Tag Archives: ディラン・フローロ

2018 WS : BOS vs LAD

17089916180_1e087ae0e2_z

 

 

 

 

 

 

WS:4-1

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 BOS 8-4 LAD

勝:マット・バーンズ(1-0) 負:クレイトン・カーショウ(0-1)

Game2 BOS 4-2 LAD

勝:デビット・プライス(1-0) 負:柳賢振(0-1) S:グレイブ・キンブレル(1)

Game3 BOS 2-3 LAD

勝:アレックス・ウッド(1-0) 負:ネイサン・イオバルディ(0-1)

Game4 BOS 9-6 LAD

勝:ジョー・ケリー(1-0) 負:ディラン・フローロ(0-1)

Game5 BOS 5-1 LAD

勝:デビット・プライス(2-0) 負:クレイトン・カーショウ(0-2)

WSMVP:スティーブ・ピアース

 

 ーズンの勢いそのままに、ここまでのプレーオフ7勝2敗と圧倒してきたボストン・レッドソックスと昨年に引き続き2年連続の出場となったロサンゼルス・ドジャースのマッチアップとなった今年のWSは、レッドソックスが4勝1敗でWSを5年ぶりに制した。

 

以下、両チームの注目点を挙げ、試合を振り返る。

 

注目点1→投手陣の安定度

 

投手陣の安定度に差が見られた。後述するがドジャース投手陣はALCSの疲れからか、やや精彩を欠いていた。一方でレッドソックスはWS5戦すべてに登板し一度の失点も許さなかったケリー、第3選でロングリリーフながらも6回2失点に抑えたイオバルディ、カーショウとは対照的に2勝をあげたプライスなどが好投した。

 

注目点2→LCS疲れと第3戦

 

レッドソックスはALCSを4勝1敗と5試合で勝ち進み、WSまで中5日であったのに対し、ドジャースはNLCSを4勝3敗と7試合戦い、WSまで中3日しかなかった。これが結果的に投手陣の安定度に差が生まれ、第3戦の延長18回にわたる死闘が勝負の分かれ目になったようだ。ドジャース先発のウォーカー・ビューラーが7回を完璧に抑え有利に立っていたものの、イオバルディの思いがけない好投がドジャースのリリーフ陣の疲労に拍車をかけ、結果的に第4戦の逆転負けを引き起こしたように思える。

Sleeper Prospects AL East

19220508863_de30f9bcf7_z

 

 

 

 

 

 

 

段階では名の知れていないプロスペクトである『スリーパー』を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。また、選出基準はMLB.comのチームトップ30及びFEDのチームトップ20圏外の選手とした。

  • ボルティモア・オリオールズ
 

ジェイ・ゴンザレス:OF
スピード&選球眼に長けたリードオフ型。マイナー通算192試合で0ホーマーと長打力はないが、昨季は傘下トップの87四球&34盗塁をマークするなど持ち味を発揮。スピードを生かしたCF守備も堅い。忍耐強いアプローチのため三振は多め。『プレミア12』プエルトリコ代表。

グリン・デービス:OF
ゴンザレスと同じく1番センタータイプ。 マイナー5年で8ホーマーも、ギャップを破るバッティングスタイル&マイナー通算125盗塁の俊足を生かした二塁打の多さが特徴。また6-3/170たる体格から増量を経てパワーは向上するとも見られている。14年にはOPS.747&23盗塁を記録。

ジョシュ・ウォーカー:RHP
変則フォームで打者を翻弄するタイプ。15年は1A&A+で19先発して防御率3.57&K/BB=4.06をマーク。球威は平凡なクオリティにとどまるが、コマンド&ピッチングセンスが優秀。上のレベルでもパフォーマンスを維持できるかが課題。

ライアン・メイシンガー:RHP
15年ドラフト11巡目の。90マイル前半の沈む速球&スライダーという典型的なリリーフタイプ。R&A-で18試合登板して防御率1.90、K/9=13.7、BB/9=1.9と好投。6-4/240たる成熟した体格も、まだうまく扱えておらず、ここから飛躍する可能性もある。

オフェルキー・ペラルタ:RHP
13年に$325Kで契約した18歳の素材型。荒削りながら90マイル中盤の力強いストレートを投げ込む。一方でフォーム&コマンドが不安定なのが課題。15年はRで11登板(10先発)してK/9=10.9をマークしたが、BB/9=6.7と課題の制球を克服できなかった。 

 

2015 Top 20 Prospects:タンパベイ・レイズ

15425689715_2f4bcf281b_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。 

 

 1.  スティーブン・スーザ:OF
マイナーナンバーワンバッターだ。ウィル・マイヤーズのトレードでWSH→TB。3Aでは打率&出塁率&長打率&OPSでリーグトップ。パワー&スピードを両立したプレーヤーになり得る。シーズン最終戦ではジョーダン・ジマーマン(ナショナルズ)のノーヒッターをアシストするスーパーキャッチを披露。 

2. ダニエル・ロバートソン:SS
オフェンシブなSSとしてブレーク。2Aで132試合に出場し.310/.402/.471/.873/15本塁打。シャープなストロークでアプローチにも優れ94K/72BB。ディフェンスでは、スピードに乏しくレンジに欠けるが、SSにとどまれるだけのアーム&ハンドリングを示す。

3. ケーシー・ギレスピー:1B
マーク・ティシェラ(ヤンキース)やランス・バークマン(元レンジャース)と比較される強打のスイッチヒッター。2014年ドラフトクラスではカレッジナンバーワン打者と呼ばれ、ヒッティングツールとパワーポテンシャルを兼ね備える。 アプローチも優れA‐で65K/42BB。

4. ウィリー・アダムス:SS
デビット・プライス(タイガース)とのトレードでDET→TB。Aでは125試合に出場し.271/.353/.429&8本塁打とポテンシャル評に見合った活躍。 平均以上のバットスピードを示し、年齢に比したアプローチも備える。SSでは力強いアームを披露。

5. ライン・スタネック:RHP
プラスのアームスピードから繰り出される98マイルのストレート&プラスのスライダーのコンビネーション。 コマンドが平凡で、より高いレベルを目指すためにメカニクスを改善していく必要がある。

6. テイラー・グリエリ:RHP
トミージョン手術によりわずか9.1IPのピッチング。90マイル前半から中盤のストレート&ハイクオリティなカーブ。チェンジアップも含めスリーピッチを操るスターターになりうる。キャリアでは1.47ERA&5.58K/BB。 

7. アレクサンダー・コロメ:RHP
薬物使用により50試合の出場停止処分も、メジャーで23.2IP/2.66ERAと実力を発揮。 97マイルの動くストレート&カッター&カーブ&チェンジアップのコンビネーション。リリーフに適性があるという見方も。

8. ライアン・ブレット:2B
 5-9/180と小柄な体格ながらコンパクトなスイングでコンタクトを生み出し打率.303&8本塁打。ベストツールであるスピードを武器にマイナー通算134盗塁。守備でも目立ったレンジと平均レベルのアームを披露。

9. アンドリュー・バラスケス:SS
62BBを選び、発達したアプローチとストライクゾーンへの理解を示した一方で、136Kを喫しコンタクトに不安を示した。 5-8/175と小柄でパワーに欠けるが、50盗塁をマークしたプラスのスピードを生かしていきたい。

10. マイキー・マトック:OF
3Aで132試合出場し.292/.362/.458&12本塁打&18盗塁とメジャーでも通じ得る実力を示した。 走攻守とツールを備え、特にスピードは平均以上で、CF守備でもレンジを発揮。

11. ジャスティン・ウィリアムズ:OF
6-2/215たるフレームの持ち主で傑出したパワーポテンシャルを秘める。74試合で4本塁打とゲームの中では持ち前のパワーを生かしきれてないが打率.351とハイアベレージを残した。守備走塁は平均以下でバットが命運を握る。

12. ジャスティン・オコナー:C
マイナー屈指のアームの持ち主で今年の盗塁阻止率は55%。まだまだ磨くべき点も多いがエリートなCになり得る。打撃ではフリースインガーながら相応のパワーを示しており、12本塁打&2塁打35本。

13. ブレーク・スネル:LHP
ハイシーリングなアーム。94マイルに届くストレートはよく沈み平均以上の評価を受ける。プラスのスライダーは左バッターに有効でチェンジアップもアウトピッチになり得る。キャリアで4.9BB/9たる不安定なコマンドを磨く必要がある。

14.  エニー・ロメロ:LHP
 左のパワーアーム。コンスタントに90マイル半ばを計時するストレートは最速で97マイル。平凡なコマンドを露呈し、キャリアで初めてイニング以上の安打を喫した。変化球のクオリティも平凡。

15. バーチ・スミス:RHP
ストレート主体のパワフルなピッチング。故障によりシーズンを棒に振ったが、アグレッシブなピッチングでマイナーでは傑出した内容。カーブ&チェンジアップはポテンシャルを秘める一方で不安定。来季は復活となるか。

16. ブレント・オニーウェル:RHP
右投手としては珍しい傑出したスクリューボールの使い手で、セカンダリーピッチとして平均以上の評価。速球は沈みながら89-93マイルのレンジで投げ込まれ、95マイルにも届く。Rkでは33.2IP投げて6.67K/BBたるパフォーマンス。

17. ニック・シウフォ:C
 攻守で平均以上の存在に成り得る。ショーケースで2塁送球1.83秒をマークした平均以上のアームに加え、レシービング技術も向上。打撃ではOPS.622もアプローチ面では40K/9BB→45K/17BBと成長。

18. キャメロン・バルガ:RHP
もともとSSでプレーしていたアスレチックなアーム。95マイルのストレート&パワーカーブのコンビネーションで打者をねじ伏せる。サードピッチとしてチェンジアップも扱えるセンスを示している。耐久性に不安。 

19. ホセ・ドミンゲス:RHP
ジョエル・ペラルタらとのトレードでLAD→TB。最速102マイルを計時したストレートは打者の手元でホップの軌道を描く。マイナーで34IP/41Kと支配力を示したが、変化球&コマンドに不安を抱える。 

20. ディラン・フローロ:RHP
コマンドに優れキャリア3年でBB/9は1.3も、90マイル前後のパワーに欠けるストレート&独特なメカニクスで評価が分かれる。スライダーを有効に織り交ぜるピッチングでゴロを多く打たせHR/9は0.2。

 

Plus One Prospect
ライリー・アンロー:SS
ヒッティングセンスに優れ、バットスピード&コンタクトを兼ね備える。またアプローチも47K/29BBと良好で出塁マシーンになる可能性を秘める。プラスのスピードを生かしたSS守備では広大なレンジを示し平均以上のディフェンダーになり得る。 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/pv7G8v