Tag Archives: タイラー・クリッパード

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

5490915852_e65c626de9_c (1)

 

 

 

 

 

 

 

2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤーの活躍をランキング形式で振り返ることにする。ランキングはFar East Divisionメンバーによる投票で選定を行った物で、10年代の活躍のみを考慮して選定を行った。今回は40位から31位を紹介する。

 

40位 スティーブン・ストラスバーグ (10- WSH)

ワシントン・ナショナルズのフランチャイズ史に残る投手。10年に鳴り物入りでデビューすると、10年代で112勝を挙げるなど、チームの中心投手として活躍した。怪我の多い選手で、大きすぎた期待からすると少々物足りないが、昨年は5年ぶりに200投球回をクリア、最多勝のタイトルに加え、フランチャイズ史上初のワールドチャンピョンに大きく貢献、自身もMVPを獲得するなど素晴らしいシーズンとなった。更に7年245Mの大型契約で残留も決定し、長くナショナルズでの活躍が見る事ができるだろう。

 

39位 イアン・キンズラー (10-13 TEX、14-17 DET、18 LAA,BOS、19- SD)

テキサス・レンジャースを中心に活躍した走攻守の三拍子揃った名二塁手。キャリアで2度30本塁打、30盗塁を達成したパワーと俊足に加え、ゴールドグラブ賞に2度輝いた守備力も兼ね備え、10、11年と2年連続でワールドシリーズ進出を果たしたレンジャースの黄金期を支えた。18年にはボストン・レッドソックスの一員としてワールドシリーズ制覇も経験したが、怪我もあり、昨年は活躍が出来ず、オフに引退を発表した。

 

38位 アンソニー・リゾ (11 SD、12- CHC)

堅実な打撃と守備を武器に活躍したシカゴ・カブスの中心選手。獲得タイトルはないが、怪我での離脱もなく、毎年安定した活躍を見せ、チームの欠かせない選手として、16年にはチームを実に108年ぶりとなるワールドシリーズ制覇に導いた。守備では16年に最も守備の優れた選手に送られるプラチナグラブを一塁手として初めて受賞するなど、その守備力はMLBでも有数の実力を誇る。

 

37位 タイラー・クリッパード (10-14 WSH、15 OAK,NYM、16 ARI,NYY、17 NYY CHW,HOU、18 TOR、19 CLE)

10年代で最多の702登板を記録した鉄腕。真上から投げ下ろす独特のフォームで投じられるMLB屈指のチェンジアップを武器に10年代だけで9球団を渡り歩いた。2月に35歳となったベテランで近年は成績も若干低下しているが、今シーズンからはミネソタ・ツインズでのプレーが決まっており、今後も10年代のような怪我のなく安定した活躍が出来れば、通算1000登板も達成できるかもしれない。

 

36位 フェリックス・ヘルナンデス (10-19 SEA)

2005年のデビューからシアトル・マリナーズ一筋で15年間投げ続けたマリナーズを代表する投手。2009年にその才能を本格的に開花させると、翌10年には24歳の若さでサイヤング賞に輝くなど、10年代前半は愛称である「キング」の名に相応しい支配的な投球を見せた。しかし、10年連続190投球回を達成した勤続疲労もあり、16年からは怪我が増え、球速も大幅に低下してしまった。個人成績に反してチームは負け越しが続き、全盛期にプレーオフに出場出来なかったのが残念でならない。

 

Weekly Report : Week-1,2

642253042_cf69e838de_z

 

 

 

 

 

 

FED2019年注目選手

FED2019年タイトル・アワード予想

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-1,2のキーワードは「開幕」「チャップマンフィルター」「アルバート・プホルス」だ。

 

・開幕

 2019年シーズンが始まり、早くも3週間が経過した。現地開幕戦(3月28日)からも約2週間が経過している。今年は、2012年以来となる日本でのメジャーリーグ公式戦が行われ、イチローが開幕ロスター入りを果たしたこともあり、多くのファンが球場に足を運んだことだろう。

 

 昨年、ボストン・レッドソックスがロサンゼルス・ドジャースを下し、2013年以来となるWS制覇を果たした。アメリカン・リーグ東地区の2枚看板であるニューヨーク・ヤンキースは、2009年を最後にWS制覇及びリーグ優勝を果たしておらず、地区4連覇を目指すレッドソックスとは大きく水をあけられている。それから、ドジャースは2年連続でWS進出を果たしたが、またもWS制覇に後一歩及ばなかった。

 では、今年の注目の開幕戦を振り返りたい。

  •  ニューヨーク・メッツ 対 ワシントン・ナショナルズ メッツ勝利

 現役最強投手であるジェイコブ・デグロムとマックス・シャーザーの組み合わせ。この2人の対決は2017年4月27日(メッツが7対5で制している)以来、2度目だった。

 シャーザーは初回、1、2番打者をアウトにするも、メッツにトレードで加入したロビンソン・カノに被弾して失点をするスタート。8回にもカノにタイムリーヒットを献上。全体的に見れば、7.2回2被安打12奪三振3与四球2失点というエースらしい投球内容だった。また、速球も平均95マイルと上々の出来だったが、打線の援護を受けられずデグロムに軍配が上がった。

 一方、デグロムは6回5被安打10奪三振1与四球無失点と投球内容ではシャーザーに劣るものの、要所要所をきちんと締めるピッチング。球速も速球96マイル、スライダー91マイル、チェンジアップ89マイルと素晴らしい出来だった。カノは1-1から反対方向にHRを放ち、新天地で幸先の良いスタートを切ることに成功。

 

  •  ヒューストン・アストロズ 対 タンパベイ・レイズ アストロズ勝利

 ジャスティン・バーランダーとブレイク・スネルによる新旧サイヤング賞対決となった。両者は16年、17年、18と3年連続で対戦機会があり、今年の開幕戦で4年連続となった。尚、過去の勝敗は2勝1敗でバーランダーの勝ち。(2勝共デトロイト・タイガース時代)

 初回、トレードでレイズに加入したオースティン・メドウズに先制弾。しかし、3回にジョージ・スプリンガーが3ランHRを放ち、3対1と形勢逆転。バーランダーは打線の援護を受け、7回3被安打9奪三振1与四球1失点で開幕戦勝利を挙げた。通算11度目の開幕投手は、13年、17年に次ぐ3度目の開幕戦勝利となった。尚、速球の平均球速は94マイルを計測。2013年以降球速が低下し限界説が囁かれた男は、アストロズ移籍に伴って復活。今季も安定したピッチングを披露してくれるだろう。

 一方、自身初の開幕のマウンドを託されたスネルは、3回に3失点で勢いを止められると、最終的に5点をアストロズに献上。6回6被安打3奪三振2与四球5失点という成績に終わった。速球は平均球速94マイルだったが、投球割合が3割を超えたカーブが痛打を浴びるシーンが目立った。2戦ではカーブの投球割合を減らし、スライダーとチェンジアップを増やして対応したが、3戦では再びカーブを増やした。幸い、3戦目ではカーブが効いて6回11奪三振無四球の好投に繋がった。修正力の高さは流石エースである。

 

Weekly Report:Week-10

14669791229_93a2c5da18_z

 

 

 

 

 

 

 

のハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-のキーワードは「日米通算2000本」 「エリック・ヤング・ジュニア」 「300号本塁打」だ。

 

・日米通算2000本安打

 ストロズの青木宣親が6月11日のエンゼルス戦で日米通算2000本安打を達成した。

青木は2003年ドラフト4位で早稲田大学からヤクルトに入団。プロ1年目に阪神の安藤優也からプロ初ヒットを放つと翌年には200本安打を達成。最多安打、首位打者、新人王を獲得し一躍球界を代表するヒットメーカーとなった。2012年にはNPB通算1284本を引っ提げてブリュワーズに入団し、4月8日のカージナルス戦ではミッチェル・ボッグスからMLB初安打を放った。

日本では順調すぎるキャリアを築いてきた青木だが、MLB挑戦後は打率3割の壁に苦しみ、ブリュワーズ、ロイヤルズ、ジャイアンツ、マリナーズ、アストロズと5球団を渡り歩いてきた。それでもコンスタントにヒットを積み重ね、昨季までの5年間で681安打。2000本まで残り35本として今季を新天地のアストロズで迎えていた。

2000本まで残り2本としてこの日を迎えた青木は9番レフトで先発出場。4回にタイムリーツーベースで1本とすると、続く6回には先頭で三遊間を抜くヒットを放ち大記録を達成した。さらに8回にも猛打賞となるヒットを放ち2001本目とした。

今シーズンはなかなか調子の上がって来ない青木だがチームは現在地区首位を独走中。この記録をきっかけに調子を上げ、優勝争い、さらにはポストシーズンで躍動するのを期待したい。

 

 

2017 Team Preview:ニューヨーク・ヤンキース

3853048458_2e0fe5e4e1_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  •  本拠地:ヤンキー・スタジアム

 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml05/

 

広さ
レフト 100.3m
センター 122.2m
ライト 100.6m
フェンス高さ

1.8~4.3m 

パークファクター *平均100
安打 92.4
ツーベース 82.1
スリーベース 66.7
HR 114.0
得点 103.8

 

 

・予想オーダー

1. ブレット・ガードナー:LF

NYY一筋MLB10年目を迎える33歳。14、15年と2桁本塁打を記録していたが、16年は7HR。OPS.713、16盗塁と打力不足感は否めない。一方でLF守備ではDRS+12、UZR+3.5と好成績で自身初のゴールドグラブ賞を獲得した。

2. ゲイリー・サンチェス:C

昨年開幕から低調なチームに現れたニューヨークの新たなスター候補。8月にOPS.1.290&11HRと大爆発を見せ月間MVPに。最終的には.299/.376/.657&20HRを記録した。守備でもリーグ4位となる盗塁阻止率40.6%をマーク。同年代のアーロン・ジャッジ、タイラー・オースティンらと共に「ベイビーボンバーズ」という愛称で呼ばれる。開幕から主砲、守備の要として期待される今年は、昨年を上回る活躍を期待したい。

 3.  グレッグ・バード:1B

NYY期待の若き長距離砲。15年にデビューすると46試合で11本塁打を放ち期待が高まるも、16年は怪我により全休。スプリングトレーニングは絶好調で、ジラルディ監督は一塁のレギュラーと明言。ベイビーボンバーズと共に新生ヤンキース打線の核としてファンの期待に応えたい。

4.  マット・ホリデー:DH

1年1300万ドルで新加入のベテラン強打者。37歳となり衰えが不安視されるが、昨季も110試合で20HRはクリアしまだまだパワーは健在。DH中心の起用となる方針で、打撃に専念することができることから成績向上の可能性も十分にある。 

5. ジャコビー・エルズベリー:CF

14年に7年$153Mの大型契約でライバルのBOSから加入したかつての盗塁王も、もはやピークは過ぎ、高すぎる契約は不良債権と化している。OPS.703&9HR&20盗塁は20億円を超える年俸に見合う成績とはとても言えない。DRS+8だった守備は唯一合格点か。4年が残るこの大型契約は再建を進めるチームにとって重い足かせとなりそうだ。

6. スターリン・カストロ:2B

CHCからトレード移籍し新天地で臨んだ1年目は21HRを放ち、自身初となる20HR越えを達成。積極的に振っていく打撃スタイルのため四球が少なく、出塁率は低め。2Bの守備はDRS-8、UZR-6.6。DRSはMLB全体でワースト3位と上手くはない。

7. チェイス・ヘッドリー:3B

12年に31HR&115打点で打点王に輝いて以来イマイチ存在感の薄いスイッチヒッター。昨季もOPS.716&14HRとここ4年間同じような成績を残している。打撃は決して満足できる成績ではないが最低限といった感じで、3B守備はDRS+7、UZR+6.6と上々。物足りなさは残るが、彼以上の成績を残せそうな3Bも特に見当たらず、今季も3Bのレギュラーとして開幕を迎える。

8. アーロン・ジャッジ:RF

昨季デビューしたNYY期待の大砲候補。201cm、125kgの恵まれた体格を生かしたパワーでボールをスタンドまで飛ばす。走塁も守備も大きな不安ではないが、なんといっても一番の不安は三振の多さ。昨季は95打席で42三振、三振率は驚異の44.2%と三振を量産した。いくら秘めたるパワーがあろうと、半分近くの打席で三振するようではレギュラーは難しい。成長に期待したい。

9. ロナルド・トレイエス:SS

正遊撃手のディディ・グレゴリウスがWBC中に肩を怪我し、復帰は5月になる模様。そのため開幕ショートはトレイエスになりそうだ。昨季は主に2B/3B/SSのバックアップ要員として72試合に出場した。打撃にパワーはないが、グレゴリウスの離脱をチャンスと捉えてアピールしたいところ。

2016 Team Preview : アリゾナ・ダイヤモンドバックス

25714842135_8cff235629_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:チェース・フィールド

他の野球場と比較する→http://yakyujo.com/ml08/

 

広さ
レフト 100.6M
センター 124.1M
ライト 101.8M
フェンス高さ 2.3~7.6M
パークファクター平均*100
安打 104.7
ツーベース 120.7
スリーベース 178.6
HR 85.6
得点 106.2
  • 予想オーダー

1.A.J.ポロック:CF
昨シーズン、.315/.367/.498、20本塁打をマークし飛躍を遂げた小柄な選手。本塁打がこれまでの2倍以上に増えたがアプローチが雑になることはなく、BB%、K%と共にそれまでの成績よりも改善されている。長打が増えると盗塁をしなくなる選手が多いが、ポロックはその逆で昨シーズンの39盗塁はキャリアハイ。 守備でもDRS+14をマークし、走攻守でチームに多大な貢献をした。今オフにARIが活発に動いたのでポロックも放出する可能性があるのでは、と噂されたときにCEOのデリック・ホールがポロックを出す気は毛頭もないとコメントしたのも当然の活躍だった。

2.デイビッド・ペラルタ:RF
昨シーズン28歳にしてメジャーに定着し、レギュラーも獲得した遅咲き。本塁打は17本に留まったが、ツーベース26本、スリーベース10本をマークしておりISO.210。パワーは本物だが打率.312は少しできすぎなので今シーズンは下がる可能性が高い。昨シーズンは主にLFを守っていたが、ヤスマニ・トマスや他の選手をLFで試すため今シーズンからはRFに移る予定。身長の割りに体重が思いにも関わらず、足が速くエネルギッシュなところからついた愛称は貨物列車。 

3.ポール・ゴールドシュミット:1B
 故障で109試合しか出場できなかった2014年から復活し159試合に出場。2年ぶりに30本塁打以上をマークした。打率も3年連続となる.300以上をキープし、パワーだけに偏った打者ではないことを証明した。打ち分けが非常に上手く昨シーズンはセンター方向への打球が最も多く、引っ張り方向と流した方向への打球の割合はほぼ同じ数字だった。守備と走塁も気を抜かず、DRS+18でゴールドグラブを獲得。21盗塁は1Bを守る選手の中ではメジャー最多の数字。MVP投票で2位に入ったのも納得の活躍ぶりだった。

4.ヤスマニ・トマス:LF
 6年68.5Mの契約1年目は期待外れに終わったキューバの大砲。打率.273は悪くなかったがそれ以外の成績で結果を残せず。ボール球に手を出す割合が多く、四球を選べないため出塁率が低く、期待されていた長打も9本塁打に終わった。守備でも3B、OF全てでDRSはマイナスをマーク。fwarがマイナスになったのもしかたない成績だった。今シーズンは負担の少ないLFに回ることとなっているが、監督はソクラテス・ブリートと競争させると明言しており、2年目にして早くも崖っぷち状態。

5.ウェリントン・カスティーヨ:C
 昨シーズン3球団に在籍した強打の捕手。2013~2014年まではCHCで100試合以上に出場していたが、ミゲル・モンテロの加入によって居場所を失いSEAへとトレードで放出されると、SEAでも出場機会が与えられず1ヶ月たらずでARIへと再びトレードで放出された。ARIでは打撃が好調で80試合の出場ながら17本塁打、OPS.813をマークした。守備でもまずまずの数字を残しオフには1年3.6Mで契約し残留となった。16歳の時にSSからCへの転向を余儀なくされ、SSでなければ野球をやる意味がないと思い1度野球をやめたことがある。

6.ジェイク・ラム:3B
メジャー定着の年となった昨シーズンは.263/.331/.386、6本塁打とまずまずの成績。春先の好調時に故障で1ヶ月以上離脱したのが惜しいところ。 選球眼がよく、マイナーでの通算出塁率は.408。ボール球に手を出す割合も低かった。昨シーズンの故障やそこからのリハビリなどの経験から色々と学び、同じ失敗は繰り返さずよりいい選手になれると意気込んでいる。

7.ジーン・セグーラ:SS
まだ25歳だがメジャーで4年のキャリアがあり、早くも成績が下降している早熟な選手。2012年に現在チームメイトのザック・グレインキーの絡むトレードでMILに移籍し、翌年は12本塁打を放ち44盗塁もマーク。スター選手の仲間入りかと思われたが、以降は打撃成績が低下。過去2年で.252/.285/.331、計11本塁打とジリ貧。滅多に四球を選ばないため塁に出れず盗塁する機会が少ないので自然と盗塁数も減少した。それでも守備がよければ問題ないのだがSS守備も平均かそれ以下で、現状はスピードだけの1ツールプレイヤー。

8.クリス・オーウィングス:2B
 2014年からの更なる飛躍を期待されたが、逆に成績を大幅に下げ期待を裏切ることとなった。開幕から打率はずっと低空飛行を続け、長打も出ずという状態に陥りシーズン終了まで抜け出すことができなかった。元々四球を選ぶタイプではないため出塁率も低く打撃ではいいとこなしとなった。守備でもSSではマイナスのDRSをマーク、2B転向後はよくなったため今後は2Bで起用する方針。打撃成績の低下は肩の故障があったためで、それが癒えた今シーズンは2014年以上の打撃を見れるかもしれない。

9.投手