Tag Archives: ダリオ・アルバレス

2016 Trade Deadline~大物2選手を獲得したTEX~

28580260611_64be16ba78_z

 

 

 

 

 

 

 

様々な思惑が飛び交った今年のトレードデッドライン。今回は今年のデッドラインの目玉だった2選手を獲得したTEXについて振り返っていく。

 

7/26 TEX⇔ATL
ATL→TEX ルーカス・ハレル+ダリオ・アルバレス
TEX→ATL トラビス・デメリ

先発ローテーションに不安を抱えていたTEXが補強として選んだのはハレルだった。このトレードが決まる前から先発投手獲得について様々な噂が飛び交っていたが、先日のBOSの記事でも指摘したようにフリオ・テヘランやリッチ・ヒルなどの実力のある先発投手はチームが出さないと決めたか、故障持ちかのどちらかであり、市場には先発4/5番手クラスの成績の先発投手しか出回らなかった。

TEXの先発ローテーションのうち開幕から投げ続けていたのはコール・ハメルズとマーティン・ペレスだけで、コルビー・ルイスとデレク・ホランドは故障が長引き、グリフィンも一時故障離脱という有様。チチ・ゴンザレスやニック・マルチネスをマイナーから昇格させて先発させたり、カイル・ローシュをマイナー契約で獲得したりと様々な試みがなされるがいずれも不発。ダルビッシュ有がトミー・ジョン手術から復帰していなければ目も当てられない状況になっていただろう。

ハレル獲得も様々な試みの1つと言っていいだろう。ハレルはATLで5試合に先発し防御率3.38とまずまずの成績を残していたが、K/BB=21/12と投球内容はイマイチ。ハレルは元々コントロールが悪すぎてメジャーで貰い手がなかったためKBOにまでプレー機会を求めて旅立った経験のある投手。好投していたとはいえ5試合だけで、ハレルの能力を考えるとTEXでも好投を続けるとは考えにくい。

しかし、それでもTEXは構わなかったのだろう。ダメで元々、成功すればそれでよし、失敗だったとしても元がマイナー契約であるためサラリーは格安。低リスクで先発ローテーションの穴埋めを試みることができるのだ。結果は2試合に先発した後に故障し15日間DL入りとなった。TEXとしては最低でも5試合に先発させて結論を出したかったところだが、故障者を埋めるために獲得した投手がすぐさま故障することは予想できなかっただろう。

もう1人のアルバレスは27歳のLHP。リリーフとしてATLに16試合に登板し防御率3.00をマークしていた。高い奪三振能力が魅力でリリーフにはうってつけのタイプだ。アルバレスの魅力は貴重な左の中継ぎということもあるが保有期間の長さだろう。TEXは今シーズン終了後5年間アルバレスを保有することができる。なかなかメジャーでの登板機会に恵まれないアルバレスだがマイナーでの成績は悪くなく使ってみる価値はありそうだ。

ハレルとアルバレスの両投手に対して見返りとして放出したのはデメリ1人だけだ。両投手ともそれほど実績がなく実力もまずまずなので、デメリ1人ですんだのだろう。デメリはA+でプレーする21歳のIF。打撃は非常に粗く、K%も30%を優に超えるがその分パワーは本物でトレード前の時点で25本塁打をマークしている。TEXとしては打撃の粗いIFはジョーイ・ギャロ1人で十分なのでタイプの被るデメリを大事に取っておく必要はなかったのだろう。

ATLとしては現状非力な野手プロスペクトが多く、パワーの評価が高いデメリをタダ同然で獲得した2人と交換できるのなら悪くないだろう。

 

2016 Top 20 Prospects:ニューヨーク・メッツ

22494368087_c45edaa830_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. スティーブン・マッツ:LHP
デビット・プライス(BOS)と比較されるトータルパッケージ。マイナーで好投を続け、メジャーでも6先発して4勝0敗、防御率2.27。ポストシーズンでも先発の大役を任された。90マイル中盤のシンカー&大きく割れるカーブ&チェンジアップはいずれも完成度が高い。

2. ドミニック・スミス:1B
パワーとアベレージを両立したヒッティングプロスペクト。パワー面ではまだポテンシャルを発揮できていないが、A+では打率.305、本塁打6、OPS.771。20歳にして素晴らしいヒットセンスとアプローチを披露している。守備でもアスレチックな動きを見せており上質な1Bディフェンダーになり得る。 

3. アメド・ロザリオ:SS
ポテンシャルでは傘下トップとの声も。力強いアーム&柔らかなグラブ使い&平均以上の守備範囲を備え、優れたSSディフェンダーになり得る。打撃では逆方向へのライナーが多く、パワーも体格の成長に伴い向上が見込める。ゾーン理解を磨いて出塁率を上げていきたい。 

4. ギャビン・チェッキーニ:SS/2B
2Aでは109試合/55K/42BB とゾーン理解に富んでおり、打率.317、本塁打7、OPS.819と自身最高のシーズンを送った。パワーは年々向上を辿っており、特に後半戦は打率.365とよく打った。一方アスレチックさで売っていたSS守備では評価を落としており、2Bに回ることになりそうだ。

5. ブランドン・ニモ:OF
11年ドラフト全体13位。じっくりとボールを見極めるバッティングスタイルでマイナー5年で出塁率.381を記録している。今季フューチャーズゲーム出場を果たした有望株だが、パワー面で伸び悩んでおりISO.103は平凡。守備では平均的なスピードからCFよりもコーナー向きとされる。 

6. マーカス・モリーナ:RHP
アスリート。96マイルのストレート&平均以上のスライダーを主体にパワフルなピッチング。チェンジアップも効果的に扱うことができる。今季は故障に悩まされ9登板(8先発)して防御率4.26に終わったが、ポテンシャルの高さは傘下随一。デリバリーも安定している。

7. ウィルマー・ブセラ:OF
RA.ディッキーとのトレードでTOR→NYM。粗削りながら傑出したパワー&スピードを秘める。1Aでは打率.290、本塁打9、OPS.765、盗塁16。コンタクトに不安を抱えており、リスキーな素材だがアップサイドは高い。肩に優れる守備はRFにふさわしい。

8. デズモンド・リンジー:OF
15年ドラフト全体53位。スピード&パワーを兼ね備える。リードオフを担えるだけのスピードに、ギャップを抜くスイングスピードを両立したダイナミックな5ツール型。高校では3Bも、プロでは身体能力を生かすべくCFコンバート。RではOPS.750も、三振率29.8%。 

9. ルイス・カーピオ:SS
ベネズエラ出身の18歳。攻守にオールラウンドだが、特にディフェンスが群を抜いている。素晴らしいハンドリングとプラスの強肩を兼ね備え、フットワークも機敏。SSに止まれるだけの素質を示している。打撃では非力ながらもゾーン理解に優れ打率.304&出塁率.372。 

10. アキール・モリス:RHP
野球歴は浅いが、22歳にしてメジャー昇格も果たしたリリーフ右腕。94マイルのストレート&プラスのチェンジアップを真上から投げ下ろし、打者のスイングを崩す。A+&2Aでは63.1回投げて防御率2.05&K/9=11.9&被打率.137。目一杯力の入ったメカニクスのためBB/9=4.9とコマンドが不安定。 

11. アリ・サンチェス:C
ベネズエラ出身の18歳。守備面の評価が高いアスレチックなCタレント。素早いリリース動作で盗塁阻止率49%をマークし、発達したブロッキングスキル&フィールディングを示す。打撃はパワーの向上がカギを握っている。Rでは打率.272、本塁打0。 

12. マット・レイノルズ:SS
 コンパクトなストロークでギャップを抜くバッティング。プレーオフでは故障したルービン・テハダに代わり、メジャー未デビューでのロースター入りも果たした。守備範囲に欠けるが、堅実なグラブ捌きは2B向き。マーク・ロレッタ(元SD他)やマーク・エリス(元LAD他)と比較される。

13. ロベルト・グセルマン:RHP
ストライクスロワー。優れたコマンドに支えられたクレバーなピッチングが光る。90マイル前半のストレートを両コーナーに投げ分け、スライダー&チェンジアップを織り交ぜる。A+&2Aで24先発して防御率2.89、K/9=5.4、BB/9=2.3。ゴロアウトが多く、キャリアでHR/9=0.3。 

14. ガブリエル・イノア:RHP
ハイレベルなピッチングセンス&コマンドに支えられたピッチング。キャリアBB/9=1.3と傘下No.1のコマンダー。常時93マイルのストレート&チェンジアップ&カーブのコンビネーション。スタミナも豊富でイニングイーターにふさわしい。2Aでは152.1回投げて防御率3.90。

15. ヒュードア・ガルシア:3B
左のパワーバット。プラスのパワーの持ち主で、今季は1Aで打率.296、本塁打9、OPS.783とブレークの兆し。95K/22BBとボールの見極めにも不安を抱えており、左投手への対応も課題。守備でも向上の余地を残しており、3Bとしては肩の弱さもネック。 

16. ミルトン・ラモス:SS
生まれはコロンビアも、6歳の時にアメリカへ移住。打撃は平均以下だが、14年ドラフト内で最高のSSディフェンダーとされる。打球反応がズバ抜けており、スローイングも正確。Rでは54試合で打率.295をマークしたが、39K/8BBたる雑なアプローチから通用しているとは言い難い。

17. ホアン・ウレーニャ:3B
6-1/200と大柄なスイッチヒッター。驚異的なパワーを秘めており、コンタクトツールも上々だが、アプローチを磨いていく必要がある。A+では打率.214、本塁打0と全くいいところがなかった。不安視されていた3B守備は飛躍的に向上を見せた。肩が強い。 

18. ダリオ・アルバレス:LHP
09年にはPHIから解雇も、その後NYMに拾われ、今季はメジャーデビューも果たした。2A&3Aでは48試合にリリーフして防御率3.00、K/9=13.3をマーク。ストレートは93マイル止まりだが、プラスのスライダーで打者を欺き、特に左バッター相手には被OPS.495と圧倒的だった。 

19. ルイス・ギローム:SS
生まれはベネズエラもアメリカの高校を経てプロ入り。高い守備能力を買われており、素晴らしい守備範囲と巧みなハンドリングを兼ね備える。打撃ではパワーレスながらコンタクトツールに秀でる。1Aでは打率.318、本塁打0、盗塁18、出塁率.391。 

20. マックス・ウォテル:LHP
高校では数々のアワードを受賞し、U-18代表にも選ばれた19歳。リリースポイントの低い独特のフォームで打者を惑わしRではK/9=13.5を記録。6-3/180たる投手として理想的な体格から最速93マイルのストレート&カーブ。独特のメカニクスをキープできるかが課題。
 

Plus One Prospect
 コリー・オズワルト:RHP
1Aでは23先発して11勝&防御率3.36&K/BB=4.30。コマンドよく3球種を集めるローテーション下位タイプ。キャリア4年でBB/9=1.6と抜群の安定感を誇る。6-4/200と体格にも恵まれており、メジャークラスのスターターへと成長する可能性は十分ある。 

 

 Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/AgKvWx