Tag Archives: ダニエル・メンデン

2018 Team Preview :オークランド・アスレチックス

40160706755_63869c0b5d_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  • 本拠地球場:O.coコロシアム

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml16/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ

2.4~4.6m

パークファクター *平均100
安打 92.1
ツーベース 95.4
スリーベース 104.3
HR 72.7
得点 82.9

 

・予想オーダー

1, マーカス・セミエン:SS

16年には27本塁打を放ちブレイクを果たしたが、昨シーズンは故障の影響もあり、85試合の出場にとどまった。それでも持ち味のパンチ力を発揮し、二桁本塁打はクリア、BB%でキャリア最高の9.8%を記録するなど収穫のあるシーズンに。トッププロスペクトのフランクリン・バレットが既に昇格しており、調子によってはレギュラー剥奪の可能性も。

2, マット・ジョイス:LF

抜群の選球眼とパンチ力が持ち味の打者。昨シーズンはキャリア最高となる25本塁打を放つなど主軸として活躍した。特にシーズン後半はOPS=.889を記録するなど絶好調だった。キャリアを通して左投手を大の苦手としており、昨シーズンも対左投手は打率.186、OPS=.537と散々。

3, ジェド・ロウリー:2B

故障が非常に多いことで有名だが昨シーズンは大きな怪我なくシーズンを送った。リーグ2位となる49二塁打、BB%で11.3%を記録するなど主軸たる活躍。今シーズンも怪我なく1年間過ごし、来年のオフに控えるFAに向けてアピールしたい。

4, クリス・デービス:DH

2年連続で40本塁打、100打点をクリアしている大砲。三振が非常に多く、昨シーズンも195三振を喫したが、一方でBB%は16年の6.9%から11.2%と成長を見せた。今シーズンはキャリア初の個人タイトルの獲得にも期待したい。

5, マット・オルソン:1B

6月からメジャーに定着すると持ち前のパワーが爆発しわずか59試合で24本塁打を放ち、新人王投票でも4位に入った。マイナー時代からの選球眼の良さ、三振の多さも相変わらずだった。今シーズンも昨シーズンの勢いそのまま打ちまくりたい。

6, スティーブン・ピスコッティ:RF

オフにトレードでカージナルスから加入した選手。病気を患っている母の看病の為自らトレードを志願したのではと話題になった。昨シーズンはシーズンを通して不振に苦しみ、22本塁打を放った16年からは大きく数字を落とした。今シーズンは復活に期待。

7, マット・チャップマン:3B

昨シーズンデビューを果たした選手。マイナー時代から注目を集めていた三塁守備ではわずか84試合でDRS=19をマークするなどゴールドグラブ賞クラスである事を証明した。一方で粗っぽい打撃も相変わらずでこのままメジャーに定着するためにも改善したい。

8, ジョナサン・ルクロイ:C

オールスター2度の選出を誇る選手だが、昨シーズンは打撃では不調から抜け出せず、守備では高評価を受けていたフレーミングでも評価を下げるなど散々なシーズンに。FAを来年に控えているため、今シーズンは復活してアピールしたい。

9, ダスティン・ファウラー:CF

チームのエースだったソニー・グレイとのトレードでヤンキースから加入した外野手。昨シーズンはデビュー戦でフェンスにぶつかり怪我をしてしまい、そのままシーズンエンドとなった。俊足で打撃の評価も高いなど高いポテンシャルを秘める。

 

Weekly Report:Week-13

001H9725

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-13のキーワードは「雨」「ベイブリッジ・シリーズ」「ボルティモア・オリオールズ」だ。

 

本でも梅雨前線の影響で毎日のように雨が降っているが、先週の始めアメリカでも東海岸を中心に降った激しい雨が試合に影響を及ぼした。

最も雨に翻弄されたのはヤンキースタジアムで行われたテキサス・レンジャーズ対ニューヨーク・ヤンキース戦だろう。この日は5-6とヤンキースが1点リードで9回の表を迎えクローザーのアロルディス・チャップマンがマウンドへと向かった。

先頭打者に四球を与えると、激しくなる雨の影響か次の打者の秋信守に対しても3-1とカウントを悪くしてしまう。ここでさらに雨は激しさを増し審判も中断を決定。タープがフィールドに敷かれ球場にいる全員が雨が止むのを持つこととなった。

ここからが長かった。雨は一向に止む気配を見せず待てど暮らせどグラウンドには大きな雨粒が落ちてくる。結局試合が再開されたのは中断を決定してから3時間35分後、時計は午前2時を回っていた。

クローザーのチャップマンはベンチへと下がり、代わりにカービー・イェーツがマウンドへと上がった。イェーツは3-1のカウントのままだった秋を見逃しの三振に打ち取るものの続くイアン・デズモンドとノマー・マザーラには2者連続で死球を与え1死満塁。4番のエイドリアン・ベルトレーにはタイムリーを浴び2者が帰って逆転となった。

レンジャーズは更に2点を加え3点差とすると9回裏のマウンドにはサム・ダイソンを送り、無事勝利を得た。もし、雨が降っていなかったら、もしくは、より早く審判が中断を決定していればチャップマンが途中で降板することはなくヤンキースは勝利を手に入れることができたのかもしれない。

翌日の28日にはMLB公式のプロスペクトランキングで全体1位との評価を受けるワシントン・ナショナルズのルーカス・ジオリトのメジャー初登板初先発の試合がナショナルズパークで行われた。ジオリトは家族が見守るなか4回無失点と好投をしていた。

しかし、4回裏の途中で雨が激しくなり試合は中断に。1時間25分後に試合は再開されたが、ジオリトが5回表のマウンドに立つことはなくメジャー初勝利はおあずけとなった。

場合によっては恵みの雨にもなるができるなら雲一つない快晴の下、万全のグラウンドコンディションでプレーをしてほしいものである。