Tag Archives: デレク・ノリス

2017 Team Preview:タンパベイ・レイズ

15068961035_b50cb2c9c6_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

 

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

 本拠地:トロピカーナ・フィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml02/

  

広さ
レフト 96.0m
センター 123.1m
ライト 98.1m
フェンス高さ 2.9~3.4m
パークファクター平均*100
安打 90.1
ツーベース 86.1
スリーベース 95.2
HR 87.7

得点

88.9

 

 ・予想オーダー

1.コーリー・ディッカーソン:DH

自己最多タイの24HRを放ったが、打率.245や出塁率.293は自己最低でやや確実性に欠けた。24HR中22HRが右投手から放ったもので、対右投手OPS.807に比べ、左投手に対してはOPS.589と左投手が苦手。

2.ケビン・キアマイアー:CF

球界が誇る外野守備の名手。15年に残したDRS+42、UZR+30.0という圧倒的な数字からわかるように強肩で守備範囲も広い。16年は105試合の出場にとどまったがDRS+25、UZR+12.3と相変わらずの鉄壁っぷりだった。OPS.741&12HRだった打撃を向上させたい。

3.エバン・ロンゴリア:3B

06年のドラフト以来TB一筋、オールスター3度のスター選手で、名実ともにチームの顔。昨季はOPS.840に自己最多の36HRと長打力を発揮した。36HRのうち34HRが右投手から放ったもので偏りが大きかった。今季もチームを引っ張る活躍を。

4.ブラッド・ミラー:2B

SEAでイマイチ活躍できなかったSSが、TBに移籍した昨季、突如パワーが開花し30HRを放つ1Bへと生まれ変わった。13年から15年までの3年間で合計29HRだったのが、1年でそれを越える30本塁打を放つことになった。昨季はSSから1Bに転向したが、今季は2Bに挑戦。バットは素手で握る。

5.スティーブン・スーザJr:RF

パワーが魅力の27歳。14年にはWSHの傘下3AでMVPを獲得し期待された。15年にTBに来てからはパワーこそ発揮しているものの、期待が高かっただけに物足りなさも感じる。課題は三振の多さで、昨季は120試合出場で159三振。怪我なくプレーし、最低でも20HRは越えたいところ。

6.ローガン・モリソン:2B

オフにFAになるも結局1年250万ドルで再契約。毎年.250を超えない程度の打率と2桁本塁打といった具合の成績で、もう一段階上の成績を残したいところ。12年まではLFをメインとしていたが、13年からは1Bがメイン。1Bとしてはやはり打撃力が物足りない。

7.ティム・ベッカム:SS

08年の全体1位指名選手。主に二遊間を守り昨季は64試合に出場。27歳となり、そろそろ結果を残しレギュラーを奪いたいところ。同じSSのライバル、マット・ダフィーが故障で出遅れアピールのチャンスではあるが、同じくSSの23歳若手有望株ダニエル・ロバートソンも開幕ロスター入りする模様で、うかうかしていられない。

8.デレク・ノリス:C

正捕手候補として獲得したウィルソン・ラモスが故障し開幕に間に合わないため3月に急遽獲得。SDの正捕手だったが、昨季は打率.186と大不振。打撃の復活と守備面での貢献に期待がかかる。

9.マレックス・スミス:LF

スピードが売りの期待の23歳。昨季はATLで72試合に出場し16盗塁をマーク。1月にATLからSEAを経てTBへとトレードされてきた。14年には1Aと1A+で合わせて88盗塁を記録した。打撃、特に昨季50打数4安打、打率.080に終わった左投手への打撃の改善が急務。

 

2016 Team Preview:サンディエゴ・パドレス

8740456000_52d4273db1_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:ペトコ・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml12/

 

広さ
レフト 101.8M
センター 120.7M
ライト 98.1M
フェンス高さ 1.2~3.7M
パークファクター平均*100
安打 96.6
ツーベース 95.6
スリーベース 79.2
HR 108.5
得点 93.1
  • 予想オーダー

1.コリー・スパンゲンバーグ:2B
昨シーズンはルーキーながらも108試合に出場した俊足巧打タイプの内野手。スピードを生かすためにゴロを転がして内野安打を狙った打撃も見せる。パワーは全くないわけではないが平均以下。出塁能力が平均程度なのに対し若干三振が多いのは今後の不安な点。また、盗塁も得意な方ではなく成功率はマイナーのころからイマイチでスピードを生かしきれていない。本職は2Bだが指標は3Bの方がいい。オフには母校の高校から表彰された。

2.デレク・ノリス:C
昨シーズンはキャリアハイとなる142試合に出場。14本塁打もキャリアハイだった。ただ、マイナー時代からずっと高かったBB%が6.3%ととなり出塁率が大幅に低下。そのためOPSやwOBAなどの指標は伸びなかった。OAK時代から右投手が苦手でそれは変わず。昨シーズンはパスボールがリーグ最多だったが、リーグで最も盗塁を刺し、盗塁阻止率も34%となかなかの数字でDRS+4をマークした。オフから食事を見直し野菜や魚を多くとり、ジャンクフードは控え体重を落としている。

3.ウィル・マイヤーズ:1B
そろそろシーズンを通して試合に出続けたい元トッププロスペクト。持前のパワーなどの打撃ツールは申し分ないのだが、よく手首を故障し戦列を離れるためそれを十分に発揮できていない。マイナー時代のCから転向したOF守備はお世辞にもうまいとは言えないが、OFの層の薄さから昨シーズンはCFで出場させられることが多かった。今シーズンは主に1Bを務める予定。本人も1Bがプロ入り以来最も好きなポジションとやる気十分。バットを素手で持つ。

4.マット・ケンプ:RF
2年連続で150試合以上に出場し故障の多さという最大の欠点を克服しつつあるスラッガー。昨シーズンは14年から軒並み打撃成績が低下したが、全打球のうちのHard%はリーグ1位といい当たりは多かったので今シーズンはLAD時代並の打撃成績を残せるかもしれない。LAD時代に故障した後、スイングの感覚を取り戻すことに尽力してくれたマーク・マグワイアが今シーズンから打撃コーチに就任したことも追い風となるだろう。ゴールドグラブを受賞したこともあるがその時から守備は下手と認識されており昨シーズンもDRS-15。オープン戦で誤って自分のものではないユニフォームを着用し、そのままヒットを打った。

5.ヤンガビス・ソラーテ:3B
小柄ながらもパンチ力があり、昨シーズンは14本塁打。それでいてコンタクトに優れており、コンタクト率88.1%と高率。そのため非常に三振が少なく、K%=9.8%はリーグ4位の低さだった。両打ちだが右打席よりも左打席の方がいい結果を残している。一応内野の全ポジションを守れるが3Bか2Bに据えるのが無難だろう。

6.アレクセイ・ラミレス:SS
健康だけだ取り柄になりつつあるベテラン選手。昨シーズンは150試合以上出場を6年連続に伸ばしたが走攻守全てにおいて劣化しえいることを見せてしまった。OPS.642はキャリアワースト。盗塁成功率も低下し、守備でもDRS-6だった。昨シーズンは10Mの年俸だったのが、オフにはチームオプション付きの1年4Mで契約したことがラミレスの選手としての価値の低下を表している。オープン戦で8年間在籍したCHWと対戦した際には元チームメイトから暖かい出迎えを受けた。

7.メルビン・アップトンjr:LF
 クレイグ・キンブレルをもらう代償として引き受けた不良債権だったが昨シーズンは第4の外野手としてまずますの成績を残した。ただ、昨シーズンの年俸は14.4Mとかなりの高給で、これに見合った成績とは言えないだろう。TBでデビューしたときから確実性のなさが最大の課題でメジャー8年目の昨シーズンも改善されていない。同じ外野にはルール5ドラフト後にトレードされたジャバリ・ブラッシュが控えており、ブラッシュの調子次第で控えに回る可能性も高い。かつて予測されていた30-30を達成できでいないことについて聞かれ、なんでも予測されることにうんざりだとコメント。

8.ジョン・ジェイ:CF
昨シーズンはシーズンを通して故障に悩まされ満足な結果が残せなかった。10年のデビューから14年までの通算で.295と高い数字を残していた打率では.210とキャリアワーストの成績。パワーは平均以下なので打率が伸びないと打撃では全く貢献できないため最悪のシーズンとなった。オフにはドラフト時から慣れ親しんでいたSTLからトレードされることとなった。足が速いため監督からはリードオフ候補に挙げられている。

9.投手