Tag Archives: ダラス・カイケル

2017 NLCS Review LAD vs CHC

2777677822_d8be96b8f7_z

 

 

 

 

 

 

 

 

NLDS  : LAD 4-1 CHC

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 LAD 5-2 CHC

勝;前田健太(1-0) 負;ヘクター・ロンドン(0-1) S;ケンリー・ジャンセン(1)

Game2 LAD 4-1 CHC

勝;ケンリー・ジャンセン(1-0) 負;ブライアン・ダンシング(0-1)

Game3 CHC 1-6 LAD

勝;ダルビッシュ有(1-0) 負;カイル・ヘンドリクス(0-1)

Game4 CHC 3-2 LAD

勝;ジェイク・アリエタ(1-0) 負;アレックス・ウッド(0-1) S;ウェイド・デービス(1)

Game5 LAD 11-1 CHC

勝;クレイトン・カーショウ(1-0) 負;ホセ・キンタナ(0-1)

 

年のNLCSは2年連続のワールドチャンピョンを目指すシカゴ・カブスとレギュラーシーズン103勝を記録し、NLDSではダイアモンドバックスをスウィープで下したロサンゼルス・ドジャースという昨年と同じ組み合わせ。この注目の組み合わせはNLDSの勢いそのままドジャースがカブスを難なく退け、去年の雪辱を果たした。

 

このシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点→ドジャースの総合力

このシリーズはNLDSと同様にドジャースの総合力の高さを見せつけられるようなシリーズとなった。ドジャースはチームの主力であるコーリー・シーガーが背中の怪我で離脱するなどシリーズ開幕前から不安の残るスタート。厳しい戦いになる事が予想されたが、離脱したシーガーの代わりにロスター入りしたチャーリー・カルバーソンを筆頭にチーム全体でシーガーの穴を埋め、勝利を重ねていった。シリーズ全体を通してシーガーの不在を感じせせられるような場面はなかったように思える。ここからは様々な面からドジャースの強さを分析していく。

まずは投手陣。投手陣はレギュラーシーズンでリーグトップの防御率を記録した前評判通りの活躍を見せた。先発陣は敗れた第4戦を除いた全ての試合で5回以上投げきり試合を作る活躍。リリーフ陣はポストシーズンからリリーフに転向している前田健太やクローザーのケンリー・ジャンセンを中心にシリーズを通して17イニングで被安打4、失点は0と完璧な内容で、カブス打線にまったく仕事をさせなかった。特に前田が回をまたいでの登板など慣れないリリーフで大車輪の活躍を見せたのはドジャースとしても大きかっただろう。一方のカブスのリリーフ陣は不調に陥り、先制しても終盤に失点を重ねてしまうなど敗因の一つとも言えるような状態であった。リリーフの優劣が勝敗に大きく影響する近年のポストシーズンを代表するようなシリーズであったように思える。

2017 ALDS Review : HOU vs BOS

3956931605_7a0d9469ca_z

 

 

 

 

ALDS : HOU 3-1 BOS

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 HOU 8-2 BOS

勝;ジャスティン・バーランダー(1-0) 負;クリス・セール(0-1)

Game2 HOU 8-2 BOS

勝;ダラス・カイケル(1-0) 負;ドリュー・ポメランツ(0-1)

Game3 BOS 10-3 HOU

勝;ジョー・ケリー(1-0) 負;フランシスコ・リリアーノ(0-1)

Game4 BOS 4-5 HOU

勝;ジャスティン・バーランダー(2-0) 負;クリス・セール(0-2) S;ケン・ジャイルズ(1)

 

ギュラーシーズンで101勝をあげ、アリーグ移転後初めての地区優勝を飾ったヒューストン・アストロズとデビッド・オルティズの引退など打線の戦力ダウンに苦しみながらもなんとかニューヨーク・ヤンキースを振り切り2年連続で地区優勝を果たしたボストン・レッドソックスの対戦。シーズン序盤から圧倒的な強さを誇り、オールスター明けにはデトロイト・タイガースからバーランダーを獲得するなど更に戦力を上げたアストロズ有利とみられたこのシリーズは大方の予想通りアストロズの3勝1敗で幕を閉じた。

 

このシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点1→打力の差

この点に関してはシリーズの開幕前からスタッツから推測できた事だが、やはりここの差が大きく出たように感じる。アストロズは全4試合で二桁安打を記録するなど終始レッドソックス投手陣を攻め続けた。その中でも上位打線に大きな差が出ているので、ここでは上位打線に絞って分析する。アストロズの上位打線は1番と3番は全試合でジョージ・スプリンガーとホセ・アルトゥーベがつとめ、2番は右投手にはジョシュ・レディック、左投手にはアレックス・ブレグマンという布陣。いずれの選手もこのシリーズでは好調が続き、1~3番の合計打率は.440という驚異的な数字。彼らの活躍によりアストロズはこのシリーズすべての試合で初回に得点を奪っている。対するレッドソックスは打順の入れ替えはあったが主にダスティン・ペドロイア、ザンダー・ボガーツ、アンドリュー・ベニンテンディの3人が上位打線をつとめた(第1戦はエデュアルド・ヌネスが2番で出場し、ハンリー・ラミレスに交代している)。そして1~3番の合計打率は.180という数字でわずか3打点しかあげることができなかった。4番に座るムーキー・ベッツ、その後ろを打つミッチ・モアランドやラファエル・ディバースは当たっており、彼らがより出塁していれば得点も増えたことが推測されるだけに非常に悔やまれる結果となった。アストロズ唯一の弱点と言われるリリーフ陣を早めに登板させるためにも上位打線を中心にアストロズ先発陣を攻略したかったため上位打線の不調は大きな痛手であった。

注目点2→先発投手

注目点1でも記述したようにレッドソックスがアストロズに勝つにはアストロズ唯一の弱点であるリリーフ陣を引っ張り出す必要があったように思える。アストロズのリリーフ陣はレギュラーシーズンでリーグ10位の防御率4.27と良くなく、対するレッドソックスのリリーフ陣はリーグ2位の防御率3.15と競った展開に持って行ければレッドソックスは有利に試合を進められたはずだ。しかしレッドソックスは先発投手が軒並み序盤に崩れ、試合の主導権を握ることが出来なかった。リーグ4位の17勝を挙げたセール、ポメランツの左腕2人がどちらも打ち込まれたのは首脳陣としても想定外であっただろう。一方でアストロズはバーランダーとカイケルの両エースがどちらも勝利投手となるなどゲームを作る働きを見せ、弱点であるリリーフ陣を早い回から出す展開に持ち込ませなかった。今後のシリーズでも先発が試合を作れるかどうかがアストロズの勝敗の鍵を握るだろう。

2017 Team Preview:ヒューストン・アストロズ

26564477622_c61e533f54_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:ミニッツメイド・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml14/

 

 

 

広さ
レフト 96.0m
センター 132.6m
ライト 99.4m
フェンス高さ

2.1~7.6m 

パークファクター *平均100
安打 92.6
ツーベース 88.6
スリーベース 115.2
HR 82.2
得点 80.8

 

      • 予想オーダー

1. ジョージ・スプリンガー:CF
昨シーズンは162試合全てに出場。長打数は軒並み増え29HRをマークした。打撃内容はマイナー時代からほぼ変わらず四球数と三振数はある意味で安定している。ハッスルプレーが光る守備では3年連続でDRSが+をマークした。打撃と守備では好成績を残したが、走塁では盗塁失敗数が成功数を上回る結果に。スプリングトレーニングでは盗塁のスキルを磨いていた。ミュータントニンジャタートルズのTシャツを着て、キャップを2個被るという奇抜なファッションでクラブハウス入りすることもある。

2. アレックス・ブレグマン:3B
15年ドラフトから1年1ヶ月でメジャーデビューを果たした。デビュー後10試合はなかなかヒットが出なかったが、TEX戦で3安打してからはコンスタントにヒットが出るようになった。打撃では確実性と長打力を兼ね備え、守備では2B/3B/SSを守ることができ、英語とスペイン語を操り、12歳の頃から高校、大学、WBCでアメリカ代表を務めるという万能選手。昨シーズン痛めたハムストリングの故障は完全に癒えた様子。

3. ホセ・アルトゥーベ:2B
昨シーズンは3年連続最多安打、2度めの首位打者を獲得し、キャリアハイの24HRをマーク。HOUの選手としては最速の1000安打達成という記録も樹立した。長打が増えたことで勝負を避けられることも増えBB%も上昇。一方で盗塁失敗数も2年連続リーグ最多となった。スプリンガーと共にクラブハウス内のムードメーカーという役割を担っている。

4. カルロス・コレア:SS
2年連続20HRをマークしたスター選手。昨シーズンは長打率が落ちたが、よりボールを選ぶようになり四球数は増えた。守備ではDRSでマイナスの数値をマーク。負担を減らすため3B転向を勧める声もちらほら。シーズンオフに4本の親知らずを抜いた。

5. カルロス・ベルトラン:DH
昨シーズンはシーズン前に引退を示唆していたが、シーズンを通して好調を維持しオフに1年$16MでHOUに加入した。打撃では3年ぶりに20HR以上をマークしたが、守備ではどこを守ってもDRSはマイナス。フィールドでは体を重そうにして動く姿が目立つので打撃に集中してもらうのがベターだろう。故障に悩まされる元チームメイトのデビッド・ライト(NYM)に「引退を考えるな。やれることをやりつくせ」と励ましの言葉を送った。

6. ブライアン・マッキャン:C
オフにトレードで加入。攻守ともに安定した成績を残し続けることができる点が魅力。08年から9年連続で20HR以上をマーク。守備ではDRSがマイナスとなったが、リードやリーダーシップなど見えない部分での貢献も大きい。敬遠の申告制については試合に影響が出ないのでどちらでもいいというスタンス。

7. ジョシュ・レディック:RF
シーズンオフに4年$52Mで契約。甘いマスクとそれを覆い尽くす長い髪と髭が特徴。昨シーズンは打率が微増したが、HRの数は半減。フルシーズン1年目の12年の打撃成績と比べるとスケールダウンした感は否めない。守備では軽快な動きを見せていた。 昨シーズン「How to Bunt 1.Don’t 2 Hit A Dinger(バントのやり方 1.しない 2.ホームランを打つ)」というシャツを着て話題になった。

8. ユリエスキー・グリエル:1B
昨シーズン途中から加入し、マイナーでの調整もそこそこにメジャーデビューを果たした。打撃では少ない打席数ながらも対応力の高さを見せた。守備では自身よりも上手い選手が揃っているため本職は3Bだが1Bを守っている。親友のヨエニス・セスペデス(NYM)曰く自身が知る限りキューバ最高の選手。

9. 青木宣親:LF
ウェイバーでクレームされオフに加入。コンタクトスキルの高さはメジャーでも屈指のレベルで打率は安定して..280台をマーク。一方でMILから移籍した後は長打数、盗塁数は減少傾向。また、守備でもまずい打球反応がしばしば見られる。