Tag Archives: ダスティ・ベイカー

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

3767401301_12d92f1fab_c

 

 

 

 

 

 

 

不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京を拠点にMLBの最前線を記者として長年取材されているフリーランスのライターである水次祥子さんにお話を伺いました。

 

※インタビューは11月にEメールを通して行いました。

 

インタビューでは、記者としてのキャリアの築き方はもちろんスポーツメディアの未来等についても語って頂きました。将来記者を目指す方はもちろん野球好きの方全員にとって必見の内容となっています。それではインタビューをお楽しみください。

 

Part1 記者を志望した動機や学生時代について

—まず簡単な自己紹介と水次様の経歴を教えて頂けますか?

 

 フリーランスのライターで、今は日刊スポーツやベースボール・マガジン社で仕事をしています。専門はMLBですが、たまに米国の社会、文化に関する記事を書くこともあります。伊良部さんや吉井さんがニューヨークでプレーしていた頃にニューヨークを拠点にMLBの取材をするようになりました。現在は日本に拠点を移してMLBの記事を書き続けています。

 

—記者になりたいと思ったきっかけや時期を教えて頂けますか?

 

 記者になりたいという意識を特別持っていたわけではなかったですが、編集の方とのご縁があり、誘って頂いて出版社で記者として働くようになりました。駆け出しの頃はスポーツとはまったく違う分野のことを書いていて、スポーツ観戦が好きだったのでその頃からスポーツの記事を書いてみたいと思っていました。毎週、ナンバーを買っていて、読むたびにいつかスポーツを書きたいと思っていました。

 

—水次様は1993年から95年までニューヨーク大学に在学されていましたが、ニューヨーク大学を選ばれた理由はあるのでしょうか?

 

 住むならニューヨークがいい(車の運転をしなくても生活できますし、外国人にとって大都会なら不自由がないので)と思っていたので、ニューヨークの大学を選びました。ニューヨーク大学にしたのは、コロンビア大に入るのは難しかったので第2希望にした感じですね。ニューヨーク大学はマスコミや映画、芸能、芸術関係に強い大学で、ここの出身の著名人、ジャーナリストも多いです。

 

—初めてアメリカで生活された時に、驚いた事や日米の違いを感じる場面は何かありましたか?

 

 いいことも悪いことも、違いはたくさんあります。文化、慣習が全然違いますからね。何もかも違うので、いちいち驚かないで自然に受け入れることが大事かなと思います。

 

—普段のTwitterでの情報発信等を拝見していると、MLBや野球の取材が多いのかなと思いますが、様々なテーマがある中で野球を自身の取材のテーマにされた理由は何ですか?

 

 MLBを専門にする前は様々なスポーツを取材していました。米国に住んでアメリカのスポーツを取材したかったのと、正直な話、安定的に仕事がもらえるのはMLBしかなかったですからね。日本人選手がMLBにしかいませんので。日本語で日本のメディアに記事を書くわけなので、日本人選手のいるリーグでないと需要がないですから。今はNBAの仕事もできるでしょうけれど。

 

2016 NLDS Review:WSHvsLAD

8664700662_162834df7c_z

 

 

 

 

 

 

 

NLSD:WSH2-3LAD

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 LAD4-3WSH
勝:クレイトン・カーショウ(1-0) 負: マックス・シャーザー(0-1) S:ケンリー・ジャンセン(1)

Game2 LAD2-5WSH
勝:ブレーク・トライネン(1-0) 負:リッチ・ヒル(0-1) S:マーク・マランソン(1)

Game3 WSH8-3LAD
勝:サミー・ソリス(1-0) 負:前田健太(0-1)

Game4 WSH5-6LAD
勝:ジョー・ブラントン(1-0) 負:ブレーク・トライネン(1-1) S:ケンリー・ジャンセン(2)

Game5 LAD4-3WSH
勝:フリオ・ウリアス(1-0) 負:マーク・ゼプチンスキー(0-1) S:クレイトン・カーショウ(1)

レイトン・カーショウの壁はあまりにも厚かった。05年のチーム創設以来初、前身モントリオール・エクスポズ時代から数えても35年振りとなるディビジョンシリーズ突破を目指すワシントン・ナショナルズの前に立ちはだかったのは、世界一6度、4年連続地区優勝中の常勝球団ロサンゼルス・ドジャースだった。

ドジャースはカーショウの登板試合で3戦3勝。ナショナルズは2勝1敗と王手をかけながらの逆転敗退となった。これにより、ナショナルズのダスティ・ベイカー監督はポストシーズンの王手をかけた試合で9連敗、自身にとってもチームにとっても初の世界一はまたも叶わなかった。対してドジャースは1988年以来となる世界一をかけてシカゴ・カブスと対峙する。

ここからはこのシリーズの注目点を通して振り返っていこう。

注目点→ブルペン陣

このシリーズはブルペン対決であったと言っても過言ではない。レギュラーシーズン中のブルペン防御率はドジャースが両リーグ1位、ナショナルズが同2位となっており、両チームとも素晴らしいブルペン陣を誇り、この堅固なブルペンをどう運用するかが注目されていた。

ナショナルズは左右の枚数が揃った豊富なブルペン陣と左右の得意不得意のデータを駆使した小刻みな継投で、最初の3試合までリリーフ投手が計13.1イニング投げて無失点と完璧な内容。しかし、第4戦では、左バッターが得意ではない右腕のブレーク・トライネンを左バッターが6人並ぶ場面で投げさせ、チェース・アトリーに決勝タイムリーを浴びた。

さらに第5戦では、対左投手の方が打率が1割近く低いジャスティン・ターナーに対して左腕のサミー・ソリスから右腕のショーン・ケリーに継投し決勝打を浴びるなど本来の戦い方を貫くことができなかったのが悔やまれる。もちろん、継投の良し悪しは結果論の部分も大きいが、チームが1年間続けたやり方を最後の最後で変えてしまったのは残念だ。

豊富なブルペン陣をフル活用したナショナルズとは対照的に、ドジャースはジョー・ブラントンとケンリー・ジャンセンが第2戦を除いて全試合に登板するなど信頼できるリリーバートップ2を中心とした継投を行い、2人で計10.2イニングを投げ抜いた。さらに第5戦では7回から抑えのケンリー・ジャンセンを投入し、最後は中1日のエース、カーショウで締めるなどレギュラーシーズンでは考えられないような継投で勝利を掴み取った。

特にカーショウの起用法については賛否両論あるだろうが、チームのエースが自分の将来を天秤にかけてまで登板を志願した思いには敬意を払うべきであり、王手をかけられながらも2戦連続で終盤の逆転勝利を演出したドジャースの打者陣の執念も素晴らしかった。

Text by Sakurai Haruki
写真: https://flic.kr/p/ecERCJ

Weekly Report: Week-2

4566345781_b3d7cb93ab_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-2のキーワードは「ブライアント」「ハーパー」「ロビンソンデー」だ。

 

  • コービー・ブライアント

国時間13日の水曜日、アメリカ国内はある話題で持ちきりだった。

NBA界のスーパースター、コービー・ブライアントの引退試合が行われ、一時Twitterの回線がダウンするなどアメリカのみならず世界中で大きな反響を呼んだのだった。

ロサンゼルス・エンゼルスのマイク・トラウトは、ブライアントへの敬意を表し、彼をモチーフにしたバッティンググローブで試合に臨んだ。ブライアントとトラウトは、レーカーズ、エンゼルスとそれぞれロサンゼルスに本拠地を置くプロスポーツチームに所属するスター選手だ。

トラウトのバッティンググローブには普段使用している黒と金のデザインに加えて、レーカーズを模した紫色が配色されており、人差し指にはブライアントのエンブレムと彼の背番号である8と24が刺繍されていた。特注のスパイクも用意していたが、エンゼルスの公式カラーではないということで着用することは叶わなかった。ちなみにトラウトの他に、サンディエゴ・パドレスのマット・ケンプやロサンゼルス・ドジャースのヤシエル・プイグもブライアント仕様のバッティンググローブを着用していた。

 

 

この試合でトラウトは5打数3安打1盗塁、守備でもセンター後方の大飛球を捕球する好守備を見せるなど走攻守にわたって大活躍。チームも5-1で勝利した。

対するブライアントもチームの逆転勝利に貢献し有終の美を飾るなど、この日はロサンゼルスの両スーパースターにとって最高の一日になった。

試合後トラウトは「ブライアントはバスケットボールの試合に興奮をもたらしてくれた。いつだってスーパースターだった。彼を見れなくなるのは寂しいけど、彼の決断は彼自信にとっても家族にとってもきっと正しいものだろう。」とコメント。

ブライアントとトラウト。競技は違えど、2人はプレーでファンを魅了する生粋のスーパースターだ。競技の枠を超えて2人はスポーツで繋がっている。ブライアントの偉大なキャリアに敬意を表して、この項を締めくくりたいと思う。

 

ナショナルズ新監督のダスティ・ベイカーとは~失われた1年を追い求めて~

12141569684_d28b1a7018_z

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年、ワシントンD.C.は溜め息に包まれていた。オフにはマックス・シャーザーを獲得し、『史上最強のローテーション』たる絶対的投手陣を擁し、ワールドチャンピオン最右翼と見られていた。しかし、蓋を開けてみるとワールドチャンピオンどころかプレーオフにすら進めずシーズンエンド。シーズン終盤にはチームの看板選手ブライス・ハーパーと大ベテランのジョナサン・パペルボンが首を絞める大喧嘩を演じるまでにチームの雰囲気は最悪だった。

成績不振の責任をとり、マット・ウィリアムズ監督は退任。9月にはチームリーダーであるジェーソン・ワースとクラブハウスで激しい言い争いをするなどチームからの信頼もズタズタに崩れていた。ここまでチームが崩壊した要因は間違いなくウィリアムズの統率力の乏しさにあるだろう。若く、経験に乏しいウィリアムズはメッツに追い抜かれ、一度亀裂の入ったチームを立て直すことができなかった。

そこで、新監督として白羽の矢が立ったのがダスティ・ベイカーだ。キーワードは「経験」と「統率力」。

 

  • 「経験」

インセンティブを含むと、2年最大総額$7Mでの契約となる。オーナーのテッド・ラーナーはベイカーを新監督に決めた最大の理由として彼の「豊富な経験」を挙げている。

「ここが私の4つ目のチーム、そして最後のチームになるだろう」。ベイカーは入団会見でそう語った。ジャイアンツ、カブス、レッズで計20年監督を務め、通算1671勝、最優秀監督賞3度、プレーオフ7度、リーグ優勝1度と実績は申し分ない。これだけの実績を誇るベイカーだが、世界一経験はなし。02年にはワールドシリーズに駒を進めるも、7戦目に敗れて世界一ならず。それでもレッズ監督時代には、当時まだ若かったジョニー・クエトやジョーイ・ボットーらを擁し、最終4シーズンで90勝以上3度とその手腕に疑う余地はない。

  •  「統率力」
ベイカーは長い監督生活の中で、サミー・ソーサ(元CHC)やバリー・ボンズ(元SF)、ジェフ・ケント(元SF)ら超大物選手を”操縦”してきた。人望も厚く、リーダーシップを持ち合わせている。そんな彼ならばハーパー、パペルボン、ワースらをうまく舵取ってくれるだろう。
 
ジャイアンツ監督時代にはケントとボンズの殴り合いの喧嘩も経験。「衝突のないチームなんて存在しない。テレビに映るかどうかの問題」とその中でもチームをうまく統率しワールドシリーズへと牽引した。まず、ナショナルズでの初仕事はハーパーとパペルボンの関係修復になりそうだ。
 
また、ベイカーが監督に決定してからコーチの志願の電話が殺到。ベイカーの人望の厚さがうかがえる。すでにマイク・マダックス投手コーチとデイビー・ロープス1塁ランナーコーチの就任が決定。
 
マダックスは今季までレンジャースでピッチングコーチを務め、今季はサム・ダイソンやジェーク・ディークマンらリリーフ陣をうまく運用し地区優勝に貢献。ロープスは通算557盗塁を決めている走塁のスペシャリストで、フィリーズ時代に指導を受けたワースは「今まで指導を受けた中で最高のコーチだ」と手腕を絶賛。主として若手のトレイ・ターナーやマイケル・テイラーらの走塁指導を担当することになるだろう。
 
  • 終わりに
「経験」と「統率力」。ウィリアムズ前監督とは対照的な2つの要素を併せ持つベイカー。一部では『古臭い旧型野球の監督』と批判を受けるが、「(監督を離れていた)この2年で投手運用や出塁率について勉強した。今までの私とは違う」と近代野球へのアジャストの姿勢を見せている。
 
今オフ、FAでジョーンダン・ジマーマン、イアン・デズモンド、デナード・スパン、ダグ・フィスターとチームを支えた主力4選手が抜けるが、マイク・リゾーGMは来季に自信を見せる。選手が入れ替わり、ナショナルズにとって忙しいオフシーズンになることが予想されるが、一体2016年のナショナルズはどんなチームに生まれ変わるだろうか。
 
念願のチャンピオンリングを求めて。失われた1年を追い求めて。
 
 
Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/juUHEm