Tag Archives: スクーター・ジェネット

2018年MLBオールスター予想 FED部員が決める現在のMLBで熱い選手は誰なのか?

42211101074_49af0d6118_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間7月17日に第89回「MLBオールスターゲーム」が開催される。開催地は、ワシントン・ナショナルズの本拠地であるナショナルズ・パーク。2008年に開場された同球場での開催は初であり、1962年以来となるワシントンD. C. での開催である。今年もFarEastDivision内でオールスター投票を実施し、FED部員によるオールスターを選出した。

 

•ナショナル・リーグ

それでは、ホームであるナショナル・リーグの選手から紹介をする。

C:J. T. リアルミュート(MIA)

1B:フレディ・フリーマン(ATL)

2B:スクーター・ジェネット(CIN)

SS:ブランドン・クロフォード(SF)

3B:ノーラン・アレナド(COL)

OF:マット・ケンプ(LAD)

OF:オドゥベル・ヘレーラ(PHI)

OF:ニック・マーケイキス(ATL)

 

キャッチャー、ファースト、セカンドは、ほぼ満票でそれぞれリアルミュート(MIA)とフリーマン(ATL)、ジェネット(CIN)に決定。サードはエウヘニオ・スアレス(CIN)に若干票が流れたもののアレナド(COL)に決定。ショートはトレバー・ストーリー(COL)と票が割れ、僅差でクロフォード(SF)に決定。

アウトフィルダーは、最多の8票を集めたケンプ(LAD)、ヘレーラ(PHI)、マーケイキス(ATL)に決定。昨年、FED部員による投票で唯一の満票選出となったブライス・ハーパー(WSH)は、今年は僅か2票に終わった。他、クリスチャン・イエリッチ(MIL)が3票を集めた。

余談だが、昨年FED部員が選出した選手の中で、今年も連続選出された選手は1人もいなかった。

 

キャッチャーは、実際のオールスターゲームではウィルソン・コントレラス(CHC)が先発出場することになっている。尚、身長・体重はリアルミュート(MIA)と同じである。

セカンドは、実際のオールスターゲームではハビアー・バイエズ(CHC)が先発出場することになっている。今季20-20を視野に入れているバイエズだが、FED部員はほぼ票を入れなかった。ただ、データで見ればジェネットが優れているというわけではなく、バイエズの方がfWARは高い。

アウトフィルダーは、実際のオールスターゲームでは、ヘレーラに代わりハーパーが先発出場することになっている。fWARは、ハーパーとヘレーラで大差ないものの、今季のハーパーは低打率に苦しんでおり、FED部員による投票では、長打力が伸びたヘレーラに軍配が上がった。

 

FED部員によるナショナル・リーグのオールスター選出では、ハーパーに票があまり入らなかった。今季のハーパーの成績は正直見栄えが悪い。しかしながら、長打力があることは事実であり実際のオールスターでは先発メンバーに名を連ねている。にも関わらず、ハーパー(2票)よりもイェリッチ(3票)やヘレーラ(7票)が票を集めることが出来たのは、よりインパクトのある選手―ヘレーラは今季、キャリアハイを大幅に塗り替える勢いで本塁打を量産している―に投票をしたからではないかと思われる。

 

Weekly Report: Week11

40918174454_95225b3f79_z

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。weekly-11のキーワードは「ブレイク選手」「マックス・シャーザー」「アンドリュー・ヒーニー」だ。

 

・ブレイク選手

年までは燻っていた二人の男が、今年は快進撃を続けている。昨年の12月にブレーブスはマット・ケンプをドジャースへ、ドジャースはエイドリアン・ゴンザレスを含む4選手をブレーブスへと放出する大型トレードが成立した。一見これは不良債権同士のトレードかと思われた。ケンプには2年で4300万ドルの契約が残っていた。彼は昨年.276/.318/.463と打撃ではまずまずの貢献を見せたが、守備面では難があり、トレード後にはDFAされるのではないかとまで言われていた。しかし、彼は大方の予想に反した活躍を見せる。古巣に復帰した彼はスプリングトレーニングでチームトップタイとなる5HRを放ち、開幕スタメンに抜擢される。その後も順調に打ち続け、6/11時点では.338/.368/.564と持ち前の打撃を存分に発揮し、ドジャース打線の中核を担っている。また、先日発表されたオールスターゲームの中間発表では外野手部門で3位につけており、選出されれば2012年以来の出場となる。今後も「バイソン」ことマット・ケンプから目が離せない。

 もう一人はシンシナティ・レッズの二塁手スクーター・ジェネットだ。2017年にウェイバーを経てブリュワーズから移籍した彼は、昨季1試合に4本塁打を打つなど活躍し.295/.342/.531という成績だった。今年はその勢いをさらに増し、ここまでで.339/.376/.551という成績を残している。ブリュワーズ時代と比べて特に変わったのはHRの増加である。移籍前はHR/FB(フライ中に占めるHRの割合)は8.5%だったのに対し、移籍後は19.4%と大きく増加しており、FB/GB(ゴロに対するフライの割合)も、移籍前76.2%→移籍後90.9%とフライの本数も増加している。これは彼が強い打球を打てるようになったことを示しているのかもしれない。しかし、運や相手の守備に影響されるといわれているBABIP(インプレーの打球がヒットになった割合)はキャリア通算が.334なのに対し、今シーズンはここまで.390であり、彼はここから調子を落とす可能性がある。もし今シーズン終了までこの調子を維持できれば、シルバースラッガー賞、果てはMVPまで見えてくる。今後の彼のさらなる活躍に期待したい。

Weekly Report:Week-9

27749870125_86c1a11ac6_z

 

 

 

 

 

 

 

つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-9のキーワードは「1試合4HR」「スランプ」「ハーパーのスイング」だ。

 

・1試合4HR

ンシナティ・レッズがセントルイス・カージナルスに13-1で大勝を収めた6月7日の試合。この試合でレッズの大勝に貢献したのは、思わぬ伏兵であった。5番レフトで出場したレッズのスクーター・ジェネットは、試合前までの本塁打数は3HR。過去に2桁本塁打を達成したのは2016年の14HRのみ、通算本塁打も38HRとお世辞にも本塁打を期待される選手ではなかった。

そのジェネットがこの試合では一転。初回に相手先発アダム・ウェインライトからシングルヒットを放ち1打点をあげると、3回に回ってきた打席では同じくウェインライトから満塁の場面でなんとセンターへ本塁打を放ちグランドスラム。ここまででも驚きだがまだまだ終わらない。4回には2番手ジョン・ガントからセンターへツーランホームラン。6回にもガントから今度はレフトへソロホームラン。最後は8回に3番手ジョン・ブレビアからライトへツーランホームランを叩き込み、ジェネットにとっての夢の1日はようやく終わった。

最終的にこの日の記録は5打数5安打4HR10打点。テレビゲームでも難しいような、まさに信じられない打撃成績だった。1試合4HRはレッズでは史上初。MLB全体では10人目の快挙で、1試合で4HRを含む5安打での10打点というのは史上初だったようだ。

開幕前にはミルウォーキー・ブリュワーズからDFAされレッズに加入したジェネット。そんな状況だった選手の大爆発は、MLBファンに大きな衝撃を与える5打席となった。