Tag Archives: デビッド・オルティズ

2017 ALDS Review : HOU vs BOS

3956931605_7a0d9469ca_z

 

 

 

 

ALDS : HOU 3-1 BOS

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 HOU 8-2 BOS

勝;ジャスティン・バーランダー(1-0) 負;クリス・セール(0-1)

Game2 HOU 8-2 BOS

勝;ダラス・カイケル(1-0) 負;ドリュー・ポメランツ(0-1)

Game3 BOS 10-3 HOU

勝;ジョー・ケリー(1-0) 負;フランシスコ・リリアーノ(0-1)

Game4 BOS 4-5 HOU

勝;ジャスティン・バーランダー(2-0) 負;クリス・セール(0-2) S;ケン・ジャイルズ(1)

 

ギュラーシーズンで101勝をあげ、アリーグ移転後初めての地区優勝を飾ったヒューストン・アストロズとデビッド・オルティズの引退など打線の戦力ダウンに苦しみながらもなんとかニューヨーク・ヤンキースを振り切り2年連続で地区優勝を果たしたボストン・レッドソックスの対戦。シーズン序盤から圧倒的な強さを誇り、オールスター明けにはデトロイト・タイガースからバーランダーを獲得するなど更に戦力を上げたアストロズ有利とみられたこのシリーズは大方の予想通りアストロズの3勝1敗で幕を閉じた。

 

このシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点1→打力の差

この点に関してはシリーズの開幕前からスタッツから推測できた事だが、やはりここの差が大きく出たように感じる。アストロズは全4試合で二桁安打を記録するなど終始レッドソックス投手陣を攻め続けた。その中でも上位打線に大きな差が出ているので、ここでは上位打線に絞って分析する。アストロズの上位打線は1番と3番は全試合でジョージ・スプリンガーとホセ・アルトゥーベがつとめ、2番は右投手にはジョシュ・レディック、左投手にはアレックス・ブレグマンという布陣。いずれの選手もこのシリーズでは好調が続き、1~3番の合計打率は.440という驚異的な数字。彼らの活躍によりアストロズはこのシリーズすべての試合で初回に得点を奪っている。対するレッドソックスは打順の入れ替えはあったが主にダスティン・ペドロイア、ザンダー・ボガーツ、アンドリュー・ベニンテンディの3人が上位打線をつとめた(第1戦はエデュアルド・ヌネスが2番で出場し、ハンリー・ラミレスに交代している)。そして1~3番の合計打率は.180という数字でわずか3打点しかあげることができなかった。4番に座るムーキー・ベッツ、その後ろを打つミッチ・モアランドやラファエル・ディバースは当たっており、彼らがより出塁していれば得点も増えたことが推測されるだけに非常に悔やまれる結果となった。アストロズ唯一の弱点と言われるリリーフ陣を早めに登板させるためにも上位打線を中心にアストロズ先発陣を攻略したかったため上位打線の不調は大きな痛手であった。

注目点2→先発投手

注目点1でも記述したようにレッドソックスがアストロズに勝つにはアストロズ唯一の弱点であるリリーフ陣を引っ張り出す必要があったように思える。アストロズのリリーフ陣はレギュラーシーズンでリーグ10位の防御率4.27と良くなく、対するレッドソックスのリリーフ陣はリーグ2位の防御率3.15と競った展開に持って行ければレッドソックスは有利に試合を進められたはずだ。しかしレッドソックスは先発投手が軒並み序盤に崩れ、試合の主導権を握ることが出来なかった。リーグ4位の17勝を挙げたセール、ポメランツの左腕2人がどちらも打ち込まれたのは首脳陣としても想定外であっただろう。一方でアストロズはバーランダーとカイケルの両エースがどちらも勝利投手となるなどゲームを作る働きを見せ、弱点であるリリーフ陣を早い回から出す展開に持ち込ませなかった。今後のシリーズでも先発が試合を作れるかどうかがアストロズの勝敗の鍵を握るだろう。

Weekly Report:Week-26

13551396753_52b5e0e9e9_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-26のキーワードは、「16」「ワイルドカード」「ビッグ・パピ」だ。

 

・16

国時間9月25日、球界は一つの類稀なる人材を失った。マイアミ・マーリンズのエース、ホセ・フェルナンデスだ。同日未明に友人とボートで釣りに出かけたフェルナンデスはわずか24歳にしてこの世を去ることになった。

このニュースは全米で報道され、球界全体が彼の死を嘆いた。中でも衝撃を受けていたのはフェルナンデスと同じくキューバ出身の選手達だ。各球団のキューバ選手達はフェルナンデスの背番号16を記したユニフォーム型のプレートをダグアウトに掲げるなどして、追悼の意を示した。

また、彼の所属していたチーム、マイアミ・マーリンズは、彼が亡くなった翌日のニューヨーク・メッツ戦でフェルナンデスの追悼試合を行った。選手達は全員フェルナンデスの背番号である16のユニフォームを着用し試合に挑んだ。試合前には選手がマウンドに集まり、フェルナンデスへのメッセージを記した。そしてチームの主砲、ジャンカルロ・スタントンを中心に円になり、士気を高めた。

初回、マーリンズの先頭バッター、ディー・ゴードンは本来左打ちだが、フェルナンデスへの追悼の意を込め、彼のヘルメットをかぶりに右打席へ。メッツの先発、バートロ・コローンの投じた初球を見逃し、左打席に切り替えた。

野球の神様が姿を現したのはこの直後だ。左打席に入ったゴードンはコロンの投じた3球目のツーシームを振り抜き、ライトスタンドへ今シーズン1号ホームラン。ゆっくりと噛み締めるようにベースを一周した彼はホームに到達すると、目に涙を浮かべて天を仰いだ。そんな彼を熱い抱擁で次々と出迎えるマーリンズベンチ。そこには確かに、野球の神様とでもいうべきものが存在したかに見えた。

フェルナンデスを悼む試合はマーリンズ以外の試合でも行われた。各球場で追悼式が行われ、全米のメジャーリーガーが彼の死を悼んだ。ゲームでは、フェルナンデスと同郷の幼馴染だったセントルイス・カーディナルスのアレドミス・ディアスが、自身初の満塁ホームラン。チームがワイルドカード争いで奮闘する中、貴重な1勝をもたらした。実はこの前日、ディアスはフェルナンデスの葬儀参列のため、チームに離脱を申し入れていた。彼の死を1日かけて受け入れた彼の、亡き友に捧げるグランドスラムとなった。

後日、フェルナンデスの背番号であった16が、マーリンズの永久欠番になるとこが決まった。彼の野球選手としての生き様は、永遠に刻まれることとなる。

 

Weekly Report:Week-25

13938296737_9fce9cac0d_z

 

 

 

 

 

 

 

 3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-25のキーワードは「ボストン・レッドソックス」「地区優勝」「ホセ・フェルナンデス」だ。

 

・レッドソックス

ストン・レッドソックスの勢いが止まらない。     

レッドソックスは目下11連勝中であり、世界一に輝いた2013年以来の地区優勝に向けて一丸となっている。この連勝が始まる前、レッドソックスは地区首位に立っていたものの2位のトロント・ブルージェイズとは1ゲーム差、3位のボルティモア・オリオールズとは2ゲーム差、4位のニューヨーク・ヤンキースとは4ゲーム差という混戦の中から脱せずにいた。しかし、この11連勝を経て2位のブルージェイズに5.5ゲーム差をつけマジックナンバーを2にまで減らすなど地区優勝目前のところまできた。

 今シーズンのレッドソックスの強みはなんといっても打線である。

最も躍進したのはセンターからライトへ転向したムーキー・ベッツであろう。今季は自身初の200安打を達成。さらには打率.32131本塁打、109打点、26盗塁、OPS.905と主軸として申し分のない成績を残している。残り試合の活躍次第ではトリプルスリーの達成も夢ではない。

また、今シーズン限りでの引退を表明しているデビッド・オルティスも引退年とは思えない成績を残している。OPS1.039はメジャートップであり自身5度目の330100打点クリアを確実なものとしている。そのほかにも200安打を射程圏内にとらえているダスティン・ペドロイアや100打点をクリアしているハンリー・ラミレス、100得点を記録しているザンダー・ボガーツ、デビューイヤーながらOPS.893を記録して来シーズン以降のレギュラー定着が期待されるアンドリュー・ベニンテンディなど豊富なタレントが揃っている。

 

投手陣に目を向けてみるとエースとして期待されたデビッド・プライスが218イニングを投げ178敗、222奪三振とイニング、勝利、三振を稼げる投手として十分なピッチングを披露しているほか、昨年不振に喘いでいたリック・ポーセロが覚醒。217イニングを消化し、224敗で防御率はリーグ3位とサイヤング賞候補としても名前が上がるまでになった。

中継ぎ陣も守護神のクレイグ・キンブレルはセーブ成功率93.8%、上原浩治はここにきて13試合連続無失点、ブラッド・ジーグラーは移籍後29試合で防御率1点台を記録するなど安定している。

 

投打で軸がしっかりしているレッドソックスは10連勝を飾った924日に地区優勝よりも一足早くプレーオフ進出を決めた。ビッグパピの長い旅路の終わりにはどんな結末が待っているのだろうか。このチームからはまだまだ目が離せなさそうだ。