Tag Archives: ダグ・フィスター

2018 Team Preview :テキサス・レンジャース

471782819_1241ec127d_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本拠地:グローブライフパークインアーリントン

 

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml01/

 

広さ
レフト 101.2m
センター 121.9m
ライト 99.1m
フェンス高さ

2.4~4.3m

パークファクター *平均100
安打 110.0
ツーベース 105.2
スリーベース 181.3
HR 104.9
得点 115.6

 

1, デライノ・デシールズ(CF)

高い走力を武器に昨シーズンも29盗塁を記録。16年は打率.209、OPS=.588と大不振に苦しんだが、昨シーズンは打率.269、OPS=.714と復活を果たした。俊足を活かしたセンター守備でも高い評価を得ており、打撃で更に成長し、1番に定着したい。

2, エルビス・アンドルス(SS)

昨シーズン長打力が大幅開花し、デビューから8年間で35本塁打しか放っていなかったが、昨シーズンだけで20本塁打を放った。打点、OPSなどでも自己ベストを更新し、キャリア最高のシーズンとなった。9年連続で20盗塁をクリアしている俊足も相変わらずで今シーズンも主軸として期待。

3, ノマー・マザーラ(RF)

メジャーデビューから2年連続で20本塁打、昨シーズンは100打点もクリアするなど成長を続けている22歳。スピードが皆無で守備の評価が低いことや左投手を大の苦手としているなど課題ははっきりしているが、まだまだ若く改善に期待したい。

4, エイドリアン・ベルトレ(3B)

4月で39歳を迎える大ベテラン。しかし衰えはまだまだ見えず、故障こそあったが昨シーズンも打率3割をクリア、OPSも.915と一流であり続けている。3000本安打も達成するなど将来の殿堂入りの可能性は非常に高い。

5, ジョーイ・ギャロ(1B)

遂にベールを脱いだパワーモンスター。三振の多さも評判通りで、昨シーズンの196三振はアーロン・ジャッジ(NYY)の208三振に次いでメジャー2位の多さ。今後も昨シーズンのような成績を残し続け、アダム・ダンのようなキャリアを送っていくだろう。

6, 秋信守(DH)

故障に苦しんだ16年から復活し、149試合に出場。22本塁打に、13年以来となる二桁盗塁を記録するなどまだまだやれることを証明した。35歳を迎えたベテランだが、選球眼の良さパンチ力などに衰えは見えず、今シーズンも一定の成績は期待できる。一方で守備は心配な点だらけで主にDHとしての起用となるだろう。

7, ルーグネット・オドーア(2B)

今シーズンでメジャー5年目を迎えるがまだ24歳と非常に若い。昨シーズンは2年連続となる30本塁打越えを果たしたが、低打率&選球眼の無さから出塁率はわずか.252と苦しみ、OPSも.649とレギュラー失格クラス。今シーズンはその粗っぽい打撃を少しでも改善させたい。

8, ロビンソン・チリーノス(C)

年々打撃成績を伸ばしている捕手。昨シーズンはわずか88試合の出場ながら17本塁打、打率.255に対し、出塁率.360と選球眼の良さも見せた。盗塁阻止率は25%と高くはないが14年には40%を記録しており、今シーズンは数字の向上に期待したい。

9, ライアン・ルア(LF)

ブレイクした16年から一転、昨シーズンは打撃成績を大きく落とし、レギュラー獲得には至らなかった。今シーズンも主にバックアップとしての起用が予想されるが少ないチャンスを活かしてレギュラー獲得に近づきたい。マイナーでは30本塁打越えを記録した事があるなどパンチ力はある。

動く投手コーチ~選手以上に盛んな投手コーチの移籍市場とその背景~

8670274938_2a1dec72d0_z

 

 

 

 

 

 

 

 

このオフのFA市場は非常に静かだ。この文章を執筆している時点ではレッドソックスからFAとなったダグ・フィスターがレンジャーズと契約しただけで他の選手は噂すらほとんど聞こえてこない。しかし意外な移籍市場が盛り上がっていた。それは投手コーチである。このオフは投手コーチの移籍が相次いだ。

2018年に新しい投手コーチを起用するチームはなんと全30球団のうち3分の1を超える11チームである。長年レイズで敏腕投手コーチとして評判だったジム・ヒッキーはかつての同僚であるジョー・マッドンが監督を務めるカブスに移籍した。ナショナルズとカージナルスはまるでお互いの投手コーチを交換するように、それぞれデレック・リリクイストとマイク・マダックスを新たな投手コーチとして迎えた。メッツはインディアンスで投手コーチを務めたミッキー・キャラウェイを監督として招集した。確かにこのオフは投手コーチの移籍が多いようだ。

今回はどうしてこのオフにこれほど多くの投手コーチが移籍しているのかを考察して、その特徴や移籍の背景を考えていきたい。

2016 Team Preview:ヒューストン・アストロズ

25306081604_e3d8340fc4_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:ミニッツ・メイド・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml14/

 

広さ
レフト 96.0m
センター 132.6m
ライト 99.4m
フェンス高さ  2.1〜7.6m 
パークファクター * 平均100
安打 100.6
ツーベース 104.8
スリーベース 145.0
HR 117.3
得点 101.2
  • 予想オーダー

1. ホセ・アルトゥーベ:2B
メジャーで最も小さい身長5フィート6(約167.6センチ)の安打製造機。昨シーズンは25歳の若さながら2年連続で最多安打、盗塁王のタイトルを獲得、オールスター選出を果たした。抜群のコンタクト能力でヒットを量産する。ギャップを抜き、スピードを生かして長打を生むタイプだったが、7→15本とHRも倍増させるなど小さな体から多くのホームランを放った。一方の評価の低かった守備でもDRS、UZR共にフルシーズン出場した年では初めてプラスに転じ、ゴールドグラブを初受賞した。

2. ジョージ・スプリンガー:RF
5ツールプレーヤー候補の26歳。14年の20HR/345PA程ではなかったが、昨季も16HR/451PAとパワーを発揮した。また、AVG.231→.276、K/BB=114/39→109/50とよりコンスタントにコンタクトを生み出し、アプローチを改善。5→16SBと塁上でもスピードを生かし始めた。 健康に今シーズン1年を過ごすことができれば、ブレイクイヤーとなる可能性が高いだろう。

3. カルロス・コレア:SS
6月8日に20歳の若さでメジャーデビュー。シーズンが終わるまでレギュラーとして出場し続け、99試合でAVG.279&OPS.857&22HR&14SBをマークしてアストロズの選手では1991年のジェフ・バグウェル以来となる新人王に輝いた。 抜群のパワーポテンシャルとキャノンアームが非常に高い評価を受けている。6フィート4、215ポンドとSSとしては大柄な体格のため、将来的には3Bに移ると見る向きもある。

4. コルビー・ラスマス:LF
15.8MのQOを承諾してチームに残留。昨季は1年8Mで加入するとAVG.238と相変わらず低打率に苦しんだが、自己ベストの25HRを放った。非常に三振の多い選手で、ここ2年は33.0%&31.8%とどちらのシーズンもK%は30%越え。守備ではLF&CF&RFとOF3ポジション全てを守ったが、無難にこなした。

5. カルロス・ゴメス:CF
マイク・ファイアーズと共に、ブレット・フィリップス、ドミンゴ・サンタナ、ジョシュ・ヘーダー、エイドリアン・ハウザーとのトレードで加入。2013-14年はスタープレーヤーだったが、昨シーズンは打撃成績が軒並み悪化。23→12HR、34→17SBとゴメスの武器であるパワー、スピードに衰えが見られた。 一方の守備はかつて程ではないが、DRS&UZR共にプラスを記録した。HOU入りが決まる前に、NYMとのトレードがメディカルチェックで白紙に戻るなど健康面での不安が大きい。

6. ルイス・バルブエナ:3B
ダン・ストレイリーと共にデクスター・ファウラーとのトレードでCHCから加入。選球眼とパワーがセールスポイントの選手で、昨季は自己ベストの25HRを放ち、BB%は4年連続で10%超えとなる10.1%をマークした。直近4年のAVG.229とコンタクトに難を呈している。打球に占めるフライの割合が大きい。

7. プレストン・タッカー:DH
昨季メジャーデビューを果たした25歳。323PAで32本の長打を放って自身の持ち味をアピールした。 対RHP時の先発がほとんどで、13HRは全てRHPから打った。アストロズのOF3ポジションは埋まっており、2月にスポーツヘルニアの手術を受けたエバン・ギャティスが復帰した際にはマイナーに送られる可能性が高い。弟カイルは去年のドラフト全体5位でHOUに入団した。

8. タイラー・ホワイト:1B
スプリングトレーニングでAVG.353&OPS1.031&3HRと活躍し、ジョナサン・シングルトンから1Bレギュラーの座を奪い取った。昨シーズンは2A-3Aで116試合に出場してAVG.325&OPS.939&14HRをマーク。 ヒッティングセンスと選球眼には光るものがある。マイナーでは主に3Bをプレーしていたが、肩が弱く俊敏さも欠けるため1B向き。傘下には今年中の昇格が濃厚なヒッティングプロスペクトのA.J.リードが控えているため、アピールチャンスは限られている。

9. ジェイソン・カストロ:C 
13年にはオールスターにも選出されたが、以降はAVG.276→.222→.211と毎年成績が悪化。それでも球を捉えた際には多くのラインドライブ、フライボールを生み出しており、長打は多い。25歳のCプロスペクト、マックス・スタッシが開花することがあればカストロが押しやられる可能性もある。オフにFA。