Tag Archives: ジョー・ロス

2019 World Series Review:WSH vs HOU Game1~5

32640293857_742e4ce8f0_c

 

 

 

 

 

 

 球団史上初となるワールドシリーズ制覇に向けて勢い充分なワシントン・ナショナルズと、2010年代最強球団と言っても何ら差し支えないヒューストン・アストロズの組み合わせとなった。もちろん、両者の組み合わせは史上初である。

 対戦結果は既に明らかであるため、ワールドシリーズについては概略を記載するに留め、今年のPOレビューを締めくくりたいと思う。

 

Game1

 ナショナルズは、エースのマックス・シャーザー(RHP)をマウンドに送り込んだ。筆者の予想では、アストロズ打線が彼から本塁打を量産して勝つだろうという見立てだったが、蓋を開けてみれば、僅差でナショナルズの勝利に終わり、WCから好調をキープしているナショナルズの勢いを感じさせる一戦だった。とはいえ、先制はアストロズであり、終盤、3点リードから2失点で詰め寄られる等、ナショナルズファンにとっては楽な勝利ではなかった。

 ナショナルズのWS球団史上初となる得点及び打点はライアン・ジマーマン(1B)によるものだった。無論、本塁打も史上初である。入団早々にスタメンを奪取して長年チームを支えるもWS進出が出来ていなかったジマーマン。しかし、契約最終年である今年にそんな功労者が大舞台で本塁打を放ったのは、なんとも形容しがたいドラマチックな展開だった。

 

Game2

 アストロズのジャスティン・バーランダー(RHP)がPO通算200奪三振で歴代最多となった。この日は守備のミス等隙を見逃さなかったナショナルズが大量得点を挙げ、12-3で圧勝した。チームの中核であるアンソニー・レンドン(3B)が2打点、若きスター、フアン・ソト(LF)が3出塁、アズドルバル・カブレラ(2B)やジマーマンといったベテランがマルチ安打&打点をマーク。チームの雰囲気も乗りに乗っている様子だった。

 アストロズは、アレックス・ブレグマン(3B)の捕球ミスや送球ミス等、本拠地で苦しい戦いを強いられる中での緊張故のミスがあった。しかし、ALCSでニューヨーク・ヤンキースを下した層の厚さが見られた。9回、代打で登場したマーティン・マルドナード(C)の本塁打が良い例である。ただ、CSでも同様だが、シーズン中に比べると得点力が低下している様子を感じさせる一戦でもあった。

 

Game3

 三塁手を強襲する鋭い当たりが目立ったゲームだった。ライン際を攻めるハードヒットで取りづらいコーナーへとボールが飛んで長打になるケースが多く、左翼手は困ったことだろう。アストロズのザック・グレインキー(RHP)は際どいコースを攻めるも中々投手有利なカウントにならず3四球を与えた。その後、5回を投げ終えることなく降板。ブルペン陣がリードを守る好投を見せ、4-1でアストロズが勝利を挙げた。

 この日のナショナルズは勢いはあるものの得点に結びつかないといった様子で、11安打で4得点を挙げたアストロズに対して、ナショナルズは9安打で1得点だった。投手陣に視点を移すと、ナショナルズは3四球5奪三振と三振をあまり奪えず、アストロズは先のグレインキーの四球もあって5四球を与えたものの13奪三振で追撃を防いだ。CSでアストロズが粘る野球を見せたが、3戦目は粘ってチャンスをものにした勝利と言えるだろう。

 

2017 Team Preview:ワシントン・ナショナルズ

29116130291_c15385d614_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  • 本拠地:ナショナルズ・パーク
他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml30/

 

広さ
レフト 102.4m
センター 122.5m
ライト 102.1m
フェンス高さ  3.6~4.2m
パークファクター *平均100 
安打  97.4
ツーベース 89.1
スリーベース 80.6
HR 102.3
得点 95.6

 

  • 予想オーダー

1.アダム・イートン:CF
オフに超有望株ルーカス・ジオリトら3名とのトレードで加入。体格は小柄だが、ガッツあふれるプレースタイルでチームを引っ張る俊足・巧打の外野手。今季は昨季DRS+22を稼いだライトからセンターに回る予定。3年連続で「打率.280&出塁率.360&14盗塁」以上をクリアしており、2年連続で14本塁打をマークするなど長打力も向上中。9三塁打&18補殺はリーグトップだった。妻ケイトさんは大学1部リーグでプレーしたソフトボール選手。

2. トレイ・ターナー:SS
メジャーでも1、2を争う俊足の持ち主。新人ながら73出場で打率.342&13本塁打&33盗塁と素晴らしいデビュー。8月&9月で月間最優秀新人を獲得し、シーズン後の新人王投票でもコリー・シーガー(LAD)に次ぐ2位にランクインした。昨季は二塁とセンターでの出場がメインだったが、今季は本職の遊撃に戻る予定だ。自身を「遅咲き」と評しており、高校入学時には163cmしかなかった(現在は185cm)。

3. ブライス・ハーパー:RF
15年には史上最年少で満票MVPを獲得。昨季はさらなる飛躍が期待されたが三振率以外の全ての打撃項目が大幅ダウン。それでも5月8日のカブス戦ではメジャー最多タイとなる1試合6四球、メジャー史上初となる「0打数7出塁」をマークするなど武勇伝は増えた。オフには1度破局と報じられたケイラさんと結婚。オールスターのホームラン競争には「あれはファンのためのイベント。俺はファンを気にしない」と辞退。

4. ダニエル・マーフィー:2B
15年ポストシーズンでカブスの夢を打ち砕いた「ヤギの呪い」の勢いそのままに、打率.347&25本塁打&104打点の活躍。MVP得票ではクリス・ブライアント(CHC)に次ぐ2位にランクインした。インコースが得意である利点を生かし、ホームベースに近づいて立ったことがモンスターイヤーの要因の1つとなった。通算DRS-50と二塁守備は不得意。

5. アンソニー・レンドン:3B
15年は故障もあり80試合の出場にとどまったが、昨季は156試合に出場するなど復活。打率.270&20本塁打&85打点の活躍でカムバック賞を受賞した。12盗塁&DRS+8をマークするなど守備走塁も優秀で、走攻守3拍子揃った三塁手へとなり得る可能性を秘めている。歌手テイラー・スウィフトの大ファン。後半戦はOPS.866と調子を上げており、今季の飛躍に期待。

6. ライアン・ジマーマン:1B
チームの顔的存在だったが、ここ数年はすっかり影が薄くなっている。昨季はキャリアワーストとなる打率.218&OPS.642に終わった。平均打球速度93.7マイルはメジャー全体10位と優秀だったが、打球角度が上がらずに苦労した。オフにはダニエル・マーフィーと共に打球角度を上げるための練習に取り組んだ。

7. ジェーソン・ワース:LF
不良債権と言われながらもついに契約最終年を迎える。開幕してしばらくは不調が続いたが、2番に座ると球団タイ記録となる46試合連続出塁をマークするなど復調。これはイチロー(MIA)の43試合連続出塁をも上回る記録だ。打撃では復活を見せたが加齢によりDRS-8と守備範囲は狭まっており、今季はアダム・リンドらと出場機会をシェアすることになるだろう。本人は来季以降の現役続行に前向き。

8. マット・ウィータース:C
オールスター4度&ゴールドグラブ2度の名捕手が世界一のラストピースとして新加入。現代のメジャーリーグで重要視されているフレーミング能力が平均以下なこと、代理人がスコット・ボラスであることから春季トレーニングが始まってからも新天地が決まらなかったが、2年2100万ドルの契約でナショナルズ入りが決まった。

9. 投

 

2016 Playoff Preview:ワシントン・ナショナルズ

26103322622_1c30b5ebd8_z

 

 

 

 

 

 

 現地時間9月24日、ナショナル・リーグ東地区のワシントン・ナショナルズがピッツバーグ・パイレーツを下し2年ぶりの地区優勝を果たした。同じく2年ぶりとなるプレーオフを戦うナショナルズの長所と短所を見ていきたい。

 

 まずは長所から見ていこう。

「トレイ・ターナー

チームの長所に選手を1人、しかも、ルーキーを挙げるべきではないかもしれないが、それほどの実力や勢いというものが今のターナーにはある。昨シーズンのメジャー昇格から今シーズンは少し間を置いて6月に昇格した若きスーパースターは今やチームの核になりつつある。

打撃、守備、走塁という野球の全ての側面でこれほどのインパクトを残せる選手はそう多くない。打てばハイアベレージを残し、長打も量産。守っては本職ではないため慣れていないはずのCFでスーパーキャッチを披露。走っては多くの盗塁を決め、次の塁を果敢に狙い三塁打を生み出す。これほどの能力を持ったルーキーの登場はマイク・トラウト以来の衝撃と言っていいだろう。プレーオフでは試合の展開を変えることが重要だ。これなら勝てるとチームの士気を上げるプレーが必要になる。そういったプレーをどの場面においても見せることができるのがターナーという選手だ。

場数を踏んでいないプレーオフ未経験のルーキーに期待を抱きすぎてはいけないが、ターナーほどの能力を持っている選手にはどうしても期待がかかってしまう。その理由が故障者の続出だ。今ナショナルズは中心選手の故障者が相次いでいる。程度の差こそあれ少なからずプレーオフに影響を与えることになる。ターナーは長所であるとともにナショナルズの希望の星でもある。ターナーが持っている能力を存分に発揮すればチームの起爆剤となりプレーオフを勝ち進むカギになることは間違いない。

 

「控え野手」

ナショナルズは控え野手が実に豊富である。もちろん、アンソニー・レンドンやダニエル・マーフィーらのレギュラー野手も素晴らしい成績を残していることは間違いない。ここで主張したいのは普通ならばレギュラー野手と控え野手の実力差は大きく、控え野手が出場すると一気にそのポジションがウィークポイントになるのだが、ナショナルズはそうではないということだ。

スティーブン・ドリューやホセ・ロバトン、クリス・ハイジーという経験豊富な選手から、ウィルマー・ディフォー、ペドロ・セベリーノといったルーキーも控えにしておくにはもったいない成績を残してきている。ドリューはここ数年続いていた低打率から抜け出しOPSも.800以上をマーク。2B/3B/SSの3つのポジションをこなし各ポジションの選手の負担を軽くすることにも一役買っている。ハイジーは低打率ながらも、少ない出場機会で自慢のパワーを発揮し153打席で9本塁打をマーク。守備も悪くなく、DRSも-1に留めている。ディフォー、セベリーノらもルーキーにしては上出来の成績を残しており、この2人が守るポジションで故障者が出たためプレーオフでの出場機会も少なくはないかもしれない。

 

「投手陣」

ナショナルズは投手陣そのものが強みだ。先発、ローテーション共にかなりの層の厚さを誇っている。先発とリリーフの防御率はどちらもナショナル・リーグで2位の数字を残している。先発ではナショナル・リーグ最多投球回のエースであるマックス・シャーザーに、防御率で同8位につけているタナー・ロアーク、故障から復帰したジョー・ロスの3人の能力は高く、相手を圧倒する投球ができる。

また、ジオ・ゴンザレスも長い回を投げることができていないが、頭数に入れておいても悪くない投手だ。いざとなればルーキーのレイナルド・ロペスを先発させるというオプションもある。ロペスはレギュラーシーズンで先発として防御率5点台とあまりいい結果を残せておらず、リリーフとしてロースター入りする見込みだが、先発でイニング以上の三振を奪相手を圧倒した試合もありスポットで先発する可能性はあるだろう。

スティーブン・ストラスバーグが故障でディビジョンシリーズでは投げない可能性が高い中でこれほどの先発投手がいるのは心強い。

リリーフも30イニング以上投げて防御率が2点台である投手が6人いるため小刻みな継投策が可能。また、ジョナサン・パペルボンとオリバー・ペレスが不調だったため安定感のなかったクローザーとシチュエーショナルレフティーのポジションを、途中加入となったマーク・メランコンとマーク・ゼプチンスキーの2人でカバーすることができたので死角がなくなった。

 

Weekly Report: Week-16

26820004304_2bd13440f6_z

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-16のキーワードは「サンディエゴ・パドレス」「ジョン・グレイ」「ティム・ベッカム」だ。

 

  • パドレス

在ナショナル・リーグ西地区で最下位争いをくりひろげるサンディエゴ・パドレス。今シーズンよかったことと言えば本拠地のペトコ・パークでオールスターが開催されたことだけだろうか。いや、そうではない。今シーズンは2010年を最後に勝率は5割を上回ったことがなく、2006年を最後にポストシーズンに進出できていないチームを変えるシーズンになるかもしれないのだ。

なぜ、そう言えるのか。それはインターナショナルFAやドラフトでの積極的姿勢、シーズンの早い段階からのトレード攻勢から見てとることができる。6月4日に行ったジェームズ・シールズのトレードはどのチームよりも早く選手を売りに払ったトレードと言える。見返りの選手の物足りなさは否めないが売り時だった時に売らなかった昨シーズンに比べればはるかにいいだろう。

現地時間9日に行われたドラフトでも3巡目までで5つの指名権を駆使し将来有望な選手を多数獲得することに成功した。このドラフトは若干契約金が抑え目であったがこれには裏があった。実は今年のドラフト最大の目玉であったジェイソン・グルームとドラフト前にある密約を交わしていたのだ。その密約の内容とはパドレスが持つ全体24位までグルームがスリップしたらパドレスがグルームを指名し$5Mで契約するというものであった。結果としてグルームは全体12位でボストン・レッドソックスにさらわれたが、もしパドレスが獲得していたら空前絶後の番狂わせとなっていただろう。グルームは獲得できなかったが、少しでもいい選手を獲得しようとしうる姿勢は賞賛に値する。

同月30日にはまたもや主力のフェルナンド・ロドニーの放出を敢行した。このロドニーの売り時は最高のタイミングだったと言える。ロドニーのパドレス最終登板後の防御率は0.31。この防御率がこれ以上よくなるとは考えにくく、今年で39歳となるロドニーがいつ疲労から成績が悪化してくるかもわからない。これ以上の売り時はなかっただろう。このトレードは獲得したプロスペクトも悪くない。交換相手のクリス・パダックはプロ2年目ながらAで圧倒的な成績を残しており将来大化けする可能性を大いに秘めている。それをオフに1.6Mで拾ったリリーバーと交換できるのなら安いものだろう。

そしてインターナショナルFA解禁日となった7月2日には10人の選手と契約に至った。そのうち6人はMLB.comのインターナショナルプロスペクトトップ30に入っているトッププロスペクトである。これで手を緩めることはなく7日には今年のインターナショナルFAで最高評価を受けるピッチングプロスペクトであるキューバ人のエイドリアン・モレホンと$11Mで契約した。

さらに14日にはドリュー・ポメランツをレッドソックスに放出。レッドソックスが様々なチームの先発投手に食指を伸ばしているなか、素早くポメランツを差し出し颯爽とプロスペクトを持って行った形となった。

そして今週の現地時間20日にはキューバ人のホルヘ・オーナと$7Mで契約と息をつく間もなく積極的に選手の獲得に動いている。トレア・ターナー(WSH)やジョー・ロス(WSH)らを放出した2014年オフとはまるで逆を行くかのようだ。

その一方でチームに対して非常に愛着を持っているウィル・マイヤーズとの長期契約にも動いている。どれだけチームを立て直そうとしても中心となる選手がいなければ意味がない。マイヤーズ自身も非常に乗り気であり、GMのプレラーを信用してるともコメントしている。球団も度々噂になっていたマイヤーズ放出を堂々と否定するほどである。主力選手を放出しつつも本当に必要な選手はフランチャイズプレイヤーとして長期契約を結ぼうとする。これこそが再建の土台を作るということではないだろうか。

まだ、パドレスにはメルビン・アップトンjrやアンドリュー・キャッシュナーなどトレードの駒は多くいる。ボルティモア・オリオールズとのトレードの噂も活発になってきている。これからパドレスがどのように動くかしっかりと見届けていきたい。

 

スティーブン・ストラスバーグがナショナルズと7年契約

4683587159_c17798d6f0_z

 

 

 

 

 

 

 

米国時間5月9日、この日のデトロイト・タイガース戦に先発していたスティーブン・ストラスバーグと7年175Mで契約を延長したことが判明した。この契約では3年目と4年目の終了時にストラスバーグはオプトアウトすることができる。また、各年180イニング以上なげると自動でその年の年俸に1Mがプラスされる。

ストラスバーグは2010年のデビューイヤーにトミー・ジョン手術を受けることとなり11年はリハビリに費やした。12年には完全に復活しオールスターに出場。チームもプレーオフへと駒を進めたが、チームの方針によってシャットダウンされ波紋を呼んだ。しかし、それ以降はエースと呼ぶのにふさわしい成績を残しており14年にはサイヤング投票でも9位にランクインしている。

 

 

本来なら今シーズンのオフにFAとなり、FA市場の最大の目玉となる予定だったが、今回の契約延長でそれは立ち消えとなった。ナショナルズは現在ストラスバーグ以外にも、マックス・シャーザー、ジオ・ゴンザレス、タナー・ロアーク、ジョー・ロスの4人の先発投手を有している。

ゴンザレスは今シーズン180イニング以上投げないと来シーズンの契約のオプションが行使されないが、それ以外の3人は来シーズン以降も保有することができる。ゴンザレスは最後に180イニング以上投げたのが13年で、過去2年間は180イニング未満ということを考えるとゴンザレスが来シーズンもチームにいる可能性はそれほど高くはない。それに加えてストラスバーグまで抜けるとローテーションの弱体化は避けられないため今回シーズンの早い段階で長期契約を結ぶこととなったのだろう。

なのでたとえゴンザレスが抜けたとしても来シーズンもシャーザー、ストラスバーグ、ロアーク、ロスでローテーションは4番手まで埋めることができる。今シーズンのシャーザーは現時点で防御率4.60と本調子ではないが、それ以外の3人の防御率は2点台であり、シャーザーが復調すれば非常に強力なローテーションとなる。

もし、ストラスバーグが市場に出ていたなら総額で200M以上の契約になっていた可能性もあり、ホームディスカウントを実行できたナショナルズとしては何もしないまま市場に出られるよりははるかに安く契約できたことになる。

ストラスバーグには12年のシャットダウンがあるため健康面の不安は払拭できないが、14年には215イニングを投げており、昨シーズンも2度DL入りしているがどちらも肘・肩を痛めたわけではなく、トミー・ジョン手術以降肘に不安を覚えたことはない。ノーリスクとは言わないが故障の心配はどの選手にも付きまとうもので、それならチーム生え抜きであり実力も申し分ない投手に投資した方が球団にとって価値のある契約となるだろう。

9日の試合でナショナルズがサヨナラ勝ちを収めており、ファンにとってはこれ以上ない喜ばしい日となっただろう。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/88SBhK