Tag Archives: デビッド・ライト

Weekly Report:Week-14

Boston Red Sox at Baltimore Orioles April 28,  2011

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-14のキーワードは「フォートブラッグ」「デビッド・オルティズ」「ホセ・レイエス」だ。

 

  • フォートブラッグ

地時間の7月3日、米プロスポーツ界に新たな歴史が刻まれた。米プロスポーツ史上初めての軍事施設内での公式戦がノースカロライナ州にあるフォートブラッグ陸軍基地で行われたのである。

同基地は2011年にオバマ大統領がイラク戦争終結を宣言する演説をしたことでも知られている。この試合は4日の米国独立記念日を祝う行事の一環として行われたもので、どちらもナ・リーグの東部地区に所属する、マイアミ・マーリンズとアトランタ・ブレーブスが対戦した。

基地内に存在する野球場はこの試合のために建設されたものであり、12,500人収容の客席は軍人やその家族によって埋め尽くされた。12年もの間、軍の公務を行っているクリスティーナ・ダグラス氏はこの試合に対し「私が経験した中で最も意義のある出来事である」と賞賛した。また、現役の米軍の海兵隊員の弟を持つ、マーリンズのクリスチャン・イェリッチが試合前に「私と私の家族にとってこの試合は特別な ものとなるだろう」とコメントを残していることからもこの試合の意義がうかがえる。

試合は4回までは両チームともに無得点が続いたが、5回にマーリンズがアデイニー・エチャバリアの三塁打でチャンスを作ると、1番のJT・リアルミュートがタイムリーヒットを放ち、1点を先制。さらにイェリッチのタイムリーヒットでもう1点を加え、2-0とする。打線が好調なマーリンズは7回、8回、9回と得点を重ね、試合は5-0になる。9回裏にブレーブスがなんとか2点を返すも及ばず、結局5-2でマーリンズが勝利を収めた。 6回を4安打無失点に抑える好投を見せたアダム・コンリーが5勝目をあげた。 今回の試合や一昨年のオーストラリアでの開幕戦などメジャーリーグは多くの取り組みを行っている。これからも新たな取り組みが行われることを楽しみにしたい。

 

2015 Team Preview:ニューヨーク・メッツ

22874487656_f3c7f64f9d_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  •  本拠地:シティ・フィールド
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml20/

 

広さ
レフト 102.1m
センター 124.4m
ライト 100.6m
フェンスの高さ 2.4m
パークファクター*平均100
安打 91.2
ツーベース 93.4
スリーベース 90.5
HR 99.4
得点 87.0
  • 予想オーダー 

1. カーティス・グランダーソン:RF
リーグ優勝も経験し充実のシーズンに。26ホーマー&OPS.821&盗塁11とリードオフとして素晴らしい成績を収めた。じっくりとボールを見極める打撃スタイルで元々四球は多かったが、昨年はキャリアハイとなる四球率13.3%をマークした。守備ではRFとしてDRS+12をマーク。チャリティー精神の強い選手で、母校へ多額の寄付をしたり、日本&韓国&ニュージーランドで野球教室を行なったりしている。 

2. デビッド・ライト:3B
「キャプテン・アメリカ」。ニューヨーク生まれのニューヨーク育ちで小さい頃からのメッツファン。そんなメッツ一筋のチームリーダーだが、昨季は故障で38出場のみとチームの躍進に貢献できなかった。 今季はここまで順調な仕上がりを見せているが、チームは健康面を考慮して130試合程度の出場に抑えるつもりだ。元々はエンジニアになるつもりだった。好きな食べ物は寿司。

3. マイケル・コンフォート:LF
ドラフトからわずか1年ほどで異例のスピード昇格となったが、56試合でOPS.841&本塁打9の活躍でチームの優勝に貢献。ベテラン選手のような高い打撃技術を持っており、弱点の少ない好打者だ。守備走塁は得意な方ではないが、それでもDRS+9と健闘した。フアン・ラガレスとの併用が予想される。

4. ヨエニス・セスペデス:CF
昨シーズンのデッドラインディールでNYMに加入すると、わずか57試合で17ホーマーを放つなど打ちに打ちまくり、チームのリーグ優勝に大きく貢献。35本塁打&105打点&OPS.870&長打率.542はキャリアハイ。ようやく本領発揮といったところか。また守備でも強肩を武器にDRS+11、UZR+15.6をマークし、初のゴールドグラブ受賞。春季キャンプでは日替わりで高級車に乗って登場し、周囲を驚かせた。 

5. ルーカス・デューダ:1B
速球を豪快にライトスタンドにぶち込む迫力満点のパワーがウリ。昨季は故障もあり、135試合の出場にとどまったが、27ホーマー&OPS.838は高水準。健康に過ごせれば30ホーマー、100打点は自然とクリアできるだろう。選球眼もよく、12年以降はいずれのシーズンも四球率11.%以上。14年冬に日米野球で来日時には打率.400をマークし、メジャーリーガーとしての意地を見せた。 

6. ニール・ウォーカー:2B
ローテーション投手だったジョン・ニースと1対1のトレードでPITから加入。リーグ屈指の強打の二塁手として知られており、昨シーズンは二塁手としてはリーグ最多の16ホーマー、リーグ2位の打点71&長打率.427をマーク。通算DRS-10、UZR-31.6と守備は決してうまい部類ではないが、前任者のダニエル・マーフィー(WSH)よりは優秀だろう。姉はプロバスケットボール選手。 

7. アズドゥルバル・カブレラ:SS
2年$18.5MでNYM入り。ウォーカー同様に強打の内野手として知られており、メジャー通算102ホーマーの実績を持つ。特に昨シーズンは後半57試合で打率.328、本塁打10、OPS.916と絶好調だった。また、11年以降はいずれのシーズンも143試合以上出場しており、怪我に強いのも魅力の1つ。通算DRS-29、UZR-55.5と守備は不得意。 

8. トラビス・ダーノウ:C
ロイ・ハラデイ(元PHI他)、R.A.ディッキー(TOR)と2人のサイヤング投手とトレードされたことがある異色の経歴の持ち主。ブレーク間近の若手捕手で、昨季は故障の影響で67試合の出場にとどまったが、12ホーマー&OPS.825とパワフルな内容。 盗塁阻止能力もブロッキング能力もメジャー平均以下だが、フレーミング能力はメジャー屈指のモノ。兄はパイレーツ傘下でプレー。

9. 投