Tag Archives: タイワン・ウォーカー

2017 NLDS:LAD vs ARI

9889526946_562d3e737c_z

 

 

 

 

 

 

NLDS :  LAD3-0ARI

 

 *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 ARI5-9@LAD

勝:クレイトン・カーショウ(1-0) 負:タイワン・ウォーカー(0-1)

 

Game2 ARI5-8@LAD

勝:前田健太(1-0) 負:ロビー・レイ(0-1) S:ケンリー・ジャンセン

 

Game3 LAD3-1@ARI

勝:ダルビッシュ有(1-0) 負:ザック・グレインキー(0-1)  S:ケンリー・ジャンセン(2)

 

レギュラーシーズンで103勝をあげて勝率MLB1位になったドジャースとワイルドカードゲームでロッキーズを退けたダイヤモンドバックスの同地区対決となったNLDS。シーズンでの対戦ではダイヤモンドバックスが11勝8敗と勝ち越していたが、プレーオフではドジャースがダイヤモンドバックスを3連勝で破って次のステージに駒を進めた。このシリーズの注目点と活躍した選手を見ていこう。

 

注目点1 選手層の厚さの違い

このシリーズを見て感じたことは、ドジャースの選手層の厚さが凄まじいということだ。まず投手陣では、ドジャースではペドロ・バイエズがシーズンの途中までクローザーのケンリー・ジャンセンにつなぐまでのセットアッパーの役割を担っていた。しかしバイエズが9月に調子を大きく落としたため、クローザーのジャンセンに繋ぐまでどのような投手起用をするのか注目された。そこで抜擢されたのが、シーズンのほとんどを先発投手として過ごした前田健太だ。この配置転換が見事にハマり、4シームの球速はシーズン中には92マイルだったのが94.9マイルまで上昇。前田は2戦目に登板してダイヤモンドバックスの中軸を見事に抑え、続く第3戦も好投してチームを勝利に導いた。一方野手陣でドジャースの選手層の厚さを支えていたのはルーキーのオースティン・バーンズだろう。バーンズは怪物ベリンジャーに隠れた存在だったが、新人王資格を有する選手の今シーズンのWARランキングではナ・リーグ3位の実力者である。バーンズの最大のストロングポイントはキャッチャーとセカンドのポジションをこなせることだろう。これにより昨年までは控え捕手がカルロス・ルイーズだったキャッチャーとベテランのチェイス・アトリーとローガン・フォーサイスを併用していたセカンドの底上げができた。バーンズはBaseball Prospectus集計のフレーミングランキングでも6位につけるなど控えに置いておくには勿体無い選手で彼の登場で質の高いターンオーバーが実現できるようになった。

一方ダイヤモンドバックスはロングリリーフをこなすはずのランドール・デルガドが60日DLに入った影響もあり、投手陣のやりくりに苦戦していた。初戦に先発したタイワン・ウォーカーがドジャース打線につかまり1回を持たずに降板したのも痛かった。全体的にブルペンの質で負けていたダイヤモンドバックスが、先発投手が早い回で降板した際に長いイニングを消化できるデルガドを欠いたのはボディーブローのように効いていった。第3戦で調子が悪かったグレインキーを交代させず続投させたが、バーンズにHRを打たれたのはダイヤモンドバックス投手陣の運用が難しかったことをよく表していただろう。

ジーン・セグラがマリナーズへトレード

29907657075_545a594962_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

現地時間11月23日、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとシアトル・マリナーズが5選手の絡むトレードに合意した。このトレードで、マリナーズはSSのジーン・セグラ、OFのミッチ・ハニガーとLHPのザック・カーティスを、ダイヤモンドバックスはRHPのタイワン・ウォーカーとSSのケテル・マーテを獲得。

 

 3月に27歳になるセグラはマリナーズで青木宣親が役目を1年間果たせなかったリードオフを任されるはずだ。3番カノー、4番クルーズ、5番シーガーとメジャーでも有数の強打者揃いのクリーンナップを持ちながら、1、2番が平凡な成績に終わったため、その強みを活かしきれなかったマリナーズ。

打者有利のチェイス・フィールドを本拠地に持つダイヤモンドバックスから、投手有利のセーフコ・フィールドを本拠地に持つマリナーズに移ってきたため、HR数は大きく落ちる可能性もあるが、リーグ1位の195安打に加え、20HR、33SBを記録したセグラはマリナーズ打線の得点力を大幅に向上させることができるはずだ。

今シーズンは主に2Bを守ったが、まだ若く、昨シーズンまでは無難にSSを守備をこなしていたため、元来のポジションに戻ることに関してはそれほど心配はないだろう。また、メジャー24位の56SBとスピード不足だったマリナーズにとってセグラの俊足は非常に貴重だ。また保有権が2年残っていることも魅力で、それがマリナーズのマーテ放出を後押ししたはずだ。

12月で26歳の誕生日を迎えるハニガーは、2012年のドラフト全体38位でミルウォーキー・ブリュワーズに入団したOF。ドラフト時はメジャー早期昇格が見込めるタイプの大学生打者との評価を受けていたが、怪我に悩まされたこともあり、マイナーを登るスピードはそのタイプとしてはゆっくりとしたものだった。

14年にヘラルド・パーラとのトレードでダイヤモンドバックスに移ると、翌年は初めてAVG3割をクリア。2A-3Aでプレーした今季は、ジョシュ・ドナルドソンを参考にしたレッグキック打法にフォーム変更し、.321/.419/.581/.999&25HRと大ブレイク。8月半ばに初昇格したメジャーでも5HRを放ち、チームのマイナー最優秀選手に選ばれた。マリナーズのOF陣はレオニス・マーティン、セス・スミス、ベン・ギャメルとレギュラー格がどれも左打者ばかりであり、右打者のハニガーにも多くの出番が与えられるだろう。

24歳のカーティスは14年のドラフト6巡目でダイヤモンドバックスに指名されたLHP。今季メジャーデビューを果たし、21試合でERA6.75を記録した。メジャーでの成績は散々だった一方で、マイナーリーガーを相手にした時のカーティスのパフォーマンスは支配的だ。A+-2Aで計27試合に登板し、K/9=15.6と三振の山を築いている。

カルロス・ルイーズとのトレードでビダル・ヌーニョを放出して以来LHRP不足が懸念されていたマリナーズだったが、ルール5ドラフトからプロテクトするために40人枠に加えられたポール・フライ、有望株ザック・リッテルとのトレードで獲得したジェームズ・パゾス、セントルイス・カージナルスからクレームしたディーン・キークヘファー、更にカーティスと候補は多く集まっている。

マリナーズのジェリー・ディポートGMが敢行したトレードはこれで今オフ既に4つ目と、12ものトレードを行った昨オフと同様忙しく動き回っている。また、ウォーカーが抜けたローテーションは現時点で、キングことフェリックス・ヘルナンデス、岩隈久志、ジェームズ・パクストン、ネーサン・カーンズ、アリエル・ミランダの5人となっており、ディポートGMは「私たちは(スターターの)FA市場をチェックするだろうし、もちろんトレードの可能性を模索することに反対はしない」と述べている。

 

2016 Team Preview : シアトル・マリナーズ

19642763634_b674daf9c2_z
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。
  •  本拠地:セーフコ・フィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml04/

 

広さ
レフト 100.9m
センター 122.2m
ライト 99.4m
フェンス高さ 2.4m
パークファクター*平均100
安打 89.0
ツーベース 78.9
スリーベース 47.2
HR 105.3
得点 82.5
  • 予想オーダー

1. 青木宣親:LF
1年$5.5M+$6Mの相互オプションで加入。過去4シーズンのAVG&OBPはそれぞれ.285-.288&.349-.356と抜群の安定感を見せ、ジェリー・ディポト新GMも絶賛。また、直近4年合計でK/BBが1を超えているのは青木とジョーイ・ボットーの2選手のみ。年々減りつつあるが、2桁盗塁も記録し続けており、走攻守全てにおいて活躍が期待されている。昨季は8月に脳震盪を起こしたが、後遺症はないと明言。

2. ケテル・マーテ:SS
7月31日に21歳の若さでメジャーデビューを果たすと、コンスタントにヒットを放ち続け、レギュラーに定着。57試合に出場し、AVG.283&OPS.753を記録する上々のデビューイヤーとなった。優れたコンタクト能力を備えたスイッチヒッターで、選球眼も磨かれたため上位打線を任せることができる。3Aでは20SB/3CSだったが、メジャーでは8SB/4CSと高い評価を受けるスピードツールを活かしきれなかった。SS守備はダイナミックだが粗さが残る。

3. ロビンソン・カノー:2B
HRは21本とニューヨーク・ヤンキース所属時の水準まで戻したが、2008年以来7年ぶりにAVGが3割を下回った。四球が減りK%がキャリアワーストの15.9%を記録するなどアプローチ面でも悪化が見られたが、LD率24.2%はリーグ8位、HARD%32.4%は同20位など球を捉えた際には鋭い打球を放った。オフにスポーツヘルニアの手術を受けた。

4. ネルソン・クルーズ:DH
ホームラン王というタイトルを引っ提げてシアトルに移った昨季は、AVG.302&OPS.936&44HRとチームの期待以上の大活躍。4度目のオールスター選出、MVP投票での得票に加え、初のシルバースラッガー賞を受賞するキャリアーイヤーを送った。セーフコ・フィールドに本拠地を移して以降では、アレックス・ロドリゲスに次いで40HR以上を放った2人目のマリナーズの右打者となった。青木の加入が昨季93に留まったRBIの増加に繋がるか。

5. カイル・シーガー:3B
マリナーズの生え抜きでは野手の顔。 派手さはないが、毎年コンスタントに優秀な成績を残している。昨季は161試合に出場して26HR&37 2B&OPS.779をマーク。2014年にGG賞を獲得した守備は平均程度の数字だった。ロサンゼルス・ドジャースのトッププロスペクト、コリーは3兄弟の末っ子で、次男はマリナーズ傘下でプレーするジャスティン。最長22年まで契約が残る。

6. アダム・リンド:1B
10代の投手プロスペクト3人とのトレードでミルウォーキー・ブリュワーズから加入。地味ではあるが健康で居ることができれば打者としてチームに貢献することができる選手。通算OPS.863と右投手を非常に得意にしている左打者で、プラトーン起用が目されている。リンドのパートナーの枠をオプションの切れた元トッププロスペクトのヘスス・モンテロと、オプトアウト条項付きのマイナー契約で入団した李大浩が争っている。オフにFA。

7. フランクリン・グティエレス:RF
2年振りにカムバックした昨季は59試合に出場に留まったが、15HR&OPS.974と打棒が火を噴いた。オフにFAとなったが、1年1.5Mでマリナーズと再契約した。かつてはイチローと鉄壁の右中間を組んだゴールドグラバーだったが、度重なる怪我の影響か近年は守備は衰え気味。一方の打撃は2013、15年合計で25HR、162試合換算すると41HRとずば抜けたパワーを示している。通算OPS.833と右投手を非常に得意にする左打ちのセス・スミスとパワフルなプラトーンを組む。

8. クリス・アイアネッタ:C
1年$4.25M+$4.25Mのチームオプションで加入。ディポト新GM、スコット・サーバイス新監督と共にロサンゼルス・エンゼルスから移ってきた。パワー、選球眼、フレーミングスキルの優れた選手で、昨季は92試合で10HR&BB%12.9%、+Calls(捕手によって有利な判定を受けた数)メジャー5位の108を記録した。AVG.188と2割にも届かなかったが、.225と異様に低かったBABIPから多少の揺り戻しが期待できる。

9. レオニス・マーティン:CF
トム・ウィルヘルムセン、ジェームズ・ジョーンズ、パトリック・キブラハンとのトレードでテキサス・レンジャーズから加入。 アプローチが荒くパワーレスで打撃はそれほど期待できないが、プラスのディフェンスの持ち主。OFにはアスレチックな選手を、という理念を掲げるディポトGMの獲得ターゲットとなった。俊足の左打者としては低かった昨季のBABIP.270が戻ればAVG.260~.280、OPS.680~.700程度の成績を残すことができる。