Tag Archives: ジョーダン・ライルズ

Look Back 2011 BA Prospect Ranking 41~50

14936752008_458b341bb2_z

 

 

 

 

 

 

 

MLBを語るに際して決して忘れることのできないプロスペクト。見事に期待に応えてスタープレーヤーへと成長を遂げる選手もいれば、メジャーの舞台に辿り着くことすらなく消えていく選手も少なくない。一昨年、昨年と好評をいただいた当コラムだが、今年は趣向を変え、2011年版のBaseball America発表のプロスペクトランキングTOP100から上位50名を取り上げてその軌跡を振り返るとともに、2016年の成績をもとにした5年後のランキングも掲載したので合わせてお楽しみいただきたい。なお、今回は2011年版ランキングから41~50位を取り上げる。

 

2011 BAランキングと独自に作成した2016 FEDランキングの比較

順位  2011 Baseball America  2016 Far East Division 変動
1 ブライス・ハーパー WSH マイク・トラウト LAA ↗1
2 マイク・トラウト LAA クリス・セール BOS ↗↗18
3 ヘスス・モンテロ NYY ザック・ブリットン BAL ↗↗25
4 ドモニク・ブラウン PHI マニー・マチャド BAL ↗↗10
5 フリオ・テヘラン ATL アロルディス・チャップマン NYY ↗2
6 ジェレミー・ヘリクソン TB フレディ・フリーマン ATL ↗↗11
7 アロルディス・チャップマン CIN フリオ・テヘラン ATL ↘2
8 エリック・ホズマー KC ブランドン・ベルト SF ↗↗15
9 マイク・ムスタカス KC ブライス・ハーパー WSH ↘8
10 ウィル・マイヤーズ KC ゲイリー・サンチェス NYY ↗↗20
11 ジェームソン・タヤン PIT ウィル・マイヤーズ SD ↘1
12 ダスティン・アクリー SEA ビリー・ハミルトン CIN ↗↗38
13 シェルビー・ミラー STL ジェレミー・ヘリクソン PHI ↘7
14 マニー・マチャド BAL クリス・アーチャー TB ↗↗13
15 マット・ムーア TB デリン・ベタンセス NYY ↗↗28
16 マイケル・ピネダ SEA エリック・ホズマー KC ↘8
17 フレディ・フリーマン ATL ジェームソン・タヤン PIT ↘6
18 ジョン・ラム KC マット・ムーア SF ↘3
19 マイク・モンゴメリー KC マイク・モンゴメリー CHC →0
20 クリス・セール CWS ディー・ゴードン MIA ↗6
21 ジェイコブ・ターナー DET マーティン・ペレス TEX ↗3
22 デズモンド・ジェニングス TB マイク・ムスタカス KC ↘↘13
23 ブランドン・ベルト SF ブレット・ロウリー CWS ↗↗17
24 マーティン・ペレス TEX マイケル・ピネダ NYY ↘8
25 ロニー・チゼンホール CLE ランドール・デルガド ARI ↗↗11
26 ディー・ゴードン LAD ロニー・チゼンホール CLE ↘1
27 クリス・アーチャー TB トラビス・ダーノウ NYM ↗9
28 ザック・ブリットン BAL カイル・ギブソン MIN ↗6
29 カイル・ドレイベック TOR アーロン・ヒックス NYY ↗↗16
30 ゲイリー・サンチェス NYY デズモンド・ジェニングス TB ↘8
31 ケイシー・ケリー SD シェルビー・ミラー ARI ↘↘18
32 タイラー・マツェック COL ジョーダン・ライルズ COL ↗↗10
33 ジャロッド・パーカー ARI ジョン・ラム CIN ↘↘15
34 カイル・ギブソン MIN ジェイコブ・ターナー CWS ↘↘13
35 ランドール・デルガド ATL ダスティン・アクリー NYY ↘↘23
36 トラビス・ダーノウ TOR ケイシー・ケリー ATL ↘5
37 マイク・マイナー ATL ヘスス・モンテロ BAL ↘↘34
38 ブレット・ジャクソン CHC ジョナサン・シングルトン HOU ↗1
39 ジョナサン・シングルトン PHI ウィリン・ロザリオ 韓国 ↗↗10
40 ブレット・ロウリー TOR ドモニク・ブラウン TOR ↘↘36
41 マニー・バニュエロス NYY カイル・ドレイベック ARI ↘↘12
42 ジョーダン・ライルズ HOU トニー・サンチェス LAA ↗4
43 デリン・ベタンセス NYY マイク・マイナー KC ↘6
44 ヘンリー・メヒア NYM マニー・バニュエロス ATL ↘3
45 アーロン・ヒックス MIN タイラー・マツェック COL ↘↘13
46 トニー・サンチェス PIT トレイ・マクナット SD ↗2
47 アレックス・ホワイト CLE ジャロッド・パーカー OAK ↘↘14
48 トレイ・マクナット CHC アレックス・ホワイト 無所属 ↘1
49 ウィリン・ロザリオ COL ブレット・ジャクソン 無所属 ↘↘11
50 ビリー・ハミルトン CIN ヘンリー・メヒア 追放 ↘6

※2016年球団に所属しており、かつシーズン終了後FAの選手は2016年にプレーした球団を記載

 

2016 Team Preview:コロラド・ロッキーズ

14561162456_02fb0b2235_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  • 本拠地:クアーズ・フィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml27/

 

広さ
レフト 105.8M
センター 126.5M
ライト 106.7M
フェンス高さ 2.4~4.2M
パークファクター平均*100
安打 130.1
ツーベース 123.5
スリーベース 200
HR 121
得点 143.6
  • 予想オーダー

1.チャーリー・ブラックモン:CF
ここ2年で.287/.341/.445と安定した成績を残す俊足外野手。本塁打も2年で計36本マークしており当てるだけではなく、長打も打つことができる。43盗塁もマークしリードオフマンにうってつけのように見えるが、四球をあまり選ばないため出塁率は伸び悩んでいる。それでも徐々にBB%は高くなっているので、今後もこの傾向が続けば平均レベルにまで四球を選べるようになるだろう。左打者だがそれほど左投手を苦にしていない。クアーズ・フィールドの恩恵を多大に受けているタイプでアウェイでは通算OPS.653。オフにはNBAのハーフタイムショーで、コートの真ん中でゴールに背を向けながらボールを投げ一発で決めるミラクルシュートを披露した。

2.DJラメイヒュー:2B
昨シーズンキャリア初となる打率.300以上と20盗塁以上をマークした。メジャーリーガーの中でも大きな体格の持ち主だが長打が少なく本塁打は2桁を超えたことがない。逆方向への意識と、足を生かそうとするあまり打球をゴロにしようとする意識が強すぎることが原因だろう。ホームであるクアーズ・フィールドの特徴を生かすなら打球を打ち上げる方が効果的なので一度モデルチェンジを計ってみるのもいいかもしれない。守備が上手く2014年にはゴールドグラブを受賞。

3.カルロス・ゴンザレス:RF
故障続きだった2年間の鬱憤を晴らすかのように打ちまくった30歳にしてチーム最古参のスター選手。昨シーズンの153試合出場と40本塁打はキャリアハイで2010年以来となるシルバースラッガーも受賞した。 ホームでの方が打撃成績がいいがアウェイでは全く打てないというタイプではなく、昨シーズンはアウェイでも16本塁打をマークしている。本塁打でキャリアハイをマークした一方で盗塁はメジャーデビューして以降最低の2個に留まった。トロイ・トゥロウィツキ(TOR)と異なりいつトレードされても動じない心を持っている。

4.ノーラン・アレナド:3B
昨シーズン42本塁打をマークし一躍メジャーを代表する選手になった。ホームよりもアウェイでの本塁打の方が多くクアーズ・フィールドの外でも打てるということを証明した。守備でもレンジの広さと肩の強さを生かし3年連続でゴールドグラブを受賞している。MVP投票では8位に終わったがチームが最下位でなければもっと票を稼ぐことができただろう。 ラメイヒューとは全く逆のアプローチで、引っ張る打球が多くフライを打ち上げるようにしている。そのため昨シーズンの犠牲フライはメジャートップの数字。

5.ヘラルド・パーラ:LF
今オフに3年27.5Mの契約で加入した年々守備指標が悪化している外野手。2013年をピークにその後は2年連続でDRSはマイナスをマークしている。その分昨シーズンは打撃が好調で、キャリアハイとなる14本塁打、OPS.780をマークした。ただ、シーズン途中で移籍したBALでは.236/.268/.357たるスラッシュラインに終始しており今シーズンに若干の不安を残す。ゴンザレスとはWBCのベネズエラ代表でもチームメイトだった。

6.ベン・ポールセン:1B
昨シーズンはルーキーながらも11本塁打をマークした。OPS.787も悪くない数字だが打者有利のホームを主戦場としている1Bならもっと打ってほしいところ。左打者で左投手との相性が悪いため今シーズンはマーク・レイノルズとプラトーンを組むことになる。外野も平均程度にこなすことができ、使い勝手は悪くない。

7.ニック・ハンドリー:C
昨シーズンは32歳ながらもキャリアハイとなる打撃成績をマークしたベテラン。OPS.807は2012年以降で最も高い数字だった。守備は平均程度だが、前任者がウィリン・ロサリオ(現KBO)だったためそれに比べるとはるかによく見えるだろう。チームの中で最もクアーズ・フィールドの恩恵を受けており、レギュラーの野手の中ではホームとアウェイの成績が一番かけ離れていた。

8.トレバー・ストーリー:SS
今シーズン、開幕メジャースタメンが予想されるトッププロスペクト。 昨シーズン、チームがトゥロウィツキを放出しホセ・レイエスを獲得した際は、レイエスをすぐにトレードしストーリーを昇格させるのではないかという憶測があったが実現には至らなかった。しかし、オフにレイエスがDVで逮捕されたこともあり、ストーリーに開幕メジャーの座が回ってくることとなった。昨シーズンは2A&3Aで20本塁打、OPS.863をマークしており準備は万端。守備の評価も悪くなく、開幕ダッシュに成功すればレイエスをトレードに追いやることになるかもしれない。

9.投手