Tag Archives: タイラー・ネークイン

World Series Review:Game-3

29652237634_bba14b9c6a_z

 

 

 

 

 

 

 

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可

Game3:CLE
勝:アンドリュー・ミラー(1-0) 負:カール・エドワーズjr(0-1) S:コディ・アレン(1)

クリーブランドで1勝1敗と勝ち星を分け合い、1日置いた後に迎えたリグレーフィールドでの第3戦。DH制がなくなったことで両チームともラインアップを変えることを余儀なくされた。インディアンスはポストシーズンでの好投があったジョシュ・トムリンを、カブスはシーズンメジャー最優秀防御率をマークしたカイル・ヘンドリクスを先発に立てた。

試合は初回から動いた。1回表、1アウトからジェイソン・キプニス、フランシスコ・リンドーアの連打で1、3塁。ヘンドリクスはいきなりピンチを背負うことになったが慌てなかった。リードが大きい1塁のリンドーアに牽制を投げると際どいタイミングに。一度はセーフコールがなされたがチャレンジの結果アウトへと判定が覆った。

第1戦でリンドーアにかく乱され初回から失点を許したジョン・レスターの二の舞にはならないよう、しっかりとインディアンスの機動力の要であるリンドーアの足を封じこめたヘンドリクスは初回を無失点で切り抜けた。その後もヘンドリクスは低めへのコマンドとチェンジアップが冴え、毎回ランナーを背負いつつも4回まで失点なく投げ進んだ。

一方のトムリンはそれまでのポストシーズンで見せたような好投をこの試合でも披露。落差のあるカーブとヘンドリクスに負けないほどのコマンドでカブス打線を翻弄。こちらも4回まで2塁を踏ませない素晴らしい投球を見せる。

試合が大きく動いたのは5回だった。5回表、インディアンス先頭打者のタイラー・ネークインがシングルヒットで出塁。その後送りバントで1アウトとなった後、四球と死球で満塁のチャンスを作る。ここで打席に入るのはここまで2安打と当たっているリンドーア。ここでカブスはヘンドリクスを諦め、ジャスティン・グリムを投入。

カブスファンも思わず目を逸らしてしまうような場面。フルカウントとなった後、リンドーアが放った打球は2Bを守るハビアー・バエズの正面へ。SSのアディソン・ラッセルと目にもとまらぬ速さでダブルプレーを完成させ、この大ピンチを切り抜けた。

そして5回裏、今度はカブスの先頭打者ホルヘ・ソレアーが同じくシングルヒットで出塁。その後内野ゴロの間に進塁し、2アウト2塁。ここでグリムの打順となりミゲル・モンテロが代打で送り出されたところでインディアンスも投手交代を告げる。インディアンスは第1戦での気迫の投球が記憶に新しいアンドリュー・ミラーをこの場面で投入した。

モンテロも対戦する投手が変わったことに合わせてバットを変えてミラーに臨んだ。追い込まれた後、モンテロが内角の速球をはじき返すとライトに鋭いライナーが飛んだが打球はグラウンドに落ちることはなくRFを守るロニー・チゼンホールのグローブの中へ。またしてもミラーは無失点で切り抜けポストシーズン連続無失点のイニングを延ばした。

6回は両チームのリリーフが三者凡退に抑え事なく終わったが、7回に再び試合が動いた。6回から投げていたカブスのカール・エドワーズjrから先頭のロベルト・ペレスがヒットを打ち出塁。送りバントで2塁に進むと、さらにワイルドピッチで3塁に到達。打席に入っていたラジャイ・デービスが四球で歩くと、ミラーの打順で代打ココ・クリスプがコールされる。

両打ちのクリスプということもあり、カブスベンチの判断はエドワーズjr続投。手に汗握る展開は一瞬で決着がついた。クリスプが初球の速球を詰まりながらもライト前に運び、タイムリーに。遂に待ちわびていた先制点がインディアンスに入った。カブスもソレアーの強肩で3塁に進塁しようとしたデービスを刺し、好プレーで3アウト目を取り追加点を許さず踏ん張ったが、この日はこの1点が全てだった。

7回裏、カブスは2アウト後、ソレアーが打ったライトのファールゾーンぎりぎりのフライをチゼンホールが落球し3塁まで進んだが後が続かず得点とはならなかった。その後もカブスはランナーを出すものの得点は奪えず、9回には2アウト2、3塁のチャンスを作るがインディアンスのクローザー、コディ・アレンが立ちふさがり最後までホームを踏めず試合終了となった。

カブスが最後まで得点できなかった理由をバエズは「自分達は今日の試合、物事を速く進めようとしすぎていた。自分達のペースで1打席1打席、1球1球プレーしなければならない」と話した。確かにこの試合はレギュラーシーズン中メジャー1位の四球数をマークしたカブス打線にしては早打ちでボール球に手を出すシーンが多かった。もう一度自分達のプレースタイルを思い出す必要があるだろう。

勝利したインディアンスは勝利した第1戦のように継投策がハマっただけでなく、普段はあまり行わない代打策まで当たりとなった。代走や守備交代も多く行い、ベンチ入りしている13人の野手を全て使い切っての勝利だった。フランコーナ監督が試合後に「とても忙しい試合だった」と振り返ったのも納得である。

両チームとも守備で好プレーがあり息詰まる投手戦が一層見応えのある試合になった。言葉通り世界一のチームを決めるのにふさわしい両チームであることをファンは思い知らされただろう。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/Mbgtbs

2016 ALDS Review:CLEvsBOS

29905412850_498c3c8804_z

 

 

 

 

 

 

ALDS:CLE3-0BOS

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 CLE5-4BOS
勝:アンドリュー・ミラー(1-0) 負:リック・ポーセロ(0-1) S:コディ・アレン(1)

Game2 CLE6-0BOS
勝:コーリー・クルーバー(1-0) 負:デービッド・プライス(0-1)

Game3 CLE4-3BOS
勝:ジョシュ・トムリン(1-0) 負:クレイ・バックホルツ(0-1) S:コディ・アレン(2)

リーブランド・インディアンスが3連勝でボストン・レッドソックスを下し、2007年以来となるリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。一方敗れたレッドソックスは「ビッグ・パピ」こと主砲デービッド・オルティスのラストイヤーを2013年以来のワールドシリーズ制覇で飾ることはできなかった。

ここからはこのシリーズを2つのポイントから振り返っていく。

注目点→継投策

短期決戦というレギュラーシーズンとは違った戦い方が要求される舞台で、1つのポイントが継投策である。1戦1戦の勝敗が非常に大きな意味を持つ短期決戦では、過度な連投や酷使といったレギュラーシーズンでは憚られるようなことも時には必要となってくる。勝利したインディアンスはまさにそのことを象徴するような采配を見せた。

それが見られたのが第1戦と第3戦だった。第1戦では先発のトレバー・バウアーが5回途中まで3失点とイマイチの内容。それでも、ダスティン・ペドロイアを打ち取り、2死とした。あと1死で勝利投手の権利を獲得し、球数はいまだ78球、ランナーは無し。通常ならば続投させるであろうと思われるこの状況で、テリー・フランコーナ監督は本来セットアッパーであるアンドリュー・ミラーを投入した。

これは迎える打者がここまで1安打、左打者のブロック・ホルトであったため、左打者に強いミラーを投入したと思われるがそれにしても驚くべきものであった。結果ミラーはホルトにツーベースを許し、続くムーキー・ベッツにも四球を与えるが続くオルティスを打ち取り、見事無失点で切り抜けた。ミラーはそのまま7回途中まで続投。2イニング、計40球を投げた。その後ブライアン・ショウを挟み、8回1死からクローザーのコディ・アレンが登板。そのまま最後まで計1.2イニング、40球の力投を見せ、見事無失点に抑えた。

まだ先発投手に余力が残っていると思われる5回からセットアッパーをつぎ込み、セットアッパーとクローザーに3.2イニングを任せた執念の継投。まさに短期決戦ならではの戦い方と見ることができるであろう。

第3戦も同様であった。先発のジョシュ・トムリンは5回まで1失点に抑えていたが、6回に先頭のペドロイアにヒットを許したところでミラーを投入。トムリンはこの試合まだ68球しか投げていないものの、勝負に出たとみられる。そのままミラーに2イニングを任せ、8回からショウを投入。ピンチを招いたところでアレンを登板させた。アレンは1点を失うものの、見事リードを守りきり、次のシリーズへとコマを進めたのであった。

今年のプレーオフでは1イニングに何人もの投手をつぎ込む細かな継投が多々見られた。それに対して、フランコーナ監督の採った采配は真逆であると見ることが出来るだろう。ミラーとアレンという絶対的な2人をいかに信頼しているかということが現れた継投策だったように思える。もちろん2人が非常に優れた投手であることは言うまでもない。しかし、今シーズン一度も40球以上投げていない2人にこれだけ投げさせる采配はなかなか採ることができないであろう。短期決戦だからこそ、良い投手をできる限り使うといったフランコーナ監督の采配が見事に的中したのである。

 

注目点→下位打線の活躍

計3戦で15点を挙げたインディアンス。リック・ポーセロ、デービッド・プライスなど主力級を粉砕したその打線は見事だったが、実は15点のうち9点が7,8,9番の下位打線からの得点だったのである。では1戦ごとにその活躍を振り返っていこう。

第1戦では2-1とリードされた3回に9番のロベルト・ペレスが同点に追いつくソロホームラン。レギュラーシーズンでは打率.183、ホームラン3本の成績だったペレスだが、この試合ではホームランを含む2安打、2得点と見事な活躍ぶりだった。

第2戦では先発が左のプライスだったため、ブランドン・ガイヤーがスタメン入りし7番、左のロニー・チゼンホールが8番に打順を下げた。ガイヤーはこの試合先制タイムリーを放つなど4打数3安打1打点、チゼンホールはリードを広げる3ランホームランを放つなど活躍。9番のペレスも安打こそなかったものの2四球を選んだ。

第3戦では前の試合でスタメンから外れたココ・クリスプとタイラー・ネークインが7,8番。ネークインが先制の2点タイムリーを放つと、クリスプがリードを広げる2ランホームラン。全得点を2人で挙げる素晴らしい活躍だった。

 短期決戦では選手の調子が大きく関わってくる。レギュラーシーズンでは文句なしの活躍をしていても、ポストシーズンでは当たりが止まってしまうということもザラだ。その中で、どこからでも点が取れる打線というものは大きな武器となる。特に、インディアンスの場合対左投手対策としてスタメン出場のガイヤーも活躍したという点は非常に大きい。選手層の厚さ、これも短期決戦であるからこそその重要性は増すものである。これからもインディアンスの下位打線には注目である。

Text by Mizoguchi Masaaki
写真:https://flic.kr/p/MyD4mo

Weekly Report: Week-20

8758579269_e5fe9340e3_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-20のキーワードは「ホセ・アルトゥーベ」「ホームラン」「ホセ・フェルナンデス」だ。

 

  • アルトゥーベ

月、イチローがメジャー通算3000本安打を達成したが今週はそれに続くべくイチローと同じヒットメーカーである若武者がその背中を追ってメジャー通算1000本安打を達成した。

アルトゥーベは現地時間の816日のカージナルス戦に3番セカンドでスタメン出場。アストロズは初回、アレックス・ブレグマンの2ランで同点に追いつくとアルトゥーベもレフトにヒットを放ち畳みかける。

さらに1点リードして迎えた4回裏の攻撃。23塁のチャンスでアルトゥーベの第3打席が回ってくる。ここでライトへのクリーンヒットでリードを2点に広げるとともに自身の通算1000本安打に王手をかける。続く第4打席は凡退し、1000本安打を前に足踏みするかと思われた9回裏の第5打席。カージナルスのクローザーであるオ・スンファンの直球をとらえレフト前ヒットを放ち通算1000本安打を達成した。

 

彼の1000本安打で特筆すべき点は何といっても達成するスピードであろう。

出場768試合での通算1000本安打到達は現役選手ではイチローの696試合に次ぐ驚異的なスピードなのである。

2011年にメジャーデビューを果たしたアルトゥーベは2年目の2012年は147試合だったものの、2013年からは昨年まで4年連続して150試合以上に出場し続けている。そして2014年に打率.341で首位打者、56盗塁で盗塁王を獲得し俊足のアベレージヒッターとして名を上げる。ちなみにこの年は最多安打にも輝き、イチロー以来となる首位打者、盗塁王、最多安打の同時獲得を果たした。

また、昨年まで2年連続でシーズン200本安打を達成。今シーズンも現地816日終了時点で170本の安打を記録するなど3年連続のシーズン200本安打に向けて視界は良好である。そして、彼は身長が5フィート6インチ(168センチ)と非常に小柄であるのだが今シーズンはパワーの面においても進化を見せている。現地816日終了時点ですでにキャリアハイとなるホームラン、打点をマークしている。さらにOPSもキャリアハイとなるペースである。

アルトゥーベ自身もゆくゆくは2000本、3000本と安打を積み重ねてゆく選手となるであろう。ヒューストンの小さな大打者に敬意を表するとともにこれからの栄光に胸を膨らませたい。

 

2016 Top 20 Prospects:クリーブランド・インディアンス

9343029768_3e54d22281_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。 

 

1. ブラッドリー・ジマー:OF
顔が瓜二つの兄カイルはロイヤルズのトッププロスペクト。 傑出したツールのパッケージとして知られ、コンタクト&パワーに優れるバッティングでは、ストライクゾーンへの理解も十分だ。A+&2AでOPS.814&本塁打16&盗塁44。 守備ではCFとして必要な肩&スピード&打球判断を併せ持つ。

2. クリント・フレーザー:OF
2013年ドラフト全体5位指名。ファイブツールポテンシャルの持ち主で、特にパワー&スピードに優れる。バッティングフォームの改造に取り組み、シーズン後半戦は 66試合でOPS.961。三振率25%→18%、四球率9.4%→14.4%とアプローチも改善された。

3. ロブ・カミンスキー:LHP
ハイレベルに磨かれた左のエース候補。最速95マイルのストレート&落差の大きいカーブ&チェンジアップ&コマンドいずれも上質。特にカーブはマイナー最高のボールと言われるほどだ。5-11/190と体格は小柄だが、巧みな投球術でカバーする。 

4. ブレイディ・エイケン:LHP
14年ドラフト全体1位も、アストロズと契約がまとまらず進学。その後名誉挽回を狙うもトミージョン手術により評価を上げることはできなかった。 万全であれば97マイルのストレート&カーブ&チェンジアップ&コマンド全てエース級。

5. ジャスタス・シェフィールド:LHP
高校時代にはU-18代表としてもプレーした実力派。5-11/196と小柄な体格ながらストレート&カーブ&チェンジアップのコンビネーションはパワフル。 メカニックもスムーズでコマンドも安定している。1Aでは26試合先発して防御率3.31、K/9=9.7、BB/9=2.7、K/BB=3.7。

6. タイラー・ネークイン:OF
走攻守三拍子揃ったオールラウンダーも、故障の多さがネック。出場試合数は昨年が76試合、今年が84試合と十分ではないがそれでも2年連続で打率3割を達成。特に今年は2A&3Aでキャリア最高のOPS.828をマーク。CF守備ではプラスプラスの肩を披露する。

7. マイク・クレベンジャー:RHP
ジェーコブ・ディグローム(NYM)とそっくりな風貌でも話題に。過去にはトミージョン手術も経験し、今季は3Aで27登板(26先発)して防御率2.73、K/BB=3.63とブレーク。最速97マイルのストレートを軸にスライダー&カーブ&チェンジアップも織り交ぜる。 

8. ボビー・ブラッドリー:1B
19歳たる年齢に比して磨かれたバッターで、特にベストツールであるパワーは平均以上の評価を得る。 1A&A+で27ホーマー&OPS.875&ISOp.254とパワフルな内容。 150Kを喫した粗さを取り除く必要がある。スピード&ディフェンスは平凡で1Bがふさわしい。

9. トリストン・マッケンジー:RHP
6-5/160たるスキニーな体格から高いアップサイド評を得る。90マイル前半のストレートは将来的にさらに向上するだろう。また、カーブ&チェンジアップはストレートと同じフォームから繰り出され、洗練度の高さがうかがえる。A-では12回/17K/2BB。 

10. ルイージ・ロドリゲス:OF
5-11/160と小柄ながら傘下随一のファイブツールポテンシャルを秘める。フリースインガーながらA+で112ホーマー&OPS.827をマーク。さらに自慢のスピードを生かして盗塁も24個決めた。守備では外野3ポジションをこなし、元二塁手ということもあり送球動作までが早い。 

11. フアン・ヒルマン:LHP
ブラッド・ミラー(TB)は高校の先輩。完成度の高いソリッドなHS左腕。 90マイル前半のストレート&鋭いカーブ&打者から見づらいチェンジアップを有効に織り交ぜ、投球センスにも優れる。メカニックも綺麗で制球も安定している。

12. エリック・ゴンザレス:SS
軽快なSS守備で高い評価を受ける。三遊間、二遊間いずれの打球に対しても機敏に反応し、スローイングも力強い。打撃面ではフリースインガーながら自己最多タイの9ホーマーをマーク。足も平均以上で、技術が磨かれればコンスタントに20盗塁をマークできるだろう。

13. アダム・プラットコ:RHP
 支配的な球威の持ち主ではないが、優れたコマンド&野球IQに支えられたクレバーなピッチングが光る。 A+&2Aでは166回/137K/28BB/防御率2.39、BB/9=1.5たるハイフロアー評に見合った活躍。90マイル前後のストレート&チェンジアップのコンビネーション。

14. フランシスコ・メヒア:C
攻守で高いアップサイドを秘めるアスリート。プラスのバットスピードを示しており、パワーポテンシャルを秘めている。スイッチヒッターであり、両打席でヒッティングセンスを持ち合わせている。守備ではプラスの肩を持つが、スローイングを含め課題は多い。 

15. ライアン・メリット:LHP
 素晴らしいコマンドの持ち主で、チームの育成部門のナンバー2であるロス・アトキンズはジョシュ・トムリンと比較し「彼がメジャーリーガーになることにほとんど疑いはない」 と評価した。2A&3Aで12勝、BB/9=1.2、K/BB=4.77と安定した投球内容。

16. マイク・パピ:1B/OF
2014年ドラフト全体38位。ドラフトクラス最高の選球眼の持ち主とされた。現段階ではラインドライブヒッターたる評価に止まるが、プラスのバットスピードからパワーツールは向上の余地を残す。守備は平凡でコーナー向き。 

17. マーク・メジアス:2B
故障の影響もあり3巡目までスリップもA-でOPS.790と健康体をアピール。粘り強いバッティングが武器で、出塁率.382&36K/35BBと高い出塁能力を発揮した。 スピード&守備範囲は平均以下でユーティリティー向きとする見方も多い。

18. ルイス・ルーゴ:LHP
 6-5/200たる大型左腕。真上から投げ下ろすメカニクスから80マイル後半のストレート&カーブ&チェンジアップ。チェンジアップはプラス評価を得るボールで、落差が魅力のカーブも向上を辿る。A+で防御率4.15、被打率.266と支配力に欠ける。プレミア12ではイタリア代表としてもプレー。

19. ショーン・モリマンド:LHP
チェンジアップを武器にソリッドなスターターになり得る。ストレートは90マイル前後と威力に欠けるが、平均レベルのスライダーと組み合わせ、打者のタイミングを崩す。キャリア5年で防御率3.43と安定した成績を残しているが、K/BB=1.97は平凡の域を出ない。

20. グレッグ・アレン:OF
ベン・リビア(WSH)とも比較されるスピードに優れるリードオフタイプ。バッティングではパワーレスだが、26K/27BBたる成熟したアプローチを示した。 守備ではプラスのスピード&平凡な肩からCF/LF向きとされる。バッティングを磨いていければメジャーでも通用する。 

Plus One Prospect
ルーク・ワカマツ:SS
元マリナーズ監督ドン・ワカマツの息子。20巡目指名も、オーバースロットで合意。6-3/185たる恵まれた体格に加えて、高い野球センスを示している。バッティングでは平均以上のバットスピードを示し、守備もSSに残れるレベル。RではOPS.739とまずまずのスタート。
 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/feBtf9