Tag Archives: ジョー・リゾー

2017 Top 20 Prospects:シアトル・マリナーズ

26460635626_08f74768db_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ

 

1. カイル・ルイス:OF
16年ドラフト全体11位指名。昨年Baseball Americaが選ぶカレッジ・オブ・ザ・イヤーに選出されたスラッガー。せわしなく動くスイングはきれいなものとは言えないが、しっかりと力をためて振りぬくことができている。アプローチも悪くなく四球を選ぶことができる。守備は現在CFを守っているがそれほど上手いわけではないので将来はRF/LFに転向するだろう。昨シーズン途中にシーズンエンドとなる故障をし、手術も受けたが経過は良好とのこと。

2. タイラー・オニール:OF
小柄な体につまった筋肉から生み出されるパワーが魅力。昨シーズンは一昨年からHR数が減ったものの、打者有利なA+のリーグからAAのリーグに移ったことが原因であるため心配は無用。三振の数は減らなかったが、四球の数は増え打率も上がっており、上のクラスのボールに対応できている。スピードも平均レベルにはあり、OFを守るには申し分ない。

3. ダン・ボーゲルバック:1B
大柄な体格が特徴的なヒッティングプロスペクト。秘めているパワーポテンシャルはシーズン20HRも可能なほどだが、試合ではコンタクトに意識を置いているためそれほど長打が多いわけではない。その分低打率に陥ることはなく、アプローチもいいため四球が多く高出塁率が残せる。打撃以外はからっきしで、スピードはなく、1Bしか守れない守備も平均以下。

4. ミッチ・ハニガー:OF
昨年11月にタイワン・ウォーカー(ARI)とのトレードで加入。昨シーズン、外角のボールを流し打ちして長打が打てるようになったことで成績が向上しメジャーデビューも果たした。アプローチがよく、四球を多く選ぶ割に三振が少ない。スピードは平凡だが、OF3ポジションをしっかりとこなすことができる。肩が非常に強く送球も正確なためRFで使えば平均以上に守ることができるだろう。

5. マックス・ポーブス:RHP
昨年11月にアレックス・ジャクソン(ATL)とのトレードで加入。90マイル前半の速球とカーブ、2種類のスライダーのコンビネーション。速球はフォーシームで動きが少なく、変化球はいずれも平均レベルだが、デセプションに優れたデリバリーでタイミングを取りづらくし、打者を打ち取っていく。非常に大柄な体格で故障も少ないため、将来像は優秀なイニングイーター。

6. アンドリュー・ムーア:RHP
卓越したコマンドが持ち味のハイフロアーなタレント。90マイル前半の速球と速球と同じアームスピードで投げられるチェンジアップのコンビネーション。カーブ、スライダーも投げるが、クオリティは高くない。小柄な体格のため耐久性に不安があり、85球ほどで疲労を隠せなくなるスタミナのなさも懸念材料。先発1本でいくよりも、リリーフもこなすスイングマンとして起用する方が無難か。

7. ニック・ナイダート:RHP
20歳という年齢に似つかわしくない老獪なピッチングを見せる。90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップ、スライダーのコンビネーション。速球はよく沈み、低めに集めることができるためゴロを打たせるには最適。カーブ、チェンジアップといったブレーキングボールも評価は高いが、スライダーは投げ始めたばかりなのでクオリティはまだイマイチ。凄みに欠けるが、ソリッドな成績を期待できる。

8. ブライアン・ヘルナンデス:OF
身体能力が高いハイシーリングなタレント。スピードの評価高く、盗塁も上手い。肩が強いためCFを守ることができる。パワーポテンシャルが高く、シーズン15HRをマークすることも不可能ではない。ボール球でも打ちに行くアプローチを改善する必要があるだろう。

9. ジョー・リゾー:3B
16年ドラフト2巡目指名。ボールの見極めに優れたピュアヒッター。速球に強く、力負けしない鋭いスイングでラインドライブの打球を量産することができる。小柄な体格だが、パワーは平均レベルにはあるだろう。肩は強いがスピード、守備共に平均以下で3Bに留まることは難しく、将来は1B/LFに移ることになるだろう。

10. ベン・ギャメル:OF
突出したツールはないが、致命的な弱点もないハイフロアーなタレント。打撃ではコンタクトスキルが高く、アプローチがいいため四球を多く選び三振を少なく抑えることができる。スピードは若干平均を上回っておりシーズン2桁盗塁をマークできるだろう。守備はRF/LFに置くなら問題なく守れる。

11. ディロン・オーバートン:LHP
トレードでOAKから加入。コマンドに優れたハイフロアーなタレント。コントロールを乱す場面はほとんどなく、コンスタントにストライクゾーンに投げこむことができる。カーブ、チェンジアップといったブレーキングボールの評価も悪くないが、ドラフト時に受けたトミー・ジョン手術からの復帰以降球速が最速でも90マイル前半程度となっており、球威不足からメジャーではHRを簡単に打たれてしまった。

12. ロブ・ウェイレン:RHP
アレックス・ジャクソン(ATL)とのトレードで加入。速球は最速でも90マイル前半と球威に欠けるが、カッター気味に動かしたり、沈むアクションをつけたりと工夫している。スライダーとカーブの評価は悪くないが、チェンジアップのクオリティはイマイチ。コントロールも若干平均を下回っており、先発として投げるなら4/5番手になるだろう。

13. チェイス・デヨング:RHP
90マイル前半の速球とパワーカーブ、チェンジアップのコンビネーション。真上から投げおろすデリバリーのため角度はついているが、速球は球威に欠け、ムービングにも乏しいためより上のレベルでも通用するか未知数。 コントロールは悪くなく、四球を出すことは少ない。極端なフライボーラーなためセーフコフィールド向きと言える。

13. ギレルモ・エレディア:OF
コンタクトスキルに優れたキューバ人。多くのキューバ人プレイヤーと異なり、しっかりとボールを見極め四球を多く選ぶことができる。パワーは全くと言っていいほどなく、長打は期待できない。スピードがあり、守備ではOF3ポジション全てをこなすことができる。典型的な第4のOFとしてメジャーで活躍できるだろう。

14. シェイ・シモンズ:RHP
ルイス・ゴハラ(ATL)とのトレードで加入。90マイル中盤の速球とスライダーのコンビネーションで三振を大量に奪うリリーフプロスペクト。既にメジャーデビュー済で実力が通用することも証明している。ツーシームを多投するためゴロ率が高く長打を打たれるリスクが少ない点も評価に値する。

15. ダン・アルタビラ:RHP
最速97マイルの速球が武器である小柄なリリーフプロスペクト。一昨年までは先発として投げていたが、昨シーズンからブルペンに転向。AAの打者を圧倒しAAAを飛ばしてメジャー昇格を果たした。アウトピッチのスライダーはキレがよく容易に空振りが奪える。コントロールはアバウトだが、四球を連発してしまうほどではない。

16. ディラン・アンスワース:RHP
卓越したコマンドが魅力の南アフリカ人。速球の球速は80マイル後半程度だがよく動き、バットの芯を外すことができる。チェンジアップの扱いにも長けており、速球と緩急をつけて空振りを奪うことが可能。昨シーズン途中に故障をし、そのままシーズンアウトとなったがAFLで復帰し故障前と変わらない投球を見せていた。

17. チアゴ・ビエイラ:RHP
最速103マイルの沈む速球が武器であるリリーフプロスペクト。この速球に80マイル前半のカーブを組み合わせ緩急をつけて空振りを奪う。昨シーズンは最低限のコントロールを身に着けることに成功し、全体的に成績も向上した。メジャーのチームのブルペン次第では今シーズン中の昇格もあり得る。

18. トニー・ジク:RHP
昨シーズンの大半を故障で棒に振ったリリーフプロスペクト。実力は確かで、小さなテークバックから繰り出される90マイル後半の速球とキレのいいスライダーのコンビネーションは素晴らしく、健康ならセットアッパーを務めることもできるだろう。

19. デビッド・グリア:OF
16年ドラフト10巡目指名。昨シーズン大学で早打ちだったアプローチを改善し四球を選べるようになったことで評価を上げた。コンパクトなスイングながらも左右両方向に長打が打てる打力を持っている。課題は守備でIF、OFとポジションを転々としているがどこを守っても平均以下。スピードもない。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/GjeF6C

2016 Draft Review : アメリカン・リーグ西地区

26806779590_7fa7e7387a_z

 

 

 

 

 

 

 

ヒューストン・アストロズ 2016年ドラフトまとめ
ロサンゼルス・エンゼルス 2016年ドラフトまとめ
オークランド・アスレチックス  2016年ドラフトまとめ
シアトル・マリナーズ  2016年ドラフトまとめ
テキサス・レンジャーズ 2016年ドラフトまとめ 

*順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重

  • ヒューストン・アストロズ

17:フォレスト・ウィットリー:アラモ・ハイツ高校:RHP:200cm/108kg

常時90マイル中盤のカッター気味に曲がる速球を投げるエースポテンシャルの剛腕。強靭な下半身に支えらたデリバリーは力感が少なく、試合終盤になってもくずれることはない。カーブは打者のひざ元によく決まるパワーカーブで平均以上のクオリティ。チェンジアップもスプリッターのように変化しカーブと共にアウトピッチとして使っている。チェンジアップは空振りを奪えるだけでなくゴロを打たせるのにも有効なボール。細かいコマンドには欠けるがストライクゾーンに集めるコントロールは有している。

61:ロニー・ドーソン:オハイオ州立大学:OF:187cm/102kg

身体能力の高さが光るハイシーリングなタレント。バットスピードは非常に速く、パワーポテンシャルはシーズン30本塁打も夢ではないほど。難があると言われていたコンタクトスキルも改善傾向にあるが、なんでも振りに行こうとして体が動いてしまう点は要改善。スピードツールは平均以上だが、体重をつけすぎたことと膝を手術したことを考えるとそれほど期待はできないか。守備の評価はそれほど芳しくなくルート取りの正確さについては意見が分かれている。肩は弱くプロではLFしか守れないだろう。

97:ジェイク・ロジャーズ:テュレーン大学:C:185cm/86kg

今ドラフトで最高クラスのディフェンスツールを持つC。キャッチング、ブロッキング、スローイング全てにおいて平均を大きく上回っている。特に盗塁阻止に関しては逸材揃いのケープコードリーグで盗塁阻止率71.4%をマークするほど。メークアップにも優れており守備に関しては文句なしと言える。しかし、打撃となると全てにおいて平均以下でアップサイドにも期待はできない。将来はバックアップか。

 

2016 Draft Quick Look

6845276678_b03440a3da_z

 

 

 

 

 

 

 

 

メジャーリーグでは現地9日より2016年ドラフトがスタートし、同日には計77人が指名を受けた。以下にはその結果をリスト形式で整理する。選手横の#数字は当サイトのモック順位を表す。

2016ドラフト:1~77位指名
順位 チーム 選手名   ポジション 出身校
1 PHI ミッキー・モニアック #11   OF ラコスタキャニオン高
2 CIN ニック・センゼル #6   3B/2B テネシー大
3 ATL イアン・アンダーソン #20   RHP シェネンデホワ高
4 COL ライリー・パイント #7   RHP セント・トマス・アキナス高
5 MIL コリー・レイ #3   OF ルイスビル大
6 OAK A.J.パク #4   LHP マイアミ大
7 MIA ブラクストン・ギャレット #24   LHP フローレンス高
8 SD カル・クオントリル #21   RHP スタンフォード大
9 DET マット・マニング #27   RHP シェルダン高
10 CHW ザック・コリンズ #13   C フロリダ大
11 SEA カイル・ルイス #8   OF マーサー大
12 BOS ジェイソン・グルーム #1   LHP バーニガット高
13 TB ジョシュ・ロウ #14   3B/RHP ポープ高
14 CLE ウィル・ベンソン    OF ウェストミンスター高
15 MIN アレックス・キリロフ #19   OF プラム高
16 LAA マット・サイス #40   C バージニア大
17 HOU フォレスト・ウィットリー #17   RHP アラモ・ハイツ高
18 NYY ブレイク・ラザフォード #5   OF チャミナンデ大付属高
19 NYM ジャスティン・ダン    RHP ボストン大
20 LAD ギャビン・ラックス   SS インディアン・トレイルアカデミー
21 TOR T.J.ズーク #30   RHP ピッツバーグ大
22 PIT ウィル・クレイグ #23   RHP ウェークフォレスト大
23 STL デルビン・ペレス #2   SS インターナショナルベースボールアカデミー
24 SD ハドソン・サンチェス    3B キャロル高
25 SD エリック・ラウアー #18   LHP ケント大
26 CHW ザック・バーディ #35   RHP ルイスビル大
27 BAL コディ・セドロック #33   RHP イリノイ大
28 WSH カーター・キーブーム    3B/2B ウォルトン高
29 WSH デーン・ダニング   RHP フロリダ大
30 TEX コール・レーゲンズ   LHP ノース・フロリダ・クリスチャン高
31 NYM アンソニー・ケイ   LHP コネチカット大
32 LAD ウィル・スミス   C ルイスビル大
33 STL ディラン・カールソン   OF エルクグローブ高
34 STL ダコタ・ハドソン #9   RHP ミシシッピ州立大
35 CIN テイラー・トラメル   OF マウント・パラン・クリスチャン高
36 LAD ジョーダン・シェフィールド   RHP バンダービルト大
37 OAK ドルトン・ジェフェリーズ #16   RHP カリフォルニア大
38 COL ロバート・タイラー    RHP ジョージア大
39 ARI アンファニー・グリアー    OF アーバーン大
40 ATL ジョーイ・ウェンツ #12   LHP ショウニー・ミッション・イースト高
41 PIT ニック・ラドロ   LHP ダミアン高
42 PHI ケビン・ゴウディ    RHP サンタバーバラ高
43 CIN クリス・オーキー #26   C クレムゾン大
44 ATL カイル・マラー #34   LHP シーサイット・ダラス高
45 COL ベン・ボウデン    LHP バンダービルト大
46 MIL ルーカス・アーシズ   3B メンロ大
47 OAK ローガン・ショア #15   RHP フロリダ大
48 SD バディー・リード #22   OF フロリダ大
49 CHW アレク・ハンセン   RHP オクラホマ大
50 SEA ジョー・リゾー    3B オークトン高
51 BOS CJ.キャッサム   SS フロリダ・アトランティック大
52 ARI アンディ・ヤージー   C ヨーク・ミルズ大付属高
53 TB ライアン・ボルト   OF ネブラスカ大
54 BAL キーガン・エイケン   LHP ウェストミシガン大
55 CLE ノーラン・ジョーンズ #32   3B/SS ホーリー・ゴースト高
56 MIN ベン・ローベット   C ベローナエリア高
57 TOR J.B.ウッドマン   OF ミシシッピ大
58 WSH シェルダン・ノイズ   SS オクラホマ大
59 SF ブライアン・レイノルズ #25   OF バンダービルト大
60 LAA ブレンダン・マーシュ   OF バフォード高
61 HOU  ロニー・ドーソン    OF  オハイオ州立大
62 NYY  ニック・ソラク    2B  ルイスビル大
63 TEX  アレックス・スピース #31    RHP  マッキーチャン高
64 NYM  ピート・アロンゾ    1B  フロリダ大
65 LAD  ホワイト・ミッチェル    RHP  サンタクララ大
66 TOR  ボー・ビシェッテ    2B/3B  レイクウッド高
67 KC  AJ.パケット    RHP  ペッパーダイン大
68 PIT  トラビス・マクレガー    RHP  イーストレイク高
69 BAL  マシアス・ディーツ    RHP  ジョン.A.ローガン大
70 STL  コナー・ジョーンズ    RHP  バージニア大
71 SD  レジー・ローソン    RHP  ビクター・バレー・シニア高
72 CLE  ローガン・アイス    C  オレゴン州立大
73 MIN  ホセ・ミランダ    SS  リーダーシップ・クリスチャン・アカデミー
74 MIN  アキ・バドゥー    OF  セイラム高
75 MIL  マリオ・フェリシアーノ    C  カルロス・ベルトラン・ベースボールアカデミー
76 ATL  ブレット・カンバーランド    C  カリフォルニア大
77 TB  ジェイク・フレリー    OF  ルイジアナ州立大

 次ページでドラフト1日目の総評を行う。