちあわせており、CFを守らせるにあたって問題となるところはない。