Tag Archives: ゼイビア・セデーニョ

8月のトレード補強を振り返る

44315099881_46679af398_z

 

 

 

 

 

 

 7月31日は、「トレードデッドライン」である。だが、MLBではウェイバーを通過する、もしくはクレームされることで8月31日までトレードを行うことが出来る。基本的に強豪チームが目当ての選手を獲得することは難しいが、シカゴ・カブスがダニエル・マーフィー(2B)を獲得したように、タイミングさえ良ければPO直前に大きな補強を行うことが出来る。さて、8月はメジャー全体で39件のトレードが行われた。そこでカブスのように、PO直前に補強に成功したチームを振り返りたい。

 

 ニューヨーク・ヤンキース
 7月、投手を重点的に補強していたヤンキースは、アデイニー・エチャバリア(SS)とアンドリュー・マッカッチェン(RF)を獲得。ディディ・グレゴリウス(SS)が復帰間近とは言えDL入りしており、SSの強化に成功した。また、エチャバリアは守備に定評があるため、グレゴリウス復帰後は控えとしてチームに貢献することが出来るだろう。外野手はアーロン・ジャッジ(RF)がDL入りしており、手薄となっていた。ジャッジ復帰後はアーロン・ヒックス(CF)やブレット・ガードナー(LF)と併用すると見られている。クリント・フレイジャー(LF)もリハビリ中であるため、第四の外野手をアップグレードすることが出来たのはPOでは大きな強みである。尚、マッカッチェンは2012年から始まった長期契約の最終年でありオフにFAとなる。おそらく来季はピンストライプではないユニフォームに袖を通していると思われるが、ヤンキースでの活躍に期待したい。

 

 クリーブランド・インディアンス
 ジョシュ・ドナルドソン(3B)を獲得。今季は故障によりシーズンの大半をDLで過ごしているものの、インディアンスの地区優勝は安泰であるため、急いで復帰する必要はなさそうだ。エースのトレバー・バウアー(RHP)等がDL入りしているものの、投手陣には手を付けなかった。7月はブラッド・ハンド(LHP)とアダム・シンバー(RHP)を獲得している。

 

 オークランド・アスレチックス
 ショーン・ケリー(RHP)やフェルナンド・ロドニー(RHP)、コーリー・ギアリン(RHP)、そしてマイク・ファイヤーズ(RHP)を獲得。1人1人はスター級ではないものの、確実にブルペンをアップグレードし、PO進出有力候補になることが出来た。
※アスレチックスのリリーバーの成績()内はAL内の順位
防御率3.29(3位)
勝利数35(2位)
投球回506.1(3位)
(9/2時点)
 ブルペンはALトップクラスであり、今季のアスレチックスの好調を支える鍵と言えるだろう。ファイヤーズは移籍後もスターターとして起用されている。5先発し、27.2回3与四球30奪三振で3勝をマーク。ヒューストン・アストロズと地区優勝争いをしているチームに大きな貢献をしており、トレードは大成功と言えるだろう。尚、ファイヤーズは来季以降も保有することが出来る。地味な補強ながら後半戦も好調をキープしているアスレチックスから目が離せない。尚、、7月は僅か1度しかトレードを行なっておらず、そのトレードではジュウリス・ファミリア(RHP)を獲得している。

2017 Team Preview:タンパベイ・レイズ

15068961035_b50cb2c9c6_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

 

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

 本拠地:トロピカーナ・フィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml02/

  

広さ
レフト 96.0m
センター 123.1m
ライト 98.1m
フェンス高さ 2.9~3.4m
パークファクター平均*100
安打 90.1
ツーベース 86.1
スリーベース 95.2
HR 87.7

得点

88.9

 

 ・予想オーダー

1.コーリー・ディッカーソン:DH

自己最多タイの24HRを放ったが、打率.245や出塁率.293は自己最低でやや確実性に欠けた。24HR中22HRが右投手から放ったもので、対右投手OPS.807に比べ、左投手に対してはOPS.589と左投手が苦手。

2.ケビン・キアマイアー:CF

球界が誇る外野守備の名手。15年に残したDRS+42、UZR+30.0という圧倒的な数字からわかるように強肩で守備範囲も広い。16年は105試合の出場にとどまったがDRS+25、UZR+12.3と相変わらずの鉄壁っぷりだった。OPS.741&12HRだった打撃を向上させたい。

3.エバン・ロンゴリア:3B

06年のドラフト以来TB一筋、オールスター3度のスター選手で、名実ともにチームの顔。昨季はOPS.840に自己最多の36HRと長打力を発揮した。36HRのうち34HRが右投手から放ったもので偏りが大きかった。今季もチームを引っ張る活躍を。

4.ブラッド・ミラー:2B

SEAでイマイチ活躍できなかったSSが、TBに移籍した昨季、突如パワーが開花し30HRを放つ1Bへと生まれ変わった。13年から15年までの3年間で合計29HRだったのが、1年でそれを越える30本塁打を放つことになった。昨季はSSから1Bに転向したが、今季は2Bに挑戦。バットは素手で握る。

5.スティーブン・スーザJr:RF

パワーが魅力の27歳。14年にはWSHの傘下3AでMVPを獲得し期待された。15年にTBに来てからはパワーこそ発揮しているものの、期待が高かっただけに物足りなさも感じる。課題は三振の多さで、昨季は120試合出場で159三振。怪我なくプレーし、最低でも20HRは越えたいところ。

6.ローガン・モリソン:2B

オフにFAになるも結局1年250万ドルで再契約。毎年.250を超えない程度の打率と2桁本塁打といった具合の成績で、もう一段階上の成績を残したいところ。12年まではLFをメインとしていたが、13年からは1Bがメイン。1Bとしてはやはり打撃力が物足りない。

7.ティム・ベッカム:SS

08年の全体1位指名選手。主に二遊間を守り昨季は64試合に出場。27歳となり、そろそろ結果を残しレギュラーを奪いたいところ。同じSSのライバル、マット・ダフィーが故障で出遅れアピールのチャンスではあるが、同じくSSの23歳若手有望株ダニエル・ロバートソンも開幕ロスター入りする模様で、うかうかしていられない。

8.デレク・ノリス:C

正捕手候補として獲得したウィルソン・ラモスが故障し開幕に間に合わないため3月に急遽獲得。SDの正捕手だったが、昨季は打率.186と大不振。打撃の復活と守備面での貢献に期待がかかる。

9.マレックス・スミス:LF

スピードが売りの期待の23歳。昨季はATLで72試合に出場し16盗塁をマーク。1月にATLからSEAを経てTBへとトレードされてきた。14年には1Aと1A+で合わせて88盗塁を記録した。打撃、特に昨季50打数4安打、打率.080に終わった左投手への打撃の改善が急務。