Tag Archives: テイラー・コール

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

27701098594_922df0b07d_z

 

 

 

 

 

 

 現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをまとって試合に望んだ。彼の死後初めての本拠地での開催試合だった。

 エンゼルスの先発はテイラー・コール(RHP)。いわゆるオープナーである。2回無安打無四球2奪三振の好投を見せ、後続をフェリックス・ペーニャ(RHP)に託した。5月26日以降、登板した全ての試合で失点を喫しているペーニャだったが、この日は7回無安打1与四球6奪三振の好投で継投ノーノーを達成した。ペーニャはスカッグス同様にカーブを得意とする投手であり、マリナーズ打線につけ入る隙を与えない完璧なピッチングだった。

 尚、エンゼルスが継投ノーノーを達成するのは1991年7月13日以来だった。

 スキャッグスは1991年7月13日生まれの投手。2009年にエンゼルスにドラフト指名されてサンタモニカ高校からプロ入り。生まれも育ちもカリフォルニア一筋だったが、翌年7月のトレードでアリゾナ・ダイヤモンドバックスに移籍。2011年、12年に2年連続でフューチャーズゲームに選出され、トレバー・バウアー(RHP)と共に期待を集め、2012年8月22日、ダイヤモンドバックスでメジャーデビューを果たす。2013年オフ、トレードでエンゼルスに復帰し、今年はチームトップの7勝をマークしていた。

 試合終了後、マウンドに集まったエンゼルスの選手達は次々にユニフォームを脱いでマウンドの周辺に置いた。また、打撃コーチのジェレミー・リード氏の考案で、ファンが描いたスカッグスの肖像画が中央に飾られた。

 彼と同期のマイク・トラウト(CF)はこの試合で先制弾を放ち、同志の追悼試合を飾った。オールスターゲームでも45番を着用したことから、彼に対する思いの強さが伺える。それから、今季から三塁手に挑戦しているマット・サイス(1B)にファインプレーが飛び出し、オープナーのコールの完璧な立ち上がりも良かった。後半戦に向けて明るい内容の多い試合だったと言える。

 昨年12月、エンゼルスからFAとなっていたルイス・バルブエナが交通事故(強盗犯が故意に設置した岩に車が衝突。強盗犯はその後逮捕されている)で33歳という若さで亡くなった。2009年には、ニック・エイデンハートが、初勝利の直後に交通事故により22歳で亡くなった。相手は何度も有罪判決を受けているドライバーであり、その日も無免許かつ飲酒運転だった。

 野球選手の突然の死は、私達を暗い奥底に閉じ込めてしまうような衝撃がある。深い悲しみに囚われ、彼が生きていたならと思わずにはいられない。だが、エイデンハートが亡くなった時、同僚だったトリー・ハンター(OF)はこう述べている。

 “ここにいる多くの者は家族の誰かを失ったことはない。今回起きたことは残念だ。でも、これが人生の一部であり現実だ。毎日、朝起きた時や仕事に行く前、子供達や家族にキスをするのはこのためだ”

For the Angels, a promising young arm arrives — and then is lost

 現実に起きてしまったことは、もう戻らない不可逆なものである。私達野球ファンは、少しずつでも現実を受け止めて前を見つめなければならない。選手達、監督、家族。それぞれがそれぞれの方法、速度で前を見つめて生きていくように。

 

Written by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/JcRnwb

Sleeper Prospects AL East

19220508863_de30f9bcf7_z

 

 

 

 

 

 

 

段階では名の知れていないプロスペクトである『スリーパー』を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。また、選出基準はMLB.comのチームトップ30及びFEDのチームトップ20圏外の選手とした。

  • ボルティモア・オリオールズ
 

ジェイ・ゴンザレス:OF
スピード&選球眼に長けたリードオフ型。マイナー通算192試合で0ホーマーと長打力はないが、昨季は傘下トップの87四球&34盗塁をマークするなど持ち味を発揮。スピードを生かしたCF守備も堅い。忍耐強いアプローチのため三振は多め。『プレミア12』プエルトリコ代表。

グリン・デービス:OF
ゴンザレスと同じく1番センタータイプ。 マイナー5年で8ホーマーも、ギャップを破るバッティングスタイル&マイナー通算125盗塁の俊足を生かした二塁打の多さが特徴。また6-3/170たる体格から増量を経てパワーは向上するとも見られている。14年にはOPS.747&23盗塁を記録。

ジョシュ・ウォーカー:RHP
変則フォームで打者を翻弄するタイプ。15年は1A&A+で19先発して防御率3.57&K/BB=4.06をマーク。球威は平凡なクオリティにとどまるが、コマンド&ピッチングセンスが優秀。上のレベルでもパフォーマンスを維持できるかが課題。

ライアン・メイシンガー:RHP
15年ドラフト11巡目の。90マイル前半の沈む速球&スライダーという典型的なリリーフタイプ。R&A-で18試合登板して防御率1.90、K/9=13.7、BB/9=1.9と好投。6-4/240たる成熟した体格も、まだうまく扱えておらず、ここから飛躍する可能性もある。

オフェルキー・ペラルタ:RHP
13年に$325Kで契約した18歳の素材型。荒削りながら90マイル中盤の力強いストレートを投げ込む。一方でフォーム&コマンドが不安定なのが課題。15年はRで11登板(10先発)してK/9=10.9をマークしたが、BB/9=6.7と課題の制球を克服できなかった。