Tag Archives: ダン・オテロ

Weekly Report : Week9,10

7179875216_a507646d7a_z

 

 

 

 

 

 

 

2つのハイライトで2週間のメジャーリーグを辿る。weekly-9,10のキーワードは「ポール・ゴールドシュミット」「グレイバー・トーレス」だ。

 

・ポール・ゴールドシュミット

リゾナ・ダイヤモンドバックスのスター選手であるゴールドシュミットは、今季の4月を.297/.396/.549で終えた。しかし5月に長いスランプに陥ることになる。6試合連続無安打で5月のスタートを切ると、その後3度の2試合連続無安打を記録。(4月は2試合連続無安打が1度)5月のスラッシュラインは.144/.252/.278となった。尚且つ、4月15日の本塁打を最後に、5月19日まで本塁打が途絶えることもあった。

その間のチームスタッツも大きく沈み込んでいる。4月のダイヤモンドバックスは、.232/.310/.428という成績でOPSは30球団中11位。(月間成績は18勝7敗)しかしながら、5月は.193/.264/.316でOPSは30球団中30位であった。(月間成績は8勝19敗)そのため、5月はゴールドシュミットもさることながら、チームメートも苦戦していたことが分かる。要因として、A.J.ポロックの離脱や、トレードで獲得したスティーブン・スーザ jrの不調及び故障等を挙げることが出来る。

そして6月である。ゴールドシュミットは先月の不振が嘘のように長打を量産し、6月11日現在、36打数41塁打で本塁打は5本放っている。スラッシュラインは、.500/.571/1.139である。余談であるが、6月5日に記録した1試合4安打は自身通算12度目であり、ルイス・ゴンザレスの持つダイヤモンドバックスの球団記録を更新した。また、6月は7勝2敗とチームも右肩上がりに調子を上げている。

現在、ダイヤモンドバックスは、コロラド・ロッキーズ、ロサンゼルス・ドジャース、そしてサンフランシスコ・ジャイアンツと地区優勝を争っており、首位の座は盤石なものとは言えない。2017年にはワイルドカードによるプレーオフ進出を果たしたが、その際はNLDSにてドジャースにスウィープされている。更に遡ると、最後の地区優勝は2011年であり、その間、ジャイアンツは2012年と2014年に2度のワールドシリーズ優勝を達成している。(ダイヤモンドバックスは2001年の1度のみ)何はともあれ、ゴールドシュミット等の故障によって最下位に沈んだ2014年を振り返れば、地区優勝をするためにゴールドシュミットの活躍は欠かせないと言える。

2017 Team Preview:クリーブランド・インディアンズ

18572877923_c1d216f571_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:プログレッシブ・フィールド
 
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml21/ 

 

広さ
レフト 99.1M
センター 121.9M
ライト 99.1M
フェンス高さ 2.4~5.8M
パークファクター平均*100
安打 111.5
ツーベース 129.9
スリーベース 50.7
HR 116.8

得点

120.7

 

予想オーダー
1.カルロス・サンタナ:1B
昨シーズン記録した 34 本塁打 87 打点はキャリアハイ。その高い出塁能力から足はないが、 1 番に入る機会が増えた。守備では今シーズンはマイク・ナポリ(現レンジャース)の移籍、エンカーナシオン加入に伴い、昨年までの DH から1B へ。オフに開かれたWBC にはドミニカ代表として出場。
 
2.フランシスコ・リンドーア:SS
昨シーズンは 2 年目ながら不動の 3 番として 2 年連続の 3 割越え、得意の守備ではDRS+17 を記録しゴールドグラブ受賞と攻守でチームを支え、チームのワールドシリーズ進出に貢献した。オフの WBC でも母国プエルトリコの 2 大会連続の準優勝に貢献した。
 
3.マイケル・ブラントリー:LF
昨年は右肩の故障でシーズンのほとんどを DL で過ごしたが、今シーズンは開幕戦からの出場が見込まれている。15 年までは2年連続の 3 割、14 年には 200 本安打を放ち、シルバースラッガー賞を受賞しており、彼の復帰はインディアンズにとって非常に大きいだろう。
 
4.エドウィン・エンカーナシオン:DH
今オフ FA の目玉として加入した右の大砲。過去 5 年で 193 本の本塁打を放っており、これはクリス・デービス(現オリオールズ)に次いでメジャー全体で 2 位。昨年は初の打点王にも輝いた。彼の加入により昨年 4 番を努めたナポリの離脱も心配いらないだろう。
 
5.ホセ・ラミレス:2B
昨シーズン突然頭角を現した 24 歳。昨年記録した打率.312 はチームトップで 46 二塁打はメジャー全体でも 3 位だった。小柄な体格ではあるが昨年 8 月以降で 6 本塁打を放っており今シーズンは更なる増加も期待できる。本来は 3B を守っているがジェイソン・キプニスの怪我の影響により開幕は 2B での出場が濃厚。
 
6.ブランドン・ガイヤー:RF
昨シーズン途中にトレードによりレイズから加入した。昨シーズン左投手に対し打率.336、昨年放った 9 本の本塁打の内、6 本を左投手から記録し、対右のロニー・チゼンホールと共にプラトーンとして起用された。今シーズンはチゼンホールの開幕離脱が決定的でありスタメン奪取に向けアピールしたいところ。
 
7.タイラー・ネイクイン:CF
新人王投票で 3 位に入ったインディアンズ期待の若手の 1 人。昨年は規定打席には到達しなかったが、チームトップの OPS.886 を記録し下位から打線を支えた。昨年の 14本塁打はすべて右投手からであり対左は苦手か。センターの守備はミスが目立つことがあり不安が残る。
 
8.ロベルト・ペレス:C
ヤン・ゴームズの故障により出場機会を得ると、盗塁阻止率 50%、ポストシーズンでは 3 本塁打を放つなど一気にブレークした。WBC にはプエルトリコ代表として出場したがヤディアー・モリーナ(現カージナルス)がいたためほとんど出場機会はなかった。
 
9.ヤンディ・ディアス:3B
キプニスの怪我に伴い開幕スタメンが予想されるキューバ出身の 25 歳。昨シーズンAA、AAA 級合計で 121 試合に出場し打率.318 を記録した。また選球眼に優れ、BB%13.5%を記録した。キプニスが復帰するとラミレスが3B に戻ることが予想されるがそれまでにどれだけアピールできるかが鍵となりそうだ。
 

2016 World Series Review:Game-6

30632990581_1c7d0c00bb_z

 

 

 

 

 

 

 

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可

Game6: CHC9-CLE3
勝:ジェイク・アリエッタ(2-0) 負:ジョシュ・トムリン(0-1)

インディアンスが3勝2敗と王手をかけた状態でクリーブランドに戻って行われた第6戦。再びDH制が採用できることとなり、両チームともよりベストメンバーで戦うことができる。カブスは第2戦で好投したジェイク・アリエッタ、インディアンスは第3戦で好投したジョシュ・トムリンの先発で幕を開けた。

試合は初回から動く。1回表、カブスは2アウトから3番クリス・ブライアントがレフトスタンドへソロホームラン。主砲の一発で先制すると、さらにアンソニー・リゾ、ベン・ゾブリストの連続ヒットで2アウト1、3塁。

この場面で6番アディソン・ラッセルの放った打球は右中間へのフライ。3アウトチェンジかと思われたが、これをライトのロニー・チゼンホールとセンターのテイラー・ネークインがお見合いしてしまう。この間にランナー2人がホームインし、ラッセルは3塁へ。記録はヒットとなるものの、まずい守備でカブスが3点を先制した。

さらに3回表、カブスは四球とヒット2本で1アウト満塁のチャンスを作る。この場面でインディアンスベンチはトムリンを諦め、ダン・オテロをマウンドへ送る。迎えるは先ほどラッキーなタイムリーヒットを放ったラッセル。2ボールからの3球目、真ん中に入ってきたシンカーを完璧にとらえた打球はぐんぐん伸び、バックスクリーン左へのグランドスラム。カブスが7-0と大量リードを奪う。ラッセルはこれで6打点となりワールドシリーズ記録に並んだ。

大量リードを奪われたインディアンスは4回裏、ここまで無安打に抑えられてきたアリエッタから2番ジェイソン・キプニスが左中間を破る2ベースを放つと、1アウトの後マイク・ナポリがセンター前へタイムリーヒット。1点を返し、反撃ののろしを上げる。この後2つの四死球で2アウト満塁とするも、8番ネークインは三振に倒れ、1点どまり。続く5回裏には、キプニスにソロホームランが飛び出すも、7-2と以前カブス大量リードのまま後半を迎えた。