Tag Archives: デビッド・ピーターソン

2017 Draft Review:ナショナル・リーグ東地区

34754651861_149bac41c8_z


 

 

 

 

 

 

 

 

 

*順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重

 

  • アトランタ・ブレーブス

5:カイル・ライト:バンダービルト大学:RHP:193cm/99kg

大学の3年間で体を大きくし90マイル中盤の速球を投げるようになった大型右腕。この速球にカーブ、スライダー、チェンジアップを組み合わせる。カーブ、スライダーは共に評価が高く、時折サイドハンド気味のアングルから投げるなどの工夫もしている。ストライクゾーンに投げこむコントロールは有しているが、細かいコマンドは持ち合わせていない。1試合を投げきるスタミナも持っている。

41:ドリュー・ウォーターズ:エトワ高校:OF:187cm/83kg

何でもこなすことができるハイフロアーなタレント。打席では優れたアプローチを見せ、出塁能力の高さが光る。パワーもまずまずでシーズン2桁HRをマークすることも不可能ではないだろう。スピードもあり、盗塁技術も悪くない。守備ではスピードを活かした広いレンジが持ち味。何でもこなすことができるが、それ以上はできないタイプであるため将来像は第4のOFか。

80:フレディ・ターノク:リバービュー高校:RHP:190cm/83kg

細身の体格ながらも最速97マイルの速球を投げ込むことができる。アウトピッチはスピンが利いたハードカーブ。チェンジアップも投げるが、こちらは発展途上。デリバリーは安定しており、コントロールも悪くない。体を大きくすることができれば、さらなる球速上昇も望めるだろう。野手としても優秀だったが、プロでは投手としてプレーするとのこと。

 

2017 Draft Quick Look

33670761810_688bf32207_z

 

 

 

 

 

 

 

 

メジャーリーグでは現地12日より2017年ドラフトがスタートし、同日には計75人が指名を受けた。以下にはその結果をリスト形式で整理する。選手横の#数字は当サイトのモック順位を表す。

2017ドラフト:1~75位指名
順位 チーム 選手名 ポジション 出身校
1 MIN ロイス・ルイス #3 SS ジェイセラカトリック高校

2

CIN ハンター・グリーン #1 SS/RHP ノートルダム高校
3 SD マッケンジー・ゴア #14 LHP ホワイトビル高校
4 TB ブレンダン・マッケイ #2 1B/LHP ルイビル大学
5 ATL カイル・ライト #9 RHP バンダービルト大学
6 OAK オースティン・ベック #10 OF ノースデビッドソン高校
7 ARI パビン・スミス #15 1B バージニア大学
8 PHI アダム・ヘイズリー #6 OF バージニア大学
9 MIL キストン・ヒウラ 2B カリフォルニア大学アーバイン校
10 LAA ジョー・アデル #28 OF バラード高校
11 CHW ジェイク・バーガー #11 3B ミズーリ州立大学
12 PIT シェーン・バズ #5 RHP コンコーディアルーザラン高校
13 MIA トレバー・ロジャーズ LHP カールスバッド高校
14 KC ニック・プラット #17 1B/LHP ハンティントンビーチ高校
15 HOU J.B.ブカウスカス #7 RHP ノースカロライナ大学
16 NYY クラーク・シュミット RHP サウスカロライナ大学
17 SEA エバン・ホワイト 1B ケンタッキー大学
18 DET アレックス・ファエド #8 RHP フロリダ大学
19 SF ヘリオット・ラモス #31 OF リーダーシップクリスチャンアカデミー
20 NYM デビッド・ピーターソン #4 LHP オレゴン大学
21 BAL D.L.ホール #20 LHP バルドスタ高校
22 TOR ローガン・ウォーモース #23 SS ノースカロライナ大学
23 LAD ジェレン・ケンドール #13 OF バンダービルト大学
24 BOS タナー・ホウク #12 RHP ミズーリ大学
25 WSH セス・ロメロ #19 LHP ヒューストン大学
26 TEX ババ・トンプソン #34 OF マクギルトゥールン高校
27 CHC ブレンドン・リトル LHP フロリダ州立大学
28 TOR ネイト・ピアーソン #21 RHP セントラルフロリダジュニアカレッジ
29 TEX クリス・サイス SS ウェストオレゴン高校
30 CHC アレックス・ラング #18 RHP ルイジアナ州立大学
31 TB ドリュー・ラスムッセン RHP オレゴン州立大学
32 CIN ジーター・ダウンズ SS モンシニョールエドワードペース高校
33 OAK ケビン・メレル SS サウスフロリダ大学
34 MIL トリスタン・ラッツ OF マーティン高校
35 MIN ブレン・ルーカー #30 1B ミシシッピ州立大学
36 MIA ブライアン・ミラー OF ノースカロライナ大学
37 MIN ランドン・リーチ RHP ピカリング高校
38 CIN スチュアート・フェアチャイルド OF ウェイクフォレスト大学
39 SD ルイス・キャンプサーノ C クロスクリーク高校
40 TB マイケル・マカド RHP ウェストビュー高校
41 ATL ドリュー・ウォーターズ OF エトワ高校
42 PIT スティーブン・ジェニングス RHP デカルブカウンティ高校
43 OAK グレッグ・ダイクマン OF ルイジアナ州立大学
44 ARI ドリュー・エリス 3B ルイビル大学
45 PHI スペンサー・ハワード RHP カリフォルニア・ポリテクニック州立大学
46 MIL ケイデン・レモンズ RHP ベスタビアヒルズ高校
47 LAA グリフィン・カニング #16 RHP UCLA
48 COL ライアン・ビレイダ 3B スティルウォーター高校
49 CHW ギャビン・シーツ 1B ウェイクフォレスト大学
50 PIT カル・ミッチェル OF ランチョバーナード高校
51 MIA ジョー・デュナンド 3B ノースカロライナ州立大学
52 KC MJメレンデス C ウェストミンスタークリスチャン高校
53 HOU ジョー・ペレス 3B アークビショップマッカシー高校
54 NYY マット・サワー RHP リゲッティ高校
55 SEA サム・カールソン #26 RHP バーンスビル高校
56 HOU コービン・マーティン RHP テキサスA&M大学
57 DET レイナルド・リベラ OF チポラ大学
58 SF ジェイコブ・ゴンザレス 3B シャパラル高校
59 NYM マーク・ビエントス #24 3B アメリカンヘリテージ高校
60 BAL アダム・ホール SS ルーカス高校
61 TOR ヘイゲン・ダナー #27 C/RHP ハンティントンビーチ高校
62 LAD モーガン・クーパー RHP テキサス大学
63 BOS コールマン・ブレネン OF ウェストフィールド高校
64 CLE クエンティン・ホルムズ #35 OF モンシニアーマクランシーメモリアル高校
65 WSH ウィル・クロウ #22 RHP サウスカロライナ大学
66 TEX ハンス・クラウス #32 RHP ダナヒルズ高校
67 CHC コリー・アボット RHP ロヨラメリーマウント大学
68 ARI ドルトン・バショー C ウィスコンシンミルウォーキー大学
69 SD ブレイク・ハント C マターデイ高校
70 COL トミー・ドイル RHP バージニア大学
71 CLE タイラー・フリーマン SS エティワンダ高校
72 PIT コナー・ユスルトン OF サウスムーア高校
73 KC エバン・スティール LHP チポラ大学
74 BAL ザック・ローザー LHP ザビアー大学
75 HOU J.J.マチジェビック 2B アリゾナ大学

 

 次ページでドラフト1日目の総評を行う。

2017 Mock Draft:1~18

33686342773_3bbbdf4e37_z

 

 

 

 

 

 

 

 *1~18位は1巡目指名

1.ミネソタ・ツインズ
ハンター・グリーン:RHP/SS ノートルダム高校

ここ数年と範囲を広げてもこれほどのタレントを探すのは難しいといっても過言ではない。投手としては最速101マイルの速球を投げ、打者としては規格外のパワーを有している。弱冠17歳にして既にプロ意識は高く、他の高校生とは色々な意味で一線を画している。変化球のクオリティがそれほど高くなかったり、スピードがなくSSに残れない可能性があったりと不確定要素も多いがそれを差し引いても今全世界のアマチュア選手の中でトップに据えられるべき選手だろう。

2.シンシナティ・レッズ
ブレンダン・マッケイ:LHP/1B ルイビル大学

 ハンター・グリーンと双璧を成す今年の目玉タレント。投手としては90マイル前半の速球と今ドラフトで1、2を争うと言われるカーブで大量の三振を奪い、打撃では無駄のないスイングと卓越したアプローチを見せる。フレームも申し分なく、既にメジャーリーガーと並んでも遜色のない体の持ち主である。唯一の弱点はアップサイドに欠けるところだが、フロアーの高さを考えるとそれほど気になる点ではないかもしれない。

3.サンディエゴ・パドレス
ロイス・ルイス:SS/OF ジェイセラカトリック高校

身体能力の高さで言えばグリーンと負けず劣らずのものを持っているハイシーリングなタレント。何でもすんなりとこなすことができ、ずば抜けたスピードを武器にどのポジションでも守ることが可能。ただ、肩がそれほど強くないためSSよりもCF向きか。打撃では振り回すだけでなくしっかりと打つべきボールを待つこともできる。現時点でパワーは平均以下だが、マイナーのクラスが上がるにつれ問題にならなくなるだろう。将来像はトレイ・ターナー(WSH)。