Tag Archives: ダルビッシュ有

Playoff Preview:ロサンゼルス・ドジャース

126232470_838107666b_z

 

 

 

 

 

 

 

 

NL西地区5連覇を達成したドジャースは最終的に103勝58敗という成績でレギュラーシーズンを終えた。103勝という数字は今シーズンメジャー最多、そしてロサンゼルス移転後最多の数字となった。本稿では素晴らしいシーズンを送ったドジャースのプレーオフ展望を行っていく。

ドジャースはトレード市場において積極的に戦力強化を行った。ざっくりと振り返ると、レッズからトニー・シングラーニ(LHP)、パイレーツからトニー・ワトソン(LHP)、そしてレンジャーズからトレード市場最大の目玉であったダルビッシュ有(RHP)を獲得した。また、8月にはメッツからカーティス・グランダーソン(LF)を獲得。投打に実績のある選手を補強した形となった。

 

これらの補強を踏まえ、ドジャースのプレーオフ展望を投打に分けて考察していく。投手陣は今シーズン防御率3.38でメジャー全体2位(先発防御率3.39、リリーフ防御率3.38)、奪三振は1549個でメジャー5位、WHIP1.15はメジャー1位と申し分ない成績を残した。プレーオフではクレイトン・カーショー、アレックス・ウッド、ダルビッシュ、リッチ・ヒルの4人でローテーションを編成し、前田健太や柳賢振らはリリーフに回すのが良いだろう。ここで、キーポイントはクローザーのケンリー・ジャンセンまで繋ぐリリーフ陣になってくるだろう。カーショーはポストシーズンの成績が芳しくないとはいえ、十分計算は出来る。ダルビッシュは上り調子、ウッドやヒルもいつも通り投げられればそう簡単に打たれるようなピッチングはしないだろう。一方でリリーフ陣は昨年同様好成績を残したが、昨年のプレーオフではランナーを溜めてしまう場面が多く、7回からジャンセンを投入しなければならないというような状況を作ってしまった。今シーズンはペドロ・バイエス、ブランドン・モロー、ジョシュ・フィールズらに加え、ワトソン、シングラーニを補強したことから層は厚くなったと言える。このような状況の中でもジャンセンの前倒しが増えてしまうようであれば、優勝は厳しいものになる。

2017 Trade Deadline ~躍進チームそれぞれの判断

26932516421_3d211e4925_z

 

 

 

 

 

 

 

 今年のMLBは例年にも増してサプライズチームが多い印象を受ける。ナショナルリーグ中地区のブルワーズは、前半戦を終えた時点で昨年のワールドチャンピオンカブスよりも上の順位だった。また、西地区のダイヤモンドバックスとロッキーズはナ・リーグワイルドカード争いを大きくリードしておりこのまま行けばプレーオフ進出を果たしそうだ。今回の記事ではこれらのチームのトレードデッドラインについて見ていきたい。同じ躍進チームながら、この3チームが行ったトレードの方針は大きく異なるものであった。それではまず、ダイヤモンドバックスから見ていこう。

 

 ①ダイヤモンドバックスの場合

 ダイヤモンドバックス(以下Dバックス)は最終日以前に JDマルティネスをタイガースから獲得した。そして最終日にエンゼルスからリリーフ投手のデビッド・ヘルナンデス(RHP)とアスレチックスからアダム・ロザレス(SS)を獲得しロスターに加えた。いずれもチームの弱点を底上げする素晴らしい補強になりそうだが、特に注目したいのがJDマルティネス(OF)の獲得である。マルティネスは元々アストロズで育ったがタイガースに移籍した後に成績を伸ばした選手だ。今シーズンは故障で出遅れたが、復帰後はタイガースで OPS1.018を記録するなど例年以上に素晴らしいシーズンを送っていた。Dバックスが彼に一番期待しているのは対左投手の攻略だろう。昨年までは投手の左右に大きく成績が影響される選手ではなかったが今シーズンの彼の対左投手に対するOPSは驚異の1.436となっており非常に得意にしている。確かにLD%が対右投手より20%も高くなっていて運にも味方されている感じは否めない。しかし、Dバックス移籍後も対左投手の打率が4割を超えており、その実力は信用できるだろう。チームの主力打者のジェイク・ラム(3B)とデビッド・ペラルタ(OF)がそれぞれ対左投手OPS.605と.712と苦戦しているDバックスにとって大いに期待できる新戦力と言えそうだ。一方でタイガースが獲得したプロスペクトのうちルーゴはMLB公式チーム内14位、アルカンタラは23位の選手だ。ルーゴは元々ブルージェイズが獲得した選手で三振も四球も少ないタイプである。守備面では2016年に3Bに転向しており特に5ツールの中でも肩を評価されている選手だ。アルカンタラは昨年冬のウィンターリーグで素晴らしい成績を残した選手でルーゴとは違い、MLBでもショートとしてやっていけると評価されている。ただし、2人とも打撃が弱点でありその課題を克服できるかがMLBで活躍できるかの鍵になるだろう。

 

How To Pitch Like Yu Darvish

図2

 

 

 

 

 

 

 

Meta description: Learn how to pitch like Yu Darvish employing his command of multiple pitches and mental outlook.

 

Yu Darvish is a Japanese born right handed pitcher currently playing baseball for the Los Angeles Dodgers. He is 30 years old and has pitched in the majors since 2012. Darvish transitioned to the United States in a deal between the Texas Rangers and the Nippon Ham Fighters of the Japanese Pacific Division. He has compiled a 54 win and 39 loss record with a 3.39 ERA while battling arm injuries the last several years with the Rangers. He is considered a high-quality pitcher and was obtained by the Dodgers to bolster their rotation in their bid to capture a World Series Title.

As an international star, Darvish is a model that many young pitchers wish to emulate. Let’s take a look at some of his distinctive qualities and show you some ways you can try to pitch like Yu Darvish. We will leave aside that his height of 6 feet 5 inches may give him some delivery advantages. There is not much you can do about your height!

 

Characteristics Of Yu Darvish’s Pitching

1. Ability to throw many different pitches effectively

Darvish displays command of many pitches. He consistently throws a fastball, splitter, slider, curveball, changeup and cutter. He does not have what one would consider an overpowering major league fastball as it tops out at around 93-95 MPH. This is good speed but not elite. His success is built on his ability to throw different pitches and choose the right one at the right time. This is how he gets his strikeouts. He has an uncanny ability to make hitters miss and paint the edges of the strike zone.

Yu was scouted by the Rangers when he was in high school, and they identified him as a top prospect. His ability to control speed and location was the key factor in this decision proving that pitching is indeed more than brute speed.

 

2. Maintaining composure on mound

Yu Darvish was highly touted by many observers early in his career for showing maturity on the mound that far exceeded that of a typical young player. This composure and ability to not get emotionally overheated lend themselves to his cerebral pitching style where he will outthink you rather than overpower you. The ability to remain calm and in control of his emotions is one of Darvish’s strong points and one that all players can learn from observing.

 

3. Striving for improvement

  

What sets many major leaguers apart from other players is their drive to continually improve their performance. This trait was recently exhibited by Darvish after a start against the Miami Marlins where he gave up three solo home runs. Alerted to the fact that the Marlins may have known what pitch was coming, Darvish studied videotape of the game and concluded he was indeed tipping off pitches. He paused an instant longer before throwing a fastball as compared to a curveball. The Marlin hitters took advantage but Darvish will eliminate that tell from his repertoire going forward. Without this ability to self-criticize and make changes it is impossible to remain at the top of an athletic profession.