Tag Archives: トニー・シングラーニ

Weekly Report: Week6

15008290618_0abb6b3204_z

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-6のキーワードは「ノーヒットノーラン」「アルバート・プホルス」「ルイス・セベリーノ」だ。

・ノーヒットノーラン

地4日、ロサンゼルス・ドジャースはサンディエゴ・パドレスとのメキシコシリーズ第1戦で継投によるノーヒットノーランを達成した。継投によるノーヒットノーランは球団史上初、ドジャースとしては2014年のクレイトン・カーショー以来23回目のものとなった。MLB全体としては、継投によるノーヒットノーランは2014年のフィリーズ以来の記録となっている。(コール・ハメルズ、ジェイク・ディークマン、ケン・ジャイルズ、ジョナサン・パペルボンの4人による継投)

 この日先発したのはドジャースのトッププロスペクトであるウォーカー・ビューラー。トミージョン手術を受け、コンディションが心配されていたが見事に復活。90マイル中盤~後半の力強いフォーシームとツーシームを軸にスライダー、カーブを織り交ぜる投球スタイルで相手を捻じ伏せる。この日は6イニングを投げ、四球3、奪三振8とパドレス打線を寄せ付けなかった。ウォーカーは今シーズン3先発で2勝、投げたイニングこそ少ないが、防御率1.13、K/9=10.69と申し分ない成績を残している。

 ビューラーの後にマウンドに上がったのはトニー・シングラーニ。昨シーズン途中、シンシナティ・レッズから移籍してきた左腕である。この日は1イニングを投げ、四球を2つ出したが後続をしっかりと抑えた。

 8回に3人目としてマウンドに上がったのはイーミ・ガルシア。ドジャース生え抜きの右腕で2015年には59試合に登板している。2016年シーズンからはトミージョン手術や膝の手術などで長期離脱を経験した。彼にとっては復活を期すシーズンとなっている。この日は1イニング打者3人を完璧に抑え、役割を果たした。

 最終回にマウンドに上がったのはアダム・リベラローテ。2014年にレイズからトレードで移籍してきた左腕。度重なる故障でメジャーを行ったり来たりするシーズンが続いている。リベラローテも1イニングを投げ、2奪三振と危なげないピッチングで退けた。

 

 以上、ドジャースは4人の継投で5つの四球を記録したが、13個の三振を奪い、ノーヒットノーランを達成した。しかし、コーリー・シーガーはトミージョン手術で今季絶望、エース、クレイトン・カーショーもDL入りと開幕早々苦しい局面を迎えている。絶好調アリゾナ・ダイヤモンドバックスを筆頭に実力のあるチームがひしめく中で、ドジャースの奮起に期待したいところだ。

Playoff Preview:ロサンゼルス・ドジャース

126232470_838107666b_z

 

 

 

 

 

 

 

 

NL西地区5連覇を達成したドジャースは最終的に103勝58敗という成績でレギュラーシーズンを終えた。103勝という数字は今シーズンメジャー最多、そしてロサンゼルス移転後最多の数字となった。本稿では素晴らしいシーズンを送ったドジャースのプレーオフ展望を行っていく。

ドジャースはトレード市場において積極的に戦力強化を行った。ざっくりと振り返ると、レッズからトニー・シングラーニ(LHP)、パイレーツからトニー・ワトソン(LHP)、そしてレンジャーズからトレード市場最大の目玉であったダルビッシュ有(RHP)を獲得した。また、8月にはメッツからカーティス・グランダーソン(LF)を獲得。投打に実績のある選手を補強した形となった。

 

これらの補強を踏まえ、ドジャースのプレーオフ展望を投打に分けて考察していく。投手陣は今シーズン防御率3.38でメジャー全体2位(先発防御率3.39、リリーフ防御率3.38)、奪三振は1549個でメジャー5位、WHIP1.15はメジャー1位と申し分ない成績を残した。プレーオフではクレイトン・カーショー、アレックス・ウッド、ダルビッシュ、リッチ・ヒルの4人でローテーションを編成し、前田健太や柳賢振らはリリーフに回すのが良いだろう。ここで、キーポイントはクローザーのケンリー・ジャンセンまで繋ぐリリーフ陣になってくるだろう。カーショーはポストシーズンの成績が芳しくないとはいえ、十分計算は出来る。ダルビッシュは上り調子、ウッドやヒルもいつも通り投げられればそう簡単に打たれるようなピッチングはしないだろう。一方でリリーフ陣は昨年同様好成績を残したが、昨年のプレーオフではランナーを溜めてしまう場面が多く、7回からジャンセンを投入しなければならないというような状況を作ってしまった。今シーズンはペドロ・バイエス、ブランドン・モロー、ジョシュ・フィールズらに加え、ワトソン、シングラーニを補強したことから層は厚くなったと言える。このような状況の中でもジャンセンの前倒しが増えてしまうようであれば、優勝は厳しいものになる。

2017 Team Preview:シンシナティ・レッズ

Cincinnati Reds first baseman Joey Votto (19)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
 *SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:グレート・アメリカン・ボールパーク
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml23/

 

広さ
レフト 100M
センター 123.1M
ライト 99.1M
フェンス高さ 2.4~3.6M
パークファクター平均*100
安打 97.0
ツーベース 94.9
スリーベース 64.5
HR 117.5
得点 99.0
  • 予想オーダー

1.ビリー・ハミルトン:CF

球界屈指の韋駄天外野手。去年は119試合の出場にとどまったが、リーグ2位の58盗塁を記録するなど、改めて脚の速さを見せつけた。また、脚の速さを生かした守備も魅力の一つである。しかし、打撃面では課題が残り、とくに昨年は対左投手に対しては打率.221と苦しんだ。もし打撃面を克服できれば、メジャー指折りの外野手になるだろう。

2.ザック・ゴザート:SS

右ひざの靭帯の怪我で15年シーズンは53試合の出場にとどまったものも、昨年は121試合に出場、100試合以上出場したシーズンのなかでは、HR数、OPSともにシーズンベストの記録をたたき出した。守備はうまく、RF(レンジファクター)はメジャー2位の4.43をマークした。

3.ジョイ・ボットー:1B

MVP1回、オールスター選出4回など、カナダ屈指の強打者。昨シーズンは5月末まで打率.213と苦しみ、トレードなどの噂もあったが、オールスター後からは爆発的に打ち始め、打率.408、出塁率.490、長打率.668と驚異的な数字を残し、シーズン全体の成績としては打率.326、出塁率.434、長打率.550とまとめあげ、出塁率に関してはリーグ一位の成績であった。

 4.アダム・デュバル:LF

15年シーズンまでは通算55試合出場だった男が、昨年は大ブレーク、150試合に出場、33本塁打、103打点をあげ、オールスターにも選出された。しかし、パワーはある一方、アプローチが粗く、昨年は164三振を喫した。実質メジャー2年目となる今シーズン、昨年のような成績が残せるか注目である。

5.スコット・シェブラー:RF

2015年のトッド・フレイジャーの三角トレードでロサンゼルス・ドジャースから移籍。シーズン途中で成績不振によりマイナー降格になるも、ジェイ・ブルースのトレードにより再び昇格、昇格後はソリッドな成績を残し、打率.265、OPS.762という数字を残した。チームのプロスペクト、ジェシー・ウインカーが昇格するとポジションを奪われてしまうかもしれない。

6.エウヘニオ・スアレス:3B

トッド・フレイジャーがトレードされ、去年からサードのポジションのレギュラーの座をつかんだ。初のフルシーズンながら、21本塁打、OPS.728という数字を残した。課題は守備で、サードの選手の中ではリーグトップの23失策を記録した。守備力の向上に期待したい。

7.デビン・メザラコ:C

2007年のドラフト全体15位指名。2014年シーズンに25本塁打を放ち、ブレークかと思われたが、15.16年シーズンは怪我に悩まされ、昨年は16試合の出場にとどまった。今シーズンはメザラコの不在時に捕手をつとめたバーンハートとのレギュラー争いになりそうである。

8.ホゼ・ペラーザ:2B

今オフシーズンに今までレギュラーであったブランドン・フィリップスがトレードでアトランタ・ブレーブスへ移籍したため、今シーズンからセカンドでの起用が予想される。レフトを守るスコット・シェブラーと同じくドジャースから三角トレードで移籍。スピードが持ち味で、22歳という若さからまだこれからさまざまな面での成長が期待される。メジャーフルシーズンどのように戦っていくか楽しみである。