Tag Archives: ジョー・ヒメネス

2017 Top 20 Prospects:デトロイト・タイガース

27600077440_f84e3596d9_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. クリスチャン・スチュワート:OF
昨シーズンA+-AAで30HRをマークしたスラッガー。コンタクトスキルに欠け打率は低いが、平凡だった四球数を大幅に増やし出塁率を上げることに成功した。守備はてんでダメで、マイナーの選手の中でもワーストクラス。スピードが全くないためレンジが狭く、肩も弱いためポジションはLFに限られるが、そのLFも満足に守れないと見る向きが多い。将来はDHに収まることになるだろう。

2. マット・マニング:RHP
16年ドラフト全体9位指名。元NBAプレイヤーの父親を持ち、自身も高校時代バスケットボールをプレーしていたアスリート。 長い手足を使ったスリークォーター気味のアングルから投げる最速97マイルの速球が武器。これに縦に割れるスピンの利いたパワーカーブを組み合わせる。デリバリーが1塁方向へと流れることが多く、コントロールを乱す原因となっている。ハイシーリングでエースポテンシャルを有している。

3. マイケル・ガーバー:OF
全てのツールをバランスよく持っているハイフロアーなタレント。打撃ではまずまずの打率を残せるヒッティングスキルとシーズン15HRも可能なパワーを持ち合わせており、アプローチも悪くない。守備ではCFを守ることもあるが、スピードが平凡なためRF向き。肩は強いため平均以上のRFになれるだろう。ブレーキングボールへの対応に課題を残している。 

4. カイル・ファンクハウザー:RHP
16年ドラフト4巡目指名。一昨年のドラフトでLADから全体35位指名を受けるも契約金で折り合いがつかず大学へ戻り、評価を上げるつもりが逆に成績を落とし評価を下げてしまった。最速97マイルの速球と、90マイルをマークするスライダーのコンビネーションで三振の山を築く。リリースポイントを見失うことが多く、コントロールが乱れる原因となっている。真っすぐな軌道だった速球を動かしてみたり、投げていなかったチェンジアップを多く使ってみたりと工夫は見られる。 

5. ボー・バロウズ:RHP
一昨年のドラフトから伸び悩むハイシーリングなタレント。ドラフト時は90マイル後半の速球を投げていたが、昨シーズンは90マイル前半で推移していた。速球のムーブメントは申し分ないが、球離れが早く、打者に容易にコンタクトされるためK/9が大幅に悪化する原因となった。それでもカーブ、チェンジアップといったブレーキングボールの評価は高く問題の速球さえ改善することができればポテンシャルに見合った成績を残せるだろう。 

6. ジャコビー・ジョーンズ:OF
ポテンシャルの高さを随所に見せるが、実戦で発揮できないでいる。筋肉質な体格でパワーポテンシャルは平均以上だが、コンタクトスキルに欠けるためマイナーではシーズン2桁HRをマークしたことはない。スピードと肩の強さは平均以上だが、IFの守備がお粗末なためOFに回されることになった。最低でも第4のOFとしては使えるだろう。

7. タイラー・アレキサンダー:LHP
速球の球速は90マイル前半程度だが、ストライクに投げ続けることができるコントロールのよさに高評価を得ている。ストライクを取るためのスライダー、低めに投げて空振りを奪うためのスライダー、チェンジアップのブレーキングボールはいずれも平均かそれ以上の評価を得ている。コマンドはそれほど突出しているわけではない。ローテーション4/5番手クラス。

8. グレイソン・グライナー:C
故障に苦しみ打率が.200を切った一昨年から一転、ハイアベレージを残すことができた守備型C。故障が癒えた昨シーズンは持前のコンタクトスキルの高さを発揮。長打数も増え、レギュラークラスとしては最低限の打撃を見せることができるだろう。守備ではブロッキングなどでソリッドさを見せる。

9. ジョー・ヒメネス:RHP
マイナーで圧倒的な成績を残し続けるリリーフプロスペクト。サイド気味のアングルから最速100マイルの速球とスライダーのコンビネーションで三振の山を築く。ストライクゾーンにボールを集めるコントロールを有しており、四球で自滅するといったことはない。セットアッパー/クローザーレベルの投手になれるだろう。 

10. サンディ・バエズ:RHP
常時90マイル後半の威力抜群の速球を投げることができるが、ブレーキングボールがイマイチなため三振数が増えない原因となっている。コントロールは悪くなく、細かいコマンドはないが四球を出すことは少ない。現在は先発として投げているが、リリーフに回れば早期昇格も望める。 

11. アーティー・ルヴィキ:RHP
コントロールのよさと闘争心の高さが光るタレント。90マイル前半の速球とカーブ、スライダー、チェンジアップのコンビネーション。スライダー、カーブの評価は高いが、チェンジアップは改善の余地あり。デリバリーは力感が強く、 ブルペン転向の可能性もある。トミー・ジョン手術を経験しており故障も多く、耐久性に問題あり。

12. マイルズ・ジェイ:RHP
90マイル前半の動く速球とスライダーのコンビネーション。カーブ、チェンジアップも投げるが、改善の余地あり。年々BB/9の数字をよくしているが、コントロールはそれほどいいというわけではない。特筆すべきツールはないがソリッドな成績を期待できる。 

13. ケビン・ジオメック:LHP
昨シーズンは胸郭出口症候群の治療の手術のためシーズンの大半を棒に振った。健康ならば90マイル前半の速球とスライダー、チェンジアップをコントロールよく投げ分けることができる。速球の球威不足をデセプションに優れたデリバリーである程度カバーしているが、それでも球威不足は否めないだろう。現在24歳で未だにA+と残されている時間はそう多くない。

14. マット・ホール:LHP
速球は最速でも80マイル後半程度だが、クオリティの高いカーブを多投することによって好成績を収めることができている。ただ、このカーブ以外のブレーキングボールはイマイチで、コントロールも平凡なため、将来はリリーフに回る可能性が高い。

15. ディクソン・マチャド:SS
肩が強く、アクロバティックなプレーを度々見せる守備の名手。深い位置からの送球も正確でエラーも少ないため守備だけならレギュラークラス。打撃では四球を殖やすなどの努力が見られるが、コンタクトスキルは平凡で、パワーも平均以下のためレギュラーに据えるには物足りない。 将来は守備固め要員だろう。

16. スペンサー・ターンブル:RHP
独特のアングルから投げる90マイル中盤のよく沈む速球とカッターのようなアクションを見せるスライダーのコンビネーションは素晴らしいが、それ以外のカーブ、チェンジアップといった球種は平均以下。コントロールに難があり四球を出す場面が多い。昨シーズンは故障でシーズンの半分を休養に回したことで24歳でA+に留まっている。使える球種の少なさ、コントロール、耐久性の面からブルペン転向を勧める声もある。

17. ポール・ボールカー:RHP
90マイル後半の威力抜群の速球が最大の武器のリリーフプロスペクト。 アウトピッチのスライダーは平均レベルのボールだが、緩急をつけるには十分。コントロールもそれほど悪くなく、ストライクゾーンにボールを集めることができる。

18. ドリュー・スミス:RHP
速球の球速は90マイル後半に達するが、軌道がフラットになりがち。昨シーズンAでは好成績を収めたが上のクラスでも通用するかは未知数。落差の大きいカーブはアウトピッチとして空振りを奪うことができる。デリバリーは無駄な動きが多く、コントロールを乱す原因の1つとなっている。

19. オースティン・アスマン:C
16年ドラフト14巡目指名。パワーとコンタクスキルの高さを併せ持った打撃が魅力。バットスピードが速いため、コンスタントにハードコンタクトを生み出すことができる。守備では肩が強く、盗塁阻止の面では信用できるが、ブロッキングなどの技術は未熟。大学時代は故障が多かった点も懸念材料。

20. ブラディミール・ピント:RHP
非常に小柄な体格ながらも、最速100マイルの速球を投げることができるハイシーリングなタレント。デリバリーの力感が強く、身長が伸びなければ将来はブルペン転向も有り得るだろう。 ブレーキングボールは発展途上。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/J3VBs9

2016 Futures Game Preview:世界代表

19069931546_2be616c8c5_z

 

 

 

 

 

 

 

アメリカでは現地時間10日にプロスペクトの祭典『フューチャーズゲーム』が開催される。今回はそれに先立ってロースター及び予想オーダーを紹介する。これを読んでおけば『フューチャーズゲーム』がより楽しめるはずだ。さらに観戦時に選手名鑑の代わりに使ってもらえれば幸いだ。

 

  • 予想オーダー

 

1.マニュエル・マーゴット(SD):CF
スピードツールが光るヒットメーカー。毎年35盗塁以上をマークしており、今シーズンもここまで23盗塁。コンタクトスキルが高くハイアベレージを残すことができる。小柄だが全くの非力というわけではなく多少のパンチ力 は兼ね備えている。広いレンジをカバーすることができるのでCFから転向する必要はない。肩はそれほど強いわけではないが今シーズンは14個のアシストをマークしている。

2.ヨアン・モンカダ(BOS):2B
アマチュア選手市場最高額の契約金を手にしてMLBの世界に飛び込んできた怪物。ずば抜けた身体能力は全てのプレーにおいて発揮されている。打撃では左右両打席問わずヒットを量産することが可能でパワーも平均以上。アプローチも卓越しており出塁率も高い。足も非常に速く昨シーズンは49盗塁で失敗は3個のみ。今シーズンもここまで40盗塁、失敗8個と驚異的なペースで盗塁数を増やしている。守備ではエラーが多いがレンジの広さと肩の強さからどこを守っても平均以上だろう。

3.タイラー・オニール(SEA):RF
無駄な力みのないスイングで打球を瞬く間にフェンスの向こうへと飛ばすスラッガー。昨シーズン放った32本塁打はマイナー全体で2番目に多かった。投球に対する理解も徐々に深めており、今シーズンはハイアベレージを残しつつ長打も打てるようになっている。高校時代は捕手だったがプロ入り以降はOFに専念。

4.ホルヘ・ボニファシオ(KC):DH
兄にATLの内野手エミリオを持つ。以前はハイアベレージを残すミドルヒッタータイプだったがモデルチェンジを行い、強烈なスイングで長打を量産するスラッガーへと変貌した。その代わり、打撃が荒っぽくなり外角のボール球を追いかける場面が増え三振も増えた。ドラフト時はそこそこだったスピードツールも体重が増えたことで平均以下になり、守備でもレンジ不足は否めない。肩は強いが送球の正確性に欠ける。

5.ゲイリー・サンチェス(NYY):C
攻守ともに粗削りながらも非常に高いポテンシャルを秘めている。打撃ではプラス評価のパワーを有しているが、なんでも振りに行くアプローチが原因となって満足に発揮できていない。 守備では20-80のスケールで70の評価を得る強肩を武器に盗塁阻止では毎年30%以上の盗塁阻止率をマークしているが、キャッチングやブロッキングにおいて未熟さを残している。それでも徐々に洗練されつつあり中軸を打てるレギュラー捕手との見立ては現実的になっている。

6.ロナルド・グスマン(TEX):1B
2011年契約当時は現在メジャーで活躍するノマー・マザラよりも高い評価を得ることが多かったが現在は完全に後塵を拝している。非常に大きな体格の持ち主だがパワーツールは平均並。それよりも高いヒッティングスキルに高評価を得ている。長い腕で広いゾーンををカバーしヒットゾーンへと打球を飛ばす能力は特筆すべきものだが、時折手だけで打ちにいくことがありこの癖が成長を妨げている。また、四球が少ない割には三振が多いアプローチも要改善。スピードとディフェンスは平均以下。

7.レイメル・タピア(COL):LF
独特なスイングから快音を飛ばすエネルギッシュなタレント。バットを高く掲げ腰を大きく曲げる構えから振りぬかれるバットスピードは非常に速く、 細身ながらも長打を多く打つことを可能にしている。今後体重をつけていけばメジャーでも15~20本塁打を狙えるようになるだろう。打席では仕掛けが早く四球は少ない。スピードツールは平均以上だが盗塁はそれほど上手くなく今シーズンは14盗塁をマークしつつも13個の失敗も喫している。守備ではルート取りに不安がある。

8.ヤンディ・ディアズ(CLE):3B
コンタクトスキルに優れておりマイナーの各クラスでハイアベレージを残し順当に昇格してきている。アプローチも素晴らしくマイナー通算のBB/K=175/159。コンタクト重視なバッティングなため長打が少ない点が打撃では唯一の欠点。肩が強くハンドリングも上手いため3B守備はプラス評価。スピードはそれほどでもないが年間2桁盗塁は見込める。 

9.ウィリー・アダムス(TB):SS
20歳という若さで立派にAAで成績を残している逸材。打席では空振りが多いもののギャップを抜くパワーがあり将来はメジャーで10~15本塁打も可能だろう。不安視されていた守備も徐々によくなりつつあり、好プレーも度々見せている。肩が強いためSSからコンバートされる場合は3Bに移ることになるだろう。スピードが平凡なためレンジがそれほど広くない点が痛いところ。

P.アレックス・レイエス(STL):RHP
最速100マイルの速球を容易く投げる剛腕。この速球は沈んでいく軌道なため空振りを奪うのに有効なだけでなく、長打を打たれにくいという長所もある。縦に割れるカーブの評価も高くアウトピッチとしては非常に有効。チェンジアップを効果的に使えるという点で他のピッチングプロスペクトとも一線を画している。コントロールの悪さが唯一にして最大の欠点で1シーズンのBB/9が4を下回ったことがない。

 

2016 Top 20 Prospects:デトロイト・タイガース

6964980996_acc041224d_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. マイケル・フルマー:RHP
ヨエニス・セスペデスとのデットライントレードでNYM→DET。11年ドラフト全体44位右腕が遂にブレーク。自己最多の22先発し、124.2回投げて防御率2.24、K/9=9.0、K/BB=4.17はいずれもキャリアハイ。90マイル中盤のストレート&スライダーのパワフルな投球。

2. ボー・バロウズ:RHP
15年ドラフト全体22位指名。コンスタントに90マイル中盤を叩き出すストレートは最速99マイルに達する。カーブの精度も高く、Rでは防御率1.61&K/9=10.5をマーク。チェンジアップ&コマンドが磨かれればローテーション上位クラス。 

3. スティーブン・モーヤ:OF
ホームランアーチスト。攻守に粗削りながら6-7/260たる体格に豪快なパワーポテンシャルを秘める。3A&A+で計135試合プレーして175Kを喫するも、23ホーマーをマーク。守備では強肩の持ち主も、センスのなさが露呈している。メジャー定着を果たしたい。 

4. ジョー・ヒメネス:RHP
クローザーポテンシャル。プロ入り後に急成長し、今季は1Aで40試合登板して防御率1.47、K/9=12.8、BB/9=2.3の好成績を収め、フューチャーズゲームにも選出された。重くずっしりと沈む速球は最速100マイルを計時し、スライダーも切れ味抜群。 

5. ハイロ・ラボート:LHP
フランシスコ・リリアーノ(PIT) と比較される暴れ馬。デビッド・プライスのパッケージの1人としてTOR→DET。ツーシーム&スライダーのコンビネーションは荒々しく、そしてパワフルだ。フューチャーズゲームでも印象的な投球を披露しスカウトを唸らせた。BB/9=4.58とコマンドが課題。

6. スペンサー・ターンブル:RHP
97-98マイルを叩き出す角度のある速球を武器に1Aで11勝3敗、防御率3.01、GB%=53%をマーク。セカンドピッチのスライダーは向上を辿り、チェンジアップも平均レベルまでの向上が見込まれる。ローテーションに残れるかはコマンドの発達次第。 

7. ケビン・ジオメック:LHP
独特なアームアクションで打者を欺く技巧派左腕。90マイル前半のツーシーム&左バッターに有効なスライダー&プラスピッチになり得るチェンジアップのコンビネーションで、A+では防御率3.43、K/BB=4.21、GB%54%をマーク。全体的にまとまっており、早期昇格が見込めるだろう。

8. ジャコビー・ジョーンズ:SS
ホワキン・ソリアとのトレードでPIT→DET。粗削りながら魅力的なパワー&スピードを備えるアスリート。A+&2Aで16ホーマーを放ったが、165三振を喫したアプローチは改善する必要がある。AFLで薬物の使用が発覚し、来季は50試合の出場停止が決定。

9. クリスチャン・スチュワート:OF
15年ドラフト全体34位指名。 大学ではUSA代表としてもプレーした実力派で、スイングスピードに優れるバッティングが武器。現段階ではホームランヒッターというよりも、ラインドライブヒッターに近いが、R&A-&Aで本塁打10、OPS.880と結果を出した。守備走塁は平均以下。

10. マイケル・ガーバー:OF
プロ入りから2年続けてソリッドなシーズンを送る。じっくりとボールを見極め、外野の間を抜くバッティングスタイルで今季は1Aで135試合出場して打率.292、OPS.811、本塁打13。盗塁16&三塁打10と相応のスピードも備える。大学時はCFも、マイナーではRFがメイン。将来的にはLFに回ると見られている。

11. デレク・ヒル:OF
2014年ドラフト全体23位指名。アスレチックでベストツールは60ヤードを6秒4で駆け抜けるプラスプラスのスピード。CF守備でも広大なレンジを披露し高い評価を得る。バッティングではOPS.619&本塁打0とパワーを付ける必要がある。

12. ディクソン・マチャド:SS
プラスプラスの守備を買われ、メジャーでも24試合に出場。平均を大きく下回る打撃がネックとなっていたが、肉体改造の成果もあり、昨14年から飛躍的な向上を見せている。まだ23歳と若く、これからもう少し筋肉がつけば打撃面もさらなるレベルアップが見込めるだろう。

13. オースティン・クビッツァ:RHP
6-5の長身から角度のある90マイル前半のシンカー&プラスピッチであるスライダーをゾーンの低めに集めゴロを打たせる。コマンドも安定しており、ローテーションに食い込めるだけの実力の持ち主だが、クロスファイアー気味のメカニクスから耐久性を不安視する声も。

14. アーティ・ルイキー:RHP
大学時代にはバージニア大のカレッジ・ワールドシリーズ進出に貢献。精度の高いストレート&スライダー&チェンジアップの3球種をコマンドよくゾーンに集める。 1Aでは15試合先発して防御率3.52、K/9=8.7、BB/9=2.8と安定した内容。

15. グレイソン・グライナー:C
6-6/215たるキャッチャーとしては極めて大柄な体格の持ち主だが、機敏に動き、オフェンスよりもディフェンスで高い評価を得る。打撃ではパワー面の評価が高かったが、打率.183、本塁打3、OPS.504と全く打てなかった。

16. ドリュー・バーヘイゲン:RHP
6-6の長身から投げ下ろすグランドボーラー。 最速96マイルのシンカー&縦に割れるカーブのコンビネーションで、メジャーでは26.1イニング投げてGB%=74.7%をマークした。しかし13K/14BBとコマンドの乏しさを露呈。

17. エンドリス・ブリセノ:RHP
09年に契約したが、その後は伸び悩んでおり、14年にはトミージョン手術も経験。ストレート&カーブはメジャー級のクオリティも、チェンジアップの出来が平凡で、コマンドも乏しい。今季はRで5試合登板した後、A+で8試合に登板したがK/BB=1.14とゾーンをパワフルに攻めることができなかった。

18.  アービセント・ペレス:C
マイナー通算盗塁阻止率40%の強肩と正確なスローイングが武器。ブロッキング&レシービング技術は年齢に比して発達しており、将来的にプラスのCディフェンダーになり得る。打撃はコンタクトに優れるも、フリースインガー。マイナー通算161試合で選んだ四球はわずか18個。

19. ドリュー・スミス:RHP
15年ドラフト3巡目。傘下No.1のハードボーラーとされる。常時90マイル中盤を叩き出すストレートは最速99マイルに達する。カーブもアウトピッチになり得るボール。大学ではコマンドに苦しんでいたが、R&A-&1Aでは31回/38K/5BB/防御率0.29と支配的な内容。  

20. ワイトン・バーナード:OF
14年には傘下トップの打率.323&盗塁45を記録し1AリーグのMVP受賞。今季もプラスプラスのスピードを武器に傘下トップの43盗塁を決めた。すでに24たる年齢はネックだが、2Aで打率.301をマークした実力は評価するべきだろう。守備では外野3ポジションをこなすことができる。 

Plus One Prospect
ジョシュ・ターリー:LHP
コマンドに優れるトム・ミローン(MIN)型の左腕。速球は80マイル台と打者を捻じ伏せるパワーは皆無だが、カッター&スライダー&チェンジアップ&ナックルを器用に織り交ぜる。特にチェンジアップは上質なベストピッチとされる。2Aでは13勝8敗、防御率3.29、BB/9=2.1。 

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/bBtmcf