Tag Archives: デレック・ディートリック

Weekly Report : Week-10

Craig Kimbrel, Christian Vazquez

 

 

 

 

 

 

 

Photo: http://bit.ly/2Z70TtE

 

 

カブスとキンブレルの契約の裏側 

Written by Yuichi Ando

昨年オフから長く続いた未契約期間を終えて、FAだったダラス・カイケルとクレイグ・キンブレルがそれぞれブレーブスとカブスとの契約に合意した。今回は特にキンブレルの契約の裏側に触れながら、今後の注目点を紹介していきたい。

 

昨年2018年はキンブレルにとって少し厳しいシーズンとなった。圧倒的な成績だった2017年からは全体的にスタッツが悪化した上に、プレーオフで打ち込まれワールドシリーズの胴上げ投手になれなかった。

 

しかしキンブレルは9年間のキャリアで7回もオールスターに選出されている実力派だ。だから彼は1億ドルを超える高額オファーを各球団に要求したが、ついに納得できるオファーを受けなかったのでシーズンが開幕しても浪人という形になっていた。

 

その後も今年はブルペンの防御率が先発投手の防御率より悪いという異常事態がありながらも各球団は契約に至らないままドラフトを迎えた。

 

各球団がドラフトまで契約に地団駄を踏んだ最大の要因はドラフトであった。キンブレルはクオリファイング・オファーを受けた選手であり、彼を獲得した球団は6月のドラフトで指名権の一部を奪われる。6月のドラフト後に契約すれば、このルールは適用されないからチームはドラフトが終わるのを待った。そして見事にドラフト最終日にキンブレルが契約に合意とのニュースが流れたのだ。

 

キンブレルは3年4300万ドルでカブスと契約した。彼には多くのチームが興味を示しており、ドジャース・メッツ・フィリーズらも契約の可能性はかなりあった。またツインズも2年契約を提示して対抗していて、古巣のブレーブスも興味を示したが多くのチームは1年契約を望み複数年を望んだキンブレルとの溝を埋められなかった。

 

そんな中で3年契約を提示したのが、カブスとレイズだった。最終的にはレイズの条件よりカブスの条件が良かった事で、キンブレルはカブスを選択した。カブスは贅沢税回避のために大型契約を抱えられない状態だったが、妻の不倫が発覚して制限リストに入ったベン・ゾブリストの今季の残り年俸$9Mが浮く事で契約が可能になった。ゾブリストの$9Mとキンブレルの今季年俸$10Mが相殺される形になっている。

*制限リストに登録された選手はその期間年俸を受け取れない。

 

カブスは昨年クローザーを務めたブランドン・モローが右肘の故障で開幕から故障者リストに入っていて、今年はここまでクローザーを固定できていない。

10イニング以上投げているリリーバーは9人いるが、ブランドン・キンツラーとスティーブ・シシェック以外の7人は防御率が4点台以上と苦しんでいる。さらにブルペン全体のK/9は 8.99でナ・リーグ12位と支配力に欠ける状態が続いていた。このような状況がキンブレル獲得を後押ししたのは間違いない。キンブレル加入でこれまで落としてきた接戦を勝ちきれるようになれば、カブスが混戦のナ・リーグ中地区で抜け出す可能性も一気に上がるだろう。

 

2017 Team Preview:マイアミ・マーリンズ

13012229025_11fb7f3391_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

 

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

 本拠地:マーリンズ・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml07/

 

   

広さ
レフト 104.9m
センター 124.1m
ライト 102.1m
フェンス高さ 1.8~3.4m
パークファクター平均*100
安打 86.8
ツーベース 96.3
スリーベース 66.7
HR 79.3
得点 83.4

 

・予想オーダー

 

1. ディー・ゴードン:2B
首位打者に盗涙王と順風満帆だった15年から一転、16年は薬物使用による出場停止、更には親友でチームのエースだったホセ・フェルナンデスの突然の事故死とあまりにもショックな出来事が続いた。昨年唯一放ったホームランは、フェルナンデスの死後最初の試合での涙のホームランだった。

 

2. J.T.リアルミュート:C
打撃が向上し正捕手の座を掴み取った26歳。.303/.343/.428&11HR&12盗塁と捕手としては十分な成績を示した。守備面ではDRS-8とマイナス評価で、今季は守備面でも数字を残したい。

 

3. クリスチャン・イエリッチ:CF
俊足巧打の外野手といった印象が、突如パワー面が開花。今まで2桁本塁打を記録したことがなかったが、16年は21本の本塁打を放った。OPS.859&21HR&98打点と軒並み自己最高の成績で中軸を担う選手になった。WBCでもアメリカ代表として初の優勝に貢献。まだ25歳と更なる飛躍の可能性も。LFをメインとしていたが、今季はCFを担う。

 

4. ジャンカルロ・スタントン:RF
言わずと知れた球界最高のパワーの持ち主。北米プロスポーツ史上最高額の契約に、オールスターのホームランダービーでの史上最多61HRなど数々の記録を持つ。198cm、111kgの筋肉の塊のような体でスイングしたバッドからはとてつもないスピードで打球がスタンド目掛けて飛んでいく。最大の弱点は故障の多さで、故障さえなければ本塁打王争いに絡むことは間違いない。

 

5. ジャスティン・ボーア:1B
故障で90試合の出場にとどまるもOPS.824&15HRと好成績。昨季放った15HRは全て右投手からで、左投手にめっぽう弱い。そのため左投手の先発時にはスタメンを外れることも多い。今季も左投手が先発の際は新加入のタイラー・ムーアにスタメンを譲ることになりそうだ。

 

6. マーセル・オズーナ:LF
.266/.321/.452&23HRとそれなりの成績を残したものの、持ってるポテンシャル、周囲からの期待を考えれば物足りなさを感じてしまう。強肩を生かした外野守備も持ち味の1つだが、今季はイエリッチとポジションが入れ替わる形でCFではなくLFを守る。精神面を含めて、もう一皮むけたい。

 

7. デレック・ディートリック:3B
正三塁手のマーティン・プラドがWBC中に怪我で離脱。代わりに内外野をこなすユーティリティー選手のディートリックが開幕3Bに。目立つような成績を残すタイプではなさそうだが、チャンスと捉えて正三塁手の座を奪う位の成績を。

 

8. アデニー・エチャバリア:SS
DRS+9、 UZR+8.3と守備で貢献する27歳SS。昨季はOPS.594&3HRと500以上の打席に立った成績としては非常に寂しい。せめて自己最高のOPS.689&5HRを記録した15年程度の打撃成績を残してくれればチームも安心して使えるだろう。