Tag Archives: ジョン・アックスフォード

2018 Team Preview:トロント・ブルージェイズ

tor

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

  • 本拠地:ロジャース・センター

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml19/

 

広さ
レフト 100.0m
センター 121.9m
ライト 100.0m
フェンス高さ 3.0m
パークファクター平均*100
安打 97.4
ツーベース 107.5
スリーベース 93.7
HR 92.3
得点 94.6

 

  • 予想オーダー

1.デボン・トラビス:2B

デビューイヤーから2年連続打率.300を記録するも、17年はキャリアワーストの185打数、打率.259。2B通算DRS=6、UZR=5.4と守備は良いが、GMはそもそも守備指標に懐疑的。18年も離脱が長ければ、新加入のヤンガービス・ソラーテに2Bの座を奪われるかもしれない。

2.ジョシュ・ドナルドソン:3B

4年連続となるAS選出は逃したものの、3年連続30本塁打、OPS+=140を記録した。通算BB/K=0.63とアプローチに定評があり、3B通算DRS=52、UZR=43.2と守備も良い。ただし17年はUZR=-0.9を記録。年俸23MでFA間近のドナルドソンの去就は気になるところだ。

3.ジャスティン・スモーク:1B

17年は打率.270/OPS.883/38(対左7本)本塁打のキャリアハイでAS初出場を果たした。左投手を苦手としていたが、17年は左投手からも打つことが出来た。プルヒッターでありフライボールヒッター。積極的アプローチだが、通算打率.232/.出塁率.317と四球は平均以上に選べている。スティーブ・ピアースと1Bの座を争う。

4.カーティス・グランダーソン:LF

予想オーダー唯一の左打者。37歳とピークは過ぎているものの、17年はメッツで19本、ドジャースで7本の本塁打を放ち、4年連続20本塁打を継続させると共に、通算300本塁打を達成した。極端に慎重なアプローチでハードコンタクトの多いバッター。左打者が不足していることもあって、一定の出場機会が得られるため5年連続20本塁打に期待したい。

5.ケンドリス・モラレス:DH

スモークと同じくスイッチヒッターで、左投手を苦手としていない。17年はOPS+=94だった一方で28本塁打を記録。しかし、エドウィン・エンカーナシオンの穴を埋めたとは言えず、再び30本塁打の大台に乗せたい。BB%が低下する一方でK%が増加しているのは気がかり。

6.トロイ・トゥロウィツキ:SS

故障が多いSSで、18年は既に4月末まで離脱することが決まっている。17年はSS守備でDRS=0、UZR/150=-2.4と、移籍後振るわない打撃成績だけでなく、守備成績でも陰りが見えた。故障さえしなければ好成績を収められる選手だっただけに、復帰後は好成績を収めたい。契約は最短でも35歳となる20年(20→20→14→15*)まで続くことになっている。

7.ランダル・グリチック:RF

17年のオフにカージナルスからトレードで加入した。パワーはメジャー平均を上回るものの、アプローチに難があり、通算BB/K=0.20。プルヒッターであり打球の約半数が左方向(右打者)。パワーポテンシャルを活かしきれていないだけに、新天地でグレードアップを狙いたい。OFでは3ポジション共にDRSとUZRは+を記録している。

8.ラッセル・マーティン:C

通算BB/K=0.66のアプローチと強肩、フレーミングに定評のあるキャッチャー。近年は盗塁阻止率やフレーミングが低下して評価を落としている。13年には、当時まだメジャーリーグで脚光を浴びていなかったフレーミング技術をパイレーツに高く評価された。

9.ケビン・ピラー:CF

球界を代表するディフェンダーの1人であり、15年にはウィルソン Def PlayerのCFに選出。通算DRS=52、UZR=41.8を記録。一方で通算BB/K=0.28、OPS+=85とバッティングは下位打線向きの成績。通算55盗塁19盗塁死とスピードは攻守で活かされている。18年はヤンキース戦にて二盗、三盗、本盗を連続で決めてみせた。

 

2016 Team Preview:オークランド・アスレチックス

20680822551_6595ecdb0f_z
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す
 
  • 本拠地:オー・ドットコー・コロシアム
 
 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml16/

 

広さ
レフト 100.6m
ライト 121.9m
センター 100.6m
フェンス高さ 2.4〜4.6m

 

パークファクター*平均100
安打 96.4
ツーベース 96.7
スリーベース 118.5
HR 77.7
得点 94.4

 

  • 予想オーダー

1. ビリー・バーンズ:CF
2013年にジェリー・ブレビンスとのトレードでワシントン・ナショナルズから加入。俊足巧打のリードオフタイプ。昨季5月にレギュラーに定着すると、AVG.294&26SBと好成績を収めた。一方でマイナー時代には良かった選球眼がメジャーではBB%4.7%と陰を潜め、マイナー通算407試合で2HRのみだったのが投手有利本拠地でありながら125試合で5HRも放つなど、マイナー時代とは違うイメージも残した。

2. ジェド・ラウリー:2B
リリーフプロスペクト、ブレンダン・マカリーとのトレードで加入。ここ最近の所属球団はHOU→OAK→HOU→OAK。怪我が非常に多い選手で、100試合以上に出場したのは8年のキャリアで2回のみ。MIFとしては優秀なパワーが武器。3年$23Mの契約の2年目で、2018年には$6Mのチームオプションか$1Mのバイアウト。

3. ビリー・バトラー:DH
3年$30Mで加入。ペイロールの小さいアスレチックスとしてはかなり奮発しての獲得だったが、1B以外を守れないほぼDH専任でありながら15HR&OPS.713。fWAR&rWARともにマイナスを記録するなどチームに全く貢献できなかった。 8月にサヨナラヒットを放った際には、チームメイトにユニフォームを引っ張られ、たるんだ腹部が露わになった。

4. ジョシュ・レディック:RF
怪我に悩まされつつも毎年結果を残し続けており、149試合に出場した昨季は20HR&AVG.272をマーク。またOPS.781は32HRを放った2012年の.768を超えて100試合以上に出場したシーズンでは自己ベスト。チームは今オフFAとなるレディックとの契約延長を望んでいるが、レディックは「シーズン中には交渉したくない」と明言しており、タイムリミットは近い。

5. クリス・デービス:LF
バビー・ダービー、ジェイコブ・ノッティンガムとのトレードでMILから加入。打者有利本拠地から投手有利本拠地へと移り、野手の入り乱れるアスレチックスにおいて出場機会をどれほど確保できるかは不透明だが、30HR以上を記録しても不思議はないパワーポテンシャルを持つ。昨季は121試合に出場して27HR&OPS.828を記録した。BB%を初のフルシーズンとなった2014年から ほぼ倍増させたが、K%も22.2%→27.7%と悪化。

6. ダニー・バレンシア:3B
トロント・ブルージェイズからDFAされていたバレンシアをアスレチックスがクレームして加入。2チームで計105試合に出場して18HR&OPS.864を記録する自己ベストのシーズンを送った。昨季は左右を問わず良く打ったが、キャリアでは対左投手ではOPS.864、対右投手では.664と大きな差がある。

7. スティーブン・ボート:C
最初の2ヶ月で11HRを放ちASにも選出され、ブレイクイヤーを予感させたが、後半戦で大失速。それでも18HR&OPS.783と守備力を備えたCとしては及第点以上の成績を残した。昨季は33試合にDHか1Bとして出場したが、すでにDHまで埋まっていること、また左投手相手には1HR&AVG.239と手が出なかったことから出場機会が減ることも考えられる。

8. ヨンダー・アロンゾ:1B
ドリュー・ポメランツなどを放出した見返りとしてマーク・ゼプチンスキーと共にSDから加入。ある程度のAVG、ある程度のOBP、プラスのディフェンスを期待できるが、肝心のパワーがCIFとしては平凡。元々はプロスペクトランキングでトップ50入りするようなトッププロスペクトだった。同じく左打ちで昨オフルール5ドラフトで獲得したマーク・カナらとポジションを争う。

9. マーカス・セミエン:SS
昨季が初のフルシーズンだったが、1年間レギュラーの座をしっかりと守った。MIFとしては優秀なパワーの持ち主で、昨季は155試合で15HRを記録。メジャーワースト1位の35エラーを犯すなど守備に粗さが出たが、DRSはプラスだった。2014年オフのジェフ・サマージャのトレードでOAKに移籍。